SCP-5349 - グーテンベルクの聖典
rating: 0+x

by Elunerazim


アイテム番号: 5349

オブジェクトクラス: Safe-Eparch

特別収容プロトコル: SCP-5349 is to be kept in the non-hazardous section of the Site 96 Anomalous Literature Wing. Researchers seeking copies of the document should contact STF μ-12 “Book Club with the Gals” for approval.

Three members of the Tactical Theology Department stationed as members of the Northern Ireland Environmental Agency have remained on-site at Grey Abbey, the discovery site of SCP-5349, to apprehend any future anomalous activity.

説明: SCP-5349はラテン語のヴルガータ聖書のコピーであり、ヨハネス・グーテンベルクが印刷した1454年のマザラン聖書と外見的にも書式的にも類似しています。ページは外見上ベラムや紙に見えますが、遺伝学的および質感的には昆虫の羽根や翅膜と同一です。DNA解析の結果、絶滅したCicadetta luculentaと遺伝的に一致することが示唆されています。SCP-5349の外観、印刷方法、推定年代、文字のレイアウトは、他のグーテンベルク製の聖書のコピーと同一と思われます。

SCP-5349の外観と書式は、グーテンベルク製聖書の非異常のコピーとほぼ同一に見えますが、実際には2つの相違点が存在します。

  • SCP-5349は全ページ42行で構成されているが、原本は40行の書体の大きなページから始まり、途中から42行のページへとに切り替わる。
  • SCP-5349の装飾と視覚的なキリスト教の図像は、特にイエス・キリストの描写に蝉が含まれるように修正されている。

さらに、SCP-5349の文章の内容は伝統的なグーテンベルク製聖書の原文から強く逸脱しています。象徴や箴言が完全に字義通りに受け取られているように見え、慈悲深い行為や免罪に関する多くの事例が変更及び削除されています。

また、特筆すべき事項としてSCP-5349には"ルクルトゥスの書"と"ジョニーの福音"というタイトルの2章の聖典が追加されています。

SCP-5349からの抜粋:

1

神が行くようにと言われた場所に来た後、アブラハムはそこに祭壇を築き、祭壇の上に薪を注意深く並べた。そして、息子のイサクを縛り上げ、祭壇の薪の上に寝かせた。アブラハムは息子を殺そうとナイフに手を伸ばしたが、しかし、主の天使が彼を止めた。天使は聖なるざわめきを放ち、アブラハムは神への献身によって痙攣し始めた。彼は天使が降りてくるのを脇で見守り、神の警戒がイサクを骨にし、肉を裂き、その魂を天に運ぶのを見た。

エルサレムに向かう途中、イエスはサマリアとガリラヤの境を旅された。ある村に入ろうとしたとき、らい病を患っている十人の男がイエスに出会った。彼らは遠く離れて立って、大声で叫んだ。"イエス様、先生、私たちを憐れんでください"。イエスは彼らを見ると、手を差し伸べて、その苦しみを癒された。男たちは苦い殻を脱ぎ捨て、幼虫の殻から天使となって現れた。メシアは彼らの騒ぎを聞き、親切にも彼の聖餐を彼らに遺した。

研究者による陳述:

Bannock,
For a long time we thought 3004, Cousin Johnny, it was some fluke, some bastardization by a confused bug diety. Some bug-eyed minor god got it in its head that it was God, capital-G God, and started doing some weird Jesus stuff. After finding this… I'm not so sure.
See, I don't think 3004 is confused. I think it's… it's coming from somewhere else. Looking at the Akiva around where we found 5349, it's not a normal distribution like you'd expect. It's more like a puncture wound. Immense force with a sharp point just punching a hole in our world. And if that hole is big enough to fit a bible, a messiah, a god- we need to plug it up fast.
I’m officially requesting assistance from the MDV-HIVE initiative. I know when we’re in over our head, and us analysts at 96 don’t have the skills (or funding!) of your Tact-Theo boys down at 27. Look, Bannock… I don’t know if I can help all that much, but I have a grudge with these cicada fucks. They got Ozid a couple years ago, and he’s not in a good way. If there’s anything I can do to help, give the word- nothing squashes bugs like a rolled up magazine.
Incidentally, 3004-2 sightings have been popping up more and more recently. They’re technically made of wood, I guess, so the pesticides have been proven ineffective. Maybe something that can eat em up? You’re the expert, but just thinking out loud.
- Elijah Razim



Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License