0916事件に対する反省会

日本支部理事"若山": 例の0916、嘆きの水曜日事件からおおよそ五年余りの月日が経った。

日本支部理事"若山": 当時、確かに私達は愚かだったが、それでも良くやった。職員達の迅速な対応と協力が無ければ、私は今頃ここには居ないだろう。

日本支部理事"若山": しかし、だからといって例の事件は、とてもではないが美化されるべきではない。例の事件で私達は多くの命を失い、多くの同胞を怪物へと変えられてしまった。その上、その悲劇を止めることが出来たはずの者はそれをせず、殆どが自己防衛のみを行ったのだ。これは人類を暗闇から守る一人の財団職員としてあるまじき行為である。当然、彼等は相当の償いをする必要がある……

0916事件に対する反省会
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License