minitrans
/*
    None CSS with Left Beef
    [2019 Wikidot Theme]
    Created by stormbreath.
*/
 
/* LINKS */
a {
    color: #0645AD;}
 
a.newpage {
    color: #CC2200;}
 
 a:visited { 
     color: #0B0080; 
}
 
#side-bar a {
     color: black
}
 
#side-bar a:visited {
     color: black; 
}
 
/* REMAKE THE HEADER */
 
h1, #page-title {
    color: black;
}
 
#page-title {
    border-color: black;
}
 
div#container-wrap {
    background: url(none);
}
 
div#extra-div-1 {
    height: 22px;
    width: 100%;
    top: 140px;
    position: absolute;
    background: black;
}
 
#header {
    background-image: url(http://topia.wdfiles.com/local--files/component%3Aminimal-css/minimal.svg);
    background-size: 6rem;
}
@media (max-width: 580px) and (min-width: 480px) {
    #header {
        background-position: 0.5em 4.5em;
        background-size: 66px 66px;
    }
}
 
@media (max-width: 479px) {
    #header {
        background-position: 0 5.5em;
        background-size: 55px 55px;
    }
}
 
#header h1 a {
    color: transparent;
    text-shadow: none;
}
 
#header h1 a::before {
    content: "SCP財団";
    color: black;
}
 
#header h2 span {
    color: transparent;
    text-shadow: none;
}
#header h2 span::before {
    content: "確保、収容、保護";
    color: black;
}
 
/* SIDE-BAR */
#side-bar .side-block {
    background-color: white !important;
    border-color: transparent;
    border-radius: 0px;
    box-shadow: none;
}
 
#side-bar .heading {
    color: black;
    border-bottom: solid 1px black;
}
 
@media (max-width: 767px) {   
    #side-bar {
         background-color: white;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
         background: none; 
    }
}
 
#side-bar .collapsible-block-folded {
    background-image: url(http://topia.wdfiles.com/local--files/component%3Aminimal-css/expand.png);
}
 
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link {
    border-bottom: solid 1px black;
}
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link .collapsible-block-link,
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link .collapsible-block-link:hover {
    color: black;
}
 
#side-bar img,
iframe.scpnet-interwiki-frame {
    filter: grayscale(100%) saturate(0%);
    -webkit-filter: grayscale(100%) saturate(0%);
}
 
/* TOP-BAR */
#top-bar ul li ul {
    border: solid 1px black;
}
#top-bar ul li.sfhover ul li a,
#top-bar ul li:hover ul li a {
    border-top: 1px solid white;
}
 
#top-bar ul li.sfhover a,
#top-bar ul li:hover a {
    background: white;
    color: black;
}
#top-bar ul li ul a, #top-bar a:hover {
    color: black;
}
#top-bar ul li.sfhover a:hover,
#top-bar ul li:hover a:hover {
    background: black;
    color: white; /* top bar hover background color */
}
 
/* RATING MODULE */
.page-rate-widget-box .rate-points {
    background-color: black !important;
    border: solid 1px black;
    text-transform: capitalize;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup,
.page-rate-widget-box .ratedown {
    background-color: black;
    border-top: solid 1px black;
    border-bottom: solid 1px black;
}
.page-rate-widget-box .rateup a,
.page-rate-widget-box .ratedown a {
    background: transparent;
    color: white;
}
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover {
    background: white;
    color: black;
}
.page-rate-widget-box .cancel {
    background-color: black;
    border: solid 1px black;
}
.page-rate-widget-box .cancel a {
    color: white;
}
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background: white;
    color: black;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button {
    background-color: black; 
    border: 1px solid black;
    border-radius: 5px !important;
    box-shadow: 1px 1px 3px rgba(0,0,0,.5);
}
 
.rate-box-with-credit-button .page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    border-radius: 0;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .creditButton p a {
    border-left-color: transparent;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info:hover {
     color: black;
     background-color: white;
}
 
#page-content .modalbox {
    box-shadow: 0 2px 6px rgba(102, 102, 102, .5);
}
 
.close-credits,
.credit-back {
    filter: hue-rotate(260deg);
}
 
/* PAGE ELEMENTS */
blockquote,
div.blockquote,
#toc,
.code {
     background-color: white;
}
 
.scp-image-block {
    border: solid 1px black;
    box-shadow: none;
}
.scp-image-block .scp-image-caption {
    background-color: white !important;
    border-top: solid 1px black !important;
    color: black;
}
 
/* RECOLOR THE SEARCH BAR */
#search-top-box-input {
    border-color: black;
    color: black !important;
    background-color: white;
}
 
#search-top-box-input:hover,
#search-top-box-input:focus {
    background-color: white;
    border-color: black;
}
 
#search-top-box-form input[type=submit] {
    border: solid 1px black;
    color: black;
    background-color: white;
    background: white;
}
 
#search-top-box-form input[type=submit]:hover,
#search-top-box-form input[type=submit]:focus {
    border: solid 1px black;
    background-color: white;
    background: white;
    color: black;
}
 
/* LOGIN STUFF */
#login-status {
    color: black;
    filter: grayscale(100%) saturate(0%);
    -webkit-filter: grayscale(100%) saturate(0%);
}
#login-status a {
    color: black;
}
#login-status ul a {
    color: black;
}
#account-topbutton {
     background: #ccc;
     color: black;
}
 
/* HOVER THINGIES */
.hovertip {
     background: white !important;
}
 
/* FOOTER  */
#footer {
    background: black;
    color: white;
}
 
/* TABS */
.yui-navset .yui-nav,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav {
    border-color: transparent; /* color between tab list and content */
}
 
.yui-navset .yui-nav a,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
    background: white; /* tab background */
    border-color: white;
    color: black;
    transition: 0.125s;
}
 
.yui-navset .yui-nav a em {
    background: white;
    box-shadow: 0px 1px 2px rgba(0,0,0,0.7);
    border-color: white;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a:focus,
.yui-navset .yui-nav .selected a:hover {
    background: white; /* selected tab background */
    color: black;
}
 
.yui-navset .yui-nav a:hover, 
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: white;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a em {
    border-color: transparent;
    box-shadow: 0px 1px 2px 0.5px rgba(0,0,0,0.5);
    background: white; 
}
 
.yui-navset .yui-content {
    background: transparent; /* content background color */
}
 
.yui-navset .yui-content,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-content {
    border-color: transparent; /* content border */
    border-top-color: transparent; /* different border color */
}
 
.yui-navset-left .yui-content {
    border-left-color: #b7a9a9; /* different border color */
}
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-ZH-261

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 33個体のSCP-ZH-261がサイト-ZH-31で栽培され、定期的に収穫されています。得られたSCP-ZH-261は、長期保存のためにSCP-ZH-261-1へと加工されます。SCP-ZH-261およびSCP-ZH-261-1を許可なく摂取することは厳禁となっています。

説明: SCP-ZH-261は異常なサトウキビの一群であり、遺伝的にはニューギニアの野生のサトウキビと同一です。財団は元の植物から33個体のSCP-ZH-261を栽培することに成功しており、栽培されたSCP-ZH-261は親植物と同一の異常性を有していることが実験から確認されています。

SCP-ZH-261から造られた砂糖はSCP-ZH-261-1に指定されており、奇跡論的実体に干渉・影響を及ぼします。SCP-ZH-261-1を摂取1した人物は、奇跡論的実体の及ぼす現実改変影響に対してほとんど影響を受けなくなります。この影響の正確な強度には個人差が見られます。実験の統計的分析によれば、摂取者の85%がおよそEVE3.75~4.88の濃度の影響を無効化することが可能です。この能力は8時間後に減衰します。

2018/5/14更新:

SCP-ZH-261は戦術神学的なツールでもあります。特定のパターンが刻まれたSCP-ZH-261-1赤糖の摂取は、摂取者の意識や行動習慣に影響を及ぼし、一時的な身体能力の強化を齎します。施設-57の戦術神学部門は、影響を受けた摂取者の行動がキューバのブードゥー教の主神に類似していると判断しています。摂取者は3時間に渡って向上した能力を維持できますが、脳に恒久的損傷を負う可能性があります。この場合、95%の確率でアルツハイマー病を早期発症し、3~4年以内に死に至ります。十字鍵(聖ペトロの象徴)や大工定規付きの棍棒(聖ユダの象徴)といったパターン2が上記の影響を引き起こし得ることが判明しています。

発見: SCP-ZH-261はキューバ国家対異省(MAC)内の潜入財団エージェントによって1966年に発見されました。回収された内部情報によれば、SCP-ZH-261-1はチェ・ゲバラやカストロを含む政府高官数人の食事に付加されていたようです。ペンタグラムとの相互参照によれば、SCP-ZH-261は1990年まで、ペンタグラムの超常エージェントによる様々な強度の奇跡論的な遠隔定点攻撃を最低13回に渡って防いできたようです。

補遺-1: オカルト口伝史: ”赤剣”の余波からの抜粋

背景: 以下は█████氏とのインタビュー記録記録です。█████氏は現在85歳、超常都市”ラ・ペケーニャ・ハバナ”の市民であり、キューバのブードゥー教徒にして、キューバの事変”赤剣の夜”の目撃者 兼 生存者でもあります。

(インタビュー開始)

チャン導師: その後の背景を要約してもらっても構いませんか?

█████氏: カストロが権力の座についたのは、だいたい60年後のことだった…

█████氏: カストロは…偏執症的な政治家だ。奴は自国を防衛する努力を惜しまなかったが、このことは奴を地獄の悪鬼共よりも恐ろしき存在にした。そしてこれがあの事変の起きた理由だよ。

チャン導師: 事変の前に何か前兆はありましたか?

█████氏: いいや。全くなかった。奴らはただやって来て民衆に従うか否かを尋ね、従わなかった者達を撃ち殺した。

█████氏: ブードゥー教会はだいたい4,50人の人間で混み合っていただろう。だがわずか10分ほどで全員が殺された。

チャン導師: あなたの秘密結社は抵抗するか、あるいは心構えしていましたか?

█████氏: Yes. Many secret believers asked their houngan and mambo3for instructions. Several loa4 also intervened, but at the end it was in vain.ああ。大勢の秘密信徒がウンガンマンボにどうすべきか尋ねた。いくつかのロアも介入したが、最終的には徒労に終わった。
Zhang Daoshi: どうしてですか?
Mr. █████: Because it was not only us but also the opposite side doing this. Such intense things might cost the life of each of our houugans or bokors.我々だけでなく、向こう側も同じことをしてきたからだ。ああいう激烈なやつは
Mr. █████: But how about the opposite side? It did not cost so much for them. They need only eating an engraved sugar to have loa mount5 them.だが、向こう側はどうだ?奴らはほとんど代償を必要としなかった。奴らはただ刻印のある砂糖を1つ喰らうだけでロアを身に宿すことができたんだ。
チャン導師: こちらの砂糖ですか?(SCP-ZH-261-1の写真を見せる)
█████氏: ああ。奴らは様々なロアの異なるシンボルを刻み込んで、それから食べる。その時点からロアが奴らの身に宿るんだ。
チャン導師: あなたはこの種の儀式が危険だと仰っていましたね。彼らはリスクを回避する方法を見つけていましたか?
█████氏: 軍に完全に服従していた使い捨ての人材は決して不足していなかった。違うか?

このインタビューによれば、SCP-ZH-261-1が”赤剣の夜”の虐殺に利用された可能性が極めて高いです。”赤剣の夜”に関する文書の大半はMAC内の極秘情報であり、組織の解散時に破壊されたため、SCP-ZH-261-1の具体的な使用方法は確認できていません。しかしながら上記インタビューにおいて、SCP-ZH-261-1がキューバのローカルなブードゥー教の神々に関連しているらしきことが明らかになりました。SCP-ZH-261-1が神格存在と関係しているかどうかは依然として調査中です。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License