扶桑紀ページ改修テスト
[[/div]]
rating: 0+x

[[/>]]

大正十年 昭和天皇御製 社頭暁

暁に夜はほのぼのと明け染めて
代々木の宮の森ぞみえゆく


かつて、この国は大日本帝国と呼ばれていた。
これはかの帝国の歴史の影に蠢いていた、超常存在・超常団体の物語である。

これよりお目に入れますは、かつてあった帝国の残影。

扶桑紀目錄


【昭和帝三部作】 - hey_kounoikehey_kounoike
my-blue-heaven
ある夏の日────〝ある男〟が回想する、妻との出会いとその顛末について。
昭和帝三部作、開幕。
cage-of-null
生物学を愛する〝ある男〟は、凍霧男爵からの招待状を手にある施設へと赴く。
parade
彼の名の下に行われた戦が、ついに終わった。
だが死者は呟く、これからが宴の始まりなのだと。
昭和帝三部作、これにて完結。
rough-sea - shirasutaro-shirasutaro-
絞首台何のその 敵を見て立つ艦橋ぞ
the-restoration-prequel - islandsmasterislandsmaster
新しい時代の足音が、旧き者どもを踏み潰す。
scp-1942-jp 「龍は死なず」 - RainyRavenRainyRaven
飛龍ハ健在ナリ
the-mourner 「キャロル#427: 嘆き屋」 - aisurakutoaisurakuto
市場を陣取れたなら、真っ先に日本への招待状を送ってやるよ。
touheijyuukousyaka - hey_kounoikehey_kounoike
嗚呼 これこそが 生産性
sea-noise-and-sailor-s-song - hey_kounoikehey_kounoike
戦の終わりと旅の始まり
collected-item-no0724 「映冩機」 - hey_kounoikehey_kounoike
ただぼんやりとした、将来への不安。
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License