SCP-798-JP - 私からの通達
評価: +1+x
blank.png

SCP-798-JP - 私からの通達
By: (user deleted)
Published on 01 Aug 2022 10:32





Item#: 798-JP
Level2
Containment Class:
eparch
Secondary Class:
{$secondary-class}
Disruption Class:
vlam
Risk Class:
none

%E8%AA%A4%E4%BC%9D%E9%81%94A.png

SCP-2434-JPの取扱説明書への、SCP-798-JP出現事例

特別収容プロトコル: SCP-798-JPの新たな出現例が見られた場合、SCiPNet上の報告書を編集する権限のある職員は即座に当該記述を削除した上、転写をこの報告書の補遺に追加してください。現在、財団未詳資料/目録編纂室による"誤伝達部門"についての調査が実施されています。

説明: SCP-798-JPはSCiPNet上に不定期的に発生する、"誤伝達部門より通達"と題された一連の記述です。これらの記述は大抵の場合認識災害オブジェクトに関する報告書の先頭に、黄色の枠線で囲まれた茶色のモーダルボックスとして追加されます。SCP-798-JPには、瀬戸博士と鹿野博士という二人の人物が頻繁に登場します。財団の記録では、これらの名前で雇用されている人物は存在せず、"財団誤伝達部門"についての言及も存在しません。

SCP-798-JPはセキュリティを掻い潜り不定期的に強制出現することを除けば、文書自体は全く異常性を持たないことが判明しています。その内容の異質性、並びに類似するアノマリーの存在のため、SCP-798-JPは単体でEparchクラスのオブジェクトとして指定されています。

補遺: 以下のリストは、実際の報告書に出現したSCP-798-JP事例の転写の抜粋です。完全な記録は、SCP-798-JP出現記録を参照してください。

出現先の報告書 内容
SCP-496-JP "当該報告書には複数の誤字脱字、曖昧な説明、及び主観的な感情表現などが含まれていますが、これらは閲覧時において何ら問題ないものだと現時点で断定されています。ご不明な点があった場合は出来る限り再閲覧を行わず、誤伝達部門に連絡してください。おねがい。"
SCP-835-JP "当該報告書にアクセスする全ての職員は11.5以上の認知抵抗値(Cognitive Resistance Value:CRV)を有すると認定されることが不可欠です。CRVの検証を実行するため、お使いの端末のマイクにゆっくり、はっきりと、次のフレーズを繰り返してください: 闇子ちゃんかわええええええ"
SCP-964-JP "当該報告書はそれ自体が物語災害を引き起こす不明瞭な文書型異常存在であると推測されており、閲覧には思考改変を受けるリスクが伴います。そのため、閲覧者には空想科学部門による対抗物語の接種が義務付けられておりますのでご了承下さい。"
SCP-251-JP "当該報告書それ自体の強力であるものの有用な異常性を有効利用するため、当該報告書は編集者のセキュリティクリアランスに関わらず自由に編集可能となっております。詳細は付属の追記編集ガイドラインを閲覧ください。"
SCP-2199-JP "[冗長なセクションを省略]。円滑なコミュニケーションに不要な情報は省略されます。"
SCP-1151-JP "当該報告書はAIC(人工知能徴募員)にのみ閲覧許可が下りています。閲覧者がAICではない場合、即座に閲覧を終了してください。"
SCP-1210-JP-J "当該報告書はJokeカテゴリーに分類されており、内容自体は完全なフィクションであるものの、閲覧者には報告書の改変を行おうとする原因不明の突発的な衝動発作が発生することが判明しています。これらは当該報告書自体の有する異常性だと思われますが確証はありません。そのため、閲覧者には事前に認知補強薬を接種することを強くお勧めします。"





特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License