drkas-test-fl

これで遊んでみる
http://www.scp-wiki.net/theme:flopstyle

Regular Block Quote

Alternative Block Quote

Lightweight Block Quote

Report Block


For Use in Incident Logs

RAISA Header

Pretty Header

Log Header

For Use Above Interview/Exploration Logs


要注意団体報告
財団記録部門作成


GoI-8861 ("永衡教会")

活動状況: 活動中 ― 中規模

脅威レベル:

概要: 永衡教会はアノマリーを管理・使用・製造することで知られている宗教組織です。既知の情報を見るに、当組織は現在、秘密結社として活動しているものと考えられます。

永衡教会の主要目的はSCP-ZH-372を研究し、SCP-ZH-372に類似した能力を獲得することにあります。同時に、永衡教会はSCP-ZH-372を深く崇拝しています。彼らが如何にしてSCP-ZH-372の存在を知ったかについては分かっていません。

永衡教会の関連施設は台湾や香港、マカオに分布しています。財団はこれまでに80件の施設を発見していますが、これらは全て放棄されたものです。また、財団は施設から多数の文献を獲得しています。文献記録によると、当組織は超常空間内に存在するとされます。

永衡教会は未知のルートを通じて大量の異常物品を収集しており、これらはSCP-ZH-372の研究に役立てられている他、アノマリーやSCP-ZH-372保有者に対する襲撃や、異常物品の製造にも使われます。また、永衡教会は██社もの企業を傘下に入れています。これらの企業はアノマリーの製造・販売を担当しており、教会の主要な収入源となっています。

永衡教会は「バイヤーティー」と呼ばれる不明な人物が創始しました。回収された資料によると、当組織のメンバーは全員、彼を深く崇拝しているとされます。永衡教会の内部では明確な階級制度が敷かれており、「バイヤーティー>執事先生>牧者>伝道>信徒>初信者」の順となっています。牧者以上のメンバーの多くは神秘学者や科学者から成り立ちます。

メンバーの大部分は外界から隔絶されており、私有財産や個人の生活・思想的スペースは一切持っておらず、武装親衛隊による厳重な監視下に置かれています。牧者以上のメンバーは超常空間においていくらかの特権を有しているとされますが、特権の内容は明らかになっていません。

永衡教会のメンバーは財団職員に対して強烈な敵意を抱いており、伝道以上のメンバーを捕縛することは極めて困難です。一部のメンバーは現実改変や奇跡を使う能力があると推測されています。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License