1998年 ハブ (共著)

正式カノン化に伴って、このページは閉鎖されました。今後は以下をご利用ください。
http://ja.scp-wiki.net/1998-hub


興味がある方なら誰でも参加して大丈夫です。好き勝手書き加えていってください。みんなでたのしく財団世界を弄くり回しましょう。


sky.jpg


シーズン1: ワルツの夜

ポーランドで発生した神格存在の出現事案はヴェールを捲り取り、これまで隠し通されてきた闇は白日の下に晒された。広がる混乱の最中、人類は新たな一歩を踏み出すことを余儀なくされている。

根幹記事



シーズン2: 合衆国の最も長い日

3年間の安寧は、3機の銀翼によって破られた。マンハッタンを異界に沈めた前代未聞の超常テロを前に、ヴェールなき世界の矛盾が顕わになる。9月11日を生き延びる、人々の戦いが始まった。

  • tale3篇構成の予定。20年中に書き上げたい…… (islandsmaster)


シーズン3: 病院の窓から覗いた朝

悪疫疾患、障害増大、無明長夜。人々が「異常」の存在を認知した時人々もまた異常へと変化していった。それはパラテックの発展やより住みやすい世界を生み出したが、やはり良いことだけではなくマイナスの面もあった…。2041年に起きたサイト-81Q5現実崩壊事件を起点とした近未来の日本を描く話。

根幹記事



幕間

特定のシーズンに属するわけではないものの、'98カノンの世界観を採用/構成している記事。縁の下の力持ち。



注: 以下の設定は構想中のものであり、確定しきったものではありません。作品が面白くなりそうなら無視しても大丈夫です。

98年初夏に発生したポーランドでの神格存在の降臨は、長く続いたヴェール政策の瓦解を齎した。事件はまた次の事件を生む──WTCでの超常テロ、拡散する異常疾患、エトセトラエトセトラ…。それでも、彼らは前へと進んでゆく。


ポーランドは明日、世界に先駆けて新たな一歩を踏み出します。ヴェールの先へ、闇へ立ち向かうために。ポーランドに未来あれ。


  • カノンハブ-JP
    • 1998 — 「1998年」に関するタグです。

以下の記事が該当します:

メモ:

  • Taleシリーズ化要件: Tale2作以上
  • カノン化要件: 3人以上の著者がTaleまたはGoIフォーマットを5作以上書いている

付与予定タグ: ハブ 合作-jp 1998

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License