CI-エリザベス・ケイトリン (翻訳作業ページ)

Finally it works

… in iPhone!

UPDATE 1.08: 2018/11/21
UPDATE 1.07: 2018/11/03
UPDATE 1.06: 2018/10/30
UPDATE 1.05: 2018/9/29
UPDATE 1.04: 2018/9/16
UPDATE 1.03: 2018/9/06
UPDATE 1.02: 2018/9/05
UPDATE 1.01: 2018/8/25


STANDALONE BUTTONS

Hmm… you're editing this page, aren't you. I can't show you this function due to prevent accidents.This super awesome function is created by Boyu12Boyu12!
Edit Page Source
History Files

タブに入れられないような複雑な原文を翻訳するつもりは

無いと言ったな、あれは嘘だ

原文リンク:
http://ci-wiki.wikidot.com/elisabeth-kaitlyn


完成稿予定

セミファイナル対訳表─批評をいただく用のパート

~~~~




初期翻訳&勉強メモ

基本、見返すことはあまりないだろうけど保存できればする

(重くなっちゃうと思うけど…)


04. パラグラフ対訳表-3

    • _

    原文と照らし合わせながら、
    自分の英語力で不明な英文を読解しつつ、
    自分の日本語力で適切な和文にしていく (…はず)



03. パラグラフ対訳表-2

02. パラグラフ対訳表-1

ベタ貼り

01. Google翻訳

    • _
    rating: 0+x

    〜エリザベス・ケイトリン
    サイズ: 身長1.8メートル、体重68kg
    特性の定義: 緑色の目、白人、淡い、短い茶色の髪
    心理的評価: 自己破壊的な傾向。アルマ博士と一緒に治療と心理療法を受けています。
    身体的評価: 腕と喉の傷跡、おそらく自傷行為
    生活: はい
    センテンス: はい
    場所: ベースファイブ
    現在の義務: ティールオペレーティブ█(特別な資産)
    Lady%20Painter.jpg

    Artistic reproduction of Agent Elisabeth Kaitlyn, dated roughly around 1611 CE. Origin unknown.

    使用法

    ケイトリンさんは現在、目立たない追跡不可能な暗殺方法を必要とする作戦に割り当てられています。ケイトリンさんが対象を殺すメカニズムは、通常、個人的な接触を必要としません。ただし、彼女のサポートチームが取得できる高品質の視覚的参照を除きます。さらに、彼女のすべての被験者は、事故または突然の壊滅的な身体障害で死亡したように見えました。

    ケイトリンさんの心身の状態は暗殺のたびに悪化しているようです。現在までに、彼女は259回の成功した操作を行っています。しかし、20のミッションは失敗し、他のそれほど目立たない手段で達成しなければなりませんでした。

    画家の能力では、最初にターゲットをスケッチせずにターゲットを暗殺することはできません。写真が不十分な場合、彼女はターゲット自体との直接の接触を必要とする場合があります。これらの相互作用はできるだけ短くする必要があります。これらの相互作用が起こった場合、暗殺は可能であれば3日または4日延期されます。これにより、画家は暗殺前の標的との接触による心理状態の悪化を回復し、回避することができます。

    彼女の宿泊施設は、2つの家具付きの部屋に分割されたヒューマノイドパターンのセルで構成されています。彼女の協力意欲とカオスインサージェンシールールの知識と遵守により、彼女は2人の警備員を伴ってベース5内を自由に歩くことができます。2004年12月5日に彼女が自殺未遂に失敗した後、絵筆やペンキ缶などの潜在的に致命的な物体を彼女の部屋から取り除く必要がありました。2人の武装した職員が彼女の独房の外から監視を続けています。不安定なヒューマノイドプロトコルが遵守されており、ベータII承認の担当者のみが彼女の内部で会うことが許可されています。

    暗殺が成功した後、ケイトリンさんはターゲットを殺すために彼女が作成したスケッチと絵画を燃やすことが許可されています。

    ケイトリンさんの心理的な問題は、心理的な専門知識を持つ医療スタッフのメンバーによって監視されなければなりません。この任務は現在、アルマ博士に割り当てられています。

    プロフィール

    エリザベス・ケイトリンは、25歳の人間の専門家で、非常に薄い肌と緑色の目をしています。

    ケイトリンさんの絵画に描かれている主題は死ぬと理解されており、彼らの死のモードは残りのアートワークによって主題的に表されています。

    彼女は意図したターゲットの最初のスケッチを作成します。その図面に応じて、2つの可能な結果が発生する可能性があります。スケッチが正確である場合、目的のターゲットが選択され、犠牲者としてロックされます。スケッチが意図されたターゲットよりも無関係の人物に似ている場合、その人物は代わりにロックされ、元のターゲットは殺されなくなります。

    どちらの場合でも、ターゲットの人生のスケッチはケイトリンさんのノートに現れます。これらのスケッチにより、彼女はこれらの描かれた状況の1つを選択することができ、それが彼女が作成する致命的な絵画のモデルとして機能します。ターゲットは彼らの絵に描かれているのと同じ方法で死ぬでしょう。

    ケイトリンさんの精神状態は徐々に悪化しており、「痛みと死の叫びから自分を解放したい」という自己破壊的な欲求につながっています。アルマ博士とのカウンセリングセッションからの彼女の対話は、彼女が特に彼女の夢の中で、身体のない叫び声をしばしば聞くことを明らかにしました。彼女はまた、彼女の体のいくつかの部分に鋭くて痛みを伴う感覚を感じることに言及しました。詳細については付録A:インタビューを参照してください。

    彼女は暗殺任務中に絵を描くときにのみ脱ぐ革手袋を着用することを主張し、彼女は彼女の手に一定の恥を持っているように見えるので常に着用することを好みます。穴が開いて石炭が黒くなり、壊死しているように見えます。彼女の手も通常の人間の手よりも大きく、爪が欠けています。

    彼女は警察が一連の奇妙な死を調査した後、1989年に発見されました。最後の犠牲者のビデオ録画は、エリザベス・ケイトリン夫人が犠牲者の肖像画を描いたこと、そして彼女が老人を伴っていたことを示しました。数ヶ月後、最後の死後、ウェストミンスター地区の廃屋の地下室でエリザベス・ケイトリン夫人が発見されました。そこで彼女は、同様に未知の目的を持つ未知のカルトに崇拝されていました(このカルトの研究が行われています)。リエゾンチーム「TheMurderousDoves」は、交渉のためにWhite Dove Unitを配備しましたが、失敗し、若い女性を確保して回収するためにBlack DoveUnitを配備することにしました。機動部隊は緊急構造工事を口実に廃屋への立ち入りを阻止し、標的は無事に回収されました。

    彼女の過去の調査は、「ケイトリン」家族が彼女が1585年から1633年頃に回収された場所に住んでいたことを明らかにしました。画家は彼女が主張するよりはるかに年上であると推測されます。最も可能性の高い理論、そして最も進んだ理論は、画家は不死の変種に恵まれているというものですが、彼女はこれを確認または否定することはできません。したがって、詳細を調べるためにそれらをさらに調査することが決定されました。[[脚注]]最近、画家の不死を説明する理論が提案されました。後者はそれが殺す標的の重要な本質を吸収することができるかもしれません、この理論は各殺人の終わりにそれが少し若くなっているように見えるという事実によってサポートされています。この理論だけを完全に述べることはできません。[[/footnote]]

    最近の歴史

    その後、ケイトリンさんは尋問を受け、栄養失調を監視するために医師の診察を受けました。この期間中、ケイトリンさんは、割り当てられた心理学者に指定されていたアルマ博士と緊密な関係を築きました。

    数ヶ月後、反乱軍の医療スタッフのケアの下、ケイトリン氏は正式に特別手術員としての任務を要求し、「私は一人だと思っていたが、ある日、あなたが到着した。今では孤独を感じなくなった。私が助けなければならない家族がいます。」要求はすぐに受け入れられ、彼女は自分の暗殺チームに割り当てられました。

    彼女の幸福に問題があるにもかかわらず、エリザベスは多くの暗殺に成功しました。しかし、「白皇后」という標的に対する1回の失敗した作戦の標的は、まだ不明な理由でエリザベスに強い影響を与えたことが指摘されており、彼女は標的との関係を否定していますが、さらなる研究が行われていますホワイトエンプレスとの可能な歴史について実施。


    付録 A: アルマ博士によるインタビュー

    logo%20IC.png

    AUDIO RECORDING


    DATE: 12/10/2004

    NOTE: このインタビューは、彼女の自殺未遂から10日後に行われました。


    [ログの開始]

    博士 アルマ:こんにちは、ケイトリンさん、今日はお元気ですか?

    エリザベスケイトリン:(沈黙)

    博士 アルマ:私はあなたを助けるためにここにいます。黙ってはいけません。すべて教えてください。

    エリザベスケイトリン: T …声…

    博士 アルマ:声?

    エリザベスケイトリン:はい…声…悲鳴。

    博士 アルマ:あなたが聞いている声について何か教えていただけますか?

    エリザベスケイトリン:(理解できない)

    博士 アルマ:もっと大きく話してください。

    エリザベスケイトリン:彼らは私に…に(理解できない)

    アルマ博士はレコーダーを患者に近づけます。)**

    博士。アルマ:**彼らはあなたに何を言っているのですか?

    ** Elisabeth Kaitlyn:**彼らは私に….死ぬように言います。

    博士 アルマ:なぜ彼らがそう言っているのか知っていますか?

    エリザベス・ケイトリン:それは彼女のせいです…この女性…この女性…悪魔の手で私を汚しました…汚れました!

    博士 アルマ:この女性?この女性は誰ですか?

    エリザベスケイトリン:この女性…

    博士 アルマ:この女性について教えてください。

    ** Elisabeth Kaitlyn:**もう聞きたくありません。

    博士 アルマ:ケイトリンさん、ご協力ください。

    ** Elisabeth Kaitlyn:**(口頭でのコミュニケーションなし)

    ** Dr。アルマ:**ケイトリンさん?エリザベス?

    エリザベスケイトリン: …私を殺します。


    [終了ログ]

    注:患者は話し続けることを拒否し、彼女の独房に連れ戻されました。さらなるインタビューが予定されていました。


00. 原文

    • _
    rating: 0+x

    Elisabeth Kaitlyn
    Size: 1.8 meters height, 68 kg weight
    Defining Characteristics: Green eyes, Caucasian, pale, short brown hair
    Psychological Evaluations: Self-destructive tendencies. Undergoing medical treatment and psychological therapy with Dr. Alma.
    Physical Evaluation: Scars on arms and throat, possibly self-inflicted
    Living: Yes
    Sentient: Yes
    Location: Base Five
    Current Duties: Teal Operative █ (Special Assets)
    Lady%20Painter.jpg

    Artistic reproduction of Agent Elisabeth Kaitlyn, dated roughly around 1611 CE. Origin unknown.

    Usage

    Ms. Kaitlyn is currently assigned to operations that require a discreet and untraceable method of assassination. The mechanism with which Ms. Kaitlyn kills the subject normally does not require any personal contact, save for a quality visual reference that can be taken by her support team. In addition, all of her subjects appeared to die in an accident or a sudden catastrophic failure with their bodies.

    The physical and psychological condition of Ms. Kaitlyn seem to be deteriorating with each assassination. To this date, she has 259 successful operations. However, twenty missions failed and had to be accomplished by other less discreet means.

    The painter's abilities do not allow her to assassinate targets without first sketching the target. If photographs are insufficient, she may require direct contact with the target itself. These interactions should be as brief as possible. If these interactions took place, the assassination is to be postponed by three or four days, if possible. This should enable the painter to recover and avoid the worsening of her psychological state due to the contact to the target prior to its assassination.

    Her accommodation consists of a humanoid-pattern cell divided into two furnished rooms. Due to her willingness to cooperate and her knowledge and compliance with the Chaos Insurgency rules, she is allowed to walk freely within Base Five while accompanied by two security guards. Following her failed suicide attempt on 12/05/2004, potentially deadly objects, including paintbrushes and cans of paint, had to be removed from her room. Two armed personnel keep watch from outside her cell. Unstable Humanoid Protocol is observed and only Beta-II approved personnel are allowed to meet her inside.

    After a successful assassination, Ms. Kaitlyn is allowed to burn the sketches and paintings she produced to kill the target.

    Ms. Kaitlyn's psychological problems must be monitored by a member of the medical staff with psychological expertise. This duty is currently assigned to Dr. Alma.

    Profile

    Elisabeth Kaitlyn is an allegedly 25-year-old human specialist operative with very pale skin and green eyes.

    Subjects depicted on Ms. Kaitlyn's paintings are understood to die, with the mode of their death thematically represented by the rest of the artwork.

    She will make a first sketch of the intended target. Depending on that drawing, two possible results may occur: if the sketch is accurate, the intended target is chosen and locked on as the victim, and if the sketch resembles an unrelated person more than the intended target, then that person is locked instead and the original target will no longer be killed.

    In either case, sketches of the target's life will manifest in Ms. Kaitlyn's notebook. These sketches will allow her to select one of these depicted situations which will then serve as a model for the fatal painting she will create. The target will die in the same manner as depicted in their painting.

    Ms. Kaitlyn's mental state has been gradually deteriorating, leading to the self-destructive desire "to free [herself] from the cries of pain and death." Her dialogue from her counseling sessions with Dr. Alma have revealed that she often hears disembodied screaming, especially in her dreams. She had also mentioned feeling sharp, painful sensations on several parts of her body. See Appendix A: Interview for more information.

    She insists on wearing leather gloves that she only takes off while painting during assassination missions, preferring to wear them at all times as she seems to have a certain shame towards her hands, which have become perforated and coal-black, and appear to be necrotic. Her hands are also larger than normal human hands and are missing their fingernails.

    She was discovered in 1989 after police investigated a series of strange deaths. Video recordings found of the last victim showed that Lady Elisabeth Kaitlyn painted a portrait of the victim and that she was accompanied by an old man. A few months later, after the last death, Lady Elisabeth Kaitlyn was discovered in a cellar of an abandoned house in the Westminster district, where she was worshipped by an unknown cult with an equally unknown objective (Research on this cult is being conducted.) Liaison Team, "The Murderous Doves," deployed their White Dove Unit to negotiate, however, they failed and resorted to deploying their Black Dove Unit to secure and retrieve the young woman. A task force blocked access to the abandoned house under the pretext of emergency structural work and the target was recovered without incident.

    Research of her past has revealed that a "Kaitlyn" family lived in the place where she was retrieved from around 1585 to 1633. It is speculated that the painter is much older than she claims. The most probable theory, and the one that has been most advanced, is that the painter is endowed with a variant of immortality, however, she is unable to confirm or deny this. It was therefore decided to investigate them further to try to find out more.1

    Recent History

    After that, Ms. Kaitlyn underwent interrogations and was brought under medical attention to monitor her malnutrition. During this period, Ms. Kaitlyn developed a close relationship to Dr. Alma, who had been designated as her assigned psychologist.

    A few months later, under the care of Insurgent medical staff, Ms. Kaitlyn formally requested an assignment as Special Operative, saying, "I thought I was alone, then one day, [you] arrived. Now I feel less alone, and I have a family I have to help." The request was quickly accepted and she was assigned to her own assassination team.

    Despite the problems with her well-being, Elisabeth has succeeded in many assassinations. However, it has been noted that the target for one failed operation against a target named "The White Empress" left a strong influence on Elisabeth for a reason as of yet unknown, and although she denies any relationship with the target, further research is being conducted on a possible history with The White Empress.


    Appendix A: Interview with Dr. Alma

    logo%20IC.png

    AUDIO RECORDING


    DATE: 12/10/2004

    NOTE: This interview was conducted ten days after her suicide attempt.


    [BEGIN LOG]

    Dr. Alma: Hello, Miss Kaitlyn, how are you today?

    Elisabeth Kaitlyn: (Silence)

    Dr. Alma: I'm here to help you. Please, don't be silent. Tell me everything.

    Elisabeth Kaitlyn: T… The voices…

    Dr. Alma: The voices?

    Elisabeth Kaitlyn: Yes… the voices… the screams.

    Dr. Alma: Can you tell me anything about the voices that you're hearing?

    Elisabeth Kaitlyn: (Incomprehensible)

    Dr. Alma: Please speak louder.

    Elisabeth Kaitlyn: They tell me… to (Incomprehensible)

    (Dr. Alma brings the recorder closer to the patient.)

    Dr. Alma: What are they telling you?

    Elisabeth Kaitlyn: They tell me to…. die out.

    Dr. Alma: Do you know why they are saying that?

    Elisabeth Kaitlyn: It's her fault… this woman… this woman… soiled me with the hands of the devil… soiled!

    Dr. Alma: This woman? Who is this woman?

    Elisabeth Kaitlyn: This woman…

    Dr. Alma: Please tell me about this woman.

    Elisabeth Kaitlyn: I don't want to hear them anymore.

    Dr. Alma: Please cooperate with us, Miss Kaitlyn.

    Elisabeth Kaitlyn: (No verbal communication)

    Dr. Alma: Miss Kaitlyn? Elisabeth?

    Elisabeth Kaitlyn: …Kill me.


    [END LOG]

    NOTE: The patient refused to continue speaking and was escorted back to her cell. Further interviews were scheduled.

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License