タグワークベンチ2

備考

  • 使用例がほぼ無くかつタグリストにないものは基本的に載せていませんが、タグリストにあるものは載せるのを基本方針としました。
  • その支部の翻訳用タグは基本的に削除しました。ガイド系タグも基本的に掲載していません。
  • 著作紹介 (more-by) ページはListPagesModuleに基づくため、翻訳系に関してはJPでは使用不可。JP著者用のものはルール未整備。
  • _taleハブは将来的に使用可能となると推定されますが、暫定的に掲載しました。
  • 順序は改訂版タグリストの分類順に準じます。
  • component-backendの使用記事が翻訳であれば既に1件存在します。厳密性を重んじるならばいったん置換すべきかもしれません。
  • 転載予定/校正予定/消去予定/修繕済み (RU) - サンドボックスカテゴリ用のページに付与されます (RU支部はサイト内にサンドボックスの機能を統合し、そちらで仮投稿して問題がなければ本投稿へと移行するスタイルをとっています)。誤翻訳防止としての意味は無くもないですが、これらタグのないドラフトページも普通に存在するので一括削除しました。
  • cb (KO) - SCP-KOは当初外部ゲーム”SCP:CB”のwikiも担っていたという歴史的経緯があります。現在では実質的にこれらのページは参照されていないものの、ページとタグは現存しています。誤翻訳防止の意義は無くもないですが、わざわざ翻訳するメンバーもいないだろうと想定して削除しました。
  • scp機密解除 (CN) - 本来は外部コミュニティから翻訳されたページに使われるタグですが、CNではこれら翻訳記事がエッセイの一種として扱われていることにより、オリジナルで作成することも可能です。しかし具体的な見解も出ていない以上、あくまでタグのみを使用不可とし、記事の翻訳可否には触れないものとします。ただ注記しておけば、英語版のものはReddit上に原文がありライセンス上怪しいのでサイトへの掲載はできないという判例があります。よって英語版の扱いにのみここでは触れました。
  • ci / mcd (CN) - 外部コミュニティから翻訳された記事に使われます。具体的には非公式姉妹サイトとしてカオス・インサージェンシーwikiとMC&Dwikiがあり、そこからの翻訳用です。オリジナル記事がなく、またわざわざ重訳する者も稀少と思われたので削除しました。
  • wanderer (CN) - 外部コミュニティ”放浪者の図書館”用のタグ。ただSCP-CNはWL-CNも内包しており、サイト内に大量のオリジナル記事を抱えています。問題は、かつてスタッフ判断でオリジナル記事をTale-CNとして投稿可能という判例をとった点です。未だこの判例が全適用可能な形で生きているかは定かでありませんが、おそらくはまだ議論余地があるのでひとまずこの事情には触れず、CNからの翻訳可否には触れません。
  • アレフ新報 (FR) - FR支部におけるnews。翻訳可否には触れないスタンスを取ります。
  • デリバティブ (DE) - 現行運用では一律GoI-formatとして扱われているものの、本来デリバティブタグは『特定カノンにおける既存報告書の別バージョン』用のタグなので、GoIFとしての扱いは不適切です。そのため、原文でGoIFタグも付与されているSKP系記事のみをGoIFにし、それ以外はTaleにしたい……のですが、おそらくはこれは後日議論したほうが良いでしょう。
  • 翻訳ラベル - DE発、多数の支部で使用されます。翻訳記事にのみ使われる場合は削除しました。ただし重訳が盛んなINTに関しては掲載しています (まあオリジナル記事にも付いてはいるのですが、そちらも英文の精度に関するものでしょう)。
  • scproject (CS) - おそらくは旧wiki時代にそちらで (匿名で?) 翻訳されていた記事の移転用。一切の説明がなく、かつ翻訳限定なので掲載しない判断を取ります。
  • _數據 (ZH) - 統計用の管理タグ。専用のワークベンチ系ページにのみ適用されているため、掲載の必要はないと判断。
  • ”廃止されたタグ”ではシリーズ/カノンタグや世界観タグについて触れません。あまりにも多いためです。ただし一部支部ではこれらタグが生きている場合があります。
  • goiやmtfといったタグ: いくつかの支部にあるがひとまず書いていません。必要であれば改めて載せます。INTのgoi-listに関しては重訳が盛んなので掲載。
  • -d / -arc (RU) - 現在は翻訳記事にのみ使用されているので削除。
  • レビュータグ周辺
    • ES: おそらくは翻訳記事にのみ使用されていると見て削除しました。
    • DE: オリジナル記事にも多数使用されます。
    • IT: 見たところほぼ翻訳のみ。1件ITのものも混じってはいましたが。
    • UA: オリジナル記事にも適用。
    • PT: 翻訳のみ。
  • ZH版タグリストにはwanderersおよび関連タグについては準備中となっており説明文が掲載されていません。しかし付与記事は大量に存在するため掲載しています。
  • 主站收录 (CN) は”英訳済み”だとINT翻訳と紛らわしいため”本部掲載”へ改名。
  • English (PL) - 未使用。以前サイト内で英訳するプロジェクトがあったと記憶しているのでおそらくそれ関係だと思われますが、同プロジェクトは廃止済。載せていません。
  • scp-regional (ES) - 他支部ナンバーを使った記事用 (SCP-RU-178)。1個のみで説明もないのでカット。和訳時はTale対応でいきたいです。
  • concurso-inglés (ES) - ENコンテスト用のタグだが使われていません。
  • cânone (PT) - 多分公式設定的なやつです。1記事のみ。謎なのでひとまずおいておきます。

メモ

  • 台湾原住民 (ZH) をコンテンツマーカーとして追加予定。
  • dcdプロトコル (FR) はFRではメジャータグですが、JPではTaleシリーズとしてtaleタグとセットにします。
  • ding (DE) もDEではメジャータグですが、JPではTaleシリーズへ。現在は翻訳者判断でscpタグとセットになっていますが、元記事にscpタグはありません。なおこれらページにはオブジェクトタグがないためいずれ対応が要されます。
  • デリバティブ用の副次タグもTaleシリーズへ。asp等が該当。
  • タグリストに掲載されていないタグが実運用されている、あるいは掲載されているものの、まだ/もう実運用されていないものも数多く存在します。
  • いくつかの支部はタグシステムが整理されきっておらず、運用に問題を抱えています。DE支部では1記事のみのタグや訳揺れが大量発生しており、主要タグ以外はあまり機能していません。TH支部ではそもそもページにタグを付けないのが常態化しています。こうした事例についてもタグガイド/リストのFAQで触れることを検討しています。
  • INTの支部タグについてFAQへ掲載予定。
  • RUではENのシリーズタグ等が勝手に生えていたりします。CSとかでも勝手に怪奇部門タグがあったり。
  • 一般タグ: kクラス、ミーム、反ミーム、歴史はRUではアトリビュートではなく全記事に適用できます。FAQで対応。
  • サイト-FRタグには独自ルールがあります。
  • FRでは、キャラクター-FRタグはSCP記事には付けられません。これはFAQで。
  • ES等の多数の支部でneutralizedタグがセカンダリのままです。FAQ?
  • 改稿中が翻訳不可能なのは個人的には微妙な思いがあります。多くの場合対象は歴史的経緯の強い記事なので、参照性的にはありでもいいかも……?
  • ジャムコン隠しタグ、あれ別の意味を使う事例も散見されるので和訳すべきじゃないと思います。
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License