msr:exp-0032
ほげtokjo_i004.pngほげほげtokjo_i004.pngほげ
アンドロイドは生命か?

科学技術の発展により人工知能のレベルが急上昇し、またそれを内包し適切に機能する「身体」が作成可能となったことで、「機械生命体」の夢は現実のものとなった。だが躍進は常に課題を伴ってやってくる。百年以上に渡って議論されてきた、「機械は生物なのか?」という議論を先送りすることは難しくなっている。

彼らは現実の人間とほとんど同じように思考し、動いているように見える。その構成物質が異なるだけで、実態としては生命と呼んでも差し支えないのではないか。そう唱える者は多い。世界全人類種族権利保護条約の成立によって人類の枠組みが明らかに大きなものとなったことが、機械生命容認派の勢いを後押ししている。伝統的な保守的政治家の中にも、一部の機械について「生物」であることを容認するものも現れつつあるのが昨今の状況だ。

一方で現代の我々はその多くを機械に頼っていることも、疑いの余地がない事実である。彼ら全てに「人権」を認めるような定義は、直感的ではなくまた現実上不可能である。然し「機械生命体」の人権は保護されなくてはならない。その境界となるものは何なのか?

古典的かつ現実的な境界の一つが、「自意識」の有無である。認知・情報科学の発展によって意識の検知・分析はかなり高度な水準まで到達しつつある。それを踏まえるならば、機械が意識を有しているか(可能ならば定期的に)検査を行って、その陽性陰性で権利について区別するという手法が考えられるだろう。事実日本をはじめとする多くの国家はこの手法を中心に、「機械生命体」の権利保護を進めつつある。

出典: 竹林館『AVRORA Japan 2051年3月号』


Alpha
tokjo_i004.png
Betatokjo_i004.png
Alpha

Back

This is A.

Beta

Back
Four score and seven years ago our fathers brought forth on this continents a new nation, conceived in Liberty, and dedicated to the proposition that all men are created equal. Now we are engaged in a great civil war, testing whether that nation or any nation so conceived and so dedicated, can long endure. We are met on a great battle-field of that war. We have come to dedicate a portion of that field, as a final resting place for those who here gave their lives that that nation might live. It is altogether fitting and proper that we should do this. But, in a larger sense, we can not dedicate, we can not consecrate, we can not hallow, this ground. The brave men, living and dead, who struggled here, have consecrated it, far above our poor power to add or detract. The world will little note, nor long remember what we say here, but it can never forget what they did here. It is for us the living, rather, to be dedicated here to the unfinished work which they who fought here have thus far so nobly advanced. It is rather for us to be here dedicated to the great task remaining before us— that from these honored dead we take increased devotion to that cause for which they gave the last full measure of devotion— that we here highly resolve that these dead shall not have died in vain— that this nation, under God, shall have a new birth of freedom— and that government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the earth.

メールリスト
    • _

    Re: 大川
    From: nagayama


    なんとかかんとか
    例の件についてはすぐに片づける。

    ただ少し助力がいるかもしれない……

    • _

    なんとかかんとか

    お前が自分でやるといった話だろう?
    元々私には関係のないことだ
    それをどうしてもというから手伝っているに過ぎないのに、その上でまだ何か贅沢を言うというのか?

    • _

    なんとかかんとか

    済まなかった。
    ちゃんと自分でやるよ。

    サイタマまで金は持ってきて於いてくれ

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License