Mentions Akiva

SCP-1844
by spikebrennanspikebrennan 14 Dec 2012
translated by gnmaeegnmaee 25 Jan 2016

各Ω-144の隊員は、アブラハムの宗教の信仰、使徒継承、またはそれらに相当するものを財団の特別プロトコルにて認定されています。また、少なくとも1時間に135centiakivaの祈りを捧げている、一貫した評価のある隊員を、財団の特殊任務局は選出しています。

スパイク・ブレナンの提言
by spikebrennanspikebrennan 30 Aug 2017
translated by YS_GPCRYS_GPCR 19 Sep 2017

SCP-001は、環境中のアキヴァAkiva放射が絶対0となる、地球上で唯一の既知の天然の地点です。実験により、アキヴァ放射の線源をSCP-001内部や、境界の近くに置いた場合でもこの状態は保たれるため、SCP-001の境界においてアキヴァ放射の透過が阻害されるだけでなく、内部から発生したアキヴァ放射が吸収され破壊されることが示されています。

..新規に発明された可搬型奇跡量測定器portable thaumometric apparatusにより、我らの会は長きにわたり考えていたこと、特に天佑神助Divine Grace ― あるいは我らの同志のうち何人かが言いたがる名称で言うところの奇跡力thaumaturgic force ― が実際の現象か、測定可能な実存かを検証できるようになった。私の同僚の一人が「アキヴァ」という名称を、あるはるか昔のヘブライ人の殉教者にちなみ、この現象の測定のための単位として提唱した。この哲学的かつ技術的な突破口は、地球全体のアキヴァの状態とバリエーションの包括的なマップ作成などの、幾つかのプロジェクトの開始を促進した。

我々は今や宿屋の環境中アキヴァ放射レベルは、内部で何が起きようともゼロに保たれることを知っている。暗喩されるように、神の盲点であるがゆえに、その領域内で取られた行動に対する神学的な結果はありえない。

…SCP-001の特性の研究の結果、ここサイト-36にて遮蔽された、我々が反モナドantimonadと呼ぶアキヴァ真空の人工的生成の最初の試験を行う準備が整った。実質的には我々はSCP-001のもう1つの実例を作ろうとしている。

自然は真空状態を嫌うことが明らかとなった、つまり内在論というわけだ。我々の機器の読み値では、反モナドが発生し、試験カプセル中の測定できるアキヴァ値がゼロに低下したところで、ヒュームレベルが急上昇した。我々は他の何かが - 現在では我々が観察したり検出したりできないなにかが - 入ってきたのだと考えている。我々はそれが何だったのか、それがどこへ行ったのかわからない…

SCP-3557
by stormbreathstormbreath 23 Nov 2017
translated by HiddenNameHiddenName 1 Jul 2019

これらの新たな機器は、あらゆる潜在的な現実改変を検出する為に、より広範な種類の様々なメカニズムを活用すべきです。{今までに我々が提示してきた新たな構想には、アキヴァ放射、重力感知器、SCP-2608が含まれます(注記として、基底の2608はUTC0427に死に絶え、低温保存された個体や異次元・錨設置サイトに居た個体のみが生存しています)。 - Dr.ヨーラス}

LTE-0851-Cetus
by stormbreathstormbreath 14 Mar 2018
translated by 7happy77happy7 14 Oct 2018

注: 高レベルのEVE並びにアキヴァAkiva放射がLTE-0851-Cetusによって放出されることに注目し、超脅威の異常特性の無効化を望まれ、対奇跡論兵器が配備された。これらの兵器は部分的な成功しか収めなかったものの、どうにか実体の再生特性の一部を遅延させた。

怪獣海
by DrChandraDrChandra 15 May 2018
translated by FattyAcidFattyAcid 20 Aug 2021

第五主義者たちは、これに対する反論として、怪獣たちがEVEに加えて、アキヴァ放射を発していることが知られているという点を挙げる。彼ら曰く、それこそ怪獣たちが神性を有する証拠だというのだ。しかし、これはアキヴァについてのよくある誤解の現れだ。それは信仰の産物であれど、神性の産物ではない。アキヴァはEVEと同様、意識的な知覚の産物であり、その違いは、アキヴァは観測者によって放出されるのではなく、被観測者によって放出されるという点にある。聖なるものとして知覚されるものは全てアキヴァを放出する。敬虔な人が多ければ多いほど、そして彼らの信仰が敬虔であればあるほど、アキヴァは強くなる。そして、怪獣に対する第五主義者達の崇拝は、その上昇したアキヴァレベルを説明するのに十分であるかもしれない。怪獣は、大切な数珠が天使ではないのと同様に、「天使」ではないのだ。

SCP-3391
by Tiamat ElsenTiamat Elsen 6 Jun 2018
translated by YS_GPCRYS_GPCR 16 Sep 2018

95.34: 監視アップデート: 17現地ユニット前に突然のアキヴァ放射サージを検知。終末論的K-クラスイベントの疑い。基底宇宙の診断を実行中。

<サイト-104の核弾頭が起爆し、建造物を全て破壊する。アノマリーを含み、地下と地上の施設は瞬時に蒸発する。サイトは続いて封鎖され、放射線および生物災害立ち入り禁止区域に指定された。極めて強力なアキヴァ放射及びサイオニックエネルギーがSCP-3391-3の死の直前に放射されたが、その効果は現在も不明である。>

2016/06/6に、膨大なサイオニックエネルギーとアキヴァ放射が世界中に照射され、世界的に多数の人間にサイオニック的影響を与えました。推定400,000の地中海周辺の国家の市民が影響され、小規模なサイオニック能力を得ました。

SCP-3391
by Tiamat ElsenTiamat Elsen 6 Jun 2018
translated by YS_GPCRYS_GPCR 16 Sep 2018

SCP-3391に提示されるYK-クラス宇宙終焉シナリオのリスクはゼロではないため、アキヴァ放射とヒュームレベルは正確にアノマリー周囲の背景強度に保たれなくてはなりません。

SCP-ES-101
by morhadowmorhadow 13 Aug 2018
translated by magical_carrotmagical_carrot 18 Dec 2018

SCP-ES-101の内部は、SCP-ES-101-1として指定された一般に隠された階段でたどり着ける外次元的空間で構成されており、アキヴァ放射{アキヴァ放射は、奇跡量測定器で測定された実体または場所が放射する信念の定量的測定値です。}はカトリック教会の平均よりも██倍高いです。

偶像崇拝の扇動者はアキヴァ放射線またはテオキネシスの操作に特化した現実改変者と推定され、全ての関連文書においてSCP-ES-101-3と指定されています。

日付: 2018年4月5日16:10
送り主: ██████・マジェア研究員
宛先: ███████████、サイト34管理官
件名:アキヴァ放射の使用について
添付ファイル: なし
本文:
親愛なるサイト管理官へ
私たちはこのサイトと周囲の地域にいくつかの宗教的な異常を抱えています。そのため、私はアキヴァ放射を測定して制御するための機器の製造を提案します。
SCP-ES-101の発見とエージェントペレスからの情報のおかげで、SCP-ES-101-3やその他の宗教的な異常が封じ込めを破った場合のアキヴァ放射の制御方法は判明していると思われます。私は、SCP-ES-030への曝露によって引き起こされる心理的治療の費用、SCP-ES-082を収容しなければならない人々の特異性、またはSCP-ES-063の黒煙を予防することが人類の存続の致命的な例であることを知っています。

SCP-3534
by DrCarollDrCaroll 19 May 2018
translated by C-DivesC-Dives 26 Feb 2019

全ての個体は、殆どの異次元実体を上回るレベルの第六生命エネルギーアキヴァ放射線を放出することが注目されています。

SCP-4519
by Lt FlopsLt Flops, NatVoltaicNatVoltaic 15 Apr 2019
translated by C-DivesC-Dives 24 Apr 2019

2019年4月21日、ブレナン奇跡論測定衛星(BTS)を操作していた神学技術者たちは、全世界のアキヴァ放射線値の記録的喪失を確認しました。これに続く4ヶ月間、世界各地で宗教的熱情の減退傾向が確認されるようになりました。

SCP-4436
by spikebrennanspikebrennan 29 Aug 2019
translated by C-DivesC-Dives 22 Oct 2019

記憶媒体が変化した現在、聖変化装置の更なる小型化に求められる2つの主要な技術的課題は、アキヴァ遮蔽と電源です。

SCP-4967
by Uncle NicoliniUncle Nicolini 13 Sep 2019
translated by Flips_0122Flips_0122 19 Oct 2019

貯水池内のアキヴァ放射レベルが135センチアキヴァを超過した場合、SCP-4967は直ちに鉛を裏打ちした棺桶に収納されます。

せ-B-1998"セミバスターダケ"販売カタログ
by kumer1090kumer1090 6 Oct 2019

強いアキヴァ放射や奇跡論パルスが発せられている環境下でも問題なく動作します。

SCP-4612
by Grigori KarpinGrigori Karpin 20 Nov 2019
translated by C-DivesC-Dives 6 Mar 2020

SCP-4612-Aの下側は死後に縦方向に切開されています。死骸の血液は明るい青色で、凝固しません。SCP-4612-Aは大量のアキヴァ放射線{根源的な奇跡力の物理的定量化指標。“神の加護”の証拠ではないかという論議を呼んでいる。}を放出します。死骸は発見以来、未知の理由によって、放射線量を着実に増大させています。

SCP-4612-Aの身体にある縦長の切開痕は、他の身体部位よりも顕著に高いアキヴァ放射線を発します。SCP-4612-Aの身体に残された血の手形が示すように、この儀式または外科手術は中断されたようです。死骸は目的不明の奇跡論的な儀式に使用されたと仮定されます。

SCP-5998
by CerastesCerastes 15 Jan 2020
translated by sanairomomi_sansanairomomi_san 6 Feb 2020

発見: SCP-5998が財団によって回収された経緯として、1961年に宗教による様々な収容手順の有効性の低下が戦術神学部門の計算により明らかになりました。研究者はイスカリオットイベント{宗教的に重要な人物の死亡または活動の停止}が発生したと結論付け、アキヴァ放射レベルの世界的な監視を開始しました。
雪は冷たい。いつも通りだ。
1963年、北極周辺の一貫して高いレベルのアキヴァ放射が財団の疑念を抱きました。その後、その地域の集中した調査が行われ、SCP-5998の発見に至りました。

Misharyの著者ページ
by MisharyMishary 3 Feb 2020

神威概論{Akiva放射及び神格実体・Pistifage実体等に関する基礎的な理論}

SCP-4421
by MalyceGravesMalyceGraves 5 Feb 2020
translated by C-DivesC-Dives 12 Dec 2020

SCP-4421が生成する高レベルのアキヴァ放射によって、木材の試験はほとんど決定的な結果を得られなかったため、これはあくまでも有識者による仮説です。

上述したアキヴァ放射特性と、前所有者の性質を踏まえて、SCP-4421はクラス3宗教アーティファクトに分類されています。

アルファ: 現実改変者! ボンフェルド-カリッツァBonfeld-Carizzaはヒュームの変動を検出していない、きっとアキヴァだ。

The “F” 10月号
by H0H0H0H0 5 Feb 2020

また、奇跡論の研究者はアキヴァ放射の土壌へ及ぼす影響に言及した。アキヴァ放射は生物に対して、非常に強いエネルギーを与え、消滅させる。この時消滅した生物は微量な“灰”を残す。この“灰”は触れることが出来ず、常に微弱な奇跡論的エネルギーを発する特徴を持っていた。これが多く堆積した地域はHm値が不安定であり、後の財団指定難病の原因の一つとなったと指摘されることもある。後日、“灰”は発見者の名前を取り、カック灰と名付けられた。

SCP-5812
by cybersqydcybersqyd 10 May 2020
translated by Dr_KasugaiDr_Kasugai 11 May 2020

グラスゴー市内におけるアキヴァ放射レベルの変動 0.04
ネクロポリス内におけるアキヴァ放射レベルの変動 1

SCP-3911
by MalyceGravesMalyceGraves 9 Jun 2020
translated by YS_GPCRYS_GPCR 21 Nov 2020

SCP-3911-1は高レベルの潜在アキヴァ放射を発生しています。どのような状況下においても、エリア-02宗教実体ガイドブックで指定されている組織の信者はSCP-3911に割り当てられてはいけません。

クラス-ARスクラントン現実錨はアキヴァ放射への追加防護を施されています。この改修はアキヴァ・スパイクの61.8%を防護しますが、この装置はあくまで収容違反に対しての先進早期警戒装置とみなされるべきです。

潜在アキヴァレーティング6.02が多大な生体組織の改変として発現するため、オブジェクトの物理的観察を不可能としています。

ガンマ: ヘイ、カント計もクリスマスツリーみたいに上がってるぞ。凄いヒュームの変動だ。アキヴァも凄え量だ。

SCP-3911-1および-2は、SCP-3911-1から発する高レベルのアキヴァ放射のため、エリア-02に送られました。

第三の寿司
by kumer1090kumer1090 13 Dec 2020

しかしそうしている内にも"永遠の闇"の発するアキヴァ放射はますます強まり、ついには世界オカルト連合の出動を招く。

タカオ達の前に、"永遠の闇"が降り立った。大いなる闇、寿司の終焉、寿司の呪い、阿悪の寿司など、複数の呼び方で伝承に登場する神格存在。例えアキヴァ放射を計測する装置がなくともその力は十分に感じとれるだろう。それは、思想としての闇寿司の根源、寿司の暗黒面そのものであり、そして今は闇の娘、早苗であった。

第一級異災特区での別次元・空間探索産業について
by MisharyMishary 17 Dec 2020

特に平将門などを祀る神田明神は江戸総鎮守とも称され、その高いAkiva指数によって低現実度を補完した。

探偵と幽霊と
by roneatosuroneatosu 31 Dec 2020

現に右手の指輪-指輪型非物質変位無効装置や、左手の腕輪-装着式アキヴァ放射防止装置を過剰というほど弄んでいる。

「……あんまり、こういう場所にはそういう超自然的な邪気みたいなものが-公的に言うならアキヴァ放射とか現象的霊素プラズマとかはあんま確認されてないよ。もっと神社とか廃村とかの方が危険な奴がいる」

あの数ではどうしたってこちらに勝ち目はない。アキヴァ放射と単純な身体能力では勝てるはずがないことぐらい、簡単に分かる。じゃあ……どうすればいい。

マンハッタン次元崩落テロ事件 - Wikipedia
by Tark_IOLTark_IOL 5 Jan 2021

午前7時13分、SCP財団のブレナン-天佑神助カウンターが、セントラルパークを中心としたアキヴァ放射大規模リレーションを観測する。

アキヴァ とは、意識/信仰に基づく意思エネルギーの物理的定量化指標。単位はAkiva/Akであり、SI単位系に準拠する。対象に信仰が集まるほどアキヴァも高まっていくため、神格存在の強度測定に用いられることが多い。

まず、午前0時15分頃、セントラルパークにてマンハッタン・メカニクスとUE-1110が再び交戦し、マンハッタン・メカニクスがUE-1110を撃破する。これをSCP財団は「セントラル・パークにおける高次アキヴァ放射、異常ヒューム値、高レベルEVE反応は消失し、UE-1110は何らかの理由により自然消滅した」として観測した。

午前9時45分、SCP財団リバティ島基地は、マンハッタン島外縁地域におけるヒューム値の回復と周期的アキヴァ放射の消滅を確認したことを公表、これを受けて世界オカルト連合事務局はピチカート手順の一時停止を揮下の部隊に通達した。

夜明けを見るための絶対条件
by O-92_MalletO-92_Mallet 8 Feb 2021

主要な太陽神は今から2000〜4000年ほど前に出現し、20世紀末までに地球上の各地域で流動しつつ発展した人類の信仰の対象となり続けることで、現在の活動に十分となるAkiva値を蓄積してきたと考えられています。

ディア大学の新興宗教
by MrDrYTisgodMrDrYTisgod 8 Mar 2021

読者の中には疑問を持った者もいるかもしれない。「善性とは言え、他宗教の団体と一緒に行動するのはよくないのでは?」、と。しかし、事実は真逆である。形而上からの恩恵はアキヴァ放射の形で表されるが、これはより強い別の放射があればそれと同じ流れとなる。即ち、他の恩恵がもたらされる場所にスパゲッティ・モンスターのアキヴァを放射すれば、それは別の、より洗練され焦点の合っている流れに統合され、より良い効率で恩恵がもたらされる。

SCP-5693
by Deadly BreadDeadly Bread 24 Mar 2021
translated by C-DivesC-Dives 1 May 2021

消費イベントの間、SCP-5693はあらゆる材質を消費することができます。SCP-5693はアキヴァ放射線を放出する物品、とりわけ宗教に関連する物を標的とします{大半の物品は宗教と緩く結びついているため、しばしば消費を可能とするのに十分なアキヴァ放射線を発しています。}。

SCP-5709
by Elenee FishTruckElenee FishTruck 14 Apr 2021
translated by C-DivesC-Dives 2 May 2021

燃えていない。{アキヴァ値の測定結果は決定的なものではありません。}

乳製主
by LORDXVNVLORDXVNV 2 Sep 2021
translated by C-DivesC-Dives 23 Sep 2021

宇宙によって違うわね。基底ヒューム値、アキヴァ放射値、スワン定数、全てが影響してくる。

企画案2024-998: "信仰は何の為に"
by p51p51 29 Oct 2021

改造済みLED電球[消費電力7.8W/個]{至近距離のアキヴァ放射を吸収、電力へ変換して発光する機能を付与}(60個、作成済)

3種類の金属{接触者のアキヴァ放射を読み取って形を変えるマーカス鋼が80%、テレパス能力に対して阻害作用を示すテレキル合金が15%、接触者から「今の自分を形作る上で最も重要なモノの記憶と、それに対して抱いていた想い」を失わせる「海星と酒の残り香」を元に作られた石が5%──こうとしか表現できない。}を素材とした球体(12個、作成済)

観客が金属球を手に取ると、質量の大部分を占めるマーカス鋼が観客のアキヴァ放射を読み取り、彼らの信教において「祈り」と深く関連する物品のレプリカに変形する。

並べられた台座には1台につき5個の電球を埋め込む。埋め込まれた電球は祈りによって放出されたアキヴァの量に応じて発光する仕組みだ。

ただし、僅かでも賢明な観客であれば「数字には表れない価値」というものを感じ取れるかもしれない。祈りの価値というものは単に放出されるアキヴァの量だけで計れるものではない。例え信仰に篤く電球を全て灯せる者がいたとしても、そのような人々ですら内的対話によって自らを省みなければ大切なモノを取り戻すことは出来ないのだ。

この手のテーマで神的エネルギー交換炉みたいなアキヴァ源を用いないのは珍しいし、有難いね──流石の僕も聖遺物を用意するのは骨が折れるよ。

物の提言
by VideoGameMonkeyMONOVideoGameMonkeyMONO 21 Nov 2021

SCP-001-JP-1ではアキヴァ放射が通常起こりえない頻度で増減することが観測されており、異常事象が関連している区画としてオブジェクト指定されています。当初は閉鎖的な現地住民の存在やアキヴァ放射が増減しているものの、異常事象が発生している兆候が確認できなかったため、山村自体を外部から隠匿し、現地住民に不信感を抱かせないよう調査及び緩やかな現地住民の退去方策がとられていました。

その後の調査によってアキヴァ放射増減について日本人口の推移との関連性が存在するものと結論付けられています。日本人口は2007年以前は増加傾向にあり、それに伴いSCP-001-JP-1内部のアキヴァ放射も増加していましたが、2008年以降緩やかに人口が減少することによってSCP-001-JP内部のアキヴァ放射も減少傾向にあることが観測されています。

Akiva.png

アキヴァ放射推移

SCP-001-JP-1内部では秘教技術的儀式の痕跡が少数発見されており、痕跡が発見された周囲ではアキヴァ放射の一時的な増減が確認されています。財団の監視が開始されてから現地住民が儀式を行使している様子は確認されておらず、アキヴァ放射の増減と秘教技術的儀式との関連性は不明です。現地住民に対する聴取においても有効な証言は得られておらず、引き続き調査が実施される予定です。

Dクラス職員は異常なく死亡し、遺体の消失等発生することはありませんでした。アキヴァ放射やヒューム値の増減についても確認されなかったため、SCP-001-JP-1内でのヒトの死そのものは異常事象を発生させるものではないと結論付けられています。

上記を踏まえ、SCP-001-JP内部におけるアキヴァ放射の増減と日本人口について当該神話が関連しているものと推測されており、神話の観点からの調査が必要とされています。

これによりアキヴァ放射減少と秘教技術的儀式が関連のあるものとして調査が行われました。

SCP-001-JP-1内部におけるアキヴァ放射安定化に際して、反モナドantimonad発生装置{当初はアキヴァ真空の人工的生成を目的に考案された。}の設置計画が進行しています。これによるSCP-001-JP-1内における装置の安全性確認テスト実施中、チャンバー内にて異常空間へのアクセスが確認されました。この時点でのアキヴァ放射は一般的なカトリック教会の平均と比較して10分の1程度であったことが判明しています。

イベント概要: 日本国内で発生した起源の解明されているオブジェクトに関して、発生の瞬間に他国では観測されないアキヴァ放射の微増が観測された。当該オブジェクト群に関連性は存在しておらず、アキヴァ放射の微増に関して調査が行われている。

補遺.1924.1: アキヴァ放射増加記録に対する調査
過去のオブジェクト発生のデータを洗い出したところアキヴァ放射の微増が確認されているパターンが散見された。日本国内においては異常存在の発生同士に何らかの繋がりがあるものと推測されており、事実確認が行われ次第、この案件はKeterクラスオブジェクトとして登録予定。

GoI-1268の構成員は秘教技術的儀式を用いてアキヴァ放射を低下させる技術を修得しています。人為的に神の盲点を作り出し、怒りを引き受けることによって神との接触を図ることが可能です。

時刻 事象
8/27 7:50 SCP-001-JP-2周辺のアキヴァ放射の上昇が確認される。調査のためSCP-001-JP-1滞在中のエージェントを派遣するも連絡が途絶える。
8/27 10:27 連絡の途絶えたエージェント捜索のため、近隣エージェントにより救助部隊を結成し派遣。捜索の結果、SCP-001-JP-2及びフソウの果実の喪失と巨大な蛇が海へと向かった痕跡のみが残されていたことを発見。次いでSCP-001-JP-1内部にてアキヴァ放射の急激な低下が確認される。
8/27 10:55 調査の結果、残された痕跡からSCP-001-JP-2は神話上のサイズ程ではないものの少なくとも直径500mは超えているものと計測された。これにより巨大神格実体対策本部が設立される。またSCP-001-JP-1内部のアキヴァ放射は低下し続け、計算上およそ24時間でアキヴァ放射が0となりSCP-001-JP-1全域が異常空間とアクセス可能となることが予想される。
8/27 14:45 SCP-001-JP-2に脱皮の兆候が確認される。この時のSCP-001-JP-2のアキヴァ放射はおよそ40.8であり、周囲と比較し明らかに高水準を計測している。SCP-001-JP-2は無防備になることを嫌ったためか海中に身を潜める。
8/27 15:22 再度海中からSCP-001-JP-2が出現。榴弾による軽傷は完治している。先ほどまでと異なりSCP-001-JP-2周囲のアキヴァ放射の低下が確認されている。SCP-001-JP-1からの観測によりSCP-001-JP-2が異常空間から脱することを画策しているものと考察される。
8/27 15:40 SCP-001-JP-2の第二防衛ラインへの接近が確認されたため攻撃が開始される。第二防衛ラインにおいては奇跡術兵器システムによる攻撃が行われたが、SCP-001-JP-2自身のアキヴァ放射による現実改変によって失敗。第二防衛ラインの壊滅が確認される。

[]
by [[*user ]]
translated by [[*user ]]

http://scp-jp.wikidot.com/scp-4612
http://scp-jp.wikidot.com/scp-5391
http://scp-jp.wikidot.com/scp-5923
http://scp-jp.wikidot.com/scp-5993
http://scp-jp.wikidot.com/scp-6072
http://scp-jp.wikidot.com/scp-6130
http://scp-jp.wikidot.com/scp-6574
http://scp-jp.wikidot.com/scp-405-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-1576-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-1710-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-1710-jp-j
http://scp-jp.wikidot.com/scp-1927-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2010-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2020-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2236-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2267-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2519-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2595-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2654-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2910-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2911-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2912-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-cn-1101
http://scp-jp.wikidot.com/author:winston1984
http://scp-jp.wikidot.com/yakubyo-gami
http://scp-jp.wikidot.com/gravitas-gradalis
http://scp-jp.wikidot.com/entrevistasconposiblesgruposdeinteresramaes
http://scp-jp.wikidot.com/1998-hub
http://scp-jp.wikidot.com/koigarezaki-news-19980714-veil
http://scp-jp.wikidot.com/koigarezaki-news-20020228-1998ver
http://scp-jp.wikidot.com/r-sinano-chuo-co-jp-2021-01-20-c24m57s8
http://scp-jp.wikidot.com/r-sinano-chuo-co-jp-2030-5-12-f9r324
http://scp-jp.wikidot.com/r-sinano-chuo-co-jp-2050-09-07-e34j876
http://scp-jp.wikidot.com/deleted:r-sinano-chuo-co-jp-2021-6-28-hpsjhws
http://scp-jp.wikidot.com/math-u-teito-ac-jp
http://scp-jp.wikidot.com/code-stillbirth-zulu
http://scp-jp.wikidot.com/early-summer-1998
http://scp-jp.wikidot.com/forum/t-14080685/scp-5693

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License