test/drk
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}

ontologonew.png

Caption.


カノンハブ » 120の記録書庫より ハブ

評価: 0+x

著者: Ralliston








世界の礎

???-1939


  • They Had Names — 彼らにだって大事な人生があり、家族があり、愛する者たちがいた。だが今やすべては消え去った。マブがひとたび指を鳴らしただけで。 — by AnActualCrowAnActualCrow

3つの大戦

1939-2000


  • SCP-PL-369: I'm Sorry — 一人の男、一つの部屋、一つのテープレコーダーに、後悔して生きる一つの永遠。 — by Doktor CruzDoktor Cruz[未英訳]
  • SCP-6672: Arbitrary Apotheosis — 冷戦の混乱の最中、最初の人造神が現れた。そいつは自分が存在することを好んでいなかったとだけ言っておこう。 — by RallistonRalliston
  • SCP-6789: Return. Return. Return. — 宇宙の一巡前、眠れる神は人類に贖罪のチャンスを与えた。数千年後、神はその債を支払うことを求めている。 — by Its a Bad IdeaIts a Bad Idea, RallistonRalliston, and TrotskyeetTrotskyeet[非カノン]
  • SCP-PL-273: The Pepsi Fleet — 冷戦は終わりが近いのだろうが、マーシャル・カーター&ダークの闇取引はそうも行かない。 — by Jasiu06Jasiu06[未英訳]
  • It's Free Real Estate — かつては美しかった街の跡地で、新世界への計画が勃興する。さながらそれは灰から蘇る不死鳥の如く。 — by EvilAngel413EvilAngel413 and ZygardZygard

改善への道

2000-2021


  • SCP-643: Delicious Chocolates — 長らく動きがなかった連続殺人事件が再発したとき、二人の新人財団エージェントは何とか手がかりを組み上げ、最終的には自分たちの捜査の悍しい真実に気づく。 — by JakdragonXJakdragonX and RallistonRalliston
  • SCP-5484: Hellevator — 財団は終幕へのポータルを発見したが、後にその収容方法をちょっと再評価しないといけなくなった。 — by BlazingPieBlazingPie and RallistonRalliston
  • Ambrose Esterberg — 非道な目に遭った者たちは、自分たちを虐げていた者たちに、尚も彼らを追い続けていることを完璧な方法で示そうとする──彼らが何者であろうとも。 — by RallistonRalliston
  • SCP-PL-389: Fornax Aeterna工場The Forge進歩forgeする。 — by a ZygardZygard and KhnyberKhnyber[未英訳]
  • One Spark, Four Flames — 2008年、二人の財団魔導師が星界の彼方より来たる怪物と戦った。今は2015年、それはラウンドツーを望んでいる。 — by RallistonRalliston
  • Fresh Blood — 終わりなき支配を後押しする新たな人材を求めて、財団はこの世で最悪の人々に呼びかける──すなわち、ティーンエイジャーに。 — by RallistonRalliston
  • SCP-5659: Deus Sex Machina — 憎悪と欲望が我々を変える。一見触れてはならないような神々さえもその対象だ。良い方向に転がるとは限らないが。 — by RallistonRalliston
  • SCP-6198: Chernobog "The Black God" — 混沌は遥か昔に宇宙を生み出し、共に誕生した数多くの神々は、かの無秩序から現実へと這い出した。今、財団は仮眠を終えることにしたその内の1柱に対処しなければならない。 — by MilesaruMilesaru
  • Consequences — 我々は皆偽善に陥りがちだが、トリウムヴィレイトは特に頻繁にこの罪の犠牲になるようだ。 — by Jasiu06Jasiu06
  • The Furmen — 孤独なパラウォッチユーザーが現実を理解しようとすると、この現実は彼がうまくいかないように干渉してくる。 — by RallistonRalliston
  • Whack-a-Mole — プレースホルダー・マクドクトラートとダニエル・アシュワースは共に、ソコルスキーのイカれた財団全域に渡る計画での役割を全うする。 — by HarryBlankHarryBlank
  • Inadvertent Neolinguistics — 不死者であることには色々と問題があるが、その1つが若者言葉に疎いことだ。だが、ダニエル・アシュワースはお仲間の不死者たちの間でも特殊なケースだった。 — by HarryBlankHarryBlank, JakdragonXJakdragonX, and RallistonRalliston
  • Danimals — 大量の財団のダンたちは、とっくにおかしくなってしまった人生で平穏を求めようとするも、新たな予想外の攻撃に見舞われてしまう。 — by HarryBlankHarryBlank
  • In Life As In Language — アリステア・ヴェンホフは、その人生の中で多くのものを見てきた。彼は疲れていた。 — by toadking07toadking07
  • SCP-PL-121-J: Diego the Turtle — ダニエル・アシュワースはこれまでの職員人生で数え切れない神々に勝ってきたのかもしれないが、とある亀が彼に興味を向けたとき、彼はすぐに己の限界に気づくことになる。 — by Dr_BlackpeaceDr_Blackpeace[非カノン]
  • SCP-7292: Legacy of Love™️ — 愛は時代遅れになんかなりやしない。 — by RallistonRalliston
  • SCP-6651: My Days as No-One — 我々の魔法の世界がめぐるしく変わっていくにつれ、意図したかどうかを問わず、置き去りにされるものも出てくる。 — by TheDarkArtistTheDarkArtist

時代の終わり

2021+


  • Money Game — 力には代償が伴う。中にはそいつを喜んで払うやつもいる。 — by RallistonRalliston
  • The Edge of All Light — 時代は変わった──それと共に、我々が最も人類的だと考えるものも移り変わった。 — by RallistonRalliston
  • SCP-PL-253: WHAT IN THE KENTUCKY FRIED FUCK — 新たに生まれたヴァンガードの世界では、もはやKFCは存在しない。まあ慣れていかないとな。 — by BlazingPieBlazingPie
  • Miau Miau, Asheworth-kun — “難局”後の突然の現実の変化は、我々の世界に数多くの変化を齎した──良いこともあれば、悪いこともあるが。 — by LORDXVNVLORDXVNV
  • SCP-6747: カオス理論 — 時に、人類が見るべきでない場所を覗かないほうが良いこともある。特にその場所がこちらを覗き返して来る時は。 — by LirynLiryn, stephlynchstephlynch, Placeholder McDPlaceholder McD, and RallistonRalliston[非カノン]
  • 非現実の年代記 — 世界が一丸となって錬金術、魔法、科学を融和させようとするとき、運命はそう簡単に物事が進むわけないと判断する。そして、この混沌としつつも前進しゆく多元宇宙から飛び出る方法は他にない。 — by JakdragonXJakdragonX, LimeyyLimeyy, and RallistonRalliston
  • SCP-0110-J: 個人退職(即時有効) — マリア・ジョーンズ管理官は久しぶりの休暇から帰ってきたところ、自身の聖なるRAISAデータベースで不快なサプライズに遭遇してしまう。 — by RallistonRalliston[非カノン]
  • SCP-6072: 死の赴く所 — 誰が悲惨な者を最期の休息へ誘うのか疑問に思ったことはあるだろうか? もうその必要は無い。 — by RallistonRalliston
  • I Did Not Fade — ダニエル・アシュワースは死も衰えもしなかったが、去りゆく時を迎える前、彼は未完の仕事をついに終えようとしていた。 — by RallistonRalliston

免責事項: 「人物・団体・用語」と「完全版年表」タブはカノンの重篤なスポイラーを含んでいます。


カノン概要


F120Aが実際どんなものなのかを説明するやり方は、数多く存在する。「現代ファンタジーのカノン」「妖精と夜闇の子らに関するカノン」「体制を改善しようとしている財団に関するカノン」「サイト-120に関するカノン」ある意味、どれも正解だ。ただ一文で説明しないといけないのであれば、こうするだろう: 「財団が、流転を繰り返す魔法の世界にやり方を合わせねばならず、変革ないしは解体を迫られていると気づいた世界観で、メジャーなカノン (「メジャーカノン」標準カノンではなく、多くの要素やカノン・シリーズ・キャラクター・記事で構成される巨大カノンという意味) を構築する試みである」。

何年もの間、「道徳的灰色」が財団の支配的思考だった──だが、世界の本当の姿を見つけていくうちに、これは変革を迫られた。

エスターバーグの不慮の破壊と、その前の第三次民族大離散の件で、SCP財団はこのやり方では長くは持たないと気がついた──異常界は後戻りできない最後の一線に近づいており、そこを超えたが先、選択肢は全異常との全面戦争しか無かったのだ。そして、妖精帝国の悍しき神々がこの紛争に乗じて再び地球を支配下に収めようとしていることは間違いない。最悪の事態を避けるために、財団は異常へのアプローチを変革する必要があった。

変わり者のサイト-120、外部の要注意団体、エスターバーグ自体の人々の手を借りて、財団は体制を改善しなければならない。長い時間がかかるだろうが、時間と協力だけがこうした傷を癒やすことができるのだ。財団はもはやただの監獄ではいられない──管理外のアウトブレイクが世界を破壊してしまうかもなんて言って、何千年も前に滅んだ妖精帝国が残していった膨大な怪異を収容するなんて非現実的だ。

このカノンは──財団が自身のやり方が今や時代遅れになっていることを認める話だ。財団が協力、魔法、容認を通じて体制を改善していこうとする話だ。異常存在が現実を受け入れて、この変遷しゆく社会に何とか適応していこうとする話だ。我々の世界に対する異常の影響と、その世界が変わりゆくことの話だ。財団で働く人々が自分を押し殺す必要はないと気づいて、変わっていく話だ。こうした人々が素敵な人生を送っていることの話だ。魔法、恐ろしい神々、古代の戦争、そして三大民族大離散がまだ起きていなかった頃の話だ。そして、財団がついに長年、本当に長年に渡って間違っていたことに気づく話だ。


サイト-120


サイト-120は、財団の変革プランで最も重要な存在だ──積極的に異常の利用を奨励する数少ないサイトの1つであるとともに、エスターバーグの主な観測拠点であり、大半の出来事がここで起こっている。サイト-120は上記すべての中心にあるらしく、ほとんど息つく暇もない──常に何かの兆しが見えている──探索されるべき場所、救うべき生命、研究すべき異常はまだ沢山。

だが最も重要な点は、サイト-120が魔法の施設だということだ──比喩的な意味でも、文字通りの意味でも。職員の大多数が魔法を用いているか、異常性を有しているため、そこでの生活はおそらく正常からほど遠い。だがそれでも、職員たちは挑戦する──語られる価値ある人生を送り、定期的に顔を合わせ、この混沌とした世界を理解しようとしている。彼らは挑戦する。全面的な地獄絵図を止められるのは自分たちだけだと知って。彼らは挑戦する。そうせねばならないから。だが最も重要なのは、彼らが周りの異常存在を深く気にかけているがゆえに、挑戦するということだ。

サイト-120は他の財団サイトとは大きく異なる──冷酷じゃない。サイト-120は職員を大切にし、彼らの家として振る舞う。悪いことが起こるのを黙って見ていたりはしない。大切な人々が苦しむのを見ていられないからだ。

サイト-120に関するより詳細な情報については、施設書類を参照してくれ。


エスターバーグ


君が子供の頃に訪れた、とびきり素敵で混み合っているマーケットを想像してくれ。凄まじい人混みだったとしても、そこは魔法に満ちていた。魔法に当てられた君はどことなくワクワクするような感じがして、というかほぼワクワクしていて、そこにいたいと感じたはずだ。今のロジックを小型次元にある、何百年もの語られぬ異常史が眠る大都市に適用しよう──分かったろ、そいつがエスターバーグさ。今のロジックを小型次元にある、何百年もの語られぬ異常史が眠る大都市に適用しよう──分かったろ、そいつがエスターバーグさ。

エスターバーグは、まず第一に、都市だ。正確にはフリーポート。サイト-120と同じく、大局的な見地から見ることもできるとはいえ、その核心には人間がいる。いや、訂正しよう。人間、夜闇の子ら、妖精、そしてあらゆる小型次元に身を隠している異常種族たちが住んでいるエスターバーグは、そこの人々を中心に回っている。彼らは数多い地区のどこかしらで暮らし、仕事をしながらも、ここでなら世界に裁かれることもなく、自らの異常性をさらけ出すことができる。

エスターバーグで最も重要なことは、そこが魔法の街だということだ。いや、冗談じゃない。そこは奇妙なファンタジーめいた都市であり、僕らのワンダーを刺激し、あらゆる奇妙な存在の安全地帯として、ポーランドの灰色の現実とは対をなしている。身の回りの何もかもが暗澹としているのなら、異常を知る正常な人々であってもここに住みたがるようだ──アナーティスト、活動家、魔術師、それにこのファンタジーの一員になりたいだけのごく普通の人間も。

エスターバーグに関するより詳細な情報については、SCP-5373を参照してくれ。


外の世界とマルチバース


MetaF-map.jpg

『120の記録書庫より』 (TL-1911) と近接する並行宇宙の地図。メタファウンデーションのマルチバース。

もちろん、世界はサイト-120とエスターバーグだけを中心に回ってはいない。外のどこかでは、世界中でほとんどの人に知られることなく、恐るべき妖精帝国の崩壊した遺跡が眠っており、尚も活きて指導者が帰還する日を待ちわびている。F120Aの外の世界は主に、民族大離散に関する太古の怪異と、エスターバーグの陥落、その後の出来事、それで地獄を見た者たちが、前から知られていた場所で関わり合う様子に焦点を当てている。

だが基底現実の先に、多元宇宙羅針盤が存在する。存在する全現実の集合体であるそれは、選択が成されるたびに起こりうるあらゆる結果を物語るべく、世界を2つのタイムラインに分割する。現実がユニバースから遠ざかるほどに、そこへ辿り着くことは困難になり、その差も大きくなる。理論上は、全てが完璧に行った世界があるはずだ。だが、全てが恐ろしく間違った方向に進んだ世界もまた然り。ほぼ無限の可能性があるゆえに、枷となるのは君の技術と正気のみだ。財団はより良い未来を求めて、この混沌たるマルチバースに入っていくつもりは無かった。少なくとも、今はまだ。

多元宇宙羅針盤に関するより詳細な情報については、SCP-6172を参照してくれ。




From 120's Archives Hub
https://scp-wiki.wikidot.com/from-120-s-archives-hub
rev.431

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License