2047年12月25日

Included page "theme:ad-astra" does not exist (create it now)

rating: 0+x

「こいつァ大当たりだ! やっぱ私達宇宙屋 ('nauts) が行くなら太陽系外に限るや」

"This is the damn jackpot! I told you the outer solar system was the right place to be for us 'nauts!"

傍から見れば、D型小惑星86235ホルトは天王星ゼータ環を周回する氷塵の中に浮かぶ、見栄えの悪い暗赤色のシミのようだった。しかしジヨンには探掘者としての慧眼と、元ルナ・コリアの氷掘りとして期待に違わぬ資源採掘の才覚があった。彼女なら、86235ホルトで見つかるものを言い当てられる──凍った水に、有機物豊富な各ケイ酸塩を全部──それも顔色一つ変えずにだ。数分前、彼女はちょうどそうしたところだった。

To an outside observer, D-type asteroid 86235 Holt looks like an unspectacular dull red blot in the midsts of the ice orbiting through Uranus' ζ ring. But Ji-yeong has a prospector's eye and the knack for resource extraction one would expect from a former Luna Korean ice miner. She can list what you'd find in 86235 Holt — all the frozen water and organic-rich silicates — without batting an eye. Several minutes ago she did just that.

もちろん、実際何があるかを的確に把握するには、分光撮像装置が要されることに変わりはない。だが彼女の左目虹彩に埋め込まれたそれが役に立った。

Of course, she still needs a spectrographic imager to get a good sense of what is actually in there. The one implanted into her left iris does help, though.

彼女はプレシャス・フロットサム号の中央船室に舞い降り、コンピュータ端末の前に貼り付いて、画面中を埋め尽くし流れていく青い診断メッセージとにらめっこしているミハイルの下へ向かう。彼女は彼の腕を引っ張って、窓まで連れて行った。

She floats down the central cabin of the Precious Flotsam to where Mihail hunches over a computer terminal with scrolling blue diagnostics cluttering its screen. She yanks his arm, tugging him to one of the windows.

「あれ見えるか?」サイバネ改造した指が先程の小惑星を指す。「あのへんの割れ目にあるやつなんだが」

"See that?" A cybernetic finger points to the asteroid. "Along those cracks?"

ミハイルは目を瞬いて光を調節する。大量の朧げな天王星の雲は無視して小惑星だけに視点を絞ると、紫に光る小さな点が見えた。それからもう一つ。一つ、一つ、また一つ。小惑星全体に光の点があった。

Mihail blinks, adjusting to the light. Ignoring the looming mass of Uranus's cloud cover, focusing solely on the asteroid, he spots a mote of purple luminescence. And then another. And another, and another, and another. The whole asteroid is dotted in the light.

「不活発のエクトプラズムだ。多分この惑星が最初に形成されたときの宇宙生物の死骸由来だろうな。それで、どうしてあれが見えてるかわかるか? こっちから電流を流さなくても光ってるのか?」

"Inert ectoplasm. Maybe from some dead extraterrestrial back when this planet first formed. But, you notice how we can actually see it? Without needing to apply electrical currents of our own to light it up?"

彼はゆっくりと頷き、ぼんやりとその岩塊を眺めていた。ジヨンは彼の表情が変わるのを待ったが、すぐに諦める。

He slowly nods, blankly watching the rock. Ji-yeong waits for his expression to change but quickly gives up.

「まあ、これそのものが自前で電気を生んでるんだろうな。異常にさ。もしくは? 過去の採掘があった電気生成小惑星の報告を調べた。その大半が偶然か自然に封印された悪魔実体によるものだった」荒々しい笑みが彼女の顔に浮かぶ。

"Well, this whole thing is generating its own electricity. Anomalously. Better yet? I checked reports on past electrically generating asteroids that've been mined. Most of them have been the result of demonic entities that got accidentally or naturally sealed into them." A wild grin flashes along her face.

尚も反応はない。

Still no reaction.

「こいつは一生に一度の発見だぞ、ミハイル! ここから100万ソルはくだらない金が手に入る! それこそ何乗も──なあ、あんたはこの金の分前を何に使うつもりなんだ?」

"This is a once in a lifetime find, Mihail! We're going to net no less than a million sols from this! One to the power of— wait, what are you going to use your share of this money for?"

「マンション、多分アシュバーン・ステーションの。路地とか、未登録のステーションとか、輸送カーゴじゃないところで寝たいもんだ……」彼の声は薄れていく。

"Condo, maybe at Ashburn Station. Anything that isn't an alleyway, unregistered station, or cargo hauler to sleep in…" His voice trails off.

「あー」

"Ah."

彼女は壁を押して、プレシャス・フロットサム号の測位システムを管理するスクリーン、ダイヤル、スイッチの塊の中に滑り入る。スクリーンを一瞥した後、ミハイルの方へ振り返る。「真面目な話、どうしたんだ?」

Pushing from a wall, she glides to the jumble of screens, dials, and switches that operate the Precious Flotsam's positioning systems. She glances to the screens, then back to Mihail. "Seriously, what's wrong?"

「日付は確認した?」

"Have you checked the date?"

「えーっと……」立ち止まって網膜ディスプレイにそれを表示する。「太陽歴2047年12月25日」

"It's uhhh…" Pauses to bring it up on her retinal display. "December 25th, 2047, solar calendar."

彼はそれに応じて頷く。彼女は眉を上げる。「あー、聞き覚えはあるんだが、何が特別なのかはわからないな」彼女の脚は空になったビールパックを無造作に蹴飛ばし、それは船室を突っ切っていった。

He nods in response. She raises an eyebrow. "Well it sounds familiar but I don't see what's special about it." Her legs idly kick at an emptied beer pack and send it careening through the cabin.

「クリスマス」

"Christmas."

「あーーーっと、なるほどな。そういうことか。地球の休日だよな?」

"Ooooh, right. That. Earth holiday, right?"

頷く。

Nods.

「あー」

"Ah."

ジ・ヨンが船内がどれほど静かであるかに気づくまで暫くかかった。ミハイルは喋っておらず、プレシャス・フロットサム号の軌道はゼータ環のデブリの大部分よりも十分上にあり、スラスターを動かす必要も無い。暖房システムの音だけが船全体に響いている。

It takes a moment for Ji-yeong to realize just how silent the ship is. Mihail isn't speaking, Precious Flotsam's orbit is far enough above the bulk of ζ ring's debris that the thrusters don't need to be running; only the heating systems are sending their rumbles throughout the hull.

「聞いたことなかったと思うんだが、ミハイル、キミはどこ出身なんだ?」

"I don't know if I've ever asked, but Mihail, where are you from?"

「インビトウィーナー・ステーション。土星の環、ホイヘンスの空隙にある」

"Inbetweener Station, Huygens Gap of Saturn's rings."

「違う、その前は?」インビトウィーナー・ステーションは最近建設されたばかりで、ミハイルのような痩せこけた20代の子供が生まれるような場所ではない。そのうえ、真っ当な心の人間なら、未登録のカーター運営のステーションでそうやって子供を育てようとはしないだろう。

"No but before then?" Inbetweener Station was too recently built to be somewhere a scrawny, 20somethings kid like Mihail could be born. Besides, nobody in their right mind would try raising a kid in an unregistered Carter-run station like that.

「アシュバーン・ステーションだ」

"Ashburn Station."

そこは2026年まで財団が公開していなかった場所だ。可能性としてはあるが、納得はしない。「じゃあその前は?」

That wasn't opened to the public by the Foundation until 2026. It's possible but it doesn't feel right. "And before?"

「……地球」

"…Earth."

瞬間、ジ・ヨンの脳内で全てがつながる。「待った待った、キミは財団がアシュバーン・ステーションに移送した地球避難民の出身ってことか? 2041年の?」彼は窓の外を見つめ続けていたが、返事が無いことは答えのように感じられた。「おいおいキミが避難民だったなんて知らなかったぞ! なんで言わなかった?」

Suddenly everything links up in Ji-yeong's head. "Wait wait, were you from one of the batches of Earth evacuees they sent to Ashburn Station? 2041?" He keeps gazing out the window, but the lack of acknowledgement still feels like an answer. "Holy shit I didn't know you were an evacuee! Why didn't you tell me?"

「アシュバーンにいたとき、どれだけ非難されたかわかるか? 僕らが向こうの住居を埋め尽くして、宇宙で働くのに不慣れで仕事に使えないとかで鬱陶しがられてた。地球から来たと言った途端に雇用を断られたよ。ましてやレテが一番酷い地域の一つから来たとなればね」

"You know how much flak I caught when I stayed in Ashburn? People were pissed that we were crowding the apartments there, that we weren't used enough to working in space to actually be useful for jobs. I had people refuse to hire me the moment I mentioned I was from Earth, let alone from one of the worst Lethe'd regions."

「ああ、そいつは……すまなかった」

"Oh, I'm… sorry to hear that."

彼は窓をちらりと見た。「すまない、仕事に取り掛からないと。診断メッセージが正常に戻った。クレーンと自動採掘機の電源を点けてくる」

He glances at the window. "Sorry, I should be working. Diagnostics came back normal. I can start turning on the claws and autominers."

「いや、いいんだ。キミの気持ちはわかるとも」壁に貼り付けられた写真には、高く抱えあげられる5歳のジヨンが母たちと一緒に写っている。背後には、初期のルナ・コリアの開拓地行きロケットが更に高く浮かんでいた。「地球のことはあまり覚えていないし、両親も休暇好きじゃなかったけれど、ルナ・コリアに発った後にレテ現象のせいで地球への帰還が禁止されて、両親は故郷に帰りたい気持ちを抑えられなくなった。何度もホログラムシステムやVRセットを買ってきては帰るふりをしていたけれど、やっぱり同じじゃないみたいだ」彼女は写真を指でなぞる。「今でも買ってるよ」

"No, it's fine. I understand how you feel." Taped to the wall is a photo of five year-old Ji-yeong with her moms, held up high while a rocket bound for the nascent Luna Korea settlements lifted up even higher in the background. "I never had much memory of Earth, and my parents weren't the holiday type, but after we left for Luna Korea and later were forbidden to return to Earth because of the Lethe events, my parents couldn't stop wishing they were home. They kept buying hologram systems and VR sets to try pretending they could return but it was never the same for them." She runs her fingers along the photo. "They still do buy them."

「うーん、僕の両親は避難できなかったから、そういうことはなかったけれど──」

"Mmm. My parents never got evacuated, so they never experienced that, but—"

「クソッ、本当にすまなかった」

"Fuck, I'm sorry to hear that."

「気にするなよ、何年もやってきたことだ」

"Don't worry, I've had years to cope."

「でも」

"Still."

彼はため息をついて、ジヨンと決して目線が合わないように顔を窓に向けた。天王星の大気から反射する光が、彼の顔をうっすらと青白く照らす。

He sighs, face turned enough to the window that it avoids any form of eye contact with Ji-yeong. The light reflecting from Uranus's atmosphere bathes his face in a pale blue haze.

「最後に皆と過ごしたのは、2040年のクリスマスだった。僕は1年間宇宙にいた。当時は財団運営の建設プロジェクトで働いていて、両親と自分のためにお金を稼ぐにはそれしかなかったんだ。だからホームシックになってたんだけど、おかげでその年故郷を襲ったレテ現象からは無事だった。僕たちが戻ってきたとき、財団に狂ったように検査されたよ。一週間の滞在しか許されなかった。彼らは記憶喪失や、地域によっては地元政府の崩壊もあると繰り返し警告して、緊急時の連絡先をよこした」

"Last time I was with them was Christmas of 2040. I'd been off world for a year, working at a Foundation-run construction project because it was the only money I could get for my parents and I, so I was homesick but safe from the Lethe events that hit home that year. When I and others landed back the Foundation screened us like mad. We got hard limits to only stay a week. They kept giving us warnings about potential memory loss, the collapse of local governments in some areas, and handed us contact numbers in the event of emergency."

ジヨンは身動きせずに聞いていた。

Ji-yeong is motionless, listening.

「実家へ向かう車中では、この場所全体が荒地みたいに感じられた。人はまだいたけれど、死体や誰も直そうとしない建物、崩壊した橋、レテが消し去ったものは全部無視されているようだった。財団の検問所を全部通過して、実家につくまでに一日がかかった。そして両親は会ったとき、再開を本当に喜んでくれたんだ」彼はそっと笑う。「僕らが何をしていたか、どこにいたのか、話が弾んだよ」

"The whole place felt like a wasteland when I drove to my parent's house. People were still around but they'd ignore corpses, buildings nobody remembered to fix, decaying bridges, anything that was Lethe'd out of them. Took a day to get past every Foundation checkpoint and reach my parent's house. And when they saw me they were so, so happy to see me." He lightly chuckles. "We couldn't stop talking about what we'd been doing and where we'd been.

最初の数日間は、幸せのあまりレテ現象のことなんて抜け落ちてしまいそうだった。どれもいたって普通に見えた。子供のころそのままだった。街におかしなところは無かった。廃墟は無かったし、誰も変なことはしていなかった。ここ最近で一番リラックスできたよ。けれど……問題が起き始めた。宇宙で見る星がどれだけ綺麗なのか話しても、それは妄想だと返された。星の実在を信じなかったんだ。クリスマスツリーを用意しないのかと尋ねても、「ツリー」が何なのか説明しようとしたら危うく失神するところだった。同様に、猫のことは“異質な存在”だと思っていた」

"I was happy enough that, for the first few days, I forgot about Lethe events. Everything felt so normal. Just like when I was a kid. I never saw anything odd in town, I never saw abandoned buildings, I never saw anyone act weird. It was the most relaxed I'd felt in a while, but… Problems came up. I told them about how pretty stars looked up in space but they said I was delusional. They didn't believe stars existed. I asked about getting a Christmas tree, but they nearly fainted when I tried to explain what trees were. Same with the 'alien things' they thought cats were.

「そしてクリスマスがやって来た。両親は赤と緑のライトを電話塔に巻きつけていたけど、電話が何かはわからなかった。飾り付けだと言ってプレゼントの空箱を地面に置いて、座って1時間ライトを眺めるんだ。家族はクリスマスキャロルの一節を口ずさんだあと、いつものことをしに内に戻った。何事も無かったかのように。明るくなればいいなと思って、プレゼントにちょっとしたお土産を渡そうとしたり、建設業で使った溶接機の部品なんかも贈ってみたんだけれど、父はただそれを付き返して言うんだ。「こんな子になるよう育てた覚えはない/もっとちゃんと教えたはずだぞ」とね。

"And then Christmas came. My parents strung red and green lights around a telephone tower, not even knowing what telephones were. They dropped empty gift boxes on the ground, which they said were decorations, and sat to stare at the lights for an hour. I heard them state a fragment of a Christmas carol before heading back inside to do their normal routine. Like nothing happened. I tried to offer them little souvenirs as presents, bits of welding equipment from the construction job, anything to brighten up the day, but my dad only turned to me and said, 'I thought we taught you better than this.'"

ジヨンが蹴ったビールパックはコンピュータ群にあたってゆっくりと跳ね返り、ミハイルに届く。彼はそれを脇に軽く押しのけた。

The beer pack Ji-yeong had kicked slowly rebounds from a set of computers, reaching Mihail, who gently pushes it to the side.

「その後はほとんど話さなかった。一週間の滞在が終わると、何も言わずに出ていった。避難勧告があったのはその直後だ」彼は窓から離れ、ジヨンに引き戻されて端末まで戻ってくる。「アシュバーンに着いたとき両親について尋ねたけれど、財団職員曰く避難民登録はされていなかった」

"We didn't talk much the rest of the time. Once my week stay was over I left without saying a word. Mandate to evacuate came soon after." He shifts from the window, returning to the terminal Ji-yeong had tugged him away from. "I asked about my parents when I arrived in Ashburn, but Foundation staff said they weren't registered evacuees."

ため息をつく。「わざわざ祝おうとしたクリスマスはそれで最後だ」

Sighing. "It was the last Christmas I bothered celebrating."

ジヨンは何も言えなかった。彼女に何が言えたろう?

Ji-yeong can't respond. What is there she can say?

彼女は再度目の前のコンピュータに焦点を合わせる。慌ただしいレバーとキーボードの操作音の後、船は──手に入る中で最も古い軌道採掘ソフトウェアが何個か起動するとともに──RCS (姿勢制御システム) を開始した。スラスターが亜音速の反響を船内に響かせ、プレシャス・フロットサム号は飛行軌道を調節する。1分後、船は86235ホルトと並行になった。ミハイルは自動採掘システムを開始する。メカニカルアームが伸びて、その爪が地表に食い込み、がしりと掴んだ。サイロの扉がスライドして開き、バーグマン-イータ採掘ドローンの群れを解き放つと、ドローンたちはセーフティネットを広げて小惑星に張り付き、高密度の氷と鉱石を掘削していく。

She refocuses on the computers in front of her. A flurry of lever switches and keyboard clacks later and the ship, running on some of the oldest orbital mining software available, engages RCS. Thrusters send subsonic reverbs through the hull as the Precious Flotsam adjusts trajectory. A minute passes and it is parallel to 86235 Holt. Mihail engages the automatic mining systems. A mechanical arm extends, its claw cracking into the surface, gripping hard. Silo doors slide open, releasing a swarm of BERGMANN-ETA mining drones that expand their safety nets, latch to the asteroid, and drill into the densely packed ice and ore.

その間ずっと、ミハイルはコンピュータの向こうの空間を見つめている。周囲を見渡しながらジヨンは後ろに向かい、キャビンの“倉庫”に並ぶ貯蔵コンテナに向き直る。組合せ式のロックに数字を打ち込んで、彼女は慎重に金庫を開けた。

All the while Mihail gazes at the nothing past his computer. Glancing around, Ji-yeong propels back, spinning to face storage containers lining the cabin "ceiling." Punching in the numbers on a combination lock, she gingerly opens a safe.

「なあ、ミハイル?」

"Hey, Mihail?"

彼は振り返る。

He turns.

「今日を良い日にしてやるにはどうすればいいんだか、私にはわからない。でも……」彼女は金庫を探って、半透明のプラスチックのチップを取り出した。「……インベトウィーナー・ステーションにいた時にギャンブルでこいつを手に入れたんだ。実に25万ソルもの価値がある」ミハイルに向けてさっと投げ渡すと、彼はそれを掴み目を見開いた。

"I realize there's nothing I can really do to make today feel better for you, but…" She fishes through the safe and pulls out a semitranslucent plastic chip. "…while I was at Inbetweener Station I won this in a gamble. 250 grand worth of sol." With a swift toss it flies to Mihail, who grabs it, eyes wide.

「お前……いったい何で──」

"You… Want me to—"

「持っていけ。木星らへんに戻ったら自分のマンションを買うか、こんな採掘業は綺麗さっぱり辞めちまうか、あんたに任せる。今まで大変だったんだろ、それぐらいしちまいな」

"You can keep it. Once we return to Jovian space go buy that condo for yourself, or get out of this mining biz altogether, up to you. After what you've been through you deserve this."

彼は固まったままだ。彼女はキャビン端の扉まで歩いていき、一度ボタンを押すとフシュー、ガチャンという音を立てて金属の板が開いて扉となった。宇宙服を着て、ドローンを調査する用意ができた。「ああ、質問なんだが」

He stays stunned. She moves to the door at the cabin's end, single button press opening a slab of metal for a door with a hiss and clunk, ready to put on her spacesuit and inspect the drones. "Oh, question."

「何だ?」

"Yes?"

「あれ何て言うんだっけ? こういう日にいつもみんな言ってるやつ」

"What's the phrase? The one that people always said for this day?"

「いくつかあるけど……メリークリスマスかい? それで合ってるか?」

"There's multiple, but… Merry Christmas? Is that what you're thinking of?"

「それだ。メリークリスマス、ミハイル」

"Yeah. Merry Christmas, Mihail."

外では、保護魔術シジルがドローンの熱を放出していた。瓦礫はセーフティネットに絡め取られ、ゼータ環の氷塵は漂い、天王星の空は輝いていた。

Outside, protective thaumic sigils radiate their warmth from the drones as rubble bundles in their safety nets and as the ζ ring ice drifts, Uranian skies shining.

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License