SCP-4008

Wormwood

評価: 0+x

注意: 調査続行中


以下のファイルは現在調査中のアノマリーを扱っています。ここに書かれた情報には、誤り、不正確なあるいは推測によるものが含まれる可能性があります。

アイテム番号: SCP-4008 レベル2/4008
オブジェクトクラス: Pending 指定
header_s.jpg

サイト-183と推測される地点

特別収容プロトコル: SCP-4008の特性についての調査は続行中です。そのため、潜在的ミーム災害、情報災害、時間改変および空間跳躍に対応する標準プロトコルを遵守しなくてはなりません。加えて、SCP-4008の性質が判明するまで、財団の各サイトに関する情報に、毎時クラス-3データ完全性チェックが行われなくてはなりません。

サイト-183、その配属職員、および収容されたアノマリーに関する全ての保存済みの情報は、MERKATOR級データセキュリティプロトコルにより検査中です。

説明: SCP-4008はサイト-183所在地、または非所在地周辺の異常を指します。サイト-183、その配属職員、収容されていたアノマリーについての完全な文書が財団の記録に存在するにも関わらず、当該サイトの存在はその推定位置に見出されず、 インタビューされた財団職員には、いずれも当該サイトおよびその職員についての記憶がありませんでした。

文書に含まれている写真には、敷地内の地表に数棟の建造物が建っているのが見えますが、そのいずれも現在は存在しません。当該地点の唯一の特徴は、現存する生命の徴候が全く見られないことです。当該地点には動物は見られず、植物も枯れた木々が存在するのみです。衛星画像では通常対監視法のため結論を得られませんでした。砂漠化が速やかに進行している可能性があることのみが示されましたが、当該地点の周辺は歴史的に荒れ地であったことに留意すべきです。

文書によると、サイト-183の主要な役割は、異常な歴史的アーティファクトや文書の収容と研究でした。サイト内には64点の異常なオブジェクトが収容されていたと思われ、そのうち4点がSCPに指定されています(全て財団のデータベースに完全に文書化されています)が、その全てが行方不明のままです。
調査は主に以下の想定に従い行われています:

  • 現在は文書化されていないアノマリーおよび/または財団の関心に対して敵対的な団体による、財団の記録の改変。
  • サイト-183及びそれに関連する全てに関する記憶を排除または抑制する、ミームまたは反ミーム的アノマリー。
  • サイト-183の存在を部分的に消去した、空間移転もしくは何らかの現実改変。

その存在の根拠が残っているため、時間的アノマリーも低い可能性ながら考えられます。不完全な関連性のある改定版が過去に記録されており、この可能性は完全には排除できません。

研究が続行中です。

アップデート4008.01
改造された地震サーベイアレイにより、多数の固形質量がサイト-183推定位置の下300mから700mの深さに検知されました1。発掘作業が現在行われています。

アップデート4008.02
サイト-183推定位置の発掘チームが最初の大規模な質量に到達しました。それは通常型のサイト居住区の一部の裂けて崩壊した残骸であることが判明しました。加えて、財団サイトのものと思われる瓦礫その他の破片が周辺の地層に散在していることが発見されました。瓦礫の内部で、個人日誌の残骸が発見されました。破壊されずに残った一部が以下に転写されています。

日誌の他の部分は火災と瓦礫の衝突によるダメージのため判読不可能です。

これらの発見のため、サイト-183の存在は確かなものとなりました。調査の主眼は、そこで何が行われていたのかに移りました。当該地点の発掘が続行中です。

アップデート4008.03
通常型収容セルの残骸に相当するサイトの一部が、起爆されていないサイトのフェイルセーフ機構とともに地下約500mで発見されました。文書上ではサイト-183にあるとされる異常なオブジェクトの痕跡は発見されなかったため、MTFファイ-7("追跡集金人")およびゼータ-5("御用聞き")がそれぞれ独立してその回収に任命されました。

アップデート4008.04
部分的に破壊を免れたサイトの中央サーバーユニットが地下約550mで発見されました。ユニットには多大な衝突ダメージがあり、作動不可能でしたが、データ回収技術者によると一部のデータは回収可能と考えられました。作業が続行中です。

アップデート4008.05
サイト-183のサーバーコアのデータ回収作業により、サイト-183に配属された歴史学者兼考古学者のダニエル・ロバート博士により投稿された一連の音声ログ(サーバーユニットへのダメージのため大きく損傷している)が得られました。判読できた一部が以下に記載されていますが、いくつかのログは完全に回収不可能でした。

digsite_ss.jpg

回収されたサイト-183職員が従事していた発掘サイトの写真。ロバート博士の音声ログでサイトガンマとして言及されているものと思われる。

アップデート4008.06
多数のサイト-183のスタッフの身分証明と一致する財団職員の集団が、今朝10:00+07:00ごろにサイト-147に接触しました。彼らの証言によると、彼らは考古学的発掘サイトで働いていましたが、およそ8日前4、なぜそこで働いているのか、誰がそのように割り当てたのかについての記憶がないことに気づいたということです。

彼らが唯一使用できた車両の故障のため、彼らは最も近いサイトであるサイト-147への移動の相当部分を徒歩で移動することを強いられました。全ての利用できた通信機器は作動しませんでした。分析により、通常保安プロトコルが、所属サイトであるサイト-183が応答しなかったため、認証チェックに失敗していたことが判明しました。

チームのメンバーはサイト-183、そこで彼らが行っていた仕事、あるいはそこで過ごす間に彼らが出会った職員の記憶を持っていないことが判明しました。

彼らの主張を確認するため、発掘サイトにチームが派遣されました。遺跡は大きく、部分的に掘り出された、ほぼ完全に破壊された都市のものであり、最近の発掘調査の痕跡が残されていました。

アップデート4008.07
ダニエル・ロバート博士により書かれた以下の文書が、サイト-183サーバーユニットから回収されました。部分的なデータの破損があります。

Update 4008.08
ロバート博士の音声ログの回収されたアーティファクトと一致するオブジェクトを描写した以下の文書が、サイト-183のサーバーユニットから無傷で発見されました。

この文書で言及されている種状のオブジェクトの実例は回収されていません。新たな情報を考慮に入れてSCP-4008文書を改定することは延期されています。

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License