Hero Mock

自称団体名: 超電救助隊(Hyper Electric Rescue Organization/HERO)

指定番号: GoI-8139, GoI-4586(歴史的経緯のため表記揺れあり)

ステータス: 活動的

主要な活動地域: 日本国内

概要: 超電救助隊は異常テクノロジーを多数保有する団体です。その目的を人命救助及び平和維持であると自称しており、異常テクノロジーを積極的に利用した活動を展開していることが確認されています。
詳細な組織構成は不明です。現場での活動を行う構成員は、特撮映像文化における「戦隊ヒーロー」作品を想起させる装備と言動が特徴的であり、また、自身の所属を隠蔽せず自ら喧伝する傾向にあることから識別は比較的容易です。その他に、異常テクノロジーの組み込まれた装備機材を製作する技術者等の後方支援人員や、組織全体の運営・監督を行う上層部の存在も示唆されています。

具体的な活動内容は多岐に渡りますが、大別して、災害現場における救助、犯罪行為の取り締まり、疾病・傷害への治療などが挙げられます。しかしながら、構成員は法や社会秩序に対し自身の活動・思想を優先させる傾向にあり、過度な出力の機材の利用による被害の拡大や現場状況の撹乱、犯罪容疑者に対する私刑行為などがたびたび確認されます。

また、超電救助隊に関連して確保されたオブジェクトには、薬剤やミーム等によって同団体への好意を誘導することを目的としたものが存在しており、このようなプロパガンダ行為も積極的に展開されている活動の1つだと考えられています。

これらの事実より、同団体が真の意味での人命救助・平和維持を目的としているとは考えづらく、本来の目的が別に存在するのではないかと推察されています。一方で、確保された構成員への尋問の結果からは、末端の人員は限定的な情報のみを知らされていることが判明しています。

収容アプローチ: 積極的な追跡と調査。

超電救助隊構成員は、異常テクノロジーを積極的に活用する一方で、公衆への隠蔽を行いません。これは能力と動機の両面の欠如によると考えられています。さらに、事件や災害の現場に出没する傾向は、マスメディアへの露出の危険性を高めています。当該団体は正常性への深刻な脅威と見做されます。短期的なアプローチとして、財団は当該団体の構成員を積極的に監視・追跡し、事態の収拾に勤め、捕縛・収容する必要があります。

超電救助隊には、詳細な組織構成、高度な異常テクノロジーの供給元、隠蔽された本来の目的など、不明な点が多く確認されます。長期的なアプローチとして、国内超常コミュニティに浸透するエージェントにより、当該団体に関する情報収拾が行われます。

異常テクノロジー
超常テクノロジー
パラテクノロジー
異常技術
超常技術
パラテク

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License