Msr 0017 - Megaorgs
MegaOrgs
評価: 0+x
blank.png

資本主義の名の下に巨大化した「巨大組織(MegaOrgs)」は、トーキョートーキョー(存在しないページ)で専横を極めている。法の制限が緩く、一般社会と距離があるトーキョーは彼らにとって都合のよい実験場であり、資源生産地であり、商業地である。防災と自衛を盾に武装し、国家や特区の行政・司法と癒着した巨大組織に喧嘩を売るのは賢明ではない。それが許されるのは別の巨大組織のエージェントか、自殺志願者のどちらかだ。

巨大組織の中でもオクタメガと呼ばれる8つの組織は群を抜いた存在である。トーキョー・サークルトーキョー・サークル(存在しないページ)より内側の旧南関東地域南関東地方(存在しないページ)において彼らは日本日本国(存在しないページ)と並んで事実上の支配者として君臨している。

The Quartet

ザ・カルテット、「4人組4人組(存在しないページ)」は20世紀から21世紀にかけて大きな国際影響力を持った4つの巨大組織を指す呼称である。彼らは彼帷彼帷(存在しないページ)の組織であり、ヴェールヴェール(存在しないページ)の維持と独占を望んでヴェール時代ヴェール時代(存在しないページ)から秘密裏にその国際影響力を行使してきた。その形態に変化はあれど、彼らがメガオーグの中でも群を抜いた存在であることは依然変わりがない。その経緯や立場から風説も多く、何が真実なのか知っているものは組織の最上級幹部に限られる。

Prometheus Lab


プロメテウス研究所プロメテウス・ラボ(存在しないページ)
創設: 1892年/1998年
本部:
代表: アーノルド・D・トーチ/XXXX
業種:

1998年に崩壊の危機を迎えた巨大パラテクパラテクノロジー(存在しないページ)企業グループ「プロメテウス研究所」は、パラテクの無秩序な拡散を嫌う4人組の他のメンバーからの支援を受け、過去以上の巨大企業としてよみがえった。彼帷、此帷の境界を越えて数多の企業を支配し、多数の業界へ影響力を行使している。

一方で再建時に株式の過半数を他の4人組メンバーによって抑えられており、各派による派閥闘争も繰り広げられている。

SCP Foundation


SCP財団SCP財団(存在しないページ)
創設: 1901年、或いはそれ以前
本部:
代表: フリードリヒ・ウィリアムズ
業種:

SCP財団(Sapiens and Consensus Protection Foundation)の経歴や形態については謎も多いが、彼らが巨大正常性維持機関として大きな影響力を有していることは変わりない。彼らは人類と合意に基づく正常性の保護を目的として活動しており、かつ将来の有益と多様性の保護を目的として可能な限り「異常存在異常存在(存在しないページ)」を確保・収容・保護することを目指す。

日本政府を支援し、

United Nation Global Occult Coalition


国際連合世界オカルト連合国際連合世界オカルト連合(存在しないページ)
創設: 1946年
本部:
代表: D・C・アルフィーネ
業種:

国際連合の下部組織として形成された世界オカルト連合は、国際連合が国家の連合体であるように、異常組織異常組織(存在しないページ)の連合体としての性質を持つ。各加盟組織はそれぞれに背景や目的を有しているが、世界オカルト連合という総体としては、生存、隠蔽、保護、破壊、教育の五本柱を主軸として活動している。

国際社会の調停者としてふるまい、

Marshall, Carter & Dark


マーシャル・カーター&ダーク株式会社マーシャル・カーター&ダーク(存在しないページ)
創設: 1871年
本部: ロンドン、ニューヨーク、香港
代表: アイリス・ダーク、スキッター・マーシャル、ロバート・カーター
業種: オークション、卸売業、証券・不動産、金融業、錬金業

ニューヨーク、ロンドン、香港の3都市に拠点を置くマーシャル・カーター&ダークは、資本主義の化身である。成立は1870年代のロンドンであるが、その系譜は15世紀の錬金術師ギヨーム・ダルク(ウィリアム・ダーク)或いはそれ以前にまでさかのぼるという。

MC&Dはその成立以来貴族や富裕層向けに異常物品異常物品(存在しないページ)を含む貴重品の取り扱いを行っており、その扱いや流通経路を独占することによって莫大な富を得てきた。その富は更なる財宝の獲得やコネクションの確立、錬金術や科学の研究に注がれている。数百年に渡って経済力やコネクションはNPrO正常性維持機関(存在しないページ)さえ破壊できないほどに莫大であり、国家や星を破壊することさえ可能であると言われる。

彼帷彼帷(存在しないページ)の寡占という視点からMC&Dはヴェール体制の維持に協力してきたが、1998年のヴェール破局7.12事件(存在しないページ)によってその目論みは破綻した。しかしMC&Dは翻ってこれを好機と見做し、限定された富裕層向けサービスとは別に一般社会向けの製品やサービスを提供する子会社を多数設置することで難局を凌いだ。

伝統的にマーシャル家、カーター家、ダーク家の当主が同社の代表を務め、その株式の大部分を占有しているが、その中でもダーク家は屡々MC&Dの実質的な支配者と評価されてきた。現在の当主であるアイリス・ダークもまた熟練の商人であり、錬金術師である。


Yakushi


創設:
本部:
代表: 薬師寺虺
業種:
日本最大級の企業グループの1つである

Fukumasu Group


創設:
本部:
代表: 福増仁太夫
業種:
福益グループ
日本最大級の企業グループの1つ。

Aoguang Technology


創設:
本部:
代表:
業種:
敖光科技
東アジア最大級の企業グループ。

Quwwa

創設:
本部:
代表:
業種:
クッワ
アラビアの金融・軍事企業であるクッワは

Spirytus



創設:
本部:
代表:
業種:
スピリトゥス
ポーランドのエネルギー企業
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License