rigaiken-inst-repository-internalreport-2028-03-13


rating: 0+x
blank.png

アイテム情報

タイトル(ja)
異災分霊を活用した神格存在の改霊・矯正の実証実験
アイテムタイプ
内部報告書 / Internal report
研究計画書 / Research proposal
言語
日本語
キーワード
高感応性・弱自我存在, 認知変容, 形態変容, ウォール理論, 表象サーバー
著者
横浜第六研究室(大允 文二)
妙録
本研究の目的は、認知の変容による神格の変容を実際に検証することで、その変容にどのくらいの期間を要するか、変容に方向性を持たせることが十分に可能かといった詳細を明らかにすることである。これによって、認知の変容による形態の変容の加速あるいは遅延が実際に実用レベルで可能かを検証し、諸々の社会問題解決の一助としたい。
作成年月
2028-03-13
公開年月
2028-03-13(SCL:4-EXAM)
2028-04-01(SCL:3)
2038-04-01(SCL:2)
2048-03-13(SCL:0-PASSED)
機密取扱等級
0-PASSED
C.M.I.セーフティLv.
0


rating: 0+x
blank.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License