Clinical Tone

クリニカルトーンとは、記事が巨大な団体や組織の公的文書であることを強調するために用いられる、疑似科学/準科学的な文体様式である。Containment Fictionの文脈では単に「トーン」と呼ばれることもある。「適切な(クリニカル)トーンを欠いている」というのは、あらゆる形式のContainment Fictionにおいてありふれた批評であるが、明確な定義は存在しておらず、読者の要求は時代と執筆コミュニティによって劇的に変化する。

トーンの基準は完全にコミュニティが主導し、個人の期待に委ねられている。クリニカルトーンに欠けると考えられる記事では、何かが本質的に間違っていたり不正確であったりというよりは、他の記事と比較して「見ればわかる」的な状況が生じている。

クリニカルトーンの様々な派生形とトーンの崩壊は、あらゆるContainment Fiction形式で展開しているが、これはフォーマットスクリューを完成させるための最も手近で「あからさま」ではない手法の一つだからである。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License