SCP-XXX-JP - 人類抹殺!尻からサボテン生えてくる24時 〜トガッたやつが時代を掴む〜

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

  • メキシコの街1つがSCP指定
  • 街にはサボテン人が生活している
  • インシデント発生時、概念的な”肛門”からサボテンが急発生・成長、犠牲者の体内を突き破って脳に達し、その知識を吸収。新人類に。
  • 当時現場には出張中だったコンドラキ博士が居合わせていたものの、前だけでは飽き足らず後ろにもAquafinaボトルをブチ込み人工肛門になっていたため、サボテン発生時人工肛門を外すことで軽傷で住む。
  • その後は尻を痛め垂れ流しつつ(スーパーだったので途中でオムツを拾い)、街からの脱出を図る
  • コンドラキはスーパーのトイレにいた
  • 街には人類を憎むサボテン人が溢れかえっている
  • ちょうど(子供用のミニ劇場に?)転がっていたサボテンスーツを着て脱出を図る
  • 財団は街を包囲するも、コンドラキから連絡を受ける
  • 助けには行けないとしつつも、指定の位置までたどり着けば回収するとする

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Tiamat

特別収容プロトコル: 現在観測できる範囲において、世界はSCP-XXX-JP-Kの支配下にあるものと考えられます。SCP-XXX-JP-Kに対する収容試行は放棄され、財団の目的は残存人類の確保・収容・保護と、ガニメデ・プロトコルの実行に絞られます。

現在、イエローストーン公園に向けての第三次遠征が計画されています。遠征は機動部隊Ω-0 ("リメンバーASS") に志願した職員によって実施される予定です。隊員の一覧は別紙「機動部隊Ω-0 所属隊員名簿.doc」を参照してください。

説明: SCP-XXX-JPは2020年1月20日に、全世界で同時発生した超常イベントです。SCP-XXX-JPの対象となったのは健常な肛門を有するすべてのヒト(Homo sapiens sapiens)個体であり、これら被影響者は以下のフェーズに従って異常影響を受けることとなりました。

  1. 肛門がタイプⅣ小型次元開口部に置換される。
  2. 上記ポータルから太さ20cm弱のサボテンが急速に出現、体内を破壊しつつ成長・膨張する。
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License