1998ハブ単語集更新

注記: 2021/1/23、ハブへの反映完了。以下は当時のアーカイブとなるが、今後もハブへ単語が追記されることがあれば再利用される可能性あり。

追加予定項目

  • 各シーズンの中心事件
  • 各シーズンの中心概念
  • その他使用例の多い用語

  • 異常性保持者保護法

世界的な人型実体の権利保証活動の最中、日本で成立した法律。当初は後天性パラヒューマンの権利擁護を掲げていたものであった。2025年、時代の変化や異種族への受容等の理由により改正、先天性パラヒューマンや伝承部族にも対象が拡大された。

  • エスパノルヌートリア

スペイン神格存在出現事件における食物連鎖の大規模な撹乱現象によってカワウソ型のAFC種族に変異したスペイン国民(イベリア半島本土在住)の総称。知能、寿命、声帯は人間自体のものを維持しており、手(前足)も通常種のカワウソのものよりも広い可動域を持つ。変異範囲外に居住していた等の理由で形質変異を経験しておらず、従来のヒトを保っているものはエスパノルヒュマノと呼ばれる。

  • オルタナティブ・コロンビア事件

2006年10月2日に発生した事件。コロンビア政府による他の国家や正常性維持機関との訣別宣言およびボゴタ上空に出現した非実存領域への全生物種の移行事象の総称。これによりコロンビアは事実上の鎖国体制へと移行した。事件の詳細についてはシーズン2006: 大麻畑でつかまえてを参照。

  • サイト-81Q5現実崩壊事件

2041年12月24日に財団日本支部のサイト-81Q5で発生した事件。元々は財団指定難病(DIDF)の治療目的で設立、運営されていた医療施設が事件の影響により具体的な意味性とユークリッド空間的ベクトルが喪失している危険領域となった。事件の詳細についてはシーズン2041: 病院の窓から覗いた朝を参照。

  • スペイン神格存在出現事件

2015年8月13日から同年11月29日に渡り、スペイン北東部で発生した神格降臨事象とスペインのイベリア半島領土における奇跡論的災害の総称。この事件で4000万人以上が形質変異の影響を受けた。民間では"スペイン国民カワウソ化事件"、"トンガラシ事件"などと呼ばれるほか、財団では内部コードとして"イベント・オッタル"の呼称が用いられる。事件の詳細についてはシーズン2015: プルス・ウルトラを参照。

  • スペイン2016年憲法

スペイン神格存在出現事件終結後にスペインで制定された新憲法。条文にはスペイン国籍を保有するパラヒューマンや異種族の権利保証が明記されており、当時の世界においては先進的なものであった。制定理由としてはスペイン神格存在出現事件の影響により動物特徴保持者(AFC)が多数派となったためとされる。

  • 東京現実崩壊性広域災害

2017年12月17日に発生した東京を中心とした南関東での超常災害。現実崩壊による異常現象で都市圏が破壊され、万単位の犠牲者が発生した。この災害により東京が壊滅したため、日本国政府は首都機能を移転させることを決定した。民間では”東京事変/東京事変災害”1の呼称でも知られる。詳細についてはシーズン2017: 東京事変を参照。

  • 長野市AFC殺傷事件

2037年8月1日に長野県長野市で発生した殺傷事件。この事件により26人が死亡、38人が負傷した。被害者に動物特徴保持者(AFC)が多かったことからこの名称が付けられた。AFC受容が進んでいたことや従来のヒトも犠牲になっていたことから容疑者への世間の反応は冷ややかなものであった。事件の詳細についてはシーズン2037: 黎明に轟く咆哮を参照。

  • 二大陸正常回帰事件

2019年9月13日に発生した限定的なCK-クラス:再構築シナリオ事象。アフリカ大陸および南アメリカ大陸がポーランド神格存在出現事件を経験していない形に改変された。両大陸の住民は再び異常に対して無知となる事を強いられたほか、夏鳥思想連盟を含む反アノマリー主義者たちは当該地域を聖地として認定し、人口の流入を加速させた。

  • パラドラッグ

超常的手段で製造された違法薬物/電子ドラッグの総称。超常生物や超常植物から生成されたものや悪魔実体から生成されたもの、中には脳神経に直接的な影響を及ぼす電子情報など多岐に渡る。オルタナティブ・コロンビアの重要な外貨となっているほか、同領域内における超常的文化の主軸となっている。

  • ポーランド神格存在出現事件

1998年7月12日午後から13日早朝に渡り、ポーランド南部で発生した神格降臨事象。この事件を切欠として、この世界のヴェールは捲くられた。民間では"0712事件"、"7.12"などと呼ばれるほか、財団での内部コードとして"イベント・ペルセポネ"の呼称が用いられる。事件の詳細についてはシーズン1998: ワルツの夜を参照。

  • マンハッタン次元崩落テロ事件

2001年9月11日発生、15日終結。米国マンハッタンにおいてカオス・インサージェンシーが引き起こした大規模超常テロ事件であり、一時的に同市を悪魔実体らの住まう異次元空間へと引きずり込んだ。事件の名称については、民間ではマンハッタン・クライシス、9.11テロなどと呼ばれるほか、財団では内部コードとして"マンハッタン・カオス"の呼称が用いられる。事件の詳細についてはシーズン2001: 合衆国の一番長い日を参照。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License