サーキック・カルトの活動に関する第22回調査報告 (プロジェクト・シトラ=アキュラ編纂)

シトラ=アキュラ合同司令部からの通達


このファイルはセキュリティレベル3/SAに設定されています。閲覧には専門クリアランスの提示が必要です。

クリアランスを提示してください…

.

.

.

認証成功。ファイルのロックを解除します。



sarkicmap_small.png

プロジェクト・シトラ=アキュラ監督委員会からのメッセージ


当初SCP-2480の収容・無力化のために立案されたプロジェクト・シトラ=アキュラは、その後の研究を通してサーキック・カルト関連全般を取り扱う一大プロジェクトとなりました。

プロジェクトには財団ならびに世界オカルト連合が参画しており、近年では両者に協力的な外部人員の招聘も行いつつ、全面的なサーキックの研究、そして対抗計画の立案・実行を行っています。

同様に初期はSCP-2480への対策のみを記していた定例報告は、今ではサーキックに関する研究成果の集約・情報共有の場として機能しています。

本報告はその第22回、2026年の夏季定例報告として提出された記録です。

情報量こそ膨大ですが、これは我々が長年かけて積み上げてきた至高の武器です。心して読むようにしてください。

- SCP財団 科学部門 歴史課長 ジュディス・ロゥ
- 世界オカルト連合 天地部門 対抗秘術戦略課長 ベルンハルト・ファシンバウアー

In Memoria, AdytumとSCP-2217周辺カノンへの言及
結局2020年は大丈夫だった。しかし我々はこれが”後回し”になっただけにすぎないと考えています。彼らの脅威は尚も眼前にぶら下がるダモクレスの剣です。

*コメント*
元はTale用だったけど何かサーキック考察用のリソース置き場みたいになってきてる

*コメント2*
メタ的視点とSCPverse的視点が混在しているので注意

*コメント3*
デカくなりすぎなんですよこの団体/思想/神話/世界観
情報量が多すぎる 歴史の教科書か?

*コメント4*
設定面での縛りは多いように見えて案外緩やかなので、ヘッドカノンを育む受け皿が大きいのですよね。しかしそのせいで著者ごとにカノンが食い違い、中には全くもって相反するものさえ存在する。ですがここでの究極的な目的は、それらをほぼ1つの、巨大なカノンに合一させることです。
その過程において、私は”可能性”や”議論中”等の曖昧さを意図的に持ち込むことでしょう。ただ、これに頼りすぎないようにはしたいものです。見栄えも悪いですしね。

*コメント5*
何だかんだ言っていますが、結局はサーキック周りの雑多な脳内情報を置いておく外部スペースとして活用しています。

現在考えられているイオンの人物像に関する説
聖人、無慈悲な理想主義、人ならざるもの、肉塊、etc 過度に神格化/悪魔化されすぎている

参考情報
http://scpsandbox2.wikidot.com/metaphysician (書きかけのサーキック記事やハブ下書き等、ある種裏設定じみた情報の宝庫である)
http://scpsandbox2.wikidot.com/operation-falkenrath (ソーン・ロク)
http://pseudo-scp-jp.wikidot.com/sarkisim-hub-sand (砂箱時代のサーキシズム-ハブ)
http://scpsandbox2.wikidot.com/new-sarkic-hub
http://scp-foundation-origins.wikidot.com/character:dr-judith-low
Tumblr: SCP-2075の名前を調べたら名付けの法則とサーキックの分布図が解かったかもしれない話
Reddit: My Headcannon regarding Sarkicism

アディトゥム人のハプログループはN
Wikipedia: ハプログループN (Y染色体)

https://archiveofourown.org/works/22567144/chapters/53928073
https://archiveofourown.org/works/22567144/chapters/54630595

http://ja.scp-wiki.net/sarkicism-hub
http://erimamanus.wikidot.com/sarkiscism-sandselbstmord-1

破棄された論文の束: サーキック周りの話2 (Web上に残ってるのは2だけ、1は多分HDDかどっかに個人的にアーカイブしてあるはず…)

http://scp-jp.wikidot.com/task-forces-complete-list (対サーキックMTFs)
http://www.scpwiki.com/goc-supplemental-threat-entities (GOCの組織コードはMoreau、『オイディプスとスフィンクス』で知られる画家のギュスターヴ・モローからか?)
http://scp-jp.wikidot.com/the-big-goi-essay

アート系 (どこかで挟むかも?)
http://scp-jp.wikidot.com/metaphysician
http://ja.scp-wiki.net/sunny-art-cotbg-sarkicism
http://www.scpwiki.com/niram-art
http://www.scpwiki.com/the-graveyard
Reddit: Worldwide Map of the Sarkic Cult
http://pseudo-scp-jp.wikidot.com/sarkic-info
http://scp-jp.wikidot.com/goi-icon (アイコン)
http://scp-jp.wikidot.com/kurageart-1 (擬人化系だけども)
http://scp-jp.wikidot.com/kurageart
http://scp-jp.wikidot.com/n-djamena-artwork-4
Internet Archive: Perelka_L did an Art Space
http://www.scpwiki.com/zero-consistency-art
http://www.scpwiki.com/theme:calibri-logos
http://www.scpwiki.com/bangja-art (作中世界観には合いづらいけど)
http://www.scpwiki.com/daveyoufools-art (↑同)
http://www.scpwiki.com/scp-buns (かわい〜)
http://www.scpwiki.com/galerie-d-illustrations-de-seyph (なんかロヴァイオが騎乗位してるんだけど、何?)
DeviantArt: Sarkic Cults Simple Logo
http://scp-int.wikidot.com/yorick1-gallery

sigma9版もあったはずだが見当たらない 消えたか?
http://scptestwiki.wikidot.com/sigma:sarkic-theme

メカニト
http://scp-jp.wikidot.com/church-of-the-broken-god-hub
http://scp-jp.wikidot.com/hospital-hub
破棄された論文の束: ベリリウムの話
http://firedawnfolder.wikidot.com/an-anthropological-approach-to-mekhanism
Reddit: Mekhanite Empire (1200 - 1000 BCE) (メカニト帝国のマップと説明)
http://lafundacionscp.wikidot.com/scp-es-184 (オルトサンもFLESHと同一視してる)
http://www.scpwiki.com/forum/t-9485472 (Broken God history brainstorming)
Reddit: My theory about the theee sects of the CotBG

ダエーバイト
http://scp-jp.wikidot.com/scp-140
http://erimamanus.wikidot.com/daevite-chronology
http://erimamanus.wikidot.com/bc-anomlous-list
http://scp-sandbox-3.wikidot.com/oricat (ダエーバイト奴隷文化の概要)
http://scp-sandbox-3.wikidot.com/blackmagicfine (ダエーバイトまとめ)
http://scp-jp.wikidot.com/etdp-hub-page
http://scpfoundation.net/scp-1310-ru (ダエーバイトに滅ぼされた文明)
http://www.scpwiki.com/the-great-siege-of-julabin (同上)
http://pseudo-scp-jp.wikidot.com/daevite-hub
http://scp-jp.wikidot.com/forum/t-5254188#post-3720592 (思いついた自作要注意団体案を書いていくだけのスレ; 葦原考古学会; 弥生人の起源はサーキックに追われて東進したダエーバイト説)
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2515 (ダエーバイトVSメカニト; 別のタイムライン?)
http://www.scpwiki.com/forum/t-5961003 (What is canon Daevite information?; 前述した2515は”泡沫”の1つと説明される)
http://wanderers-library.wikidot.com/thearchivistslog (みしゃりーさんの話によれば異世界由来っぽいね)
http://www.scpwiki.com/the-legend-of-the-verdant-sea (タグないけどダエーバイトと緋色の王の話っぽい)
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:4234253-8-2477 (ダエーバイト、もしかして酩酊街にいるんじゃないか?というもの)
http://scp-jp.wikidot.com/old-daevite-language (サーキックも出てくるが、アディタイト語ガイドにおけるダエーバイト語と設定が食い違う)
http://scp-sandbox-3.wikidot.com/daevite-hub
http://pseudo-scp-jp.wikidot.com/daevite-hub
http://scp-sandbox-3.wikidot.com/ax-hopkins

DV-BIO概念
http://scp-jp.wikidot.com/scp-475
http://topia.wikidot.com/uraniumempire

Erikesh文明
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2317 (紀元前1894年にErikeshの秘術者たちがSCP-2317を捕らえたそう) (カッパ-エリケシュ宇宙がエリケシュの出自ってわけではなく、ただエリケシュが2317封印に使っていた空間っぽい?)
http://scp-jp.wikidot.com/scp-4290
http://www.scpwiki.com/scp-5008 (Nälkä同様、強大な神=緋色の王に立ち向かおうとした連中っぽい?)
http://pseudo-scp-jp.wikidot.com/erikesh-memo (個人的まとめ)

アラガッダ / 吊られた王
http://wanderers-library.wikidot.com/thearchivistslog (The Hanged One)
http://scp-jp.wikidot.com/only-game-in-town-hub (最上の事; Ridie/原始思念は図書館のThe Hanged Oneをベースに発展させた存在である)
http://scp-jp.wikidot.com/on-mount-golgotha-hub (ゴルゴタの丘; アラガッダが重要な場所として登場) (正体不明の存在”聖アラガッダ”への言及; おそらく吊られた王のこと)
http://scp-jp.wikidot.com/second-hytoth-hub (壊れたる創造=吊られた王、聖アラガッダ; 2417の記述はそのことを裏付け、また文面は2264の内容を想起させる)
おそらくMeta氏本人の解釈では、吊られた王は放浪者の図書館ベースの古代の恐るべき神格である。
http://scp-jp.wikidot.com/the-hanged-king-s-comedy (たしかこのシリーズにおける第五は吊られた王の手として解釈されてたと思う) (ソース遺失; ディスカッションあるいは外部サンドボックス?)

Metaは大使の姿は701-1だとするが、Sunnyは王の姿は701-1だとしているようである。カノンの差異?

緋色の王
http://topia.wikidot.com/scarlet-king-hub
http://scp-jp.wikidot.com/second-hytoth-hub (”貪るもの”はヤルダバオートや緋色の王を連想させる)
http://scp-jp.wikidot.com/forum/t-6251792/scarlet-king (Scarlet Kingの日本語表記)

財団世界の歴史
http://scp-jp.wikidot.com/joseon-hub
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2880 (サヴァキ文明)
http://scp-jp.wikidot.com/informe-sobre-el-culto-dios-verde (偉大なる緑の神ハブ)
http://scp-jp.wikidot.com/scp-1726

調査/メモ
http://ja.scp-wiki.net/scp-2292 (下書き段階ではサーキック絡みだったそう)
2610も下書き時はアヴァキアンじゃなくてサーキシアンだったらしいけど直接的ソースが見当たらないわね
現作者砂箱、昔はアフリカ系のサーキックGoI等も掲載されていた(2015/6/19あたり?)
2480初期版にはイオンがダエーバイトの反乱奴隷であること、アディトゥムがもともとダエーバイトの都市だったことをダエーワ年代記から見つけたよというテキストがある
鉄錆、もとはサーキックだったのを変えたらしいからどっかで絡められるかも 温羅の賽銭箱とかにくにくしくない?
2309はアディトゥムからの第二次侵攻というヘッカの下に書かれてる(出典不明; ディスカッションかReddit…)
↑出典: A History of Sarkicism (Reddit; SCPD)

原作者ツイート

旧2510ディスカッションに”MEKHANEはエイリアンの技術を解釈した結果であり、神ではない”とかそんな原作者コメントがあったはず…。

2480旧版の補遺

カルキストイオン関係の考察 - Privatterは個人的なアーカイブがあったけどver2は無し。

Wikipedia: 隠れキリシタン (プロトサーキックのイメージ用に)
Wikipedia: アーミッシュ (プロトの参考に; ヴァシニャ等がこんな感じだろうか)

https://scpnote.com/archives/sarkic-cults-glossary.html?amp=1 (サーキック用語集)
http://erimamanus.wikidot.com/deleted:kikou (こちらは合同誌の情報ほぼそのまま; メカニト周りも掲載されている)
グノーシズムがメハニズムに起源を持つ場合、善性の最高神の名前がアイオーン(AION)と極めてイオン(ION)に近いのは、こいつらがイオン側について異端と見られた集団を起源に持つからだったりしねえかな…

2217を起点とする肉鋼決戦カノン関連
マイカノンではこの決戦は発生していないものとするが、将来的にはより甚大な規模で発生するだろう。どちらかというとIn Memoria, Adytumよりだが、こちらと違い最終的にはイオンが再封印される形で終わると考えている。
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2217
http://scp-jp.wikidot.com/scp-3882
http://www.scpwiki.com/sfyri-kai-amoni
http://www.scpwiki.com/the-battle-of-baikal
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2273-f
http://scp-jp.wikidot.com/heroic-spirit-alexei-belitrov
http://www.scpwiki.com/aftermath
http://scp-jp.wikidot.com/scp-1961-jp
http://scp-jp.wikidot.com/koigarezaki-news-1224
http://scp-jp.wikidot.com/jagpato-anomalous028
タタールもここかな

http://scp-jp.wikidot.com/scp-2109-jp (著者ページいわくバックに関連あるっぽい)

放浪者の図書館
http://wanderers-library.wikidot.com/the-obelisk
http://wanderers-library.wikidot.com/yud-first-rotation-5099 (不死の帝国?)

確か御大の昔の砂箱の2133下書きに3人のカルキストの神話があったと思う 3賢者的なやつ
確かヴァリスとアルカと……誰だっけ……
Rev.1541。
Varis, Szivak, Alka. ヴァリスは唯一のロシア人で、アルカは天使のような顔と凶悪な精神を併せ持つっぽい。
タネ明かしに当たるインタビューログ4では、東方正教会の司祭の”生き残り”とロゥ博士の語らいで、かつて3人のカルキストが村に来てアルカが残ったこと、アルカがまだ生きていること、村は楽園の来る日まで魂を準備していることが明される。
下書き時の2133だとフェルゼンシュタイン博士、あの後取り込まれちゃって新たな村民になっちゃってる

あと昔フォーラムで上げてた名前はアディトゥムの子らだったね……
http://www.scpwiki.com/forum/t-1035828

各国支部の”サーキック”タグ

(タイ支部やチェコ支部等、支部によってはタグが整備されきっておらず、あまり参考にならない場合もあります)

要注意団体一覧に掲載されている”サーキック・カルト”の説明は古いもので、なおかつ財団が要注意だと認識している連中の話であるというヘッドカノン。

ちょっと出てきただけ?
http://scp-jp.wikidot.com/scp-475
http://scp-wiki-cn.wikidot.com/scp-cn-379
http://scp-jp.wikidot.com/scp-1352-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-4012
http://ja.scp-wiki.net/scp-882-jp
http://ja.scp-wiki.net/scp-3000-ex
http://ja.scp-wiki.net/scp-1129-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-1604-jp
http://scp-jp.wikidot.com/scp-cn-1000
http://www.scpwiki.com/scp-4800
http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:sandselbstmord-8-4a89 (↑の和訳)
http://scp-jp.wikidot.com/ykamikura-4 (納涼! 財団お化け屋敷)
http://scp-jp.wikidot.com/you-want-happy-endings
http://scp-jp.wikidot.com/author:koikoi-rainy4l (財団服飾部門依頼受諾記録 > サーキック・カルト潜入調査用の儀式装束一式)
http://scp-jp.wikidot.com/scp-4373 (やっぱサーキック周りの対処ってかなりのコストかけてるんだろうなあ)
http://scp-jp.wikidot.com/another-goddamn-magic-system
http://www.scpwiki.com/scp-4077
http://scp-jp.wikidot.com/fragment:jim-scp-001-5
http://scp-jp.wikidot.com/you-want-happy-endings
http://scp-jp.wikidot.com/broekken-gued
http://www.scpwiki.com/scp-5216 (サーキックの料理技法、気になる…)
http://www.scpwiki.com/scp-2950-j
http://www.scpwiki.com/the-undoing (煌めく境界シリーズ)

914実験ログ1220番台かどっかにちょっとだけ出てくるけど微塵も重要性はない
http://www.scpwiki.com/fragment:experiment-log-914-012

東方とのクロスだから世界観的にはズレちゃうと思うけど、一応Ghaneveille -収容幻想- にもサーキック出てくるらしいね (おそらくThaumiel側か?)

a more correct translation of Adytum would be "Ädi-um".

マジで???
http://www.scpwiki.com/forum/t-1418322

UraniumEmpire
http://kontainer.djkakt.us/sigma:uetale (The Last Days of Lovataar)
http://scp-sandbox-3.wikidot.com/collab:meta-and-ue

カルキスト(Karcist)という単語、どうやら黒魔術書の一つである「大奥義書」(Grand Grimoire)内で魔術師の意味で使われてる単語みたいですね
Ion、Adytum、初期の呪文(私はイオン…)はゾシモスのヴィジョンから
Zosimos of Panopolis
http://www.levity.com/alchemy/zosimos.html

旧サーキシズムハブ(砂箱)や2191とか見た感じ、紀元前4800年~3000年とかの遥か昔からサーキックがいた可能性みたいなのが考えられてたけど、最近の主流ではなくなった感じなのかな
その場合これはダエーバイトあたりがやったんだろうか

穢多と同様の事例
東へと旅するナドックスがある種の”救済”活動を行っていたかもしれない。
Wikipedia: 不可触民/アチュート (インド)
Wikipedia: 白丁 (李氏朝鮮; 屠殺等は新白丁であるのだが)

ヘッカとズレてるけどまあ参考にはなるかな…というやつ
SCPD: A History of Sarkicism
アニヲタwiki: サーキック・カルト (一応改訂でだいぶマシにはなった)

鍵垢で吐いてたやつ

肉崇拝や腫瘍崇拝はあとから信仰がズレていくうちに生まれたやつだよね

はむくにさんの本、読めてないやつ…
I dream / I pray for the end of world (ブマイオ現代本; 再販かDL頒布来ないかな………)
SCP財団コミックアンソロジー (2480収録)

確か御大昔砂箱かどっかでミノア文明はアルコーン召喚して滅んだとか言ってなかったっけ
Wikipedia: ミノア文明

ミノア文明は、紀元前15世紀半ばに突然崩壊した。その原因を、イギリスの考古学者アーサー・エバンスらは、サントリーニ島の巨大爆発(ミノア噴火)に巻き込まれたとする説を唱えた。しかし、アクロティリ遺跡の調査によってミノア文明が滅んだのは、ミノア噴火より50年後ほど経た後であり、サントリーニ島の噴火が直接の原因ではないことがほぼ確定している。 (Wikipedia)

Nevermeant
作者の創作ブログ。関係ないはずだけどここちょっと怪しい。
https://nevermeant.blog/2018/01/31/a-few-fleeting-glimpses/

もしかしたら関係あるやも
https://web.archive.org/web/20150111092356/http://www.scp-wiki.net/scp-2088

アラガッダってやっぱ黄衣の王とカラコサがもとなんだ
http://www.scpwiki.com/forum/t-1081766/in-the-court-of-alagadda#post-2205302
Wikipedia: ハスター
黄衣の王には「竜の路地にて」 (In the Court of the Dragon)というエピソードが収録されており、2264のメタタイトル(In the Court of Alagadda)はここに由来する可能性がある。エピソード終盤にもカラコサが登場し、その可能性を裏付ける。また、もしかしればサニクロの龍×アラガッダも基はここに行き着いたりするのかもしれない。

下書きスレ周り
835について (正確には2406と835について)
http://www.scpwiki.com/forum/t-1114277/the-colossus
サーキックあんま関係ないけど2454等に関して
http://www.scpwiki.com/forum/t-1151048/i-have-three-drafts-in-need-of-eyes

クトゥルフ神話
インスパイア元にされがち インスマス買ったけど最初しか読んでないな…
Wikipedia: クトゥルフ神話
アザトース (ヤルダバオートのモデル) (4140のアルコーンもこれがモデルっぽいね)
ナイアーラトテップ (アルコーンのモデル) (たぶん大使も)

魂が肉に従属する状態から肉が魂に従属する状態に持っていく(≒ヤルダバオートの支配を脱する)のがイオン思想の強いプロト-サーキシズムなんですが、ネオはその逆を突っ走ってるので………………唾棄すべき対象……
@Dr_Kasugai_Sub2 2020/3/24

欲望は万物の尺度である、一見これと矛盾するんだけど、もとは解放奴隷たちあての緩い言葉だったのが教義の”意思”周りと結託し、なおかつカルマクタマ後期(後継カルキスト統治時代)にプロパガンダ的利用されてたりすんじゃねえのかな
@Dr_Kasugai_Sub2 2020/8/24

疑問点

  • アディトゥムが基底現実から離脱したのはいつのことか?
  • イオンが自身を”空の次元”に封じ込めたのはいつのことか?
  • それらは同時に起きたのか?
  • SCP-3989にはオロクの精神が生きているようだが、その性格が実際のものと大きくかけ離れているように見えるのはどうしてか?
    • おそらくは単に作者のハンマーメイデン氏が神話そのままに捉えてた感じだろう
  • イオンの思想というか性格というか、具体的にはどんな感じだったんだろうね
    • ダエーバイトに対する残忍性というか冷酷性というか
  • キティラは何処にあるのか?
  • アディトゥムとアディウムの差異は?
    • 一般解釈ではアディウムは国、アディトゥムはその首都とされる
    • これは旧サーキシズム-ハブをベースにした解釈
    • ただしMeta氏はAdytumを正確に音写すればAdi-ümになると語っており、2者は本質的に同一のものである可能性がある
    • Some of which has altered over the years and depending on translation. Ion, for example, is pronounced "Yawn" - Adytum means sanctuary in Greek but that is coincidental - a more correct translation of Adytum would be "Ädi-um".(出典)
    • 事実、古代北方サーキックの文書ではアディトゥム呼称は使用されていない
    • 新版サーキシズム-ハブではアディウム帝国はカルマクタマ帝国に置換されている
    • アディウム帝国がカルマクタマの中心国家という見解もある (というより私が主にこの解釈をとる/とっていた)
    • 新版サーキシズム-ハブにもアディウムの旗の下に集まった者たちがカルマクタマとなったという旨の記述がある
    • その場合、カルマクタマのことはカルマクタマ連合として呼び分ける (個人の主義)
    • 2309ではAdí-üm=Adytum
    • 壊れた神の教会ハブではAdí-üm
    • 3391ではアディウム帝国とその首都アディトゥムとして扱われている
    • Of Lovataar and the Throneではアディウムとアディトゥムは別個; ただしアディトゥム呼びが使用されているのはソロモナリのヴァルカザロンであり、変質済の可能性は捨てきれない
    • そもそもサーキシズムハブで持ってこられてるのもネオ所有のヴァルカン写本だしな…
    • 結論としては、一般解釈に則りアディウム=国、アディトゥム=都市で行こうと思います
    • そもそもアディトゥムは都市国家なので国家と都市の境界が曖昧だったのかも…
  • ヴァリスはいつ頃生まれたのか?
    • はむくにさんカノンだとイオンが健在だった頃
    • SCP-2075では紀元1204年と主張

ヘッドカノン

  • SCP-2191でロヴァタールが身ごもっている子供はアルコーンイオンのもの

はむくにさんはロヴァタールは精神が文字通りに死んでるって言ってたよねたしか
サーカイトにとって精神、魂の死こそが”死”
2191、目的だけ保って暴走してる感じなんかな…

アディタイト語の人、過去色々面白そうなの書いてたけど評価が振るわず消しちゃってるんだよな
http://scpper.com/user/4381829

日本
古代に北方からプロト-サーキシズムが、朝廷-幕府時代に中国から夏王朝系ヤルダバオーティシズムおよび中華サーキシズムが密教形態で流入し、近年(明治以降)からはネオ-サーキシズムも入ってきている

中華サーキシズム
東進してきたプロト-サーキシズムと古代夏王朝時代の女媧崇拝(欲肉教)が合一し、中華文化を汲んだ形で発展した独自宗教。かつて医院と交戦している。
SCP-2481を起点とする夏王朝、旧SCP-1326-JP(現在削除済)における描写、SCP-1420-JPで描かれた大陸系古代サーキシズムおよびそれに関するMitan氏のヘッドカノン、CN支部の各種未翻訳記事をベースに考案。CN支部でヤルダバオーティシズムっぽいのがよく見られることにも起因する。

欲肉教
本来は女媧信仰を指す非公式な(民間での)呼名であった。異学会は女媧信仰、および外観上類似するプロト-サーキシズム、両者の混交した中華サーキシズムをまとめてこの呼称で呼んだ。そういう経緯もあり、異学会をルーツに持つ中国支部ではそのままSarkicismの訳語として採用された。しかし正確性の観点から、一部研究者は訳語の改訂を打診している。

龍母信仰
夏王朝系神話がやんわりと変形して伝わっているのみ。大半はヤルダバオーティシズムおよびサーキシズムとの関係をとうに失っている。

セレマ (”汝の意志することを行え”)

グノーシス主義関連
Wikipedia: グノーシス主義
Wikipedia: ヤルダバオート
Wikipedia: アルコーン (グノーシス主義)

中国人は、民族的アイデンティティの印として、「竜の子孫」(龍的傳人、龙的传人)という言葉を使うことがある。

あ、2481のってそういう…
Wikipedia: 中国の竜

Wikipedia: 羿
Wikipedia: 力への意志
Wikipedia: 社会進化論

In Memoria, Adytum
サーキックの設定を基盤に構築されたストーリーラインに従って、話を綴っていくカノンです。ストーリーの大流はカルマクタマ時代から始まり、帝国の滅亡、国を失い流浪する人々、イオン復活を胸に現在まで脈々と受け継がれる伝統、運命の日に向け動き出す人々、訪れる再臨と全世界での一斉蜂起、イオンの勝利とその後に待ち構える未来……と進んでゆきます。しかし現時点では序盤-中盤までしか書かれておらず、一斉蜂起以後はどうなるか不明瞭です ─ おそらく著者陣か、カノン砲手のMalyceGravesだけが知っているのでしょう。
このカノンは単一のストーリーラインに従います。そのため、サイト上の全ての”サーキック”タグ付きの記事が含まれることはありません。逆に”サーキック”タグが付いていないもののカノンに含まれる記事もあります。結局はストーリーラインに乗っているかどうかです。
特徴として、このカノンにおけるサーキック・カルトは大規模かつ強力です。メカニトも、財団ですら彼らを止めることはできませんでした。またイオンは確かに実在し、帰還を遂げます ─ Metaphysicianのヘッドカノンのように死産の神と化していたりはしないようです。ちなみに、ストーリーラインがある以上、共通する登場人物も存在しています。作中でも相互にリンクが見られる場合もあります。
おそらくこれぐらいの点がわかっていれば、In Memoria, Adytumでの執筆も可能でしょう。

In Memoria, Adytum、中盤あたりからサーキック一斉蜂起・カルマクタマ再興・イオン再臨・第2次”肉の大戦”っていうスゲー面白いフェーズに入るんですが、既存記事がほぼ全部その前座しかないんだよな
5038が戦争開始あたりなぐらい
@Dr_Kasugai_Sub2 - 2020/9/1

Wikipedia: 海の民

一般にアディウムはサーキックの国家、アディトゥムはその首都として識別されますが、原始的なサーキックコミュニティでは両者の区別は曖昧で、アディウムの呼称を用いる傾向にあります。このことから、本来の呼称はアディウムであったものの、帝国が西進し、また時を下るに連れて、アディトゥムへと徐々に音韻変化していった可能性があります。〈シトラ=アキュラ合意第3条: 用語〉に基づいて、財団およびGOCでは”アディウム”は国家、”アディトゥム”は都市の名称として扱われるものとしています。

インド神話
Wikipedia: 乳海攪拌
Wikipedia: ヴァースキ
Wikipedia: ナーガ
Wikipedia: デーヴァ

ゾロアスター神話
Wikipedia: アジ・ダハーカ
Wikipedia: アンラ・マンユ (全体的にヤルダバオートとイメージが重なる) (”この世が始まる前の戦いでアフラ・マズダに敗れ、深闇に落とされるが、徐々に勢力を盛り返し、再びアフラ・マズダと戦うとされている”)
Wikipedia: ダエーワ

1244-JPディスカッションでゾロアスターが火を崇めてるのは肉の戦争の名残り〜とか言ってたし、源流は伝搬した共闘相手のメハニズム神話から来てんじゃねえかな
インド神話のやつらが悪鬼扱いされてるのも当時インドはダエーバイト占領地だったからとかでは
ロヴァタールがそのへん出身っぽいしロヴァを何かと紐付けられないかな
2309とか見た感じ(あれは時代下ってるから微妙だけど)ダエーバイトもサーキックも似たような敵だと思ってそう

メハニズム
グノーシズムの派生元
こいつらの神話でヤルダバオートを悪としてたこともありサーキシズムと殺し合う
ヤルダバオートとかアルコーンとか名付けたのもこっち

SCPverseではヤルダバオートもMEKHANEも実在しているので各地でこいつ等の影響がでている

@Dr_Kasugai_Sub2 2020/9/1

グノーシズム
Wikipedia: グノーシス主義
ニコニコ大百科: グノーシス主義
https://note.com/leethoo/n/n077c49261ded
http://flamboyant.jp/eschatology/esc022/esc022.html
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/sophia7/term-gn.html

Wikipedia: ウロボロス

偽ナドックスの寓話の裏話
http://scpdsandbox.wikidot.com/the-leak-other

たのしみ
http://kontainer.djkakt.us/may-we-meet-again-in-adytum
http://kontainer.djkakt.us/the-demiurge (↑以前に書かれてたやつ)

The King in Yellow itself was inspired by Poe's Red Death (from The Masque of the Red Death). I also used "Red Death" to refer to a Sarkic bioweapon (which many assumed as the Flesh that Hates but was never my intention, heh).

http://scpwiki.com/forum/t-1082666#post-2673660
赤き死と610って別個だったんだ…

このページは原作者であるMetaphysician氏のヘッドカノンを基盤として私が独自に組み上げ直したものであり、一部記事は著者の意図から大きく離れた形で再解釈している箇所があることに留意してください。これはあくまでこの私Dr_Kasugaiのヘッドカノン集にすぎず、各記事の読解の補助とするには向いていないことをあらかじめお伝えさせていただきます。みたいなことをディスカッションに書いときたい

考察用文献とメモ
SCP-2309
Wikipedia: ゴグとマゴグ
ズルカルナインの物語
Wikipedia: キュロス2世

SCP-2406
Wikipedia: 円柱のイラム

[千柱の街]は永遠に失われました。常に失われていました。

単に戦乱で破壊されたならこんな言い回しはしないだろうが、これが後のアラガッダ……などということもないだろう

SCP-2510
Wikipedia: ケルゲレン海台

アルコーンの後継者は外なる暗闇に居る

うしかい座ボイド?

うみへび座・ケンタウルス座超銀河団を見たまえ ― 君たちの天文学者がグレート・アトラクターと呼ぶものだ。

局所超銀河団の銀河を引き寄せている巨大な高密度領域。巨大引力源とも呼ばれる。銀河の大集団と考えられる。

http://astro-dic.jp/great-attractor/
…ヤルダバオート?

真夜中の蠕虫は近付いている、そして今君たちがいるのは11時だ。

真夜中の蠕虫はサーキシズムにおける星座であり、CMBコールドスポットが存在する。ヤルダバオートが近づいていることの示唆?
CN-1101ではグレートボイドがまんまヤルダバオートの基底現実への投影

SCP-981-JP

981-JPで余計なことした研究員、もしかして2075の端末の1つだったりしねえかな
@Dr_Kasugai_Sub2 - 2020/9/10

SK-BIOがギリシア文字から数字に変わったの、財団の研究が進んで多様な形態が発見されたからなんだろうなあ

壊れた神の教会ハブのタイムラインは2018年にPachayachachicPachayachachicによって体系化、掲載されたものなので、共通カノンではないことに留意。特にメカニト帝国のカノンは彼(?)独自のもの。
http://www.scpwiki.com/forum/t-892175/church-of-the-broken-god-hub#post-4061535

しかしここでの体系化にはそれを踏まえる必要があるし、大きな助けにもなる。問題はメカニト帝国の概念をどうするかである ― Metaらのカノンにおいて、このような概念は出てきていない。私はかつてこのカノンへの対抗としてメカニトの自己結束性および権力が強まったことによる周辺諸国からの俗称ではないかと見ていたが、どうしたものだろうか…。

”肉の戦争”=第一次オカルト大戦説
私のヘッドカノン
http://www.scpwiki.com/forum/t-3556292 (Occult Wars - what were they?)
http://scp-jp.wikidot.com/second-hytoth-hub (夏VS商が第零次オカルト大戦説)

http://scptestwiki.wikidot.com/yurtcanon (Rounderverseでは第三次オカルト大戦がサーキックとダエーバイトの間に起こったとされているが、これは”肉の戦争”とは異なるものとも考えられる)

Meta氏は時折個別ページで作業することがあるが、記事が書き終わるとページごと消してしまうので情報が散逸してしまう。砂箱時代に共有リソースとして使用されていたサーキシズム-ハブ(sarkic-hub)は既に現存しておらず、Internet Archiveにも残っていない。その存在証明は当時のフォーラムでの言及からしか垣間見ることはできない。

アディトゥム/アディウムは
1. 反乱勢力
2. イオンの生まれ故郷にしてサーキシズム勢力の首都
3. サーキシズム勢力の国家
であり、それらが混じった曖昧な単語として使われているので、財団では区別のために1をアディトゥム勢力、2をアディトゥム、3をアディウム帝国と呼んでいる説を提唱

@Dr_Kasugai_Sub2 2020/9/19

Why are plants not cosiderd "Flesh"?
http://www.scpwiki.com/forum/t-11952037

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License