過去のイベント専用ナンバーのSCP記事を通常の一覧にも掲載しませんか

何をやりたいの?

過去のイベント専用ナンバーのSCP記事を、Taleあるいは正規ナンバーに変更して通常の一覧に掲載します。これにより、一覧を介する正式なかたちでページにアクセスすることができるようになります。

何故この提案を?

まず初めに、SCPwikiとは何でしょう? 多くの方が、創作・翻訳サイトであると答えられるかと思います。このサイトは、投稿された作品をユーザーが読んで評価することで成立しています。

ですので可能な限り、投稿された作品は何らかの形でユーザーがたどり着けるようにすることが望ましいと思われます。このためJPでは、SCP一覧やTale一覧といったハブに作品をまとめていますね。可能なかぎり、すべての作品は適切なページ種の分類を受け、そのハブに掲載されるべきです。

しかし、これらのハブに掲載されていない作品がいくつか存在しています。その一つが、昔のイベント用に、専用ナンバーで作成された作品群です。これらの作品は特殊なナンバーを持つため、イベントハブ・タグからのみ確認でき、通常のSCP一覧から閲覧することはできません。こうした未掲載作品はユーザーがたどり着けず、管理上の穴にもなり得ます。

ゆえに、こうした記事を可能な限り主要なハブに掲載したいと考えています。しかし、これらの作品は特殊なナンバーを持つため、既存のSCP一覧に掲載することは難しいでしょう。

そこで、これらの作品をTaleに区分できないでしょうか。幸い、最近のタグ改革にともなって、Taleタグの範囲は単なる小説のみならず、SCPやGoIFといった他分類に当てはまらないあらゆるフィクション作品を含むように拡張されました。

実際に行う対応としては、以下の流れになります。

  1. これらの記事の著者へPMで連絡を行い、以下の選択をとってもらおうと思います。
    • Tale化: 分類をTaleに変更します。scpタグ、オブジェクトクラスタグ、アトリビュートタグは除去されますが、偽装タグ構文によってリンクは残されます。この場合、記事はTale一覧に掲載されます。
    • 正規ナンバー化: 正規のSCP記事として、任意の空いている正規ナンバーへ移動します。この場合、記事はSCP一覧に掲載されます。
  2. 連絡があればその通りに対応しようと思います。2週間の期間が過ぎれば自動的にTaleへ再分類されますが、その後も著者は正規ナンバーへ移動させることが可能です。

独自のハブを作ったら?

独自の一覧を作成する案は無いわけではありません。しかしながら、今後こうしたページは作られないという方針をイベント運営委員会は出しているので1、あまり作成したくもありません。管理上の手間を削減し、またユーザーの負担を減らすためにも、なるべく既存の枠に収めるのが良い手でしょう。

ARC分類はしないのか?

ARC分類は現在古くなったガイド・エッセイ等の記録のためにあり、今回の目的で使用することはガイドルールから外れる例外運用となります。別途議論も必要ですし、例外があると今後スタッフが考慮する事項も増えてきて大変になるので、あまり選択したくはありません。

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License