GGGのお勉強

主著者

  • 2012年、LalartuLalartuが始めた物語。第2回コンテストに提出されその時点ではリジェクトされたが、2014年にメインサイトに掲載が許可。2016年にGoIリストにも加わった。
    • 批評とかでGGGを語る際にはP、Rの字を重ねて書きがち
  • MexanikMexanikが並走し、Blackbird5154Blackbird5154などが (たぶん) 後発し、のちに黒歌鳥ブラックバードの提言に指定されるПроект "Сцилла"で総括される。
  • それ以降新作は乏しい (サンドボックス内で溶けた記事もあるのかもしれないけど) が、2021年になってKardalakKardalakにより新たにSCP-1323-RUが書かれた。執筆に際してはLalartuLalartuBlackbird5154Blackbird5154両名の指導も見られ、SCP-RU自体の運営方針もあって比較的カノン散逸の少ないGoIであるように思われる。
    • 本当か?АНАでどのように発展しているかについても考慮し要検討
      • Discordを見る限りSCP-RUメンバーからは「SCP-RUを離れて向こうで独自に発展している」と見なされているようである。そうした経緯から一部のGGGファンからは「MexanikMexanikからの影響をちゃんと評価しろ・MexanikMexanikをSCPバースに回復させろ」という声が上がることも。SCP-RUコミュニティの悩みのタネになっている。あとどうもLalartuLalartuBlackbird5154Blackbird5154の間にも何かあるようで、わからないことがあってもあんまり迂闊に主著者らに質問したりすべきではないのかもしれない。

エッセンス

  • 翻訳済み記事内でも財団エージェントのセリフとして示されている (はずなのに一番肝心なところが訳し飛ばされている) 通り、クトゥルフっぽい雰囲気の実例が神格になっている。ボディホラーも特色。
  • 頭韻が駆使される。現行の翻訳ではこの点が完全に潰れている。
    • 間違ってるよりはマシだと思って投げちゃったけど本当に良くない…。
  • エントロピー厨。世界をカオスに沈めることを目指す。
  • ББと話してたらサラッとKornが言及されたため、書くならそれを意識すべきかもしれない
  • 余談
    • 以上のような雰囲気から、SCP-RUでは非主著者サイドに「サーキックやмцが既出なのにまたボディホラー!?」みたいな視線や、「クトゥルフオマージュは食傷気味だ」というような空気もあったようである。一方で著者側も「SCP-RUの制度のせいで不当に記事増加が妨げられている」と感じていたようである。2017年初夏のポリゴン制論争にそれが凝縮されている。
    • АНАを排する (論理的な) 根拠として、OsobistOsobistからは「非異常科学が発展すればその枠内でアノマリーも分析可能になるかのような態度を取っており、この点がSCPバースにそぐわない」という点が挙げられている。アノマリーを解明・制御するにしてもSCPバースでは結局カント計測器やSRAなど非異常科学の埒外の何物かに依拠しており、この点でАНАとは一線を画している…みたいなことを言っていた。
      • MexanikやАНАを排するのは側から見てると少なからず古参スタッフの感情的な面もあるように思われるが、比較的新規なスタッフはそこまで断固として拒絶しているわけでもないように見える。

GGGに明示的に関連がある記事

ハブ・まとめ

関連記事

On SCP-RU

  • tag/ГГГ#pages
    • RUにおけるGGGタグ付記事リスト。全容は以下の通り (2021/08/23時点)。下記記事のうちJPでも和訳されている例はあるが誤訳や固有名詞、造語の訳し落としが目立つ。露語がわかるなら自分で読むべきだし、わからないなら機械翻訳にぶち込んだ方が正確に読める (現行の翻訳では原文にあった頭韻も潰れている)。
  • 下表を見ると2014年が最古であるかのように思えてしまうが、2012年には既にSCP-RU第2回コンテスト (テーマ: 要注意団体) で既にLalartuLalartuがGGG記事を提出、落選している。ここで出された3件のうちひとつがのちに清書され、現在のSCP-1195-RUとなったようである。
URL 著者 rev.0年月日
SCP-1121-RU LalartuLalartu 18 Feb 2014
Вечная беседа LalartuLalartu 11 Jul 2014
SCP-1200-RU LalartuLalartu 27 Jun 2014
SCP-1195-RU LalartuLalartu 25 Apr 2015
SCP-1243-RU LalartuLalartu 18 Jan 2016
SCP-1299-RU Blackbird5154Blackbird5154LalartuLalartuとの共著 7 Apr 2016
Под стук колëс Blackbird5154Blackbird5154 7 Apr 2016
SCP-1263-RU Blackbird5154Blackbird5154 25 Jan 2017
SCP-001-RU / КОДОВОЕ ИМЯ: "Чёрный Дрозд" — Проект "Сцилла" Blackbird5154Blackbird5154 8 Jul 2017
SCP-1323-RU KardalakKardalak 16 May 2021

On Андивионский Научный АльянсAndivion Scientific Alliance

  • SCP-RUで誕生したGoIをもとに同サイトから派生し、のちに方向性の違いから絶縁した元・姉妹サイト。サイト内ではGGG関連概念・ヤエズロイがかなり頻出する。GGG神格について述べたものも多い。LalartuLalartuが以下の通り記事投稿やMexanikMexanik投稿記事での積極的なディスカッションをしているほか、Blackbird5154Blackbird5154このGoIのボールを描いており、またかなり頻繁にVoteも行なっていた痕跡がある。GGGカノンの発展を見るにこのサイトを無視することは不可能である。
    • SCP-RU史の2011年にみえる不穏な記述はこの絶縁および、多作著者にして熱心な翻訳者、かつ同GoIの起草者にしてАНАを当時からずっと管理しているMexanikMexanikと袂を分かった一件を指している (略史ページにははっきり書かれていないがRUの歴史ページにはサイトへのリンクも彼の名前も載っている) 。絶縁を機に当GoIはSCP-RU主流カノンからも存在しなかったことにされている。まだ不和ってなかった頃にはこの「GoI」を暑かったTaleも数件書かれており、SCP-JPにはそのうち一件が翻訳されている (Nataliya_KuznechovNataliya_Kuznechovさんによるものであり、GoI名がことごとく誤訳されている)。
URL 著者 rev.0年月日
008 - Регихалковый голем MexanikMexanik 14 Apr 2012 ※ヤエズロイが明示されたのは30 May 2016から
Аксиматика MexanikMexanik 19 Jun 2013
Феномены MexanikMexanik 15 Jan 2014
Самогон LalartuLalartu 19 Sep 2014
Протокол экспериментов 015-1 LalartuLalartu 14 Feb 2015
016 - Гной Господень MexanikMexanik 3 Mar 2015
История нимасай Погруженные Пространстваという概念。 Dr_TzeentchDr_Tzeentch 18 May 2015
Проект «Дремада» MexanikMexanik 21 Mar 2015
Погруженные Пространства Dr_TzeentchDr_Tzeentch 25 Jul 2015
Маленькая история о маленькой тьме LadderJackLadderJack 28 Mar 2016
Протокол экспериментов 016-1 LalartuLalartu 9 Aug 2015
Йаэзлои MexanikMexanik 30 Dec 2016
Омнические архетипы MexanikMexanik 30 Dec 2016
Фиолетовое царство MexanikMexanik 30 Dec 2016
Проект «Сундук» MexanikMexanik 30 Jan 2018
Внегеографическое Общество MexanikMexanik 1 Feb 2019
020 - Омникрафт MexanikMexanik 20 Aug 2020
Символы опасностей MexanikMexanik 30 Apr 2021

ディスカッション

On SCP-RU

「サーキックカノン内でやればよくない?」という声が多かったのか、GGG主著者らがそれに反論してコメントを残した例が散見される。その他、GGG関連概念を他のオブジェクトの性質と絡めて言及する非主著者のコメントも。

On Андивионский Научный Альянс

GGGというよりはヤエズロイについての言及がおも

ハブもどき

2021年に溶けたSCP-RU上のGGGハブをベースにそれらしい何かを作ってみる。黒字はこのハブの翻訳をベースに、青字は自分が勝手に足したもの。



概要


※実際の音が聞きたい場合はこの朗読動画が役に立つ。
概要説明になんとなく流体力学っぽいタームが混じるのはАНА世界観から影響を受けていることが原因であるように思われる。同サイトでは相対論や時空間概念を川の流れに喩えて説明している。

GoI-211腐ち乱れる神の霊峰ガラー・グニラヴァ・ゴスポダ
Гора Гнилого Господа - этическо-филосовское учение, самопроизвольно зарождающееся во всех мирах, производящих достаточно энтропии. Последователи Горы крайне разнообразны в своих целях и верованиях, которые, зачастую, практически полностью противоречат друг другу. Тем не менее, выделяется ряд общих черт: Ядро учения составляет поклонение энтропии во всех её формах, олицетворяемой в фигуре Гнилого Господа и, в большинстве случаев, ряда менее значительных божеств, обозначаемых как «Провозвестники Переворота» и символизирующих отдельные аспекты процессов распада и разрушения. В знак почитания деструктивных явлений культисты зачастую калечат самих себя, добровольно заражают себя различными заболеваниями (особое предпочтение отдаётся лепре), питаются несвежей пищей и органическими отходами. Среди других сходств можно проследить наличие единой космогонической модели, специфическую эстетику и широкое использование аллитераций в названиях, и, в отдельных случаях, в устной и письменной речи. В ряде случаев это перетекает в специфическую форму глоссолалии. В совокупности с использованием характерных религиозных понятий и терминов (например, «ヤエズロイ (どう見てもヤエズロイだがロシア語ネイティブ的にはヤエズロエと読みたくなるらしい) » – некая преобразующая сила, изменяющая объекты в соответствии с волей Гнилого Господа, «グルリオラン (ロシア語ネイティブ的には「ラ」にアクセントを置きたくなるらしく、グルリオラーンみたいに読みたくなるらしい)» – массовый прилив йаэзлои из т.н. зон застоя, и др.) это делает религиозные тексты секты и речь многих её адептов трудными для понимания.

«Гора Гнилого Господа» активно использует аномальные артефакты в ритуальной деятельности, причём как минимум часть используемых аномалий имеет иномировое происхождение и создана из материалов, чьи свойства так или иначе противоречат известным законам физики. Отличительной чертой большинства артефактов, связанных с культом Гнилого Господа, является их воздействие на сознание, в основном на эстетическое восприятие и шкалу ценностей. Применение многих из них сопряжено с негативными последствиями для здоровья, которые вместе с тем воспринимаются в
эйфорическом ключе и могут служить причиной привыкания.

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License