SCP-6789
rating: 0+x

> WELCOME, O5-9.

> ようこそ、O5-9。

> O5-1 HAS SENT YOU A PRIVATE MESSAGE. ACCESS MESSAGE?

> O5-1からプライベートメッセージが届いています。アクセスしますか?

yes

yes

> "Nine, attached are files we found last week within Site-01's Deepwell. I wouldn't trouble you with this if not for the fact that the events described herein have never occurred. Their initial creation date is approximately 50,000 years back. Please familiarize yourself with them as quickly as possible."

> "ナインよ、添付したファイルはサイト-01のDeepwellで先週見つかったものだ。ここに書かれた出来事は起こっていないという事実がなければ、君に迷惑をかけることなぞなかったろう。最初の誕生は凡そ5万年前。なるべく早く慣れてくれ。"

> O5-1 HAS SENT YOU A FILE TO REVIEW. ACCESS FILES?

> O5-1が再検討用ファイルを送信しました。アクセスしますか?

yes

yes

> ACCESSING FILE: SCP-6789, ITERATION ONE, 30/08/1825.

> ファイルアクセス中: SCP-6789、第一反復、1825/08/30。


Anomaly №: SCP-6789

異常個体識別番号: SCP-6789

Object Class: Safe

オブジェクトクラス: Safe

Special Containment Procedures: The room hosting SCP-6789 and its adjacent chambers are to be cut off from employees of Rollander Steel and the public at large. The sub-basement level of the factory is to be sealed and expunged from the building's blueprints. The sole access to SCP-6789 is to be placed under constant surveillance and armed guard. Due to scientific knowledge that could be gleaned from SCP-6789, a permanent research team is to be stationed and supplied on-site. Notable research developments are to be forwarded to High Command.

特別収容プロトコル: SCP-6789の収容室と隣接している部屋は、ローランダー・スチール社従業員や一般人から隔離されます。工場地下1階は封鎖し、建造物の設計図から消去されます。SCP-6789へのアクセスは常に武装した職員により監視されます。SCP-6789により得られる科学的知見のため、常設研究チームを現地に配置し、配給する予定です。特筆すべき研究成果は最高司令部へ報告されます。

Description: SCP-6789 is a roughly 20 m x 20 m area of space located within the sub-basement boiler room of the Rollander General Steel factory in Częstochowa, Poland, within which the growth speed of organic material is greatly increased.

説明: SCP-6789はポーランド、チェンストホバに存在するローランダー総合製鉄所ボイラー室内のおよそ20 m x 20 mの空間で、内部では有機物の成長の速度が大幅に上昇します。

Despite being shielded from sunlight and isolated to sufficient sources of water, SCP-6789 is capable of hosting a microcosm of floral and faunal life. Organisms present within the anomaly have been observed to be sustained indefinitely through unknown means, barring interference from outside phenomena. Prior to the manifestation of the anomaly, the room hosting SCP-6789 was the main power source for the Rollander General Steel factory. This room has since been rendered nonfunctional due to plant growth.

SCP-6789内部に存在する動植物は、太陽光が遮断され、十分な水源から隔離されているにも関わらず、生命が保持されます。当該アノマリー内部の生物は、外部からの干渉を受けぬ限りは生命を永久に維持することが確認されています。SCP-6789収容室は、異常性が発現するまではローランダー総合製鉄所の主電源として使用されていました。その後の植物の繁殖により、主電源は動作を停止しました。

Several eyewitnesses claim to have felt a rhythmic pulsing originating from within SCP-6789 while in its vicinity; these claims are unverified and are being investigated.

SCP-6789付近で、内部からの律動する脈動を感じたという報告が数件寄せられています。

Addendum 6789-1: The following is an interview with Thomas Williams, the current head of Rollander General Steels' technical repair system, conducted on 30/08/1890 by Magister Hashe.

補遺 6789-1: 以下は1890年8月30日、ローランダー総合製鉄所技術修復システム現責任者であるトーマス・ウィリアムズに対してマジスター・ハッシェが行ったインタビューです。

<Begin log>

<Begin log>

Mgr. Hashe: There we go. Recording's on now. Thank you for your cooperation with my team thus far. I trust you've been briefed on the nature of our organization?

Mgr. Hashe: 始めようか。録音してるからね。私らのチームにご協力ありがとう。我々の説明は受けたかい?

Williams: I have.

Williams: ああ、聞いた。

Mgr. Hashe: And of the… object of interest?

Mgr. Hashe: そして……興味はあるかな?

Williams nods.

ウィリアムズが頷く。

Mgr. Hashe: Excellent. Please, tell me about the basement.

Mgr. Hashe: 素晴らしい。あの地下室について教えてくれるかい?

Williams: <Pause> I've managed steel production in this factory for twenty years. Worked here for twenty before that. I lost my left hand to the steel mill — seen others fare far worse. When I heard there was something wrong with our boiler, I figured it must've been the new hours management's been pushing on us. Ever since the war we've been producing at twice the speed with half the infrastructure. The mechanics told me we had an infestation of some kind. I mean, the conditions were always bad, but this was something different. What I saw in the basement…

Williams: <間> 俺は工場で20年の間、鉄鋼の生産管理をしてた。それまでの20年はここで働いた。俺は製鉄所で左手を落としたが — もっと酷いヤツもいる。ボイラーの調子が悪いと聞いたときは、経営陣が新たな仕事を押し付けてきやがったせいだと思った。戦争以来、工場では半分のインフラ、2倍のスピードで生産していた。整備士曰く、ある病がはやっているらしい。今までずっと環境は良くなかったが今回は特にだ。地下室には……

Pause.

間。

Mgr. Hahse: Well, what did you see?

Mgr. Hahse: あー、何だ?

Williams: I saw roots sprouting from the ground before my eyes, hares springing from thin air. Sometimes we would leave the windows open for the animals. For the first time in years I saw birds flock to these vacant trees.

Williams: 地面から根が生えて、虚空からウサギが飛び出すのを目の前で見たんだ。動物のために窓を開け放すこともあった。数年ぶりにあの木に鳥がとまるのを見た。

There was a calmness to it. We all felt it. We used to go down there during our breaks and just… stand amongst the flowers and the rabbits. Sometimes we'd sleep there and have the most vivid of dreams. It was like we were standing on a conduit for nature itself. Sometimes, if you were quiet and alone, you could feel a great heart pounding underground. Reverberating in the air around you. I felt not fear but… peace. It-it was a sight to behold.

あそこは落ち着くんだ。皆同じことを感じていた。俺たちはよく休憩時間を使ってあそこに行き、花々やウサギの中にいた。時にはうたた寝をし、とても鮮明な夢を見たものだ。まるで、自然の導管に立っているような気分の夢だった。ひとりで静かにしていると、地下から巨大な心臓が鼓動する音を感じることがある。周りの空気に響いている。恐怖心はなかったが……安らぎを感じた。それ — それは、目を見張るものだった。

Eventually I brought it to the bosses. I didn't say too much, naturally. Never did trust them more than I had to. I asked if we might slow production for a short time. Long enough to figure out what we had down there. They… they didn't seem to understand. Refused to see it for themselves. They gave me a shiny new machine and told me to fix the problem.

結局、ボスに訊ねることにした。当然のように、多くは語らなかった。そう深くはボス達を信用していなかった。俺は少しの期間、生産を遅らせられるかと尋ねた。何があるか知るには十分な時間が過ぎた。ボス達は……あいつらは何も理解してやいなかった。自分の目で見ることを拒んだ。あいつらはピカピカの新しい機械を俺に与え、問題解決に励むようにと告げた。

Mgr. Hashe: And did you?

Mgr. Hashe: そして、君は?

Silence.

沈黙

Mgr. Hashe: Mister Williams?

Mgr. Hashe: ウィリアムズさん?

Williams: <weakly> I— I didn't want to. They said they'd come after my staff, my family. Cut our wages, I… I torched the room. Tore out the old machine and put the new one in. My men hated me for it. Called me a monster for what I made them do. The sounds that place made whilst it burned… I don't know what drove me to defile such a gift of nature. Greed, or fear. Or both.

Williams: <ぼんやりと> 俺は — そんなことしたくもない。あいつらは俺んとこのスタッフや、俺の家族まで狙うと口にした。給料は減り、俺は……俺はあの部屋に火を放った。古い機械は壊し、新しい機械を配備した。部下たちは俺を憎んだ。部下たちにさせたことのおかげで、俺は怪物と呼ばれた。燃え上がるあの音……何が、自然からの贈り物を汚すように思わせたのか見当もつかない。欲か、恐怖か、あるいは両方だ。

Silence for several seconds.

数秒間の沈黙

Williams: You will let me know if anything happens down there, won't you? I need to know if it can regrow. It must be able to, right?

Williams: 下で何かあったら知らせるって約束してくれるか?あの部屋を取り戻せるか知りたいんだ。できるんだろう?

Mgr. Hashe: As of now, we have found no activity. You will be kept in the loop as long as you adhere to our prior agreement of confidentiality.

Mgr. Hashe: 今のところは特に動きはないね。事前に約束した守秘義務にさえ従ってくれたら、情報は知らせるよ。

Williams: I— I understand.

Williams: あ、ああ。わかった。

Mgr. Hashe: Thank you for your time, mister Williams. That will be all for now.

Mgr. Hashe: ご協力ありがとう、ウィリアムズさん。これで終わりにしようか。

<End log>

<End log>


Closing Statement: Two days after the conclusion of this interview, James Williams disappeared from his house during the night of 01/09/1890. Efforts to determine his whereabouts have been inconclusive.

終了報告書: 当インタビュー終了の二日後、トーマス・ウィリアムズ1が自宅で行方不明になりました。捜索を行いましたが、現在地は不明です。

Addendum 6789-2: On 02/09/1890, on-site research teams reported the rooms adjacent to SCP-6789 began exhibiting anomalous properties identical to that of SCP-6789. Upon closer examination, it was found that the area of SCP-6789's influence has begun to increase at a steady pace of 0.6 m every 24 hours. Initial efforts to halt the spread of SCP-6789 have failed. Further study is ongoing.

補遺 6789-2: 1890/09/02、SCP-6789に隣り合う部屋にてSCP-6789と同一の異常性が発生したと現地調査隊から報告されました。詳しい調査により、SCP-6789影響範囲は24時間に0.6 mずつ拡大していることが判明しました。SCP-6789範囲拡大を止める初の試みは失敗に終わりました。さらなる研究を進めています。



en 6000 音波 動物 樹木 生物災害 夜闇の子ら 共著 外部エントロピー 120の史料館より 敵対的 k-クラスシナリオ 精神影響 惑星 植物 safe scp 自我 球体 地下 未収容

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License