minitrans

[[row]]
[[cell style="border: 1px solid white; text-align: left;"]]

内部裁判部門

[[/cell]]
[[cell style="border: 1px solid white; text-align: left;"]][[/cell]]
[[/row]]
[[row]]
[[cell style="border: 1px solid white; text-align: left;"]]
内部裁判部門は財団の組織内司法機関です。当部門は内部保安部門の要請により、内部裁判部門の法典の禁止条項に該当する、財団職員および第三者の行為事例を審理します。これには次のような項目が含まれます: 「第一条 - 財団に対する罪」、「第二条 - 正常性ならびに人類に対する罪」、「第三条 - 重大な規律違反」、「第四条 - Kクラスイベントの実行準備」、「第五条 - 国家ならびに企業の罪」、「第六条 - その他の違反」。裁判部門はあらゆる等級の違反事例に対して個々の判決を下せます(第五条は例外であり、こちらの法定手続はGOCの施行下にあります)。裁判部門の判決はO5司令部により撤回される場合があります。内部裁判部門の法律ならびにその法典はこちらから確認できます。
SCP Foundation Internal Tribunal Department is the institutional judicial authority of the organization. This department, at the instance of ISD, hears cases of Foundation personnel and other persons' actions that fall under the definition of prohibited by the Internal Tribunal Department's Legal Codex, including such entries as: "I - Crimes against the Foundation", "II - Crimes against normalcy and humanity", "III - Significant disciplinary violations", "IV - Preparations for K-Class event realization", "V - State and corporate crime", "VI - Other violations". The Tribunal may appoint various sentences under every class of violation (except for the fifth, court proceedings under which are conducted by the GOC). Any Tribunal judgment may be repealed by O5 Command. You may review the Statute on SCP Foundation Internal Tribunal Department and its Legal Codex here. [[/cell]]
[[cell]]trib(1).png[[/cell]]
[[/row]]
/*
    None CSS with Left Beef
    [2019 Wikidot Theme]
    Created by stormbreath.
*/
 
/* LINKS */
a {
    color: #0645AD;
}
 
a.newpage {
    color: #CC2200;
}
 
 a:visited {
     color: #0B0080;
}
 
#side-bar a {
     color: black
}
 
#side-bar a:visited {
     color: black;
}
 
/* REMAKE THE HEADER */
h1, #page-title {
    color: black;
}
 
#page-title {
    border-color: black;
}
 
div#container-wrap {
    background: none;
}
 
div#extra-div-1 {
    height: 22px;
    width: 100%;
    top: 140px;
    position: absolute;
    background: black;
}
 
#header {
    background-image: url('https://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Aminimal/minimal.svg');
    background-size: 6rem;
}
@media (max-width: 580px) and (min-width: 480px) {
    #header {
        background-position: 0.5em 4.5em;
        background-size: 66px 66px;
    }
}
 
@media (max-width: 479px) {
    #header {
        background-position: 0 5.5em;
        background-size: 55px 55px;
    }
}
 
#header h1 a {
    color: transparent;
    text-shadow: none;
}
 
#header h1 a::before {
    content: "SCP Foundation";
    color: black;
}
 
#header h2 span {
    color: transparent;
    text-shadow: none;
}
#header h2 span::before {
    content: "Secure, Contain, Protect";
    color: black;
}
 
/* SIDE-BAR */
#side-bar .side-block {
    background-color: white !important;
    border-color: transparent;
    border-radius: 0px;
    box-shadow: none;
}
 
#side-bar .heading {
    color: black;
    border-bottom: solid 1px black;
}
 
@media (max-width: 767px) {   
    #side-bar {
         background-color: white;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
         background: none;
    }
}
 
#side-bar .collapsible-block-folded {
    background-image: url(https://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Aminimal/expand.png);
}
 
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link {
    border-bottom: solid 1px black;
}
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link .collapsible-block-link,
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link .collapsible-block-link:hover {
    color: black;
}
 
#side-bar img,
iframe.scpnet-interwiki-frame {
    filter: grayscale(100%) saturate(0%);
    -webkit-filter: grayscale(100%) saturate(0%);
}
 
/* TOP-BAR */
#top-bar ul li ul {
    border: solid 1px black;
}
#top-bar ul li.sfhover ul li a,
#top-bar ul li:hover ul li a {
    border-top: 1px solid white;
}
 
#top-bar ul li.sfhover a,
#top-bar ul li:hover a {
    background: white;
    color: black;
}
#top-bar ul li ul a, #top-bar a:hover {
    color: black;
}
#top-bar ul li.sfhover a:hover,
#top-bar ul li:hover a:hover {
    background: black;
    color: white; /* top bar hover background color */
}
 
/* RATING MODULE */
.page-rate-widget-box .rate-points {
    background-color: black !important;
    border: solid 1px black;
    text-transform: capitalize;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup,
.page-rate-widget-box .ratedown {
    background-color: black;
    border-top: solid 1px black;
    border-bottom: solid 1px black;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a,
.page-rate-widget-box .ratedown a {
    background: transparent;
    color: white;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover {
    background: white;
    color: black;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel {
    background-color: black;
    border: solid 1px black;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel a {
    color: white;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background: white;
    color: black;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button {
    background-color: black;
    border: 1px solid black;
    border-radius: 5px !important;
    box-shadow: 1px 1px 3px rgba(0,0,0,.5);
}
 
.rate-box-with-credit-button .page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    border-radius: 0;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .creditButton p a {
    border-left-color: transparent;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info:hover {
     color: black;
     background-color: white;
}
 
#page-content .modalbox {
    box-shadow: 0 2px 6px rgba(102, 102, 102, .5);
}
 
.close-credits,
.credit-back {
    filter: hue-rotate(260deg);
}
 
/* PAGE ELEMENTS */
blockquote,
div.blockquote,
#toc,
.code {
     background-color: white;
}
 
.scp-image-block {
    border: solid 1px black;
    box-shadow: none;
}
.scp-image-block .scp-image-caption {
    background-color: white !important;
    border-top: solid 1px black !important;
    color: black;
}
 
/* RECOLOR THE SEARCH BAR */
#search-top-box-input {
    border-color: black;
    color: black !important;
    background-color: white;
}
 
#search-top-box-input:hover,
#search-top-box-input:focus {
    background-color: white;
    border-color: black;
}
 
#search-top-box-form input[type=submit] {
    border: solid 1px black;
    color: black;
    background-color: white;
    background: white;
}
 
#search-top-box-form input[type=submit]:hover,
#search-top-box-form input[type=submit]:focus {
    border: solid 1px black;
    background-color: white;
    background: white;
    color: black;
}
 
/* LOGIN STUFF */
#login-status {
    color: black;
    filter: grayscale(100%) saturate(0%);
    -webkit-filter: grayscale(100%) saturate(0%);
}
 
#login-status a {
    color: black;
}
 
#login-status ul a {
    color: black;
}
 
#account-topbutton {
     background: #ccc;
     color: black;
}
 
/* HOVER THINGIES */
.hovertip {
     background: white !important;
}
 
/* FOOTER  */
#footer {
    background: black;
    color: white;
}
 
/* TABS */
.yui-navset .yui-nav,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav {
    border-color: transparent; /* color between tab list and content */
}
 
.yui-navset .yui-nav a,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
    background: white; /* tab background */
    border-color: white;
    color: black;
    transition: 0.125s;
}
 
.yui-navset .yui-nav a em {
    background: white;
    box-shadow: 0px 1px 2px rgba(0,0,0,0.7);
    border-color: white;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a:focus,
.yui-navset .yui-nav .selected a:hover {
    background: white; /* selected tab background */
    color: black;
}
 
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: white;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a em {
    border-color: transparent;
    box-shadow: 0px 1px 2px 0.5px rgba(0,0,0,0.5);
    background: white;
}
 
.yui-navset .yui-content {
    background: transparent; /* content background color */
}
 
.yui-navset .yui-content,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-content {
    border-color: transparent; /* content border */
    border-top-color: transparent; /* different border color */
}
 
.yui-navset-left .yui-content {
    border-left-color: #b7a9a9; /* different border color */
}
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-ZH-261

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 33株のSCP-ZH-261がサイト-ZH-31で栽培され、定期的に収穫されています。得られたSCP-ZH-261は、長期保存目的でSCP-ZH-261-1へと加工されます。SCP-ZH-261およびSCP-ZH-261-1を許可なく摂取することは固く禁じられています。

説明: SCP-ZH-261は異常なサトウキビの一群であり、遺伝的にはニューギニアの原生サトウキビと同一です。財団は元の植物株から33個体のSCP-ZH-261を栽培することに成功しており、栽培されたSCP-ZH-261は親植物と同一の異常性を有していることが実験から確認されています。

SCP-ZH-261から造られた砂糖はSCP-ZH-261-1に指定されており、奇跡論的実体に干渉して影響を与えます。SCP-ZH-261-1を摂取1した人物は、奇跡論的実体の及ぼす現実改変影響に対してほとんど影響を受けなくなります。この影響の正確な強度には個人差が見られます。実験の統計的分析によれば、摂取者の85%がおよそEVE3.75~4.88の濃度の影響を無効化することが可能です。この能力は8時間は保持されます。

2018/5/14更新:

SCP-ZH-261は戦術神学的なツールでもあります。特定のパターンが刻まれたSCP-ZH-261-1赤糖の摂取は、摂取者の意識や行動習慣に影響を及ぼし、一時的な身体能力の強化を齎します。施設-57の戦術神学部門は、影響を受けた摂取者の行動がキューバ・ブードゥー教の主神に類似していると判断しています。摂取者は3時間に渡って向上した能力を維持できますが、脳に恒久的損傷を負う可能性があります。この場合、95%の確率でアルツハイマー病を早期発症し、3~4年以内に死に至ります。十字鍵(聖ペトロの象徴)や大工定規付きの棍棒(聖ユダの象徴)といったパターン2が上記の影響を引き起こし得ることが判明しています。

発見: SCP-ZH-261はキューバ国家対異省(MAC)内の潜入財団エージェントによって1966年に発見されました。回収された内部情報によれば、SCP-ZH-261-1はチェ・ゲバラやカストロを含む数人の政府高官の食事、特にアイスクリームに付加されていたようです。ペンタグラムとの相互参照によれば、SCP-ZH-261は1990年まで、ペンタグラムの超常エージェントによる様々な強度の奇跡論的な遠隔定点攻撃を最低13回に渡って防いできたようです。

補遺-1: 『オカルト口伝史: 赤剣の余波』からの抜粋

背景: 以下は█████氏とのインタビュー記録です。█████氏は現在85歳であり、超常都市”ラ・ペケーニャ・ハバナ”の市民、キューバ・ブードゥーの教徒にして、同国の「赤剣の夜」事変の目撃者 兼 生存者でもあります。

張道士: 「当時の背景についてまとめてもらってもよろしいですか?」

█████氏: 「カストロが権力を握ったのは、だいたい60年ほど前のことじゃった…」

█████氏: 「あやつは…疑心暗鬼の執政者じゃった。あやつは自国を護ることに労力を惜しまなかったがの、このことは同時にあやつを地獄の悪鬼よりも恐ろしいものにしてしまった。それこそがあの出来事の原因じゃよ」

張道士: 「件の出来事の前に何か前兆はありましたか?」

█████氏: 「いんや。なんにもなかった。やって来たあやつらは問うた、従うか否かとな。そして従わなかったものは撃ち殺された」

█████氏: 「ブードゥー教会は四十だか五十だかの者で混み合っていたはずじゃった。なれど十分たかだかで皆殺されてしもうた」

張道士: 「あなたがたの地下組織は抵抗、もしくはその準備をしましたか?」

█████氏: 「ああ。大勢の地下教徒がウンガンだのマンボだの3に指示を仰いでおった。いくつかのロア4も介入したんじゃが、結局のところ無駄に終わった」

張道士: なぜですか?

█████氏: 「ワシらだけではなかった。向こうも同じことをしておったんじゃ。あのような猛きものでは、ワシらのウンガンやらボコルやらの命を費やしてしまうやもしれんかった」

█████氏: 「じゃが向こうはどうじゃ? あやつらは大して費やしておらんかった。ただロアを騎乗させる5ように彫刻した砂糖を食えばよかったんじゃ」

張道士: 「この砂糖ですか?」(SCP-ZH-126-1の写真を見せる)

█████氏: 「ああ。あやつらは食う前に各ロアのシンボルを彫り込むんじゃ。その時からロアは騎乗される」

張道士: 「この種の儀式は危険だと仰られていましたね。彼らはこのリスクを回避する方策を発見していたのでしょうか?」

█████氏: 「軍隊で最も有り余るのは、完全に服従する使い捨ての人力じゃった。違うかの?」

このインタビューによれば、SCP-ZH-261-1が「赤剣の夜」の虐殺に利用された可能性は極めて高いものと思われます。「赤剣の夜」に関する文書の大半はMAC内の極秘情報であり、組織の解散時に破壊されたため、SCP-ZH-261-1の具体的な使用方法は確認できていません。しかしながら上記インタビューにおいて、SCP-ZH-261-1がキューバのローカルなブードゥー教の神々に関連しているらしきことが判明しました。SCP-ZH-261-1が神格存在と関係しているかどうかは依然として調査中です。


Q. 国家対異省って何?
元はSCP-ES(スペイン語版wiki)で創作された要注意団体であり、キューバ政府がかつて抱えていた超常機関として設定されています。主に冷戦期に活躍し、アノマリーの軍事利用や研究を行っていました。現在は既に解体され、大部分が財団に吸収されたものの、一部残党が南米で活動しているという疑惑が上がっています。
詳しくはハブをご覧ください。

Q. I-57って何?
元はSCP-ES(スペイン語版wiki)で創作された、財団と各国家の関係性に重点を置くカノンです。いわゆる”歴史改変”系のジャンルでもあり、普段の財団世界とは若干異なる特徴や設定を持ちます。記事中に出てくる施設-57はカノンの名前にもなっている象徴的な財団施設です。
詳しくはハブをご覧ください。

Q. 張道士って何者?
この記事の著者であるminmasterqwminmasterqwの人事キャラクターであり、氏の著作を中心に、SCP-ZH(繁体字中国語版wiki)の各所で登場します。
人事ファイルはこちらですが、現在未翻訳です。

その他: これって何?

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License