追憶のアディトゥムの下書き
評価: 0+x
memoriabanner_s.jpg
追憶のアディトゥム

5……そしてイオンは、かつてキティラの街への門であった燻る廃墟の中に立った。再び一人の男として、彼の名のもとに働かれた破壊の前に挫かれて。彼は周囲を見回し、かつて彼自身が開放したいと願った者たちの苦しみを見、そして自らの手で彼らの大いなる働きを無に帰さしめたことを感じた。

彼は彼らを見て、嗚咽した。

- 失墜の書、13:5; ソロモナリ・ヴァルカザロン

プロローグ: はじめに言の葉ありけり

財団脅威認識: [ | | | | ]


第一幕: 見よ、蒼ざめたる馬来たりて

財団脅威認識: [ | | | ]

Principalius - 本編
Assistentes - 外伝
Finis -

第二幕: 勝利のために発ちて

財団脅威認識: [██ | | ]

Principalius - 本編
Assistentes - 外伝
Finis -

第三幕: 現し世統ぶるなかに

財団脅威認識: [███ | ]

Principalius - 本編
Assistentes - 外伝
Finis -

第四幕: かくて現し世炎に包まれ

財団脅威認識: [█████]


特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License