WIP: カノン-EN『オルカディアの海』 まとめページ

「オルカディアの海」カノンへようこそ

Orcadia2_Logo.png

オルカディアへようこそ。

黒き月は吠えているか?

13柱がオークニーを見ているときに限り。

それで、どういうわけか貴方は「オルカディアの海」Seas of Orcadiaなるちょっとしたものに迷い込んでしまいました。これはカノンです。比較的新しくて、上手く行けば成長していくだろう小さなカノン。

So, somehow you've managed to wander into a little thing called the Seas of Orcadia. This is a canon, a small one that is relatively new and hopefully will be growing.

結局これは何なの?

さて、これは一本の物語を主軸としている合作活動ですが、より小さな軸はそれこそ無限に存在し得ます。言い換えれば、ここには語るべき話がそれは沢山あるのです。これらの話のほとんどは、オークニー神話ないしはそれ関係に基づいています。

What Exactly Does that Mean?

Well, this is a collaborative effort focused around a centralized narrative continuity, with the potential for infinitely many smaller continuities. In other words, there are many many stories to tell here. Most of these stories are based in or around Orcadian myth.

テーマは何?

オークニー神話は、かなりの部分をケルト神話と北欧神話のミックスから持ってきています。このカノンのTale/SCPには、なにか単独の大きなテーマに従うことは期待されていません。むしろ、この特定の共有宇宙の側面に切りこもう/触れようとするべきです。このカノンを構成する様々な要素の一覧を、簡単な形ですが以下に示します。これらの一部あるいは全部に触れる/盛り込むことを強制はできませんが、このカノンのために執筆されるのであれば是非ともそうしてくださることをお願いしています。

What are the Themes?

Orcadian mythology heavily borrows from a combination of Celtic and Norse mythology. Tales/SCP's within this canon aren't expected to adhere to any single major theme, but rather should try to broach/touch on aspects of this particular shared universe. I'll give a brief list of different things that compose the canon, I can't force anyone to touch/include one or all of them, but I really would like to ask that you do if you're writing for the canon.

  • 何らかの形でちゃんとオークニー神話に関連していること1必ずしも実際の神話に基づかないといけないわけではありませんが、そこからインスピレーションを得ることを勧めています。既存の素材に沿って新たな神話や民話を作り出すことが奨励されています。枠組みにとらわれるなかれ。
  • Association with or around direct Orcadian Myths, these don't have to be based on the actual mythology, but its recommended some inspiration be taken from them. Inventing new mythology, or folklore that aligns with the existing material is encouraged. Think outside the box.
  • 財団は頂点に立つ存在です。彼らは膨大な資源、大量のアノマリー、無数の熟達した経験豊富な研究員を利用できます。これにもかかわらず、このカノンの財団は絶望的な大規模事象でも発生しないかぎりアノマリーの使用を忌避します。彼らは魔法や魔法に基づく技術の存在を把握していますが、他のGoIほどの理解には至っておらず、使用もままなりません。
  • The Foundation is the man on top, they have access to vast resources, a large number of anomalies, and a pool of highly trained and experienced research personnel. Despite this, the Foundation in this canon are hesitant to use anomalies outside of desperate, large scale events. They acknowledge and know magic and magic based technology exists, but they do not have the same level of understanding and utilization that other GoI's may have.
  • 魔法、幻想、神話はこのカノンにおいて大きなウェイトを占めています。設定は重要ですが、未だ構築の途上にあります。DrBleep2は神々を引き連れてとある見晴らしのいい場所から執筆していますが、あなたもBleepの例に従って執筆する必要はありません。しかし、サーキシズムのようにこのカノンをあるべき姿にする決め事は存在しています。他のTaleの内容に100%完全に合致しないといけないわけではありません。このカノンのTale/SCPが小難しいことを考えるに、多くの余地が存在することでしょう。他の著者の書いた内容も頭には置きつつ、あなたの解釈に創造力を働かせてください。
  • Magic, fantasy, and myth are big parts of this canon. Lore is important, and its still being built. DrBleep is writing from a specific vantage point with a set pantheon of gods. You do not have to follow her example in your writing, but like Sarkicism, there are certain things that will make this canon what it is . You don't have to be 100% in line with everything that happens in other tales, as there will be lots of wiggle room given the arcane nature of the Tales and SCPs in this canon. Get creative with your interpretation, just keep in mind what others have already written!
  • DrBleepはカノンのために13の神々を用意しています。各神はWiki/オークニーの設定内での重要性に基づいて慎重に選出されました。彼らやGoIの背景を描くTaleには、このカノンの目指すところと100%合致していないものもあるかもしれませんし、時には他の既存記事を根拠に互いに衝突することがあるかもしれません。しかしそうなっても構いません。著者のヘッドカノンには差異があることが多いですから、こうなることもわかっています。
  • DrBleep has written a pantheon of 13 deities for the Canon. Each deity was carefully chosen based on their prominence within the Wiki/Orcadian lore. Some of their background tales, and GoI's may not line up 100% with the goals of this canon, and sometimes they may conflict with each other based on other material that's written. This is OK, and somewhat expected as author's headcanons tend to differ.
  • 主にオークニーとその周辺の地域が登場します。これは言わずともわかりますね。Taleの中には各神々の影響で他の重要地域に接続するものもあることでしょうが、これもOKです。構いません。
  • Locations will be primarily focused in and around Orkney. This is pretty obvious. Some tales will connect to other prominent locations for the differing deities, this is OK and acceptable.
  • ミザーは束縛されています。彼女は抑制の鎖に縛られており、その力は他の神々と同程度にまで制限されています。想像の付くとおり、彼女はこれを快く思ってはいませんし、自らを封じ込めた者たちを追い詰める過程にあるか、あるいはありました。
  • The Mither is Chained. She has been placed in restrictive chains, limiting her powers to be equivalent to the rest. As you can imagine, she's not happy about this, and has, or was, in the process of hunting down her imprisoners.
  • 自然のサイクルは重要です。アノマリーの干満と相互関係は、カノンの記事では大きな意味を持ちます。
  • Natural Cycles are Important. Ebb and flow of anomalies, and interactions play a prominent role in the canon's articles.
  • セルキー/フィンフォークは大きく先進的な文明です。彼らは人類から隠れて生きてきました。彼らのことはご自由にお使いください!
  • The Selkies/Finnfolk are a major and advanced civilization that has hid themselves from humans. Feel free to utilize them!
  • 既存記事には小難しい神秘/神秘主義がよく見られます。読者には、今起こっていることの背後でより大きな出来事が起こっているように感じさせましょう。
  • Arcane mystery/mysticism is common among those articles already written! Give the reader a feeling that something is going on, connected to a greater sense of occurrence.

寄稿したくなりましたか?

おっと、このカノンに関心を示してくれましたね。素晴らしい! 熱意のある著者はいつだって歓迎しています。何か質問がおありでしたら、どうぞご自由にアクティブな著者まで連絡してください。

So You Want to Contribute?

Ah, so you've expressed interest in the canon, good! Enthusiastic writers are always welcome! If you have any pressing questions, feel free to contact any of the extant writers.

サンドボックスの下書きをベースにした非公式のハブです。現状このカノンについてまとめているページが存在せず、大半の記事が未翻訳であるため、JPメンバーからの参考用に作成しました。

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License