Recent Forum Posts
From categories:
page 1123...next »

評価モジュールの中の文字が上下にずれていますが、これは

p,li,span{
line-height: 1.75 !important;
}

によって入れ子のspanが上に持ち上げられていること、またキャンセルボタンのaタグのみinline-flexでないこと(これはクレジットモジュール側の問題です)が原因かと思われます。

.page-rate-widget-box span {
line-height: 1!important;
}
.page-rate-widget-box .cancel a {
align-items: center;
display: inline-flex;
justify-content: center;
}

以上のスタイルを併せて適用すれば、修正されるものと思われます。

by 7happy77happy7, 29 Mar 2020 17:37

ありがとうございます!
まだ微調整中ですので、これからがんばります。

by gyokai_ruigyokai_rui, 07 Mar 2020 09:57

情報


原著: MetaphysicianMetaphysician
和訳:YS_GPCRYS_GPCR


当記事は2020年2月、Metaphisician氏の永久BANに伴い、Wikipediaの文章を出典なしで利用したことで盗用に認定され、削除処理されたものになります。(とりあえずここにアーカイブしました。ここでの公開がやばそうならば移転します)

by Dr_KasugaiDr_Kasugai, 01 Mar 2020 14:22

情報


原著: Elly Zupko, DrBerggrenDrBerggren
和訳: 不明(非公式翻訳wiki)


当記事は一部文章が他サイトから持ってこられたものであり、それが原因となって2020年2月に削除処理されたものになります。(とりあえずここにアーカイブしました。ここでの公開がやばそうならば移転します)

by Dr_KasugaiDr_Kasugai, 01 Mar 2020 13:46

情報


原著: MetaphysicianMetaphysician
和訳:C-DivesC-Dives


当記事は2020年2月、Metaphisician氏の永久BANに伴い、Wikipediaの文章を出典なしで利用したことで盗用に認定され、削除処理されたものになります。(とりあえずここにアーカイブしました。ここでの公開がやばそうならば移転します)

by Dr_KasugaiDr_Kasugai, 01 Mar 2020 13:22

情報


原著: MetaphysicianMetaphysician
和訳:C-DivesC-Dives


当記事は2020年2月、Metaphisician氏の永久BANに伴い、いくつかのサイトの文章を出典なしで利用したことで盗用に認定され、削除処理されたものになります。(とりあえずここにアーカイブしました。ここでの公開がやばそうならば移転します)

by Dr_KasugaiDr_Kasugai, 01 Mar 2020 12:52

とても美しいテーマですね…。

by 7happy77happy7, 25 Feb 2020 19:07

2020/02/04: カノン化を見据えて大規模改訂を加えました。

by Dr_KasugaiDr_Kasugai, 04 Feb 2020 03:00
by ukwhatnukwhatn, 28 Jan 2020 08:20

以前、SCP-JP運営Discordにて以下のようなコメントを書いたので共有します。

要約するとSCP-JPのテーマ適用の仕方がちょっと直感と違うものだったという内容で、この環境再現サイトとも異なっています。

逆に言えば下記と同様の手順を踏めばSCP-JPのレイアウトに完全に合わせることができると思います。
パット見で判別できるところだと、環境再現サイトではページの幅を縮めた時にサイドバー左側の余白がなくなりますが、その辺の差異を無くせるはずです。


日本支部のサイトテーマの適用のされ方が不自然であることに気が付きました。

まず、SCP財団のサイトテーマをWikiに適用する手順に関して、ENの説明によるとサイトテーマのページを作成し、コード部分を「外部テーマ」として設定してくださいと指示されています。EN自体もそのようになっています。
日本支部で言うと、このURLを登録することになります。 http://scp-jp.wdfiles.com/local--code/component%3Atheme/1

しかし、日本支部では「カスタムテーマ」を登録するという手段をとっており、その際にWikidot標準のShinyというテーマを継承した上でサイトテーマを適用しています。
実際のHTMLでは次のように反映されています (2つ目のインポート部分がShinyで、3つ目がサイトテーマです)。

<style type="text/css" id="internal-style">
/* modules */


/* theme */
@import url(http://d3g0gp89917ko0.cloudfront.net/v--3e3a6f7dbcc9/common--theme/base/css/style.css);
@import url(http://d3g0gp89917ko0.cloudfront.net/v--3e3a6f7dbcc9/common--theme/shiny/css/style.css);
@import url(http://scp-jp.wdfiles.com/local--theme/scp-sigma-9-off-canvas/style.css);
</style>

ENとJPの同じ記事 (例: http://www.scp-wiki.net/scp-2006 http://ja.scp-wiki.net/scp-2006 ) をタブを切り替えて見比べると、サイドバーと本文の間の隙間が違うことに気が付くはずです。これは上記の実装が根本原因であるように見えます。

Wikidotの標準テーマという手の出しようがないCSS、しかも本来必要ないものをわざわざ追加で入れているのがよく分かりません。
日本支部向けのローカライズとしてCSSを一部修正しないといけないのはもちろん分かりますが、これはただの負の遺産であり、まったく別の問題であるように見えます。また、カスタムテーマで登録することでコードを2箇所で管理することにもなり、無駄な労力です。

もう一点報告します。
実運用されているサイトテーマのCSSには、日本支部のサイトテーマのページ (http://ja.scp-wiki.net/component:theme ) 内に存在しない記述がありました。つまり、内容が一致していません。当該部分をここに書きます。

@media (max-width: 768px) {
.scp-clear-true.scp-image-block {
float: none;
clear: both;
margin-left: auto;
margin-right: auto;
}
}

レベル5職員公開情報箇条書き5つ目やります

by (account deleted), 10 Nov 2019 07:06

進捗状況確認用
2019/11/05: 特別収容プロトコル第1パラグラフを編集(rev.9)
2019/11/06: 説明第10パラグラフを編集(rev.21)

by TF2045TF2045, 05 Nov 2019 13:40

ああ、なるほどです。どういう形に統一するにせよこちらで一括で変更できるので、入力についてはこれまで通り小文字でも大文字でも大丈夫です。

by 7happy77happy7, 21 Aug 2019 13:12

統一性があった方がいいかと思いまして

by kumer1090kumer1090, 21 Aug 2019 12:20

アルファベットから始まるならば、大文字でも小文字でも大丈夫ですよ。

by 7happy77happy7, 21 Aug 2019 12:11

大文字で始めたほうがいいでしょうか?

by kumer1090kumer1090, 21 Aug 2019 11:45
by 7happy77happy7, 12 Apr 2019 08:20
by kumer1090kumer1090, 22 Mar 2019 07:09

"運動の第三法則"からの引用なので、"行動"の意味はないかと思います。なので投稿するも"作用"に変えた方がいいと思います。
投稿するのこと完全に忘れてた

by santousantou, 14 Mar 2019 23:35

投稿するの所の"行動は結果をもたらす。"にもかかっている気がするので、

作用、行動のどちらにもとれるよう、"働き"にして、

"どんな働きにも必ずそれと等しい反対の反応があるものである。"でどうでしょう

原文だと自然にどちらの意味にもなるんだと思います…

by kumer1090kumer1090, 14 Mar 2019 06:03
page 1123...next »
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License