pacd-2

[[tab 多能性実体/Pluripotent Entities]]

"神" (god) という語が使われるのは、あくまで正式な文書上では各要注意団体の宗教的信仰を説明する際のみであることに注意。

Personnel are reminded that the term "god" should only be used in formal documentation to describe the religious beliefs of various Groups of Interest.


"壊れたる神" (The "Broken God"): 歯車仕掛正教や古代メカニト文明ではMEKHANEとして、夏王朝では父なる蛇"伏羲"として、マクスウェリズム教会ではWANとして知られる。こうした団体はいずれも、この神格の破片を再構成すべきだと主張してきた (マクスウェリズムの場合はデジタルデータからコンパイルするとしている) が、実際この存在が本来どのようなかたちで"壊れた"のかには議論がある。MEKHANEとして知られる存在は一貫してテクノロジーと関連し、たびたび"全能の機械"と述べられる。また頻繁に肉なるもの (FLESH) と対立しているとされるが、この語はヤルダバオートサーキック・カルトと紐つけて使われている。

The "Broken God": Known as MEKHANE by the Cogwork Orthodox Church and the ancient Mekhanite civilisation, as Father Serpent Fuxi by the Xia Dynasty, and as WAN by the Church of Maxwellianism. All of these groups have claimed to be reassembling the fragments of their deity (in the case of the Maxwellians, compiling it from digital data), although exactly how this being was originally "broken" is disputed. The entity known as MEKANE is consistently associated with technology, often described as a "universal machine", and frequently depicted as being in opposition to the FLESH, a term linked with Yaldaboath and the Sarkic Cults.

これら様々な主張は歴史というよりは明らかに神話の類であるが、複数の異常物品を揃えてこの存在を"再構成"しようとする行為は、財団からは正常性への脅威として敵視されている。

While these various claims are clearly more myth than history, any attempt to bring together multiple anomalous artefacts in order to "reassemble" this entity will be opposed by the Foundation as a threat to normalcy.


死の三兄弟 (The Brothers of Death): 死の三君主としても知られる小さき死 (Small Death) 、大き死 (Great Death) 、遍き死 (All-Death) は、それぞれ異なる規模の死を支配するとされる。SCP-1440SCP-032との関係が知られているが、もしかするとSCP-049もそうかもしれない。これらの存在と交流することは可能だとされているが、O5評議会の許可なしには固く禁じられている。

The Brothers of Death: Also known as the Lords of Death, the Small Death, the Great Death, and the All-Death are described as each ruling over death on a different scale. Known for their connection to SCP-1440 and SCP-032, and perhaps with SCP-049. Interaction with these entities is allegedly possible, but is strictly prohibited without authorisation from the O5 Council.


吊られた王 (The Hanged King): 複数の演劇作品で暗示される異常存在であり、それらの作品は一般的に全演者の死で終わっている。どうやら異次元都市アラガッダ』の支配者であるらしく、唯一生存した目撃者は"神の形をした穴"であると証言した。王の代理としてアラガッダの大使が行動する。大使は強力な"魔術師"であり、財団職員へ複数の攻撃を加えている。吊られた王の起源に関する神話上の記録は、彼が自ら首を吊ったのか、それとも領民によって吊るされたのかで記述を異にしている。

The Hanged King: Anomalous entity alluded to in multiple theatrical productions that typically end in the death of all performers. Apparently the ruler of the extradimensional city of Alagadda, and described as a "god shaped hole" by the only surviving witness. Represented by the Ambassador of Alagadda, a powerful "sorcerer" responsible for multiple attacks on Foundation personnel. Mythologised accounts of the Hanged King's origin disagree on whether he hanged himself or was hung by his own people.


パングロス (Pangloss): 創造不思議ワンダーと関連する神話上の存在。この名前はアノマリーに関連する多くの書き置きに残されているが、これらの書き置きの筆者はわかっていない

Pangloss: A mythical figure associated with Flame, Creation and Wonder. The name has been written on a number of notes associated with anomalies, but the writer of these notes remains unknown.

すまない、君たちを救うことができなくて。だが約束しよう — 君たちのことは忘れない。そして君たちも、どうか僕のことを忘れないでくれ。
- パングロス

I am sorry that I could not save you. I promise you this: You will not be forgotten. Please don't forget me either.
- Pangloss


緋色の王 (The Scarlet King): 深紅のハーン緋きシャーといった多くの名前で知られる。様々なカルトから崇拝されており、緋色の王の子ら緋色の王の教会といった事例が挙げられる。一般的にSCP-140で記述されるダエーバイト帝国関係を持つが、これは実際のダエーバイトの信仰を誤解したものであるかもしれない。一貫して、七人の花嫁を娶り、"緋色の軍勢"を率い、"ワンダーの作り手"として知られる存在敵対しているとされる。

The Scarlet King: Known by many names, including the Crimson Khan and the Red Shah. Worshipped by various cults, including the Children of the Scarlet King and the Church of the Scarlet King. Generally connected to the Daevite Empire described in SCP-140, although this may be a misinterpretation of actual Daevite beliefs. Consistently depicted as having Seven Brides, as leading a "Scarlet Horde", and as being opposed by an individual known as the "Maker of Wonders".


蛇 (The Serpent): 放浪者の図書館最も奥深い深淵に住む存在で、蛇の手のシンボルとして名高い。図書館との関連を除けばこの存在について確実な情報はないが、ただの隠喩片付けてしまうこともできない。

The Serpent: An entity said to dwell in the deepest depths of the Wanderer's Library, best known as the symbol of the Serpent's Hand. Nothing definite is known about this being beyond its association with the Library, but it cannot be conclusively dismissed as purely metaphorical.

蛇は数多くの神話的存在として同定されている。例えばサタンエデンヨルムンガンドケツァルコアトル等々伝えられるところでは"闇の弟"が存在し、両者はすべての然るべきもの (IS) と然るに非ぬもの (IS NOT) の化身であるとされる。ハイ・ブラジル破壊した異常実体であるLSA-Brasil-01もまた、蛇と関係がある可能性がある

The Serpent has been identified with numerous mythological figures, including Satan, the Serpent of the Garden of Eden, Jörmungandr, Quetzalcoatl and many more. Reportedly has a "Dark Brother", with the pair representing all that IS and all that IS NOT. LSA-Brasil-01, the anomalous entity responsible for the destruction of Hy-Brasil, may also have a connection to the Serpent.


ヤルダバオート (Yaldabaoth): サーキシズムにおける中心的な神格で、"旧き神"ヴァジュマ (Važjuma)神を喰らうもの、混沌の子宮といった多くの異称で知られる。6柱のアルコーンと関連し、たびたびMEKHANE"壊れたる神"の対立神や兄弟神として描かれる。サーキックの文献は、崇高なるカルキスト・イオンとして知られる歴史上の要注意人物が、ある試練を乗り越えた先にヤルダバオートの眷属であるアルコーンから力を与えられた、あるいはヤルダバオート自身からその力を奪い取ったとしている。宗教的主張が字義通りに解釈されるべきではないが、現代のカルキストたちの能力は解明が待たれており、その起源に関する調査が進行中である。

Yaldabaoth: The primary deity of Sarkicism, known by many epithets, including Važjuma, the God-Eater and the Womb of Chaos. Associated with Six Archons, and often depicted as a rival and sibling to MEKHANE, the "Broken God". Sarkic texts describe the historical Person of Interest known as Grand Karcist Ion as being granted power by Yaldaboath's Archons after passing certain ordeals, or as forcibly seizing power from Yaldaboath itself. While religious claims should not be interpreted literally, the abilities of modern Karcists still require explanation, and an investigation into their origins is ongoing.


[[/tab]]

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License