SCP-7225

出典: SCP-7225 (rev.7, 2022/12/21)
著者: Doctor FullhamDoctor Fullham
作成日(EN): 2022/12/13
SCP-7225 - I'm Dreaming of a White Christmas
SCP-7225 - ホワイト・クリスマスを夢見て
Tags: artifact meteorological miniature safe scp sphere
タグ: 人工 en 天候 ミニチュア safe scp 球体
備考: Rev.7(2022/10/17)まで反映。


評価: 0+x

Special Containment Procedures: SCP-7225 is to be kept in the personal locker of Junior Researcher Timothy Kratchitt1 at Site-512. SCP-7225 is stored in a Gravitationally Stable Anomalous Item Containment Locker at Site-19. Extreme care must be taken when removing the item from the locker and transporting it for testing, as even minor disturbances to the 'snow' within the item can instigate localized weather anomalies. Any anomalous meteorological events tied to the item's use are to be suppressed in local and national news outlets, with standard Cover Story 19 "Cold Snap" disseminated to the local population.

特別収容プロトコル: SCP-7225はサイト-513内、ティモシー・クラチット次席研究員4の個人用ロッカーに留め置かれます。 SCP-7225はサイト-19内の重力安定型異常物品収容ロッカーに保管されています。アイテム内部の“雪”はごく小規模の攪乱であっても局所的な気象異常を引き起こしうるため、実験目的でアイテムをロッカーから取り出し輸送する際には細心の注意を払わなければなりません。アイテムの使用に関連するあらゆる異常な気象事象は現地・全国双方の報道機関に対し隠蔽され、現地住民に対しては標準カバーストーリー19 “寒波”が流布されます。

Description: SCP-7225 is a snow globe of standard size and design, with an inscription on the bottom reading "Snow Craft Products, Aurora, CO.5" The diorama within the snow globe appears to be an accurate recreation of Foundation Site-516, including figures representing various Foundation personnel standing outside the building. Notably, one of the miniature figures appears to be wearing a long purple argyle scarf, similar to the one that Junior Researcher Timothy Kratchitt7 was known to wear.

説明: SCP-7225は底部に“スノー・クラフト・プロダクツ(Snow Craft Products) コロラド州オーロラ8”という彫り込みがなされた、標準的な大きさ・デザインのスノーグローブです。スノーグローブ内部のジオラマは、建物外部に立つ様々な財団職員を表現した人形も含め、財団サイト-519を正確に再現したものに見えます。特に、ミニチュアの人形のうち一体はティモシー・クラチット次席研究員10が着用することで知られていたものと類似した、紫色の長いアーガイル柄のマフラーを巻いているように見受けられます。

Discovery: SCP-7225 was discovered by personnel at Site-5111 when it was used to create a localized weather anomaly on December 22nd, 2017. An area roughly 6km north of Phoenix, AZ, USA12, experienced a snowfall with a total accumulation of approximately 6.25cm, despite the local temperature being 14.6° Celsius. Foundation security personnel discovered Junior Researcher Timothy Kratchitt13 outside the site, holding SCP-7225 in his hands and shaking it. Junior Researcher Timothy Kratchitt14 was apprehended, and SCP-7225 was recovered and subsequently contained. Junior Researcher Timothy Kratchitt15 was appropriately reprimanded for breaching several Foundation protocols and potentially endangering all of Site-5116.

発見: SCP-7225は2017年12月22日、局所的な気象異常を発生させるために使用された際にサイト-51職員17によって発見されました。アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックス18から北およそ6kmの地点において、現地の気温が摂氏14.6度であったにもかかわらず総計約6.25cmの降雪が確認されました。財団の保安職員はサイト外にて、ティモシー・クラチット次席研究員19がSCP-7225を掴んで振っているのを発見しました。ティモシー・クラチット次席研究員20は取り押さえられ、SCP-7225は回収ののちに収容されました。ティモシー・クラチット次席研究員21には、複数の財団プロトコルに違反した上、サイト-5122全域を危険に晒しかねなかったとして適切な懲戒処分が下されました。




特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License