1998カノン超常事件集 (共著)

大組織、国家、世界を揺るがすような大きな事件の一覧。新シーズン樹立の助けに。
1998有識者の方は編集フリーです。

シーズン登録済

ポーランド神格存在出現事件

1998年7月12日発生、13日収束。ショパンを神と崇める要注意団体、ショパン・カルトの異端派閥である「聖ショパン再誕のための音術師協会」によってポーランド南部で引き起こされた。ショパンの顔を貼り付けた巨大なセミの幼虫型の神格が顕現し、成長を続けつつジェラゾヴァ・ヴォラ村に向けて進行。財団、GOC、ポーランド軍の合同作戦によって神格は破壊されたものの、奇跡論的余波によるポーランド南部の壊滅とヴェールの崩壊を招いた。死傷者数は数万人と見られる。


関連記事:

マンハッタン次元崩落テロ事件

2001年9月11日発生、15日収束。ヴェール崩壊に続き、財団、GOC、プロメテウス、米国の4者によって築き上げられた新たな権力秩序「メキシコ湾体制」による世界統制を防ぐべく、カオス・インサージェンシーが米国で行った同時多発的な超常テロ。現実世界の9.11に相当する。ハイジャックされた飛行機の着弾に伴ってマンハッタン全域が悪魔の蔓延る異次元空間へと崩落、加えてCIによって多種多様なアノマリーが投入されたことで事態の収集は困難を極めたものの、多数のGoI・PoI・アノマリーの共闘によって打ち破ることに成功した。


関連記事:

オルタナティブ・コロンビア事件

2006年10月2日に発生。南米コロンビアにて大規模な異常麻薬(パラドラッグ)が蔓延し、社会情勢の大幅な不安定化を招く。多種多様な悪魔実体をドラッグにより懐柔し契約を締結させたコロンビア政府は、他の国家や正常性維持機関との訣別を宣言し、コロンビアの全ての生物種をその上空に出現させた非実存領域「オルタナティブ・コロンビア」へ移動させた。


関連記事:

スペイン国民カワウソ化事件

2015年に発生。「トンガラシ翁」と呼称されるPoIが突如として神性を獲得し、自身の健康増進を目的とした食事療法の研究を推進した結果、スペインの全国民は食材として扱われるカワウソに変化した。結果として旧来のヒト種を包含する食物連鎖の大規模な撹乱がバルセロナを中心として発生し、これは少なくとも「アヒージョ」と呼称される2頭のカワウソとスペイン国軍がトンガラシ翁の討伐を完遂するまでは継続した。事態の収拾が遅れたことを理由に、スペイン国民は財団に対する態度を硬化させた。

※通常カノンにおける「トンガラシ翁」「アヒージョ」のプロファイルに関してはSCP-1129-JPを参照されたし。


関連記事:

東京現実崩壊性広域災害

通称”東京事変/東京事変災害”。2017年12月17日に発生し、その後26年間に渡って東京を中心に南関東を破壊し続けた。現実崩壊によって水の逆流、空間の消失等の多数の異常現象が発生し、遂には摩天楼がそのまま上空へと転移して雨のように降り注いだ。原因は自然発生的なものと見られる。
この災害で日本の首都機能が麻痺したことにより群馬への遷都が行われ、超常技術をフル活用した新都心が生まれることとなる。


関連記事:

サイト-81Q5現実崩壊事件

2041年12月24日に日本のサイト-81Q5で発生。サイト-81Q5は財団指定難病(DIDF)の治療目的で設立、運営されていたが、裏では財団規律に違反する独自運営を実施し、人体実験含む多数の違法行為に関与していた。加えてサイトには危険人物である堀街医師が紛れ込んでおり、現実虚脱発作症候群患者の少女を利用してサイトを壊滅に追い込んだのも彼である。事件以後のサイトは理不尽かつ混沌とした異常現象の巣窟となっていたが、財団と世界超保健機構の合同部隊の尽力によって無力化。


関連記事:

既存記事アリ

奇蹄病事件

2009年に日本で発生。日本生類創研が開発していた獣変調ウィルス、TX-85957の偶発的アウトブレイクが原因。このウィルスは致死性であり、感染者の身体に動物の形質が現れることからこの名で呼ばれるようになる。放棄された研究所からワクチンが発見されたことで事態は収束したものの、死者数1500名の惨事となった。この事件を切欠に締付けが強化されたことで、日本生類創研は暫く弱体化することとなる。今現在も生存した患者はいる模様。


関連記事: 今のところ、直接的に事件を描いた記事は存在しない。

イエローストーン蜂起

[説明文募集中]


関連記事:

二大陸正常回帰事件

2019年9月13日に発生。2019年を起点に1998年の事象が改変されるCK-クラス: 再構築シナリオが発生し、それに伴って南アメリカ大陸およびアフリカ大陸の全ての人間が異常に関する知識が消失、'98年の神格存在出現事件を経験していない形となった。これを切欠として、”正常だった”頃の世界に戻ろうとする夏鳥思想連盟が活発化。


関連記事:

ボン岬半島現実崩壊性災害

2018年2月1日から4日に発生。前年12月には、同種の災害である、東京現実崩壊性広域災害が発生している。ボン岬半島は、対岸のシチリアを挟んで地中海に面していたため、地中海航路の一次的な機能不全という衝撃を欧州人に与え、遠い極東での事件として軽視していた現実崩壊性災害を非常に危険視するようになった。また、以前より進行中だったフリーポートへの人口流入が世界規模で拡大したほか、様々な異常に強い建築がもてはやされるようになり、パラコンストラクション業界の活性化につながった。


関連記事:

複数の下書きで共有

N/A

公式サーバ等で上がったアイデア

軌道エレベーター因果撹乱事件

2070年に発生。タイムライン上の人類の総意として望まれた軌道エレベーターが、「実現不可能である因果を否定」することにより強制的に実現させられた。結果として大規模な「技術の前借り」による因果撹乱が発生し、それを起点として発生した規模不明のCK-クラス:再構築シナリオが、様々な超常事件が公然と起こる「1998年」のタイムラインそのものを成立させる主因となった。再構築された2070年以降の地球は宇宙産業の過密化による液晶パネルの空により覆われ、ロシアのシベリア奥地を除くほぼ全ての地において「天然の空」は喪われることになった。地表にはカック灰による死と闇と絶望のみが残り、今なお発展を続ける無限の宙域との間には筆舌に尽くしがたい絶対的な格差が生じている。


関連下書き:

四国夢ゲーム事件

時期未定。日本の徳島県に存在するネクサス夢ゲームが突如拡大を開始。サイト-591ブラックラビットカンパニー、オネイロイ・コレクティブ、株式会社ドギーコープ、鳴門海底都市を巻き込んで現実に拡張された"ゲーム"が始まる。  「まもなく、レイドバトルイベント"長宗我部元親の野望"が開始されます。参加者の方は速やかに集合して下さい」


関連記事:

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License