Witherite-表示確認-フラグメント-1
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}

評価: 0+x

43NET音声転写データベース:

SCP-5056保有場

オブジェクト概要: SCP-5056-Aは反射する表面に出現する、肉体のない知的存在です。2002年9月8日以来、サイト-43清掃・保守技師JM64(フィリップ・E・ディアリング)に固執しており、彼を追って表面から表面へと出現して彼の不安や恐怖に関連する言葉による虐待を絶えず行っています。SCP-5056-Aはディアリングに脅威のある人物を、その目や眼鏡に出現することで「攻撃」することが知られているため、彼は恒久的にサイト-43とその周囲に留められています。

データベースの内容: JM64のみがSCP-5056-Aの発声を聞くことができますが、彼が起動した記録装置は発声を正確に記録します。このため、彼の標準仕様制服には、縫い付けられた常に起動しているマイクが装着されています。科学研究の目的で、このデータベースには、記録されたディアリングのSCP-5056-Aとの交流の転写が保管されています。検索条件は、事前にサイト-43の身元調査・技術暗号Identity and Technocryptographyセクションに提出されなければなりません。構文解析と処理のため、最大5営業日ほどかかります。

あなたのリクエストは処理され、結果が以下に添付されています。


ログ #5056-06-12-20
日時: 2020/06/12 4:05 PM
場所: 議長オフィス、心理・超心理Psychology and Parapsychologyセクション、サイト-43
文脈: 年例心理検査
出席者: N・ゴ博士、P・ディアリング技師、SCP-5056-A

ゴ博士: 気分はどうですか?

ディアリング: 神のみぞ知るほどの時間、ずっと閉じ込められているような感じです。

SCP-5056-A: 六千、四百八十七日……

ゴ博士: 外に出たほうがいいですか?

ディアリング: いえ……わかりません。多分、好みなんて全くないんだと思います。ですが、選択肢があるのはそれは好きですね。

SCP-5056-A: ……七時間……

ゴ博士: ですが、ここに留まるのは他人を安全にするためだということはご存じでしょう。

ディアリング: もちろんわかってます。僕が外出して、悪いケースで誰かの目にダグが出たら、その人は一巻の終わりです。.「ダグ」はSCP-5056-Aに対するディアリングの個人的な呼称である。ですが……それであまり気が楽になるわけでもありません。僕は、モップと道具とつまらない仕事の板を持って世界で一番恐ろしい地階に閉じ込められているんです。展望は本当に限られているんですよ?

SCP-5056-A: ……五分……

ゴ博士: あなたには心を満たす何かを見つける必要があるでしょう。おそらくは趣味とか。

ディアリング: ええ。何か提案はありますか?

SCP-5056-A: ……三十六秒。

ゴ博士: 執筆をしたことは?

ディアリング: 他に提案はありますか?

SCP-5056-A: 四十一秒。


ログ #5056-07-24-20
日時: 2020/07/24 2:29 PM
場所: 玄妙除却施設AAF-C、サイト-43
文脈: 定期清掃
出席者: A・トロシヤン セクション長(清掃・保守セクション)、P・ディアリング技師、SCP-5056-A
DougBucket.jpg

JM64の個人用清掃器具内のSCP-5056-A。

トロシヤン セクション長: 彼がに孤独になったことって、今までにあると思う?

SCP-5056-A: お前ほど孤独ではない、フィ—

[モップをバケツの水に入れるのに一致する音声イベント。]

ディアリング: いつこいつに時間ができるんだ? 四六時中僕にべったりなんだぞ。

[トロシヤン セクション長は大笑いする。]

ディアリング: 僕についてる。ついてるって言いたかった。

[モップを絞るのに一致する音声イベント。]

トロシヤン セクション長: 真面目な話。彼はあの鏡 — とかそういうの — に毎日ずっと閉じ込められてるじゃない。あなたが寝てるときは何してるの?

ディアリング: 僕を見てる。

SCP-5056-A: 常にだ。

トロシヤン セクション長: 彼が何言ってるか聞けたらいいのに。きっと、何かフィルの面白そうな噂話でも聞いてるんでしょ。あなた、多分寝てるときに面白いこと言ってるんじゃない?

SCP-5056-A: 言っていない。

ディアリング: ダグが言ってないって。

トロシヤン セクション長: どうしてあなたは、私の親友たるフィル・ディアリングに対する偏見を彼が裏付けたときにしか言ってることを教えてくれないの?

ディアリング: もし、こいつが何度も誉め言葉を浴びせかけてるのに僕がそれを伝えてないんだと思うのなら、その夢を台無しにしなきゃならなくなるね。

SCP-5056-A: もしお前のことを彼女が—

[モップをバケツの水に入れるのに一致する音声イベント。]

トロシヤン セクション長: 彼のことをさえぎったの? 彼はなんて?

ディアリング: こいつはええと、僕らの他愛ないおしゃべりが、唯一彼をスリット顔の紙やすりの化け物のままにできるのだって言ってる。

[モップを絞るのに一致する音声イベント。]

トロシヤン セクション長: もし話し相手に彼がいなかったら、あなたは孤独だったんじゃない?

SCP-5056-A: 他の誰に話しかけるというのだ、フィリップ?

ディアリング: 僕は幸運だよ。どういうわけか、モップ掛けのときに上司が訪ねてきてくれるんだ。

[録音上の沈黙。]

トロシヤン セクション長: 面と向かっての交流にはいい年じゃなかったね。

ディアリング: そうだね。

トロシヤン セクション長: 私が昇進してからあまりしゃべってない。

SCP-5056-A: 彼女は寂しく思っていない。

トロシヤン セクション長: 寂しかった。

[ディアリングは笑う。]

トロシヤン セクション長: 何? 何がそんなにおかしかった?

ディアリング: ええと、ダグも君がいなくて寂しかったって。

トロシヤン セクション長: そうそう、だからここにいるの。あなたたち2人と一緒にいるために。

SCP-5056-A: 彼女はお前が仕事をするか信用していないからここに来たのだ。彼女はお前のことをよく知っている。

トロシヤン セクション長: 私の一番の人のことを、人たちのことを調べなきゃならないの。

SCP-5056-A: 彼女は報告書を書く。彼らはお前を置き換えるのだ。

ディアリング: その気持ちには感謝するよ。

SCP-5056-A: お前が彼女に感謝するほどには—

[モップをバケツの水に急に突っ込むのに一致する音声イベント。]

トロシヤン セクション長: ありがとう、私のジャンプスーツにはこの色の飛び散りが欲しかったの。


ログ #5056-08-13-20
日時: 2020/08/13 10:41 PM
場所: P・ディアリングの個人用宿舎、居住・扶養セクション、サイト-43
文脈: 休養の時間
出席者: P・ディアリング技師、SCP-5056-A

[テレビの音声。]

SCP-5056-A: お前はまばたきした。

[テレビの音声が止まる。]

ディアリング: そうだ、まばたきした。人はまばたきする。そういうもんだろ。

[テレビの音声が再開する。]

SCP-5056-A: お前は何を見逃した? まばたきしたときだ、フィリップ。

[テレビの音声が止まる。]

ディアリング: 何だって?

SCP-5056-A: 何を見逃した?

ディアリング: 何も見逃してない。ほんのまばたきだったんだぞ、ダグ。

[テレビの音声が再開する。]

[テレビの音声が止まる。]

ディアリング: 何か言ったか?

SCP-5056-A: 幻聴でも聞こえたのか、フィリップ?

ディアリング: 質問にも答えられないのか?

SCP-5056-A: お前はなぜそれほどまでに怒っている? お前はこれが楽しくないから怒っているのか? お前はあまり注意を払っていないからこれを楽しめないのか?

ディアリング: 僕は本気でTV番組を観ようとして、あんたが僕の没入がそがれてるって言って僕の没入をそごうとしてるから怒ってるんだ!

[録音上の沈黙。]

ディアリング: ここじゃ他に何もないんだぞ、あんた。閉じ込められて、孤独で、だけどテレビはあるんだよ。だから黙って見させてくれ。あってほしくない自由時間で1つの単純なことをさせてくれよ。やってくれるか、ダグ?

[録音上の沈黙。]

ディアリング: どうだ? できるのか?

[録音上の沈黙。]

[テレビの音声が再開する。]

SCP-5056-A: このエピソードで間違いないのか?


ログ #5056-09-09-20
日時: 2020/09/09 10:07 PM
場所: 地下4階カフェテリア、居住・扶養セクション、サイト-43
文脈: 私的な時間
出席者: A・トロシヤン セクション長(清掃・保守セクション)、P・ディアリング技師、SCP-5056-A

ディアリング: ほんとに考えたことなんてなかった……君が……

トロシヤン セクション長: 本当に? 本当だ。

ディアリング: ああ、本当だ。

トロシヤン セクション長: ええと、つまり、私はあなたのことを考えてなかったの……どっちもね。

[ディアリングは笑う。]

ディアリング: 冗談だよね? 冗談なはずだ。その、君は……

[録音上の沈黙。]

ディアリング: いつから—

トロシヤン セクション長: あなたに会ってから。

[ディアリングは笑う。]

ディアリング: 前もって答えを用意してたんだ!

トロシヤン セクション長: じゃあ、いつか—

ディアリング: 君に会ってから。

[両者は笑う。]

[録音上の沈黙。]

トロシヤン セクション長: 何を考えてるの?

ディアリング: わからない?

トロシヤン セクション長: わからない。私をあなたの不安代行者と間違えた?

[指の爪がガラスを叩くのに一致する音声イベント。]

トロシヤン セクション長: 彼は今夜一言も話してないね。

ディアリング: 今僕に不安なんてあるはずないよ。


ログ #5056-02-14-21
日時: 2021/02/14 6:13 PM
場所: セクション間地下鉄網、サイト-43
文脈: 月例保守のための地下鉄網全体にわたる乗車
出席者: A・トロシヤン セクション長(清掃・保守セクション)、P・ディアリング技師、SCP-5056-A
DFMBWTIIF.jpg

サイト-43セクション間地下鉄網内のSCP-5056-A。

SCP-5056-A: 彼女はお前とここにいたくないのではないか? それが彼女が話していない理由ではないのか?

[録音上の沈黙。]

SCP-5056-A: 彼女はお前とここにいないことを考えているのではないか? それが彼女の目がそれほどに輝いている理由ではないのか?

[録音上の沈黙。]

SCP-5056-A: もし彼女の手が冷たかったならどうする、フィリップ? お前は彼女の手が冷たくなっていることを知っているだろう。

[2名の人物が座席で位置を変え、縫い付けられたマイクに反して動くのに一致する音声イベント。]

SCP-5056-A: もし誰かがお前を見ていたならどうする?

[録音上の沈黙。]

SCP-5056-A: お前は今朝忘れずに歯を磨いたのか?


ログ #5056-06-11-21
日時: 2021/06/11 4:03 PM
場所: 議長オフィス、心理・超心理セクション、サイト-43
文脈: 年例心理検査
出席者: N・ゴ博士、P・ディアリング技師、SCP-5056-A

ディアリング: 1日早くしてくれてありがとうございます。

ゴ博士: ああ、ええ、明日はソーシャルエンゲージメントがあったんですよ。

[ディアリングは笑う。]

ゴ博士: あの、あなたが笑うのを聞いたのは初めてではないでしょうか? これについて話してみましょう。

SCP-5056-A: そうだ、話してやれ—

ディアリング: 僕がいかにユーモアのない不機嫌なやつかって?

[録音上の沈黙。]

ゴ博士: 彼はそう言おうとしていたのですか? それであなたが彼の考えを言い切ったと?

ディアリング: 当然ですよ。それがの以前の考えだったんですから。

ゴ博士: 何が変わったのですか?

SCP-5056-A: 何も変わっていない。

ディアリング: いろいろです。いくつかはダグのせいで、いくつかは僕のせい、いくつかは……

ゴ博士: トロシヤン セクション長のせい。

ディアリング: ええ。おそらく、その人のために磨こうと思うような人を持つまで、自分自身を磨くことに全く無頓着だったのだと思います。ダグは僕から欠点をたくさん引き出しました……。背後で毎日ずっと彼がしゃべり続けていて、僕の頭には自己憐憫だとか、自己嫌悪だとか、自分勝手だとかをする余裕が十分なかっただけなんです。ですがエイミーが僕に、本当に努力すべきものを教えてくれたんです。本当に……

SCP-5056-A: お前は人生を無為にしなくなった。

ゴ博士: 続けて。

ディアリング: ……今年は全く恐ろしい年だったので妙な話だとは思いますが、でもやはり僕にとって大きな意味を持つ年でした。バウ将軍の狂気を見ることになりました。ヨーロッパでファシストどもと闘うことになりました。難局を手伝いさえしました。僕がですよ!

ゴ博士: あなたは何か成し遂げたのですね。

ディアリング: 成し遂げました。そして……手を差し伸べました。僕の人生は、もう1作の長い淡々と語られるワンマンショーではないんです。確かに、まだ地下に閉じ込められてはいますが……もうここでは孤独じゃありません。

SCP-5056-A: お前は決して孤独ではなかった、フィリップ。お前は決して、絶対に孤独にならない。二度とはな。

ゴ博士: 彼は何と言っていますか? 不気味なことでも?

ディアリング: そんな雰囲気で言ってはいますが、そうは受け取りません。


ログ #5056-06-12-21
日時: 2021/06/12 1:19 PM
場所: P・ディアリングの個人用宿舎、居住・扶養セクション、サイト-43
文脈: 社交行事の準備
出席者: P・ディアリング技師、SCP-5056-A

ディアリング: どう見える、ダグ? 何てったってあんたが鏡にいて全く見えないからな。

SCP-5056-A: お前は間違いを犯している。

ディアリング: そうだ、蝶ネクタイがうまくできたことなんてない。クリップ式のを使ってたけど、エイミーが絶対に許すはずがないし、そもそもタキシードに似合わない。

SCP-5056-A: お前はまだ心構えができていない。

ディアリング: そりゃそうだ。だけど、異論があるなら、適切なときに自由に叫んでくれよ。僕以外誰も聞かないんだ、でももし腑に落ちることを言ってくれたら必ずそれを伝えるさ。

SCP-5056-A: お前は約束を守らないだろう。

ディアリング: 彼女のためならどんなことでもしてやる。

SCP-5056-A: お前にはそのエネルギーはない。

ディアリング: こんなにいい気分なのは初めてなんだ。ここで試そうともしたのか、あんたは?

SCP-5056-A: それはお前の人となりを変えないだろう。

ディアリング: もう変えてるさ。

SCP-5056-A: それはお前を直さないだろう。

[ディアリングは笑う。]

ディアリング: 僕を直す必要なんてないさ。


サイト-43身元調査・技術暗号セクションより通達

IT.png

広範な調査、再分類、改訂ののち、SCP-5056の新たなデータベースエントリがSCiPNETにアップロードされました。サイト-43で雇用されているセキュリティクリアランスレベル2+資格を有する職員は、余暇の時間に新たなファイルにアクセスすることが推奨されます。

—マクシミリアン・フローム、セクション長、I&T


特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License