SCP-6500
SS.png

.

評価: 0+x
The ListPages module does not work recursively.
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}

岐路

広い、円筒形の部屋は暗闇に包まれ、高く積まれたサーバーの小さなインジケーターたちだけが瞬いている。天井には巨大な黒い球体が埋め込まれている。それは時間異常部門がこれまでに作り上げた中で最も強い時間シンクであり、帯電してハム音を立て、時間サイト-01とその時間外保安データベースを維持している。部屋の中央には上方の球体へと伸びる円筒があり、手前側には両開きの扉がある。その扉の片方は僅かに開かれ、サーバー室に明るい光を一筋投げかけている。

内部のオフィスには広い、古風な黒板が備え付けられ、サイドウォーク・キット1から集めてきたと思わしき無数の様々な色のチョークが用意されている。黒板は計算、観察結果、タイムラインの図表、記号だらけの計算式で覆われている。中央には、時間エージェントであり、(最も)上席の研究員であるイルゼ・レインデルス管理官が立ち、軽い頭痛を抑えようとしている。彼女は苛立ってため息をつき、チョークを黒板の粉受けに置き、デスクの椅子に座る。彼女は財団で何世紀も過ごし、背後に存在する時間力学の激しい相互作用と、それらの従う幾つかの法則を学んで──否、発見してきた。それらによると、常に適用される法則として、常に正確にひとつの主要タイムラインが存在することがあった。それはあらゆるタイムラインの中で最も安定しており、全ての滅亡するタイムラインが分岐する幹であり、財団がこれまで発見した全ての時間旅行技術の鍵であった。

しかしながら、これらの新しいタイムラインは、彼女の確信が根拠の無いものだったことを明らかにしている。どちらかがオントキネティック健全性や安定性が低下している兆候はなく、タイムストリームはどちらの状態にも崩壊しそうにない。この謎のために、彼女はオフィスに座り、血走った目をした頭部から伸びた乱れた髪を押さえつけ、その目で机上のターミナルを見つめているのだ。彼女はこれまでに書いた文章をスクロールし、選択して鼻息を吐きながらバックスペースを押す。黒板に戻り、彼女は回収されたファイルの最初のものを注意深く読み返す。その見慣れないフォーマットと、その奥にある、更に見慣れない詩情はまだ驚きを与える。

vanguard%20transparent.png
OnePortland.jpg

VNP-6500の影響を受けているFP-01、「スリーポートランド」

アイテム番号: VNP-6500 – 以前はSCP-6500に指定

特徴: SCP財団の収容の努力による魔法と異常な現象の死。

通常化プロトコル: SCP財団は解体され、その役割はヴァンガードに引き継がれます。地球の住民は次第に財団の考える正常性から開放され、概念的および率直に(可能な場合には)周囲の秘密とされていた現実を知らされます。SCPデータベースの全体的な再評価により、どのアノマリーが安全に収容から開放できるか、破壊できるか、更に繊細に扱われなくてはならないかが決定されます。ヴァンガードは、必要な場合は秘密を保ちつつ、一般的に財団の不透明なポリシーを撤回し、全ての既知のオブジェクトについてのわかりやすい文書を作成し、頒布します。

既知のアノマリーの大部分は収容されてはなりません。『収容』という概念の意味論的限界は現在は理解されていません。確保の代わりに、我々は沈静化します。しかしながら、保護は継続します。この任務は元財団のスタッフのみならず、かつて要注意団体と我々が呼んだ、ベールの維持にとっての対抗勢力であったもののメンバーが負います。今ではベールはなく、要注意団体ももはやありません。仲間がおり、そして残念なことに、未だに敵もいます。したがって、これは我々の仕事の終わりではなく、新しいフェーズの始まりです。

どれほど行動しても、何十年もの間、常に警告のサインが示されていたにも関わらず悪化してきたSCP-6500効果を永久に留めることはできないと考えられます。我々が自らに課す任務は不可能である可能性があります。

そでもなお、それはヴァンガードの責任であり、挑戦すべきもっとも重要な目的です。

彼女は微笑む。彼女はこれまでの経験と置かれた状況の割には楽観的な人物であるが、その彼女にとってもそれは不可能に思える。彼女は少し考え、そして書き始める。

それは悪いもののように読める、それは悪い、しかし、書き終えた時まだ彼女は微笑んでいる。「変化、」彼女は口に出して言う。ヴァンガードのタイムラインはひとつのシンプルな、力強い言葉で要約される。彼女は次のファイルを開き、微笑みが消えた。

アイテム番号: SCP-6500

レベル-

収容クラス: PAUSA

撹乱クラス: N/A

アイテム番号: SCP-6500

レベル-

収容クラス: PAUSA

撹乱クラス: N/A

087.jpg

SCP-087の残存物。

特別収容プロトコル: SCP-6500は終わりました。この問題に関して、これ以上の財団の行動は必要ありません。SCP-6500の再発の可能性がある場合、再度それを改善するため、O5評議会は適切な密儀的アーティファクトの使用についての情報を公開します。

説明: SCP-6500は地球上の異常な生命や現象の安定性の劇的な短期間での変化であり、多元プレーンにリンクしていました。奇跡論的な影響の減衰と秘術物理の破綻はSCPデータベースの相当部分の無力化や、多数の異常な種や属の絶滅を招きました。記録情報セキュリティ管理部門はこれらの喪失の完全な目録を準備しており、データベースはそれに従い修正される予定です。

SCP-6500の原因は不明です。財団に敵対する要注意団体は我々の行動がイベントの引き金となったという欺瞞情報キャンペーンを続けてきています。これらの主張を裏付ける証拠はありません。

彼女は顔をしかめる。ひとつのタイムラインは都合のいい夢想家で、否認に満ちている。最後のパラグラフの醸し出す傲慢さは、彼女の頭をクラクラさせる。彼女には、財団の俸給表に載っていながら、彼らと難局に何の関係もないと信じるほど愚かな者がいるなどとは想像できなかった。彼女は、最初に収容が問題を引き起こしているという噂を聞いた時から、きっとそれが真実なのだろうと思っていた。この時点でもそう思わない者がいたとしたら、極めて強く洗脳されているか、治療を受けていないかのどちらかだろう。

Still…

「万能薬」
彼女は呟く。それを言い表す、もっとシンプルな言葉がある。奇跡の治療法。

彼女はスクリーンから目をそらし、頭を振る。なぜこのタイムラインが存続しているのか、なぜ再びベースラインへと崩壊しないのかは明らかである。もはや、ベースラインなど無いからである。

彼女は側頭部を揉み、ため息をつく。
『これについて考えすぎているわ。』
彼らがなぜ、何をしたのかは問題ではなく、結果が問題なのだ……

「違う。」
それは全く問題ではない。彼らが何かをした、ということが重要なのだ。

彼女の散文は華美になっており、彼女は、自身の顔も紅潮していると感じる。もうひとつ、目を通さないといけないファイルがある。まだ見る勇気が持てなかったものだ。それは長いものではなく、今のような機会ももう無いだろう……・

彼女はなんとか読む気が湧き上がったタイミングで目をやり、それを読んだ。

説明: SCP-3500の定義として、O5評議会に受け入れられているものは未だにありません。イベントの性質の明確な理解なしにそれに働きかけることは不可能なため、特別収容プロトコルは発効していません。更なる研究の推奨が評議会に提起されましたが、審議の結果膠着状態となっています。このファイルは評決に達したときに更新されます。

それは今までに更新されていない。そのファイルはTL-001-O5からのものだ。彼らはチャンスを掴めなかった。彼女はこれが新しいベースラインになると予想していた。中庸の道、保持可能な中心になると予想していた。彼女は間違っていた。O5-13が、魔法の杖を振るう間に合せの手段も、部外者の親切と何十年も見下してきたものの回復力に基づいたチャンスを掴むことも選択しなかった世界……そう、その世界はただ、それ以上存在しなかった。タイムラインは途切れた。何故か?

「なぜ?」

そして突然に、彼女は気づいた。

彼女は最後の数単語を打ち出し、奇跡術対抗措置を立ち上げる。それは魂魄浸漬のシャットダウンカウントの開始と連動している。それは一日に一度行われる。

明日はもっとやることがあるだろう。頭の中で、あらゆる単語が回転していた。




特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License