『地下東京』文書集

2017年、現実崩壊性災害の震源地となった東京は大きな損害を受け、常時法則性の希薄な現実変動が繰り返される危険地帯となりました。この危険区域化は2043年まで続き、その後、たび重なる調査研究を経て東京の危険区域指定は取り消されました。

地上部が生存困難な環境に陥るなか、一部の都民は地下へと逃れ、地下鉄駅を拠点に独自の文化コミュニティを形成しました。これらの「地下東京コミュニティ」には、東京都の異常鎮静からしばらくして「港」が敷設され、地上部との交易・交流が限定的ながらも行われるようになりました。

これに際し、財団は地下東京の探査研究を実施しました。以下はその際に確認された文書群です。今後新たな文書が確認された場合もまた、同様にこのページへ付記されます。


(タイトル。事務的な説明にするとそれっぽい)

(本文)

— (著者。著者不明が一番多いかもしれない)、(場所)で発見

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License