scp-7404

Included page "theme:broken-masquerade" does not exist (create it now)

評価: 0+x

Threat Level: Green


特別収容プロトコル: SCP-7404のスロットはSCP-7404の墓所に指定され、相応しいかたちに調整されています。この目的のため、SCP-7404は大衆に機密解除されました。

Special Containment Procedures: The SCP-7404 slot has been designated the burial site of SCP-7404, and arranged as such. To this end, SCP-7404 has been declassified to the public.

説明: SCP-7404はアナログ・電子的なデータベースシステムを移動可能な、敵対的な情報食性存在です。遭遇時、通常は神話のヘルハウンドのイラストとして現れます。

Description: SCP-7404 was a hostile infovorous entity that could traverse analog and electronic database systems. When encountered, it generally manifested as a drawing of a mythological hellhound.

SCP-7404が最初にSCP財団と遭遇したのは、2010年2月13日、USNVBR-Site-56のデータベースバックアップの内容を摂食しているところを捕らえられた際でした。それから2022/01/04までの間、SCP-7404は定期的に財団のデータセンターを狙い、検出される前までに可能な限り摂食してきました。対象は6度に渡って収容され、平均6ヶ月留まった後に逃亡しました。

SCP-7404 was first encountered by the SCP Foundation on the 13th of February, 2010, when it was caught eating the contents of the USNVBR-Site-56 Database backup. Between then and 04/01/2022, SCP-7404 would regularly target the Foundation's data centers, eating as much as it could before detection. It would be contained six times, where it would remain for an average of 6 months before escaping.

他多くの情報食性存在と異なり、SCP-7404は病気と老化の影響を受けました。SCP-7404のイラストは時が経つに連れて老化していき、2021年12月以降、それらイラストを調査したところ、対象が血管肉腫に罹患していることが判明しました。

Unlike most infovores, SCP-7404 was subject to disease and aging. Drawings of SCP-7404 aged as time went on, and from December of 2021 onward, examination of such drawings revealed it to be suffering from hemangiosarcoma.1

2022年1月4日、SCP-7404は自ら収容下に入り、SCP財団との交流を確立しました。SCP-7404は自らの病状を知っており、緩和ケアと将来的な埋葬と引き換えに、敵対行為の停止に同意しました。この契約条件は2022/01/06に受諾されました。

On the 4th of January, 2022, SCP-7404 willingly entered containment and established communication with the SCP Foundation. SCP-7404 knew of its condition, and in return for comfort care and future burial, it agreed to cease its hostilities. These terms were accepted on 06/01/2022.

SCP-7404は2022年2月13日に亡くなりました。対象の要請を受け、対象はこのファイルに埋葬されました。

SCP-7404 passed away on the 13th of February, 2022. Per its request, it was buried in this file.


ADDENDUM


SCP-7404はポピー、花のあるサボテン、イチジク、アガパンサスでいっぱいの花園に墓地を思い浮かべました。庭園には蝶々やミツバチが飛び交い、小鳥たちが木に止まって、やってきた全ての人たちに素敵な歌を贈ってくれたらなと想像しました。小さな池が1つ庭園の真中にあり、鯉やアメンボが思うように泳いでいるのでしょう。

SCP-7404 envisioned its grave in a lush garden, full of poppies, flowering cacti, fig trees, and Lily of the Nile. It imagined these gardens teemed with butterflies and honey bees, and that small birds might perch upon the trees to sing pleasant songs to all who gathered. A small pond would cut through these gardens, where koi and pond skaters swam freely about.

この庭園にはベンチと遊歩道が存在します。訪れた客をリラックスさせられる程度ですが、自然の美しさを損なう程ではありません。来訪者はこのひっそりした空間を乱さない限り、いつだって歓迎されることでしょう。

This garden would be marked with benches and walkways; just enough to relax its guests, but not enough to encroach upon its natural beauty. Visitors would always be welcome, provided they did not disturb this secluded peace.

庭園の中心には霊廟があり、内側から施錠されていることでしょう。来訪者は扉の鉄格子越しに、棺を覗き見ることができるでしょう。その上にはSCP-7404を模した石像が、横たわった不明な男性の側に座っています。その他には、霊廟の四面に彫られた以下の詩を読むことができます。

In the center of the garden would stand a mausoleum, locked from within. Visitors may peer through the iron bars of its doors, at the coffin upon which stone fascimile of SCP-7404 sits with an unknown man in repose; otherwise, they may read the poem engraved upon the mausoleum's four faces:

生まれいづる葉は黄金
移ろいやすき色である
生まれいづる葉は花
されど一時しか保たぬ
やがて葉は葉へ還り
エデンは哀しみに沈み
暁は落ちて今日となる
黄金のままのものなどない

Nature’s first green is gold,
Her hardest hue to hold.
Her early leaf’s a flower;
But only so an hour.
Then leaf subsides to leaf.
So Eden sank to grief,
So dawn goes down to day.
Nothing gold can stay.

entomb.PNG

SCP-7404 chose the Tomb of Pacheco as the model of its grave marker. When asked of its significance, SCP-7404 declined to answer.

https://scp-wiki.wikidot.com/scp-7404

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License