98カノンにおける"アキヴァ放射"に関する一考察

SCP-JP公式Discordサーバーの「#1998年」チャンネルで出た、アキヴァ放射に関しての考察です。最近アキヴァ放射に関して界隈の関心が高まっている気がするので、一つの参考になればと手ごろなこのページに置いておくことにしました。ご自由にお使いください。

ーーstengan774(2022/07/26)


https://discordapp.com/channels/286871252784775179/674126402072870913/894207638433329194

O-92_MalletO-92_Mallet — 2021/10/03

(実を言うとドクター・スパンコは神格扱いされてるので、アイツ「カック!」って言いながらカック灰を作れる)
原料はもちろんクソトカゲ
(そういや今まで98でクソトカゲ出たことない…?)


Dr_KasugaiDr_Kasugai — 2021/10/03

(カック灰、一応アキヴァ放射で生物が消し飛んだときに生じる灰という話でしたが、2911-JPの描写とかを見るに大型神格規模の高出力の現実改変をぶつけた際の現実同士の摩擦から空間が削れて生じている何かみたいな気がしてきています) (編集済)


Tenten_518Tenten_518 — 2021/10/03

(つまり現実の燃え滓?)
そもそも"現実"って燃えるのですかね


O-92_MalletO-92_Mallet — 2021/10/03

404-J時空を採用するとスパンコとクソトカゲが両方とも神格だ…
(カック・ハードはスパンコ&ペスト医師とクソトカゲが戦うアクション映画)
スパンコはともかくペスト医師とクソトカゲが未だ98に出たことないのは結構意外だった
アベルは居るんだけどね


H0H0H0H0 — 2021/10/03

あくまで状況的な出現証拠しか言及してないのでメカニズムをこねくり回すことはできそうですね

摩擦

ー2021年10月4日1

stengan774stengan774 — 2021/10/04

アキヴァ放射の設定は未だ統一的なものが無いですが、概ね「自身に信仰を向けさせる力」であるのではないかと私は思っています。神格実体がアキヴァ放射を放つ、逆に言えばアキヴァ放射を放つ者は神である。アキヴァ放射の存在こそが神を神たらしめていると考えると、アキヴァ放射は「神としての威光」や「神々しさ」、あるいは「神に対する畏れ・畏敬」といった「人が信仰に値すると見なせる力」を数値化したものなのでは無いかと考えられます。実際、スパイク・ブレナンの提言では環境中アキヴァ放射が絶対0になることによって「神の盲点」が創り出され、人が死や老い、不運といった神の怒りから逃れる様子が描かれています。この解釈に基づき、少なくともここではアキヴァ放射を「自身に信仰を向けさせる力」として話を進めていこうと思います。

さて、では現実改変はどうでしょう。現実改変で大きく共有されている設定としては、現実改変が「意思の力によって自在に世界の構造をねじ曲げられる能力」であるということではないかと感じます。ここで重要となるのが「意思による力」であるという点です。これはヒューム理論に関するもっとも有名な記事であるFAQ;~ヒュームって一体全体なんだ?のPart2にも描写されており、現実改変者の体の一部や臓器が摘出されたり所有者が死亡したりした際の現実性濃度についての質問に対し、

予備試験の結果から、全臓器のヒューム濃度は基準値より大きく、心臓や肝臓、脳は最も高いヒューム濃度を有していることを示しているようです; しかし、この強度は生きているときの現実改変者のものほど大きくはありません。

といった回答があります。生きている現実改変者と死んだ臓器、この2つを決定的に分けるのは意思の有無であるからです。またこれを裏付けるような同様の記述は████████████教授の応用奇跡論の講義の書き起こしにも存在し、量子力学の発展に伴う魔法の変革についての下りで以下のような記述があります。

その時、第三原理は変わりました。『魔法は才ある術者を必要とする』から『観測は現実を変える』へと。えぇ、単純に言うと……ある種の心の持ちようが世界の働き方を変えるということです。

Type Green現実歪曲者は、その分野に於ける尋常ならざる才がある物なのでは、と現在考えられており、従って別名『外なる観測者』と呼ぶ人もいます。

このように理屈はどうあれ、現実改変とは人間の内なる意思によって現実に影響を及ぼすものと定義できます。

このアキヴァ放射と現実改変、言い換えれば「神へ信仰を向けさせようとする外的な力」と「人の精神により世界をねじ曲げる内的な力」、あるいは「神(世界)から人へ向かう力」「人から世界へ向かう力」そして「外からやってくる力」「内からわき出る力」とも言えるでしょう。このアキヴァ放射と現実改変の奇妙な対立関係こそが、カック灰に関するTheFでの設定と2911-JPでの描写の食い違いを解決できる鍵では無いかと私は考えています。

信仰とは意思のベクトルです。アキヴァ放射が「神に信仰を向けさせる力」であるとするならば、その本質は人の意思の向きを文字通り神の意に沿わすことであり、人間側からすれば自身のこころを勝手にねじ曲げられているともとれるかもしれません。一方現実改変は、先ほどその本質が意思により外界に働きかける力であるということをお話ししたとおり、人間の持つ意思の力です。意思自体は全ての人間が持っているものとして、現実改変者と常人のそれを分けるのはヒューム濃度などで理解されるところの「意思の力の強弱」によるものだと考えられます。つまり適切なヒューム差さえあれば普通の人間でも現実改変が可能であるとされるように、現実改変能力自体は意思の力であるため、その強弱は別にして全ての人間が現実改変能力を持っていると言えるのです。そして意思の力は、「喉が渇いたから水を飲むためコップを手に取る」といった簡単な行動からも現れますが、多くは本能や欲望という面から人の身体を支配しています。

外的に意思をねじ曲げる力と人本来の意思の力。大半の宗教が節制を美徳とすることからも分かるように、これは現実改変者の特徴(特にお子様神として知られる)欲望の無尽蔵な発露とは対極をなすものです。この現実改変に関する外面世界と内面世界の関係は、████████████教授の講義の書き起こし:まとめ、質問と回答における以下の記述にも符合します。

私が以前言ったことを思い出してください。あらゆる奇跡論的構造は根源を持ち、バックラッシュを引き起こします。タイプ・グリーンはこれら両方のルールに反しています。彼らは根源なしに現実を変えられ、彼らの変更はバックラッシュを引き起こしません。なぜこうなるかについてはたくさんの仮説があります。一つの仮説はバックラッシュが平行現実に押しつけられている…ひょっとしたら超常現象は、バックラッシュの代わりとして引き起こされている?別の仮説ではバックラッシュはタイプ・グリーン自身の意識に吸収されています。おそらくこれは、彼らの多くが何故狂気に陥るのかも説明しています。

エスとスーパーエゴ、あるいはインナースペースやアウタースペースといった概念でも説明できるかもしれませんが、ここでは一旦置いておきます。人は意思によって自身を支配するという点に関連して、SCP-51672では"神"という存在について以下のように定義しています。

神になるとはどういう事か分かりますか?自分の領域の完全な支配者にならなければならないのです

これは、記事内でも実際にシミュレーション用AIが神を名乗り始めることによって財団世界内の法則として示されました。この記述と今までの「人の意思はその本人自身を支配している」ということから見えてくることとして、「少なくとも人の意思は、その人の内面においてはそれを支配する神である」ということが導けます。

つまり、人がアキヴァ放射を浴びたとき、その人の内面では何があったのか。その時起こるのは信仰を通し自分の意思へ人間を沿わせようとする外的な神の力と、自身の意思を貫こうとする内的な神の力の宗教戦争です。カック灰とはその2柱の激突に弾ける火花、鎬を削る最後の審判の燃え滓であり、神の意思と人の意思のぶつかり合いによって生まれる精神的な側面が強いからこそ、非実体的な性質を持っていると言えるでしょう。

人がアキヴァ放射に暴露し肉体がカック灰と化すのは内面の神が負け肉体という自身の支配領域すら奪われたためであり、巨大な現実改変能力のぶつかり合いによってもカック灰が生まれるのは、外的世界(神)と内的世界(人の意思)でカック灰が生成されるように、意思の支配する精神的世界がぶつかり合い軋むためだと考えられます。

神話を引けば、同様の構図を旧約聖書のヨブ記にも見ることが出来るでしょう。ヨブ記第2章7節から8節では、ヨブの神への信仰を試すためさまざまな苦難が降り注いだ結果として"灰"に関する記述が登場します。

サタンやがてヱホバの前よりいでゆきヨブを撃てその足の跖より頂までに惡き腫物を生ぜしむ

ヨブ土瓦の碎片を取り其をもて身を掻き灰の中に坐りぬ

これは苦難により神を捨てようとするヨブの本能(意思の力)と信仰心という形でヨブに働きかけるアキヴァ放射のぶつかりの結果生まれたカック灰であるともとれます。見方を変えれば、カック灰とは神の意志に挑戦した人間の意思の証であり、神すら討ち果たさんとする98カノンの人間賛歌にふさわしい象徴と言えるでしょう

すみません、体調が悪くて考えがちゃんとまとまっていないのですが、上の鎹さんの話に関する自分の考えはこんな感じです


Dr_KasugaiDr_Kasugai — 2021/10/04

アキヴァを神の影響力や信仰/意思エネルギーの数値化とする事例は多々見ますが、自身に信仰を向けさせる力の指標という解釈はけっこう新しめに感じますね
後半結構トバしてますが、とても面白い考えだと思います (編集済)

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License