虹についての考え(過ぎ)
評価: 0+x

数十年の奉仕を経て、もはやギアーズ博士を動揺させるものなどほとんど存在しなくなっていた。彼は異様なまでに冷静になることで、財団研究員としての職務に適応してきた──同僚の多くが彼を全くの無感情か、あるいは何かのハイテク自律ロボットかもしれないと考えるレベルに至るまで。

After decades of service, there wasn’t much that could faze Dr. Gears any more. He had adapted to his career as a Foundation researcher by becoming unusually stoic, to the point that many of his colleagues thought him to be completely emotionless, and possibly even some type of advanced robotic automaton.

そして彼が面食らうことがあったとしても、傍目には分からなかった。

And if that bothered him, he gave no sign.

彼はオフィスに立ち入ってデスクに座り、コンピュータを立ち上げてスキップネットにログインした。SCP-049を大幅に改変した最近のCK現実シフトについて報告書を更新しようとしていたのだが、画面に映るあるものを見て、彼はごく僅かにであるが眉をひそめた。

He walked into his office, sat at his desk, booted up his computer and logged in to scipnet. He was about to update the report on the recent CK reality shift that had so substantially altered SCP-049, when something on the screen actually caused him to arch his eyebrow ever so slightly.

財団ロゴがレインボーフラッグで塗り潰され、茶色と黒色のストライプがその上部に付いていた。

The Foundation logo was filled in with a Rainbow Flag, along with a brown and black stripe on top of it.

若干驚き、些か困惑したギアーズは、手を伸ばしてデスクの内線ボタンを押した。

Slightly surprised and mildly concerned, Gears reached down and pressed the intercom button on his desk.

「クレフ博士、私のオフィスについて報告させてください」彼はそう言うと、仲間の上級研究員が来るまでの間スクリーンをじっと見つめていた。

“Dr. Clef, please report to my office,” he said, staring quietly at the screen until his fellow senior researcher arrived.

「どうしたよ、チャック?」クレフがどうでもよさげに尋ねる。

“What’s up, Chuck?” Clef asked nonchalantly.

「財団イントラネットがハッキングされたかもしれません」ギアーズはそう報告して、変更されたロゴを示した。「メンテナンス技師に全面診断を行わせて、被害の程度を把握しなければなりません。おそらく、加害者の目的はデータベースをダウンロードすることだけだったのでしょうが、我々を嘲るべくこれを名刺替わりに残していったのでしょう。とはいえ、マルウェアや改竄されたファイルがないか確認すべきです。あのGoIが怪しいのではないでしょうか? オンラインゲームの腕前が落ちるので、娯楽用大麻の仕様に反対している彼らです」

“I’m afraid the Foundation’s intranet may have been hacked,” Gears reported, gesturing towards the altered logo. “We’ll need to have the maintenance technicians run a full diagnostic to determine the extent of the damage. Most likely the perpetrators only wanted to download the database and left this as a calling card to mock us, but we’ll have to check for malware and edited files regardless. Do you think it might have been that GoI that’s opposed to recreational cannabis use because it impairs their ability at online gaming?”

「あー、ハッパでも吸ったか、ギアーズ?」クレフは若干の不信感とともに尋ねた。「我々はハッキングされてない。このロゴはただのプライド月間だ」

“Ahh, have you been hitting the ganja, Gears?” Clef asked in mild disbelief. “We haven’t been hacked. That logo’s just for pride month.”

「『プライド月間』?」

“ 'Pride month' ?”

「ああ、6月はLGBTQPIAプライド月間だろ」

“Yeah, June is LGBTQPIA Pride month, man.”

「LGBTQP──」

“LGBTQP-”

「ゲイプライドだよギアーズ、ゲイプライド。ロゴの虹は、我々が非異性愛者の職員をサポートしていることを表してる」

“Gay pride, Gears, gay pride. The rainbow in the logo is to show our support for our non-heteronormative employees.”

ギアーズは混乱の眼差しでスクリーンを見ると、クレフに振り返った。

Gears looked at the screen in confusion, and then turned back to Clef.

「我々は超常事物の研究と収容を中核とした、秘密の国際非政府組織です。ゲイの権利と何の関係が?」

“We’re a clandestine, international Non-Government Organization focused on the study and containment of paranormal phenomena. What does that have to do with gay rights?”

「昨今は何でもかんでも政治絡みなんだよ、ギアーズ。賛同しなけりゃ、反対してるのと同じだ。というかお前、ここ30年間どこにいたんだ?」

“Everything is political these days, Gears. If you're not for something, you're against it. Seriously, where have you been the last thirty years?”

「財団の極秘サイトで働いていたので、外の世界の関係が無い情報はほぼ一切入ってきませんでした」ギアーズは当たり前のように答えた。

“Working at Foundation black ops sites, with little to no extraneous information about the outside world,” Gears replied matter-of-factly.

「……道理で」

“… Fair enough.”

「私が現在の政治社会学的ダイナミクスにあまり触れていなさそうなことは認めますが、私達は不特定多数の文化的保守のスタッフメンバーも雇用しています。このロゴが彼らの気分を害するリスクはないのですか? 財団の運営に直接の影響はありませんし、この問題については中立を保つのがより理に適うのではないでしょうか?」

“I admit I may be somewhat out of touch with current sociopolitical dynamics, but surely we do still retain a nontrivial number of culturally conservative staff members. Doesn’t this logo risk upsetting them? Wouldn’t it make more sense to remain neutral on this issue, as it does not directly affect Foundation operations?”

「こういったことに中立はもう無いんだ」クレフは悲しげに頭を振って答えた。「我々は極めて分断された時代を生きている。6月はプライド月間であり、公然と支持しなければ、デフォルトで反対していることになる。反対するってことは、我々がオルタナ右翼の側にいるということだ。そうだとすると、我々はレアなペペどもをイントラネット全体に置くことになるんだろうな」

“There is no neutrality on stuff like this any more,” Clef replied with a sad shake of his head. “We’re living in a very polarized time. June’s pride month, and if we don't openly support it, then we're against it by default. Being against it means we’re on the alt-right's side, which means we might as well put rare Pepes all over our intranet instead."

「レアなぺぺとは──」

"What are rare Pep-"

「ナチガエルさ、ギアーズ。ナチガエル」

"Nazi Frogs, Gears. Nazi Frogs."

「ナチガエル?」

"Nazi Frogs?"

「ナチガエルだ。インターネットのミームがクソガエルをナチにしちまったんだよ!」クレフはそう言って、できる限りで最高のアレックス・ジョーンズの物真似をした。「さて、他に何も無いなら……」

"Nazi Frogs. Memetics on the internet that turns the friggin' frogs Nazi!" Clef said, doing the best Alex Jones impression he could manage. "Now, if there’s nothing further…”

「実を言うと、気になることがあります。なぜ黒色と茶色のストライプが虹の上についているのですか?」

“Actually, I am curious as to why there is a black and brown stripe at the top of the rainbow?”

「包摂のためだ。その色の人たちへのサポートを表してる。ゲイプライドだからといって、他の不平等が消えてなくなるわけじゃないからな。我々は何があろうと一緒だとか、そんな感じのヒッピーのアレだよ」

“For inclusivity. It shows our support for people of colour. Just because it’s gay pride doesn’t mean other injustices stop existing. We’re all in this together, or some hippy crap like that.”

「ですが本当の虹は──」

“But real rainbows aren’t-”

「まあ、本当の虹はもう十分な包摂とは言えないからな」クレフが割り込んだ。「本当の虹じゃ駄目なんだよ、ギアーズ。平等と包摂に向けた支持と団結のシンボルなんだ」

“Well, real rainbows aren’t inclusive enough any more,” Clef interjected. “It’s not supposed to be a real rainbow Gears. It’s a symbol of support and solidarity for equality and inclusivity.”

ギアーズはまた神妙な顔でスクリーンを見た。

Gears took another careful look at the screen.

「その場合、女性の権利のためにピンクのストライプがあるべきではありませんか? それもまた現代の大変重要な政治的ムーブメントでしょう」

“If that’s the case, shouldn’t there be a pink stripe for women’s rights? That’s also a fairly significant political movement at the moment, is it not?”

クレフは無感動に肩をすぼめた。

Clef shrugged indifferently.

「どっかに線を引かないとな。ロゴの内側は色を塗れる山程のピクセルばっかだ」

“Gotta draw the line somewhere. There's only so many pixels inside the logo we can colour.”

「なるほど」ギアーズはそう言うが、まだよくわかっていないようだった。「クレフ博士、つかぬ事をお聞きしますが、あなたがこの状況で上手くやっていけているのが少々不思議です。何だかんだ言っても、あなたは大量の火器を備蓄しており、これまで長期間接触があったほぼすべての女性を怒らせてきました。正直言って、あなたはあらゆるポリティカルコレクトネスを自身の修正第1条の権利の侵害と見なす類の人間だと思っていました」

“I see,” Gears said, still sounding uncertain. “Dr. Clef, if I may be so bold, I am somewhat perplexed by how well you're taking this. You do, after all, own a mass stockpile of firearms and have offended virtually every woman you’ve ever come into prolonged contact with. I would honestly think you were the sort to view any form of political correctness as an infringement on your First Amendment rights.”

「修正第2条の権利があるうちは、他のことを心配する必要は無いさ」クレフは返答した。「それに……ドレイヴンは私がそうしたオルタナ右翼の荒らしを金輪際辞めなければ、彼とタローランの結婚式には招かないと言ったんだ。私は式に出れないんだぞ、ギアーズ。恥ずべきことだ。名があるやつは皆式に行くというのに」

“As long as I got my Second Amendment rights, I don't need to worry about the rest,” Clef replied. “And… Draven said that if I can’t stop being such an alt-right troll all the time then I’m not going to be invited to his and Talloran’s wedding. I can’t not be at that wedding, Gears. It would be embarrassing. All the big names will be at that wedding.”

「ええ、それは私達の敵が一撃でシニアスタッフの大部分を終了するまたとない機会でしょう。きっと規定の生存者が必要なのです」ギアーズは思慮深く言った。「それで、私の把握したことをストレートに──いえ、クリアにまとめると、私達はハッキングされておらず、ゲイプライドを支持しており、ロゴは今や不正確ながら民族的包摂性のある虹になったということですか?」

“Yes, it will be an excellent opportunity for our enemies to terminate a large percentage of our senior staff in a single strike. There should probably be a designated survivor,” Gears remarked thoughtfully. “So, just to make sure I've got everything strai- or, clear rather; we haven't been hacked, we're supportive of gay pride, and our logo is now an inaccurate but ethnically inclusive rainbow? ”

「ああ、ハッピープライドマンス、チャンク」クレフは微笑んで、彼の背中を叩いてオフィスを出ていった。

“Yep, happy pride month, Chuck,” Clef smiled, slapping him on the back and taking his leave of the office.

ギアーズはコンピュータに向き直ったが、タイピングを始める前の束の間、変更されたロゴに目が行った。

Gears turned back to the computer, but his eyes lingered on the altered logo for a moment before he began typing.

「誰がカエルにぺぺと名付けたのでしょう?」彼は静かに自問した。

"Who would name a frog Pepe?" he asked himself quietly.

「ナチス!」クレフの遠い返答が廊下から飛んできた。

"Nazis!" came Clef's distant reply from the hallway.

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License