SCP-7076

評価: 0+x







It's quiet.
静かだ。

Nobody speaks.
喋り声は聞こえない。

Not a single person dares to break the silence.
誰一人静寂を破ろうとする者はいない。

Any second now.
すぐにでも。

Any second.
すぐにでも。







warning.png
アイテム番号: 7076
レベル2
収容クラス:
keter
副次クラス:
keter
撹乱クラス:
amida
リスククラス:
critical

CONTAINMENT PROTOCOL: Individuals that correspond to the following SCP-7076 criteria are to be monitored until 21/9/2076:
収容プロトコル: 以下の基準を満たすSCP-7076実例群は2076/9/21まで監視下に置かれなければなりません。

  • Subject lives in the United States
  • Subject regularly attends a facility specializing in secondary education
  • Subject is currently following an academic trajectory that will culminate in graduation of secondary school in the spring and/or summer of 2076
  • Subject is below the age of 21
  • アメリカ合衆国に住んでいる
  • 定期的に中等教育を専門とする施設に通っている
  • 現在、2076年の春季及び夏季に中等教育学校卒業をもって終わりを迎える学業コースに就いている
  • 21歳以下である

Due to the unknown range of SCP-7076's effect, secondary schools across Canadian and Northern Mexican regions are to be extensively monitored as well.
SCP-7076の効果の範囲の不透明性により、カナダからメキシコ北部地域に点在する中等教育校にも同様に監視対象を拡大しなければなりません。

Due to the scope of the projected anomaly, successful containment has been deemed nigh-impossible without the use of mass amnesticization of the general global population. Upon the occurrence of the first wave of SCP-7076-1 events, news outlets are to be fed disinformation campaigns that reframe SCP-7076-1 occurrences as mass tragedies. Signal suppression is to be enacted in the vicinity of SCP-7076-1 events in order to stifle the flow of information and prevent the destruction of the Veil.
予測されるアノマリーの規模により、地球規模の大規模記憶処理の実施なくして収容の達成は不可能であると思われます。SCP-7076-1事象の第一波の発生時には、報道各社はSCP-7076-1の発生を大惨事と解釈し直した偽情報の拡散を行わなければなりません。情報を抑制しヴェールの崩壊を阻止するために、SCP-7076-1事象の前後には情報統制のみが行われます。

Upon the second and third waves of SCP-7076-1 events, a media blackout is to occur regarding information leaving the United States, with all Foundation artificial constructs working at full capacity in order to generate and replicate informational output resembling baseline American activity.
SCP-7076-1事象の第二波及び第三波時には、ベースラインのアメリカの活動に類似する情報的出力の生成と複製を行うために全財団人工資産をフル稼働させ、情報面でアメリカ合衆国を維持する報道管制が敷かれなければなりません。

The entirety of the United States is also to be placed under complete martial law organized by Foundation input.
アメリカ合衆国全土に財団の人員提供により策定された全面的戒厳令が布告されなければなりません。

It is currently unknown whether the large amount of upcoming SCP-7076-1 events will be influential enough to constitute an RK-Class Reality Restructuring Scenario. If this is so, containment protocol is to be abandoned and sufficient measures are to be activated.
来る膨大な数のSCP-7076-1事象がRK-クラス現実再構築シナリオを引き起こすには十分な影響を及ぼし得るか否かは現時点で不明です。その場合、収容プロトコルは打ち切られ、十分な手段を打たなければなりません。












The principal makes her way to the podium.
校長は表彰台に通じる道を彼女のために開いた。

She taps the microphone. She takes in a breath.
彼女はマイクに触れた。一呼吸置いた。

It's deafening, breaking the silence like a gunshot.
銃声の如く、沈黙はかき消され、破られた。

The principal then opens her mouth…
それから校長は口を開いた。

…and begins to speak.
…そして喋り始めた。













DESCRIPTION: SCP-7076 is the designation number for a series of phenomena targeting the projected graduating American high school class of 2076.
説明: SCP-7076はアメリカの高校を卒業する予定の2076年度生を対象とする、一連の現象の指定番号です。

Officially coined on 13 August 2068, SCP-7076 was initially the designation for a statistical theory regarding the potentiality of an uptick in anomalous activity pertaining to American adolescents. More specifically, SCP-7076 targeted the attendees of secondary public institutions, though mainly being centered on high school seniors that are to graduate in the late spring and early summer of 2076.
2068年8月13日に正式に決まった名称である、SCP-7076は当初はアメリカの青少年に関連した異常活動が上昇する可能性についての統計理論の名称でした。より具体的には、大半が2076年晩春及び初夏に卒業する予定の最上級生がメイン層であったとはいえ、SCP-7076は公立中等教育校の出席数を対象にしていました。

Upon its creation, SCP-7076 was strictly theoretical in its actual influence on the public, proposed as a possible encroaching threat due to the high frequency of prior anomalies that targeted American high schoolers in between late 1975 and early 1977. As is policy standard for projected anomalistic activity, various high-level Foundation computational engines were fed portions of the SCiPNET archival and research database in order to parse the information given in order to connect data points and form generalized predictions for future containment efforts.
決定後、SCP-7076は大衆への影響は正確に理論化され、1975年後半から1977年初頭にかけて、アメリカの高校通学者を対象としていた既存のアノマリーの高頻度性による脅威が拡大する可能性が唱えられました。予測されたアノマリーの活動に対する政策基準と同じく、財団の様々な高性能計算エンジンが、データ点に接続し、将来の収容努力のための広域予測を作成する情報の解析を行う目的でSCiPNETアーカイブ及び研究データベースに割り当てられました。

After two weeks of review, the F19 Anomalous-Prevalence Computational Engine, in collaboration with four Turing-standard artificial statistical analysis constructs, produced its results regarding SCP-7076 on 22 October 2068. These results confirmed the predicted likelihood that SCP-7076 would, in fact, increase in both number and severity, with models explicitly stating the high probability that this second wave of anomalies could possibly dwarf the recorded number of incidents that initially occurred in 1976.
2週間の評価の後、4台のチューリング基準を満たす人工統計分析装置を合体させた、F19異常流通率計算エンジンが2068年10月22日の結果を算出しました。これらの結果からSCP-7076が実際に発生件数及び重篤性の両面で増加していくのみならず、当該アノマリーの第二波は1976年に当初発生したインシデントの記録化された件数を上回る可能性が極めて高くなるだろうと明言するモデルが確認されました。

SCP-7076-1 designates a localized reality shift that is to occur during or immediately following a completed American high school senior graduation ceremony. The results of an SCP-7076-1 event are currently inconclusive, though the presented data suggests it will involve the sudden violent deaths and/or incorporation of all attendees.
SCP-7076はアメリカの高校に通う最上級生の卒業式中あるいは終了直後に発生する局所的現実シフトの名称です。SCP-7076-1事象の結果は現時点で判明出来ていませんが、提示されたデータからは出席者全員の予期せぬ暴力的死及び/あるいは一体化が発生すると予測されます。

Statistical models also suggest that the sheer amount of SCP-7076-1 events in the following late spring and early summer of 2076 may potentially cause a reality cascade and mass reality restructuring event.
加えて統計モデルからは2076年晩春及び初夏の後でのSCP-7076-1全事象により現実カスケード及び大規模現実再構築事象の発生が予測されます。

Please contact your Site Director in order to be assigned a research team.
研究チームへの割り当てを志願するには直属のサイト管理官に連絡をお願いします。











The band has started playing.
楽団の演奏が始まった。

Do you know this song?
この曲を知っているだろうか?

It is both a familiar yet unfamiliar tune.
その音色は聞き覚えがあるようにも、初めて聞くようにも思えた。

Something heard in the distant possibility of a memory.
記憶の彼方らしき領域にて聞こえてきた。

Or a faded, faded dream.
あるいは消え失せた夢においてか。















ADDENDUM 7076.1: Timeline of Events
補遺7076.1: 事象の時系列表
Date Description
31 May 2069 Four high school sophomores go missing in the midst of the school day. The incident was initially brushed aside as an instance of skipping class, though all four students were not friends nor were they part of an existing friend group. Security cameras in the hallway captured the students entering a supply closet before closing the door behind them. The closet was found empty with no exit points other than the main door.
26 August 2069 Twelve high schools in the state of Iowa within a 50-mile radius do not open as planned for their first day of classes. Students and staff were unable to enter buildings on school grounds as both keycards and physical keys were useless in bypassing security locks. Several students claimed that they could see movement through various windows of the building, with two students reporting that they saw the classrooms were filled with "doppelgangers" of the student and staff body.
1 September 2070 Michelle Easmon, a biology teacher at Ledeville High School in Robeson, Oregon, is reported to have initiated a lesson that was not in the class itinerary. The topic of the lesson regarded the effects of sound frequency on cellular bodies, in which she produced and powered on an antique radio c. 1950. The audio quality was discordant and caused pain and migraines to those present. Afterwards, students reported the persistent feeling that they had forgotten something important, though this faded over time.
2 September 2070 During a broadcasted speech, Senator Denise Rivera (OH) congratulates the graduating class of 2076, stating that she will "work [her] damnedest to push all Ohio students into the empty, lonely, and lovely future that they deserve." Ms. Rivera's eyes then roll back into her head and she falls to the ground, seizing. The signal is cut through Foundation media tampering.
日時 説明
2069年5月31日 4名の高校2年生が通学日に失踪する。当該事案は当初学校を無断欠席したものと退けられたが、4名の学生は全員友人でも既存の友人グループの一員でもなかった。廊下の防犯カメラは当該生徒らが物置に入っていった後で背後のドアを閉める映像を記録していた。
2069年8月26日 アイオワ州の半径50マイル圏内にある高校12校が学期開始日に予定されていた通り開校しなかった。キーカードにせよ旧式の鍵にせよ解錠が出来ず、生徒と職員は学校敷地内の建造物に入場出来なかった。建造物内の窓越しに動き回るものを見たと言う生徒もおり、うち2名は生徒と職員の肉体を持つ"ドッペルゲンガー"で教室が溢れかえっていたと証言している。
2070年9月1日 オレゴン州ロブソンにあるレディヴィル高校の生物学教師、ミシェル・イスモンがカリキュラムに無い授業を開始したという証言がある。授業のトピックは可聴周波数が細胞体に及ぼす効果についてであり、1950年頃の骨董品ラジオを起動した。ラジオの音質は耳障りであり、受けていた生徒に片頭痛を引き起こした。後日、生徒らは何か大事なことを忘れてしまったかのような感覚が絶えず続いていると証言したものの、時間の経過により霧散していった。
2070年9月2日 テレビ番組のスピーチにおいて、(オハイオ州の)デニス・リヴェラ上院議員が2076年度生の卒業を祝福し、「相応の空虚で、孤独で、素晴らしき未来へ向かって、オハイオの全学生を全力で後押ししていく」つもりだと発言する。それからリヴェラ女史の両目が眼窩の奥に引っ込むと、彼女は地面に崩れ落ち、身動き一つ取らなかった。財団のメディア介入により放送は打ち切られた。














I'm happy that we spent so much time together.
みんなと共に過ごせて幸せだった。

It's strange to see it all go, though.
けどみんな行ってしまうのが不思議だった。

Someone in the audience twitches.
観客席の誰かが引っ張っていった。
















FROM: ten.pics.nimda|trelasys#ten.pics.nimda|trelasys
TO: All Staff
01/09/2070


Please be aware that anomalies within the SCiPNET database related to SCP-7076 have been declassified to all staff with Level 3 Clearance. Research groups are to report new findings to their assigned Site Director.
SCP-7076-related incidents are to be immediately recorded with teams dispatched to amnesticize affected subjects. Disinformation Campaigns are to be disseminated at Director's discretion.


FROM: ten.pics.nimda|trelasys#ten.pics.nimda|trelasys
TO: 全職員
2070/9/1


SCP-7076と関連する、SCiPNETデータベースに登録されたアノマリーがレベル3クリアランスを持つ全職員に公開されている事にご留意ください。研究グループは直属のサイト管理官に新しい発見を報告する義務があります。
SCP-7076関連のインシデントは記憶処理を施す目的で出動したチームにより直ちに記録されます。偽造情報が管理官の指示に基づき拡散されなければなりません。




















The first row of students rises to its feet.
一列目の生徒らが立ち上がった。

They turn ever so slowly.
生徒たちは緩慢に変容を始めた。

They know the role that they are playing.
生徒たちは演奏中の役割を理解していた。

They know what is about to happen.
生徒たちは後起きる事を理解していた。






















31 December 2075 SCP-1833's storage locker explodes outwards due to intense pressure originating from inside. Investigations revealed the cause to be hundreds of partially shredded and destroyed yearbook pages that appeared to have been spontaneously generated from within SCP-1833's binding. Due to the intense pressure, most of these pages were shredded to such an extent that the contents were illegible, though the few fragments that could be recovered depicted the fully alphabetized headshots of various current high school seniors from across the United States.
9 January 2076 Plymouth Regional High School, located in Plymouth, New Hampshire, experiences a shift in which several blocks of lockers immediately sink into and through the floor. Witnesses do not acknowledge the event when questioned.
14 January 2076 Bayonne High School, located in Bayonne, New Jersey, experiences a 28-second period of time in which all its students and staff become unable to recall memories pertaining to the school building and their time spent in it. Momentary mass panic ensues before all students and staff immediately regain their memories, with the incident being explained away as an instance of mass hysteria.

2075年12月31日 SCP-1833の保管ロッカーが内部から実例が生成されて圧力が生じた結果、破裂する。調査からSCP-1833の装丁から自然発生したと思われる、所々が破れ、引き裂かれた何百ページ分もの年鑑のページが原因だったと判明した。内部からの圧力により、大半のページは内容が判読不可能なまでに破れているが、回収できた紙片の数枚には現在全米の高校に通う最上級生の頭部写真が全てアルファベット順に掲載されていた。
2076年1月9日 ニューハンプシャー州プリマスに位置するプリマス地方高校にて、ロッカーの複数のブロックが即座に床に沈むという現象が発生する。目撃者は質問された際に事実を認めなかった。
2076年1月14日 ニュージャージー州バヨンヌに位置するバヨンヌ高校にて、生徒と職員全員が学校の建造物とそこで過ごした時間に関する記憶が28秒間に渡って思い出せなくなるという現象が発生する。一時的な集団パニックの後で生徒と職員全員が即座に記憶を思い出し、 当該インシデントは集団ヒステリーとして処理された。

















The students make their way up to the podium.
生徒らは表彰台への道を開いた。

















FROM: ten.pics.nimda|trelasys#ten.pics.nimda|trelasys
TO: All Staff
14/01/2076


Anomalies within the SCiPNET database related to SCP-7076 have been declassified to all staff with Level 2 Clearance. Research groups are to report new findings to their assigned Site Director.
Staff counseling is available to all Foundation personnel and is mandatory for employees that have children.


FROM: ten.pics.nimda|trelasys#ten.pics.nimda|trelasys
TO: 全職員
2076/1/14


SCP-7076に関連するSCiPNET内のアノマリーはレベル2クリアランスの全職員に公開されました。研究グループは直属のサイト管理官に新しい発見を報告する義務があります。
財団職員全員が職員向けカウンセリングを受診可能です。子供を持つ職員は必ず受診してください。
















The students have collected their diplomas.
生徒らは卒業証書を受け取った。

They've all gone back to their seats.
生徒は皆席に戻っていった。

Their loved ones stare on from behind, from the left, from the right.
背後から、右から、左から。親愛なる者たちがその様を見ていた。

Nobody blinks.
誰も瞬きをしなかった。

Nobody breathes.
誰も呼吸をしなかった。

















1 June 2076 Camp Kanab reopens unbeknownst to Foundation operatives. Multiple youths from neighboring towns claim to have been mailed flyers promoting the camp and its high pay rates.
1 June 2076 Foundation operatives identify an after-school tailgate event taking place in Wistview, Colorado that is sponsored by "Syncope Symphonics" in tandem with the administrative body. All attempts to neutralize the event were unsuccessful, and the local band initiated a performance that registered ~340 decibels. No attendees reported any detrimental effects.
1 June 2076 Approx ~100,000 Polaroid photographs manifest in homes throughout the continental United States, with three located in Alaska and seven located in Hawaii. Citizen testimony reveals all photographs to be instances of SCP-1423.
2 June 2076 34 high school students are admitted to the local hospital in Fraw, North Dakota after all falling unconscious during lectures in class. Brain scans show each student to have entered a comatose state.
2 June 2076 At 8:00 AM local time, Salvation High School is surrounded by hundreds of individuals all holding hands. Though their faces are obscured, their overall appearances correlate to the citizens of Salvation, Indiana, c. June of 1976. Salvation High School then begins violently shaking before sinking into the ground. It is currently unknown whether or not SCP-3935's entrance is still accessible.
2 June 2076 Lake Tolbesofkee's water levels begin rapidly rising and floods the surrounding town of Dearborn County, Georgia. SCP-2316 instances begin drifting into residential areas through the floodwaters. Evacuation efforts ensue.

2076年6月1日 キャンプ・カナブが財団工作員の目を掻い潜って再開する。周囲の町から多くの青年がキャンプの開催と高い比率の賃金を謳うチラシを受け取ったと証言する。
2076年6月1日 コロラド州ウィストヴューにて行政機関と提携した"失神交響楽"の出資する、放課後のテールゲート・イベントの開催を財団工作員が確認する。当該催し物を無力化する試みは全て失敗に終わり、地元の楽団は340デジベル程度で演奏を開始する。出席者が有害な影響を受けたという証言は無し。
2076年6月1日 アメリカ合衆国沿岸一帯の家庭に、約10万枚程のポラロイド写真が出現する。うちアラスカでは3件、ハワイでは7件である。市民の証言から全ての写真がSCP-1423実例であったと判明する。
2076年6月2日 ノースダコタ州フラウの34名の高校生がクラスで授業を受けている最中に意識を失った後で、地元の病院に入院を余儀なくされる。脳スキャンにより、どの生徒も昏睡状態にあると判明した。
2076年6月2日 現地時間午前8時、サルベーション高校が何百もの人から成る人間の鎖に包囲される。参加者の顔は不明瞭であるものの、全体的な容姿は1976年6月頃のインディアナ州サルベーション市民と相関性を見せている。その後サルベーション高校では激しい揺れが発生した後で、地盤沈下した。現時点では、SCP-3935への入り口が利用できるかどうか不明である。
2076年6月2日 トルベスキー湖の水位が急速に上昇し周辺のジョージア州ディアボーン郡の町を洪水が襲う。SCP-2316実例が洪水の水流に乗じて居住区へと流れ込み始める。避難の試みは続いている。


















The principal makes her way back to the podium.
校長が彼女が通れるよう、表彰台への道を作る。

She leans into the microphone.
彼女はマイクを傾ける。

She opens her mouth.
彼女は口を開いた。



















FROM: ten.pics.nimda|trelasys#ten.pics.nimda|trelasys
TO: All Staff
03/06/2076


Various MTF units have been and are currently being deployed to the grounds for SCP-7076-1 events.
Please be aware that abandonment of your post is grounds for immediate firing and blacklisting.
Under no circumstances are Foundation personnel allowed to bring familial offspring onto Site premises. Doing so may introduce a vector for memetic infection. Personnel caught doing so will be blacklisted and all individuals will immediately be escorted off the grounds.
I am so sorry.
- O5-9


FROM: ten.pics.nimda|trelasys#ten.pics.nimda|trelasys
TO: 全職員
2076/6/3


現在、SCP-7076事象に対して多くの機動部隊が展開されている。
現在の持ち場からの逃亡は即座の解雇と要注意人物リストへの登録の根拠となる事を念頭に置いてくれ。
財団職員が自分の子供をサイト建造物に招く行為は、いかなる状況であれ許可されない。その場合、ミーム感染のベクターの流入の恐れがあるからだ。違反した職員は要注意人物リストに登録され、いかなる人物であっても即座に敷地外へと護送される。
本当にすまない。
- O5-9



















We've had a great year, haven't we.
私達は最高の一年を過ごしました!



































出典: SCP-7076
原題: The Graduating Class of '76
参照リビジョン: rev.13
作成日(EN): 2022/10/12
著者: QuicksilversQuicksilvers
翻訳: DirStarFishDirStarFish
tags: class-of-76 k-class-scenario pending probability reality-bending scp
タグ: en class-of-76 確率 k-クラスシナリオ SCP esoteric-class 現実改変

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License