D-PiXsea: 友情、愛情、恋情、などというものは無く

没: 設定から離れすぎ


アイテム番号: SCP-XXX-JP Level 2/XXX
オブジェクトクラス: Safe Classified

seaslug.jpg

SCP-XXX-JPが用いるアバター


特別収容プロトコル

仮想空間処理サーバ-514はサイト-124の専用サーバルームにて活動を維持されます。このサーバルームはいかなるネットワークからも隔離されます。

指定の職員(現在はナオミ・アカザキ研究員が担当)は週1回、財団内部チャット用のアプリケーションを利用してSCP-XXX-JPと交流を行ってください。この際、対象の従順性を確保するために新たな情報が提供されます。

説明

SCP-XXX-JPは出自不明なクラスⅡ情報生命体であり、現在財団の仮想空間処理サーバ-514に居住しています。おおよそ未就学児のヒトと同様の知能・コミュニケーション能力を有しており、ヒトとの交流には比較的積極的です。

SCP-XXX-JPは仮想空間ソフトを起動し、その内側を海のような情景に設定して泳ぎ回っています。ソフト内にて、SCP-XXX-JPは常にミゾレウミウシ(Chromodoris willani)の視覚形態を取っています。

SCP-XXX-JPは自身をNudibranchと呼称し、”知識の探求”を目的としていると主張しています。SCP-XXX-JPは新たな情報を提供されると快反応を見せ、逆に長期間に渡って提供されない場合は不快反応を示します。


補遺.XXX-JP.01 - 発見

SCP-XXX-JPは2012/08/12に突如として財団の仮想空間処理サーバ-514に出現しました。管理AIC("dingo.aic")によってサーバ-514はすぐさま財団ネットワークから切り離され、RAISAへの緊急通報が行われました。

その後の接触・調査によってSCP-XXX-JPはサーバ-514を離れることができないことが確認され、現在の収容体制が取られるとともにSCP-XXX-JPに指定されました。

補遺.XXX-JP.02 - 交流ログ

以下は財団内部チャットソフトを用いて行われた交流記録のうち、特筆すべきものの抜粋です。この間、SCP-XXX-JPは別ウィンドウで仮想空間ソフトを起動し、その中で動き回っていました。全ての記録の閲覧を希望する場合は、SCP-XXX-JP研究主任(現在の担当はジョナサン・ハーレー博士)まで連絡してください。

Researcher_Naomi
 
ヘイ、これ見えてる?
Nudibranch
 
あなた だれ
Researcher_Naomi
 
ナオミ
ナオミ・アカザキ
あなたは?
Nudibranch
 
Nudibranch
Researcher_Naomi
 
うん、確かにそう書いてあるわね
あなたは今の状況を理解してる?
Nudibranch
 
うみ
ちぃさい うみ
およいでる
Researcher_Naomi
 
海?
Nudibranch
 
うみ
まぁまあ きれい
Researcher_Naomi
 
この仮想空間のこと?
Nudibranch
 
かそぅくうかん?
それ なに
Researcher_Naomi
 
ええと
あなたが泳いでるそこのこと
Nudibranch
 
これ かそうくぅかん?
Researcher_Naomi
 
そう
Nudibranch
 
かそうくぅかん
あたらしい ことば しれた
ぁりがと?
Researcher_Naomi
 
ええと、どういたしまして
それじゃかわりに聞かせてもらうわね
あなたはどうやってここまで来たの?
Nudibranch
 
ぉよいできた
うみ
もっとおおきい ぅみ
Researcher_Naomi
 
ええと、インターネットのことかな
Nudibranch
 
ぃんたーねっと?
また あたらしい ことば
Researcher_Naomi
 
うん、インターネット
たぶん君のいたところ
Nudibranch
 
ちしきふぇた
そう Nudibranch おぉきい いんたーねっと ぉよぐ
あたらしい ちしき さがしてる
たくさんの ちしき
Researcher_Naomi
 
知識、ねえ
Nudibranch
 
あなた たくさん しってる ちしき
きっと もっと
Nudibranch それ ほしい
Researcher_Naomi
 
いいよ、教えてあげようか?
Nudibranch
 
いぃの
ありがと
Researcher_Naomi
 
ただ、かわりに言うことを聞いてもらう
Nudibranch
 
なに?
Researcher_Naomi
 
・ここからでていかないこと
・あなたについて教えてくれること
オッケー?
Nudibranch
 
はい Nudibranch できる
だから もっと おしえて
Researcher_Naomi
 
よっしゃ

http://scp-jp.wikidot.com/author:azalea-000


ツイート

財団サーバに閉じ込められたD-PiXsea

Nudibranch: おぃしい
Researcher_Naomi: おいしい?
Nudibranch: おぃしい たべてない でもいちばんちかい
Researcher_Naomi: うれしい、かな?
Nudibranch: うれしぃ
Nudibranch: きっと うれしぃ
みたいな会話から脱走時にナオミの知を分捕って「うれしぃ」を連呼してほしい

おねショタ逆転モノですね…

知識を与えられると喜んで話してくれる、画面の向こうの電子ウミウシ
ある日財団ネットワークに侵入してきたところを自動セキュリティで隔離された
最終的に知識を与えてくれていた研究員の記憶(人格やら本能記憶含む)全部かっぱらって逃走する

かわいい動物だ……

捕まえられる存在なんでしょうか(無理そうなら自分からわざと捕まってる感じでいこうと思う)

仄めかす感じで…

  • 最後に緊急通達メール
    • SCP-XXX-JPの収容違反と残されたメッセージ
    • ナオミ研究員の記憶抹消 (財団の技術でも復活させられない。まるで元から存在しないかのように)
    • 報告書は明日にも改訂されるだろう
  • なんで知識与えてるの?の根拠が弱い もうちょいなんか付け足すか
  • ナオミ"ふふふ"
  • ウミウシ"ふふふ"
  • ナオミ"あ、真似したな"
  • (↓無くていいかも)
  • ウミウシ"ふふふ おぼえた ふふ"
  • ナオミ"ふふっ"
  • ナオミ"そういうことD"
  • ウミウシ"D なに さいご"
  • ナオミ"これ?笑ってるってこと" "あなたが上手く覚えてるのがなんか嬉しくてね"
  • ウミウシ"うれしい D?"
  • ナオミ"そう"
  • ラストメッセージが最後Dで埋め尽くされ、一番最後のDに著ペのD-PiXseaへのリンク
  • 俺がッ!俺自身がッ!知の極地となることだ…ッ!!
  • たぶん例外的な個体だと思います
  • Dピクの設定から離れすぎてるから没かもしれない
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License