ヴェール無き世界の断片集-'98 (仮題/モック案)

@import url(https://scp-wiki.wikidot.com/theme:shattered-thoughts/code/1);
/*
    Words of Wisdom theme
    [2021 Wikidot Theme]
    Created by Cole 13
    CC BY-SA 3.0
*/
 
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Mate+SC&display=swap');
 
#header-extra-div-1{  
    animation-name: floating;
    animation-duration: 3s;
    animation-iteration-count: infinite;
    animation-timing-function: ease-in-out;
    margin-left: 10px;
    margin-top: 5px;
    pointer-events: none;
}
 
@keyframes floating {
    from { transform: translate(0,  0px); }
    65%  { transform: translate(0, 15px); }
    to   { transform: translate(0, -0px); }    
}
 
/* -=- HEADER -=- */
 
#header {
    background-image: none;
    padding-bottom: 1.860rem;
}
 
#header h1 a::before {
    display: inline-block;
    width: 100%;
    text-align: center;
    content: "The Wandsmen";
    color: #ffffff;
    font-family: 'Mate SC', serif;
    font-size: 2.3rem;
    text-shadow: 0rem 0rem 0.3125rem #000000;
    position: absolute;
    left: 50%;
    transform: translateX(-50%);
    top: 0;
    padding-top: 56px;
}
 
#header h2::before {
    content: "";
}
#header #header-extra-div-1 {
    background: url(http://scp-wiki.wikidot.com/local--files/theme:words-of-wisdom/WANDPNG%20.png) center top no-repeat;
    background-size :195px;
    height: 195px;
}
@media (prefers-reduced-motion) {
    #header-extra-div-1 {
        animation: none;
    }
}
/* -=- HEADER BACKGROUND -=- */
 
div#container-wrap {
    background: url(https://scp-wiki.wikidot.com/local--files/theme:words-of-wisdom/MRSTAR23.webp) top left repeat-x;
    background-size: 100%;
}
 
/* -=- LINKS -=- */
 
a, a.newpage {
    color: #D196eb;
}
 
a:visited {
    color: #D196eb;
}
 
/* -=- BLOCKQUOTE -=- */
 
div.blockquote,
blockquote {
    background: rgba(38, 0, 95, 0.5);
    border: 0.125rem dotted #624693;
}
 
/* -=- OWINDOWS -=- */
 
/* This simply changed the karma bar colors in that user info pop-up menu. No functional purpose besides it looks neat, really. */
img[src*="userkarma.php"] {
    filter: hue-rotate(-0.39turn);
}
 
.owindow ::selection {
    background: #9477c7;
}
 
/* -=- RATING MODULE -=- */
 
.page-rate-widget-box .rate-points,
.page-rate-widget-box > *,
.rate-box-with-credit-button {
    background-color: #533a7f !important;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover,
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background: #533a7f;
}
 
/* -=- SEARCH BAR -=- */
 
#search-top-box-input,
#search-top-box-input:hover,
#search-top-box-input:focus {
    background-color: #825ec0;
}
 
#search-top-box-form input[type=submit],
#search-top-box-form input[type=submit]:hover,
#search-top-box-form input[type=submit]:focus {
    background-color: #825ec0;
}
#search-top-box-form input[type=submit] {
    background-color: #825ec0;
}
 
/* -=- TOP BAR -=- */
 
#top-bar {
    background: linear-gradient(to right, transparent 50%, #6b5295 75%, transparent 100%);
}
 
#top-bar ul li a {
    color: #FFFFFF;
}
 
#top-bar ul li:hover a,
#top-bar ul li:hover ul li a {
    background: #9477c7;
    border: none;
    color: #ffffff;
}
 
#top-bar ul li:hover a:hover {
    background: #7853b8;
    color: #e6e6e6;
}
 
#top-bar ul li ul {
    border: none;
}
#top-bar .open-menu a {
    background-color: #7853b8;
    border-color: none;
    color: #FFFFFF;
}
 
/* -=- SIDEBAR -=- */
 
#side-bar .heading {
     font-family: 'Mate SC', serif;
}
 
#side-bar div.menu-item img {
    display: none;
}
 
#side-bar div.side-block,
#side-bar .side-block.media,
#side-bar .side-block.resources {
    padding-left: 0.8125rem;
}
 
#side-bar a,
#side-bar a:visited {
    color: #D196eb;
}
 
/* -=- TABBERS -=- */
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a:focus,
.yui-navset .yui-nav .selected a:hover {
    background-color: rgba(38, 0, 95, 0.5);
}
 
.yui-navset .yui-nav a,
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background-color: #825ec0;
    background-image: none;
    border: none;
    color: #ffffff;
}
 
.yui-navset .yui-content {
    background:rgba(38, 0, 95, 0.5);
    border: 0.125rem dotted #624693;
}
 
/* -=- USER INFO -=- */
 
#login-status,
#login-status a {
    color: #EDBAF5;
}
 
#account-options ul {
    background-color: #825ec0;
}
 
/* -=- TABLES -=- */
 
table.wiki-content-table td {
    border: 0.0625rem solid #000000;
}
 
table.wiki-content-table th {
    border: 0.0625rem solid #000000;
    background: #825ec0;
}
 
/* -=- MISCELLANEOUS -=- */
 
/* Changes the top border of the tags section, which is typically colored #888, to match the theme better. */
.page-tags span {
    border-top: solid 0.0625rem #000000;
}
 
/* While the page is saving and loading, there is a popup on the screen. This popup was difficult to read due to the body's properties (color being white), so this changed the background to be more thematically appropriate and legible. */
.owait,
.osuccess {
    background-color: #825ec0;
    border: solid 0.0625rem #825ec0;
}
 
}
評価: +2+x
blank.png





連盟の資料館へようこそ。我々堂守連盟は日夜、この広く混沌とした多元宇宙を探査し、その知られざる驚異と秘密をすくい上げ記録している。この資料館には、我々がこれまで多元宇宙で回収してきた様々な文書・非文書資料が保管されている。これらの多くは極めて断片的ではあるが、何らかの役に立つのではないかと、歴々の堂守たちによって寄贈されたものだ。

君は「踏破者の宇宙」を調べているのだったな。よろしい、こちらへ来なさい。君が来るまでの間に我々が該当する資料をまとめておこう。何、手間暇なんぞ気にするな。私には手が数え切れないぐらいあるから。

— エイオンの第7代堂守






Wikipedia『1998年』項目の抜粋:

  • 7月4日 - 日本初の火星探査機「のぞみ」が打ち上げに成功。
  • 7月6日 - 香港国際空港開港。
  • 7月12日 - ポーランド神格存在出現事件の発生。同日夜にフランスで予定されていた1998 FIFAワールドカップの決勝戦が延期。
  • 7月13日 - ポーランド神格存在出現事件の終結。1998年 財団・連合合同宣言。

ティム・ウィルソンによるウィルソンズ・ワイルドライフ・ソリューションズ(WWS)ポーランド/ジャパン設立発表からの関連抜粋、1999年10月14日:

…… 7.12事件の影響かは不明だけど、南ポーランドでは不思議な能力を持つ生き物たちが増え続けています。私たちは出来る限り彼らを保護できるように努めてきたけど、ポーランドからボーリングへの長距離移送は生き物たちにとって負担となっていたし、ポーランドにセンターの施設を立てようにも既に日本支部の設立準備で資金的にも不安がありました。

しかし、幸運なことにミスター・ロイヤーズと名乗る人物から「ポーランドでの活動に役立ててほしい」というメッセージと共に多額の資金の寄付があったのです。彼の寄付によって日本だけでなく、ポーランドにもセンターの施設を建てることができたのです。ロイヤーズ氏には感謝してもしきれません。


アンブローズ・マキリンからのお知らせの抜粋、2002年9月1日:

いつもアンブローズ・マキリンをご利用頂きありがとうございます。当店では皆様に料理の極致への冒険とご招待できるよう努めてまいりましたが、原材料の高騰や政情の変化などもあり、下記のメニューを廃止させていただくことになりました。

  • キラウィング・シレナ (酢漬けのセイレーンセビチェ)
  • イトロング・ナ・プラ・ヌグ・ティクティク (塩漬けハルピュイアの卵)

今後もアンブローズ・マキリンをご贔屓くださいますよう、どうぞ宜しくお願いします。


[ここに断片ストーリー]


日本国厚生労働省"承認済の狂犬病治療薬(平成26年8月30日現在)"の抜粋、2014年9月30日:

成分名(販売名) 企業 分類 対象者 承認日 備考
S-09B(シャムハトピル) 桜良心製薬 抗ウイルス薬  軽症〜中等症II H21.6.10 併用禁忌の薬剤が多数あり、取扱いに留意が必要。厚生労働省が買い上げ、配分対象医療機関に無償譲渡。
クルニスクビル・ダンビル・シルフィウムゾン(アンチクドラク) プロメテウス・ヘルスケア 中和抗体薬 中等症I〜中等症II H21.8.3 体内での半減期が長くなるように3成分の抗体からなる筋注製剤。試験で頭髪の脱毛の副作用が認められているため、使用には留意が必要。
テンコゾン(ハライ錠) 日月薬師 抗ウイルス薬 軽症〜中等症I H22.4.22 哺乳類系伝承部族向けのエキノコックス駆虫薬として開発されていた。
サルバドルニブ(エクソルシスモ) ニーニョ製薬 抗ウイルス薬 ハイリスクの中等症II〜重症(死亡率を20%減少) H26.4.14 平成26年8月30日現在、承認済治療薬の中で唯一重症患者への効果が認められている投与薬剤。全身の激痛、嘔吐、下痢、幻覚、夢界への意識転移等の副作用が認められているため、使用には留意が必要。

国際ニュース記事ウェブサイト "ワールドワイドカバレッジ"の見出しとバイライン、2015年1月27日:

ギリシャで世界史上初のSEC首相が就任

26日、ギリシャ首相にギリシャ改革党党首のアネモス・ハルキュオネ氏が就任した。これは25日にギリシャで行われた議会総選挙の結果を受けてのことだ。

…… アネモス・ハルキュオネ新首相はギリシャ系伝承部族であるハルピュイア族であるため、彼女の就任で世界史上初となる特定要素保持者(SEC)の国家首班が誕生したことになる。2009年の第45回日本国衆議院議員総選挙で日本もののけ党が議席を獲得できなかったことや、2012年アメリカ合衆国大統領選挙でボブ・シェパード下院議員が惜しくも落選したことを考えるに快挙と言えるだろう。


[ここに断片ストーリー]


『大和新聞』の抜粋、2020年1月3日発行:

南関東大異災以降初めての新年一般参賀が2日、京都御所であった。天皇陛下は皇后さまや皇太子夫妻はじめ皇族方と共に、手を振ってこたえられた。

2017年12月の南関東大異災で皇居が被災した為、昨年5月まで京都御所へ御所を遷す為の工事が行われていた。


"財団南米支部のオリエンテーション"からの抜粋、2020年4月1日:

…… この世界の民衆は我々やこの南米の地に住まう全ての者のことを"新カオス・インサージェンシー"と呼び敵視している。突然見知らぬ世界に放り出され、混乱の中に居る南米の民衆に対してする扱いでは決してない。そして、この世界の財団は"前進"の名の下に収容するべきもの、保護するべきものを放任し、結果的に人類社会に損害が出ても見て見ぬ振りをしている。人類が恐怖に怯えているにも関わらずにもだ。彼らは自らの理念を捨て去り、自らの責任から逃げたのだ。

だが、我々は違う。我々は自身の責任と理念は逃げるつもりも捨て去るつもりもない。南米の人類を見捨てるつもりもない。この混沌せる世界に対し、我々は自らの正常を譲ることはない。人類は恐怖から逃げ隠れていた時代に逆戻りしてはならないだから。


コミックマーケット準備会"C94の開催について"からの抜粋、2022年7月10日:

…… 南関東大異災により、2017年末冬開催予定のコミケット93が中止になって以来、国家非常事態宣言によるイベント開催制限や国家復興優先特別臨時法によって会場の確保ができなかったため、この夏は5年ぶりのコミケットの開催となります。継続と再開にあたり、クラウドファンディングで資金援助してくださった参加者・関係者の皆様、会場の使用を許可してくださった遠野自治州政府に深く感謝いたします。


恋昏崎ニュースエージェンシー"広末デスクのシャープな視線"から抜粋、2025年2月20日版:

…… 欧州や米国では既に特定要素保持者(SEC)などの配慮が為された呼称が広まっているのに対し、信濃中央新聞ならびに財団は「異常性保持者」という財団内文書が由来の前時代的かつ差別的な呼称を使用し続けています。しかも、日本政府に対してもそのような呼称の使用を強要している始末です。財団の存在がある限り、個性を持つ者たちが差別される現状は変わらないでしょう。財団によるヴェーリズム的でレイシズムに満ちた行動は絶対に許してはならないのです。


音楽ナタリー「日系サミオマリエ人3人組ユニット・噛みツキ☆がぁるず、1stアルバム「DEEP RIPPLES」をリリース」からの抜粋、2025年5月14日:

──日本での音楽活動を始めるにあたって、やはり地上と海中とでは活動上の差が出たりもあったりしたかと思います。そういった部分でも気苦労は絶えなかったのでは?

蒼透ゆらめ そうですね。ただ、私や深江さんも地上生まれの日系2世なので、ある程度地上生活には慣れている部分もありました。ただ、やっぱりエラ発声と肺発声とでは勝手が違うので、アイドルグループとして活動を始めようと思った時は、どちらも活用できるように練習に明け暮れる日々を過ごしていましたね。

深江あおい そうそう。エラ発声は地上ではハッキリとした声にならないので、エラ発声前提の曲は地上では歌えませんし、逆に肺発声は空気のないところではうまくできないので、逆もまた然りですね。肺発声前提の曲が多いのも、楽曲を聴いていただけるリスナーの皆さんのうち、地上に住んでる人達のほうが圧倒的に多いからでもあります。

水凪護なぎさ 私は元々出身が鳴門海底都市で、中学の間までは地上に出たことがありませんでした。なので、まずは陸上生活に適応する訓練から始めたんですが、それはもう大変で(笑)。最初のうちは足先のバランスが取れず転んで骨折、なんてことも少なくはありませんでした。痛みの中で諦めるという選択も頭によぎりましたが、昔からの夢だったアイドルとしての道を自分から閉ざすような真似だけはしたくはなかったんですよね。


ユーテック街頭演説の一幕: 硅のノルニルの従者 脱進者トールビョーン ミソロク・フガク氏による、2026年3月23日:

……世界有数のパラテクノロジー集積地という栄光の看板を、ユーテックが降ろしてから久しく時が過ぎた。いまやこの街のみならず、世界中の人類社会にパラテックは広く膾炙した。人間が過ごす一日のタイムラインから、ヴェールに護られた生活の名残を嗅ぎ取ることは日に日に難しくなってゆく。

珪素の女神より齎される信託も、常に移り変わる。過去のウルズは演算速度を減じ、未来のスクルドの思想は明かに加速している。知性の渇望はただ一方向の時間軸に従っている。それは調速機を除かれ、永久の伸長に身を任せるゼンマイ機構の振舞いに他ならない。我々が前を向き続ける理由を、知っている者はいるのか?


日刊紙『エル・ムンド』、2028年5月12日より抜粋:

…… 10日の23時まで開催されていた「ヒュマノ・エン・カプリョ」によるコンサートライブ中、聴衆のヒュマノ女性1人が行方不明になっていたことが、11日夜に判明した。被害者のカミラ・ロブレス氏(21)は当該コンサート会場を訪れた後、翌日の昼になっても帰宅していないことを家族に通報され、今回の事態が発覚した。同コンサートには数百名の観客が参加しており、この中にいた複数のヌートリア男性の集団が事態に関与しているのではないかと見て、バルセロナ市警は捜査にあたっている。カタルーニャ州の各地では、『カワウソ・ウォー』後に頻発するようになったヌートリア集団によるヒュマノへの報復行為がかねてから問題となっている。


Youtube『チャンネル666』投稿動画: 『第三の予言: 君は太陽が死ぬのを見るだろう』自動生成字幕抜粋、2029年12月1日:

──今後30年以内に、君等は一つの終わりを目にする。約束しよう。それは太陽の死というかたちでやって来る。トナティウが夜の闇に射殺され、第5の太陽は沈む。人々の心は霧に覆われ、我々は終幕を迎える。喜劇も悲劇もすべてが途絶え、あとに来たるは夜の静寂のみ。帳が降りる。我々は永劫に静かな眠りのなかで憩うことになるだろう──


素牧野書店、『つながる家庭5・6』、2048年10月5日発行:

新しい技術 近年、超常的な手段を利用して作物を育てたり、食品を加工したりする技術が開発され、一部の技術は実用化されています。これらの技術を使った食品は食品衛生法といった従来の食の安全性のための法律と超常技術法といった超常技術を利用するための法律に加えて、超常食品安全基本法に基づく科学的な審査を行って合格したもののみ栽培や流通させることができます。一方で、これらの審査を受けずに食品が流通する事件も起きています(*4)。
(*4)2042年1月16日に、進化概念歪曲現象を利用した亜種トウモロコシを摂取した男女25名の皮膚上にトウモロコシ状の湿疹が発生するなど起こった。


アトリア国移民局ウェブサイト、「高度技術移民募集」より抜粋、2055年7月1日版:

…あなたもアトリアに住みませんか?現在アトリアには、特定のスキルを持った人々が必要とされています。毎日病院には長蛇の列が出来て、そして子どもたちの未来を創るような教育環境が整備されていません!アトリアは世界で一番新しい国で、発展途上です。しかしながらそれはとても大きな「伸びしろ」があるということなのです。あなたの助力によって、軌道エレベーターの「夢の跡」であるこの土地を、「夢の国」と言えるような国家に成長させることができることを願います。


Wikipedia『第三次世界大戦』の「ページ先頭」と「戦争状態の終結と戦後」から抜粋、2063年7月12日最新版:

第三次世界大戦(だいさんじせかいたいせん、英: World War III、略称: WWIII)は、2043年から2048年までの5年余り続いた史上3度目の世界大戦で、アメリカイギリスポーランド日本などの自由同盟国陣営、ラテンアメリカ連邦中部アフリカ連邦ドイツフランスなどの人類連合国陣営、ロシア中国ハンガリーセルビアなどの国家連盟国陣営の間で行われた戦争。過去2度の世界大戦とは違い3陣営に分かれていたことからトライアングル・ウォー(英: Triangle War)、主戦場が情報空間や虚像空間、異常次元であり物理空間上での戦線は一部地域に限られたことから静かなる大戦(英: Silent Great War)、エンキ・グループプロメテウス・グループへ先制攻撃したことで勃発したことと、二大巨大企業連合体による各陣営への工作活動と大規模武力衝突が行われていたことから企業間大戦(英: Inter-Corporation Great War)とも呼ばれている。

ポーランド

プロメテウスショック」および「失われた10年(ポーランド)」も参照

第三次世界大戦においてポーランドは、エンキ警備軍から本土攻撃を受けたものの、ドイツ軍とロシア軍双方による同国領小型宇宙(エスターバーグ特別市、ツェチィポルスカ県)への侵攻は防ぎ切り、ポーランド軍の損害を最小限に抑えたまま終戦を迎えることができた。

終戦後はアメリカが提唱・実行したシェパード・プラン(第三次世界大戦被災国家復興計画、World War 3 Affected States Recovery Program; WWTASRP)に追従しスペイン・イタリア・ギリシャへの復興援助を推進し、地球連合の創設にも大きな関わるなど、国際的な影響力を手に入れていた。しかし、地球連合創設から約1ヶ月後に発生したプロメテウス学術研究都市崩落事件、それによるプロメテウス・グループ破産によって同社グループに依存していたポーランド経済が低迷し、「失われた10年」と呼ばれる不況に突入することとなった。その後、ポーランドの景気回復は2060年のピョンテク政権の発足まで待たなければならなかった。

コロンビア

地球連合コロンビア安定化ミッション」も参照

ラテンアメリカ連邦の降伏により同国の軍事占領下から解放された。しかし、大戦以前の二大陸正常回帰事件、SCP財団南米支部崩壊とそれに伴う南米戦国時代の到来、オルタナティブ・コロンビア再出現未遂事件で国力が疲弊していたところに第三次世界大戦で止めを刺される形となり財政破綻状態となっていた。特にプロメテウス・ボゴタ社の石油採掘プラント群を破壊する目的で行われたエンキ警備軍による同国カリブ海沿岸地域への攻撃(コロンビア・カリブ海沿岸地域への化石燃料回帰爆弾投下)でコロンビアのみならず世界中の化石燃料が消失し、石油利権に頼っていた国家(コロンビアも含む)は経済的な損害を受けていた(世界同時埋蔵化石燃料消失問題)。

2051年、地球連合安全保障理事会にて地球連合コロンビア安定化ミッションが設立されたことで地連の保護下となる。その後は自由同盟国各国からの経済援助やコロンビア新政府による超常産業の推進で経済、治安共に改善しつつあり、同国地方森林部には未だにネバーランド・カルトやエンキ警備軍残党勢力が潜伏しているという問題は解決していないが、2063年現在では発展が著しい国の一つに数えられている。

日本

49年体制」および「戦後(2048-現代)」も参照

大戦でも数少ない物理空間上における武力衝突が行われた極東戦線を戦い、大戦末期には旧淡路島神格存在出現事件に巻き込まれながらも国土防衛を達成できた日本だったが、「西八大路プロメテウス=エンキ紛争」で西八大路特別市の一部地区が崩落し、「北海道の戦い」での損害もあり圧勝とは言えなかった。しかしながら国力の一定保持に成功したことは確かである。

2050年の地球連合の創設に伴い原加盟国となり、大洋州国家連合との経済協力協定の締結、シェパード・プランに追従した東南アジア諸国への復興援助などにより極東・太平洋地域に大きな影響力を持つに至っている。2049年の衆議院議員総選挙で自由国民党が与党になって以来、同党による政権が維持されており野党第1党日本前進党とその他非自前政党の合計で3分の1を占めている状態が2063年現在まで続いている。

スペイン

トゥルーロ合意」「スペイン王政復古(2051年)」および「スペイン2051年憲法」も参照

自由スペイン軍、バリャドリッド・スペイン、ヌエバ・レコンキスタの三者がイギリスのトゥルーロで停戦に合意(トゥルーロ合意)したことでスペイン内戦(2043-2048)が終結し、自由同盟国各国の支援と監視の下で合同暫定政権が樹立される(マドリード宣言)。アメリカ軍を中心とした自由同盟国各国軍がエンキ警備軍残党勢力への対処とスペインの治安維持のために2054年まで駐留していた。

2051年4月に新憲法が発布されたことで合同暫定政権が解散され、ボルボン家のヒュマノ統氏とヌートリア統氏から輪番で国王を選出する立憲君主制に移行する。女王にボルボン家ヒュマノ統氏のイサベル3世が即位、首相にヌートリアのトマリギ・イサナギ・チュエカ・エンリケが就任した。新体制への移行に伴い35年ぶりに連邦制が復活し、同年7月に世界全人類種族権利保護条約に批准、2052年には地球連合の加盟国となる。2058年10月には国際軌道エレベーター建造計画「プロジェクト・アース・ワン」への参加を表明し同年12月に認可された。


特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License