1998/カノンガイド





作業メモ:

カノンガイド

1998-image1.png

1998年とは、何か?

『1998年』カノンは、その名の通り1998年に発生したヴェール崩壊をきっかけに、次第に変貌していく世界を描く作品群です。ジャンルとしては、一種の歴史改変SFに当たるでしょう。

「ヴェール」とは、財団や世界オカルト連合、複数の国家の間で意思決定されてきた、異常な事物を一般社会から隠蔽するという政策・方針のことです。財団や連合が、SCPオブジェクトに関わった一般人に対して記憶処理を行なったり、現実改変者を殺害してきたのは、この基本方針の下に平穏な人類社会を存続させるためでした。

しかしながらこのカノンにおいては、1998年にポーランドで発生した大事件のせいで、ヴェールは失われてしまいました。財団や異常の存在は知れ渡り、これまでの日常・非日常はともに新たな局面へ移り変わりつつあります。

この変化の良かった面としては、異常事象を基にした技術の台頭による科学技術の急速な発展や、これまで異常存在として抑圧されてきた人々・種族の社会進出がありました。

一方で、我々の日常に害を及ぼしてきた様々な物事もまた、異常な側面を持つようになりました。邪悪な神の降臨や、大都市を標的にした超常テロなどの大きな災厄がセンセーショナルにテレビに躍り出る傍ら、市中では異常疾患や、これまでの基準では「異常」であった人々の迫害・対立などが社会問題になっています。

未知の災厄と隣り合わせに、未だかつてない速さで変遷していく世界。そんな中でも、人類はまだ見ぬ未来へ進んでいこうとしています。

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License