SCP-7470

評価: 0+x

アイテム番号:

7470

収容クラス:

NEUTRALIZED

backmoon
Fig 1.1: 月。SCP-7470発生のおよそ12時間後、サイト-19より望む(マウスホバーで拡大)。

Special Containment Procedures: The search for Daniel Collins and other missing persons related to SCP-7470 is ongoing and considered a top priority. Monitoring of Le Blanc University and the surrounding environs is to be conducted at all times. Standard Foundation disinformation protocol applies to inquiries by law enforcement or the public regarding the status of the missing persons.

特別収容プロトコル: ダニエル・コリンズおよびその他のSCP-7470に関連する失踪者の捜索が進行中であり、優先度最高と見做されています。ルブラン大学とその周辺は常時監視が行われています。失踪者の現状に関する法執行機関や民間の調査に対しては、財団標準偽情報プロトコルを適用します。

The Philip E. Lewis Memorial Auditorium, the hypocenter for SCP-7470, has been closed to the public and placed under Foundation jurisdiction under the guise of structural defects.

SCP-7470の開始点であるフィリップ・E・ルイス記念講堂は構造上の欠陥の名目で非公開となっており、財団の管轄下に置かれています。

Lunar surveys are ongoing. High command stationed on Lunar Area-32 has been asked to review the contents of this file—contingency protocols for the emergence of unforeseen lunar phenomena are being drafted.

月に対する調査が進行中です。月面エリア-32に設置された最高司令部は本ファイルの内容を審査するように要請されています — 月における予期せぬ現象の発生に備えた有事プロトコルが現在起草中です。

All personnel should prepare for a potential Amida-class disruption event. Consult your HMCL supervisor for more information.

全職員はAmidaクラス攪乱事象の発生の可能性に備える必要があります。さらなる情報についてはあなたのHMCL監督者に問い合わせてください。

Description: SCP-7470 was the disappearance of Daniel Collins and associated phenomena on the night of March 6, 2023, at roughly 7:00 pm.

説明: SCP-7470は2023年3月6日の夜間、午後7:00ごろに発生した、ダニエル・コリンズの失踪およびそれに関連する現象の総称です。

Collins, who had experience working for NASA and other aerospace organizations, had been a professor of astronomy at Le Blanc University for well over a decade prior to SCP-7470. An extensive background check revealed no abnormalities besides an antisocial childhood.

NASAなどの航空宇宙機関に勤務した経験を有するコリンズは、SCP-7470の発生以前、優に10年以上にわたってルブラン大学の天文学教授を務めていました。広範囲の身元調査の結果、幼少期に非社交的であったことを除けば異常な点は確認されませんでした。

Prior to the advent of SCP-7470, Collins had been conducting an extensive study on lunar activities using University funds, with an emphasis on the annual variations of orbital patterns. The exact nature of his research was never fully disclosed to the faculty or student body; his findings were expected to be revealed during the lecture that resulted in SCP-7470.

SCP-7470の発生以前、コリンズは大学の資金を利用して、軌道パターンの年次変動を中心とした月の活動に関する広範な研究を行っていました。彼の研究の本質が教授陣や学生に完全に明かされることはありませんでした — 彼の研究成果はSCP-7470の発生に繋がった講義中に発表される予定でした。

Readings taken from local monitoring stations after the conclusion of SCP-7470 discovered slight gravitational abnormalities concurrent with the advent of SCP-7470; however, they were not nearly as powerful as the nature of the incident would require (see Addendum A). Theorists currently speculate SCP-7470 generated a localized spacial/temporal anomaly to reduce damage caused by its gravity on planet Earth, however, this cannot be confirmed.

SCP-7470の終結後、現地の監視所から取得された測定値により、SCP-7470の発生と同時に微弱な重力異常が生じていたことが判明しました。しかし、これらの異常は事案の性質から要すると考えられるもの(補遺 Aを参照)に比べれば到底及ばない強度のものでした。専門家は現在、SCP-7470が局地的な空間/時間異常を生成することで、その重力によって発生する地球への被害を軽減したのではないかと推測していますが、この仮説の検証は不可能です。

Following the conclusion of SCP-7470, the moon now possesses an inverted synchronous rotation, so that its far hemisphere1 orbits facing the Earth. Foundation-operated astronomical divisions have been placed on notice should future incidents arise, and disinformation campaigns are suppressing ongoing public alarm.

SCP-7470の終結以降、現在まで月は反転した状態で自転と公転を同期させながら運行しています — すなわち、月は地球から遠かった側の半球2を地球に向けて公転しています。財団が運営する天文学課には今後の事案の発生に備えて通告が発せられており、一般大衆の間で生じている不安については偽情報キャンペーンにより抑制を行っています。

ADDENDUM A: Video Log

補遺 A: 映像記録

Forward: The following is a recording of SCP-7470, captured by a member of the audience during Collins' lecture on his research findings. The lecture was held at the Philip E. Lewis Memorial Auditorium at Le Blanc University.

序: 以下は、自身の研究成果に関するダニエル・コリンズの講義中に聴衆の1人が録画したSCP-7470の記録です。講義はルブラン大学のフィリップ・E・ルイス記念講堂で開催されていました。

In attendance were 54 students and faculty, as well as members of the public. The footage was recovered by Foundation cleanup crews following the conclusion of SCP-7470.

出席者は学生、教職員に加えて一般人を含めた計54名でした。映像はSCP-7470終結後、財団の事後処理人員によって回収されました。


[Camera activates. The stage is empty and the lights are off. Ambient chatter from the audience can be heard.]

[カメラが起動する。壇上には誰もおらず、照明は消えている。周囲から聴衆の話し声が聞こえる。]

[Collins enters from stage right. Audience applause as light illuminates the stage.]

[コリンズが演壇上手から入場する。照明が演壇を照らすと同時に、聴衆が拍手する。]

[He approaches the podium and raises a hand in acknowledgment. The applaise subsides. He adjusts his microphone.]

[彼は演台に近づき、感謝の意を込めて片手を挙げる。拍手が収まる。彼はマイクを調節する。]

First I want to thank you all for coming. I know the weather has been less than ideal. I just want to let you all know how grateful I am to have an audience here. You're all fantastic.

まず、ここにご出席いただいた全ての方に感謝を申し上げたいと思います。天気が理想的なものでなかったのは知っていますから。今日ここに私の講義を聴いてくれる方がいることが私にとってどれほどありがたいことかを、ただ皆さんに伝えておきたく思っています。皆さんは本当に素晴らしい方々です。

[Collins clears his throat.]

[コリンズが咳払いをする。]

When I was eight, after a particularly nasty bout of night terrors, my mother took me out into the cold Mojave night, sat me down on the dusty rocks, and told me a story. She said that every night, once the sun settles over the horizon, the moon comes out to keep watch over the Earth.

私が8歳の時、一際ひどい夜驚症の発作に悩まされた後のことです。母は私を寒い夜のモハーヴェ砂漠に連れて行き、塵まみれの岩の上に座らせてある話を聞かせてくれました。「毎晩、お日様が地平線の下に沈むと、お月様が昇ってきて地球を見守ってくれているんだよ」。

It kept all the monsters away, she told me. The moon would watch all night. It could see everything. The biggest trees, the smallest mice. She even told me it could see all the fishes of the sea, all the way to the bottom. It was so big, so powerful, none of the monsters dared to face it. It could even see me, of course, sitting cozy in my bed. All night long, it would watch.

「お月様がどんな怪物も追い払ってくれるんだよ」、彼女は語ります。お月様は一晩中見守っている。お月様に見えないものはない。一番大きな木も、一番小さなネズミも。海の魚も全て、海底まで全部見えているとまで私に話していました。お月様はとても大きく、とても強く、どんな怪物もそちらに顔を向けようとはしない。お月様はベッドに座ってくつろぐ私のことさえも、もちろん見ている。一晩中ずっと、お月様は見守ってくれている。

Then the sun would come up, chase the moon out of the sky, bathe the Earth in golden light. Until the next night. On and on, forever.

そうしているうちにお日様が昇ってきて、お月様を空から追い出し、地球に金色の光を浴びせる。次の夜まで。それをいつまでも、永遠に繰り返すのだと。

I don't know where she got that story from, but it did wonders to ease the frightened mind of a child. The moon, guardian of the night. It must be pretty good at its job since I never saw any monsters around.

母がその話をどこから持ってきたのかは分かりませんが、それでも子供の怯え切った心を和らげるのには素晴らしい効果がありました。夜の守護者、お月様。私が周りに怪物を見出さなくなるまで、この話がまったく忠実に自身の仕事を全うしてくれたことは確かでしょう。

[Collins chuckles and pauses for effect—audience remains silent. He continues, shakily.]

[コリンズは静かに笑い、効果を狙って発言の間を置く — 聴衆は沈黙を保っている。彼はよろめきつつ、講義を続ける。]

On my twelfth birthday, Apollo 11 put men on the moon. For the first time, I saw the moon, not through the dirty lens of a telescope but live on television.

12歳の誕生日に、アポロ11号が人類初の月面着陸を成し遂げました。私は初めて、望遠鏡の汚れたレンズ越しではなく、テレビの生放送で月を見たのです。

[Collins begins to pace the stage. The camera pivots to follow him.]

[コリンズが壇上を歩き回り始める。カメラは彼を中心に映すようにその動きを追う。]

After that, I became fascinated with space. I mean really, truly obsessed. You should've seen my bedroom. I had one of those rocket ship beds, the ones where you could actually stand up in because they were so tall. I had an astronaut helmet and a flight suit and at least a half dozen telescopes.

それ以来、私は宇宙に魅了されるようになりました。つまり、まさに、本当の意味で心を奪われたのです。皆さんに私の寝室をお見せすればよかったと思います。私はあのロケット船型のベッドを持っていました。実際に中で立つことができるほど高いあれです。宇宙飛行士のヘルメットに、宇宙服もありました。望遠鏡は少なくとも6本は持っていました。

And let's not forget the Moon In My Room—the little bisected moon lamp you hang on your bedroom wall that talks you to sleep. Yes, it's real. Look it up. I got one for Christmas one year. You can click it through the lunar phases and it'll tell you about science and folklore. I loved it to death.

そして、私の部屋の中の月も忘れてはいけません — 寝室の壁に掛かった、あなたに眠るよう語りかけてくる、二等分された小さな月の形のランプです。ええ、本当のことですよ。そちらの方を見上げてみましょう。私はある年のクリスマスにそのランプを貰いました。触れば月の満ち欠けを実感でき、あなたに科学や民話のことを教えてくれます。私は死ぬほどそのランプを愛していました。

But nothing could compare to the real thing.

しかし、本物に比べれば勝るものなどありませんでした。

[Collins boots up the stage's projector screen. It displays an image of the moon (pictured).]

[コリンズが演壇に設置されたプロジェクタのスクリーンを起動する。スクリーンには月の画像(図を参照)が表示される。]

fullmoon
Fig 1.2: スライド1。

As I got older, I started studying the moon. I'd stare at pictures like this for hours. I'd pour over images from the Apollo missions. Once I even held a piece of moonrock in my hand—gloved, of course. As embarrassing as it sounds, I would sometimes regard it less as an object and more as a person. Someone, rather than something. I think I held a conversation with it on more than one occasion.

成長するにつれ、私は月について学ぶようになりました。このような写真を何時間も見つめていることも日常茶飯事でした。アポロ計画で撮影された画像にお金を注ぎ込むこともよくありました。ある時は手に月の石の欠片を握ったことさえありました — もちろん、手袋はしていましたよ。恥ずかしながら、当時の私は時に月のことを物というよりは一人の人間として捉えていた節があります。誰か、です。何かというより。私は何度も月との対話をしていたように思います。

Could you blame me? I was a loner.

皆さんは私のことを気持ち悪いと思いますか?当時の私は一匹狼だったんです。

[He points to the projector screen, which clicks to show the cover of the 1974 issue of Popular Science Magazine displaying a group photograph of high schoolers alongside NASA technicians. Collins stands out in the foreground wearing a bright red Hawaiian shirt and oversized glasses. Audience laughs, to which Collins chuckles.]

[彼はプロジェクタのスクリーンにポインタを合わせてクリックし、高校生とNASA技術者の集合写真が掲載された『ポピュラーサイエンス』誌1974年号の表紙を表示する。コリンズは明るい赤色のアロハシャツと特大のメガネを着用して前景に写っており、写真の中でも一際目立っている。聴衆が笑い、それに対してコリンズも含み笑いをする。]

That used to be in style, believe it or not. This was a few years before I got an internship at NASA. I was never on the table for the astronaut program, but I did work directly under those who were. I was jealous of them—I could only be a desk jockey for so long. I needed to get out and make a name for myself.

信じるかどうかは皆さん次第ですが、これが当時の流行でした。この写真は私がNASAのインターンシップに参加する数年前に撮られたものです。私は宇宙飛行士プログラムの選考に上がることこそ一度もありませんでしたが、まさにその人たちの直属の部下として働いていたのです。私は彼らのことを妬ましく思っていました — 私は長年、デスクジョッキーでしかいられませんでしたから。私はそこを去り、名声を手にする必要があったのです。

So when I was offered a job here at the University… I was over the moon, no pun intended. I took up a position as an assistant researcher, worked my way up to professor, and… well the rest is history.

ですから、この大学で働かないかという話が来た時… 私は天にも昇るover the moonかのような心地でした。だじゃれではないですよ。私は研究助手の職を引き受け、叩き上げで教授を務めるまでになり、そして… まぁ、そこから先はご存知の通りです。

Enough about me. You're all here to learn what they won't teach you in Astronomy 101. You've no doubt studied this stuff all your academic career. If you're like me, you've seen every documentary, read every journal you could find about our only natural satellite. Many of you have probably studied the many theories about its creation—that it was flung from the Earth during an early impact event, or captured and brought into Earth's orbit from some other source. Some of you might believe it was always there, formed from the same accretion disk and at the same time as the Earth.

私についてはこれで十分でしょう。皆さんがここにいるのは、『天文学の101のこと』3では教えてくれないことを学ぶためかと思います。皆さんは疑いなく、自分の学術的キャリアを通してずっとこの物体について学んできたはずです。もし皆さんが私のようであるなら、私たちが持つ唯一の衛星についての自分が見つけたあらゆるドキュメンタリーを視聴し、あらゆる学術誌を読んだことでしょう。皆さんの多くは恐らくその創造についてたくさんの学説を学んできたことかと思います — 太古の激突イベントの最中に地球から放り出されただとか、あるいはどこか別の出所で生じたものが捕らえられ、地球の軌道に入っただとか。中には、月は地球と同じ膠着円盤から同時に形成され、ずっとそこにあったのだと考えている方もいるかもしれません。

[Collins clicks to the next slide, an image of the moon cracked with red chasms.]

[コリンズはクリックしてスライドを次に進める。次のスライドは赤色に輝く割れ目が表面を走る、ひび割れた月の画像である。]

This is what the moon would've looked like in its early years. Fragile. Impure. Rift valleys like the one on the screen would've made the moon nearly unrecognizable. Like the world's biggest omelet.

これは初期の月の見た目の想像図です。壊れやすく、不純。スクリーンに映っているような地溝は、月をほとんどそれと分からないようにしていたことでしょう。これでは世界一大きいオムレツのようですね。

[Collins pauses expectantly. Audience does not react.]

[コリンズは反応を期待して言葉を止める。聴衆は反応しない。]

Get it? Because it looks like… an egg? Um, anyway.

分かりましたか?なぜかというと、まるで… 卵のように見えませんか?まあ、ともかく。

[Collins clicks to the next slide, an image of the moon as it would have appeared 4 billion years ago.]

[コリンズはクリックしてスライドを次に進める。次のスライドは400万年前の月の外見の想像図である。]

There would've been vast pools of magma—lunar seas. We can only guess what they would've looked like. I always imagined the moon would've appeared as Earth did in her infancy, full of fire and heat and life.

そこには広大な溶岩溜まりがあったことでしょう — 月の海です。私たちにはその見た目を想像することしかできません。私はいつも、幼年期の月はかつての地球と同じように、炎と熱、そして生命に満ち溢れて見えたのだろうと想像していました。

[Collins clicks to the next slide, a Hawaiian lava flow.]

[コリンズはクリックしてスライドを次に進める。次のスライドはハワイの溶岩流である。]

Do you know what happens to solid rock when it superheats? Well, it's a bit like taffy. It stretches, becoming something in between a semi-solid and a liquid. The moon would've been… amorphous, malleable. And it would've done the same to anything that touched it, assuming it got hot enough. It's hard to believe that our moon could've been anything other than the dead rock it is now… but it was. For millions of years.

固体の岩石が過熱されるとどうなるか知っていますか?そうですね、少しタフィーに似た状態になるんです。伸びるようになり、半固体と液体の中間の状態になります。月は… 不定形で、展性に富んだ状態だったでしょう。そして、月が十分に熱くなっていれば、それに触れたものにも同じことが起こったはずです。月が今のような冷え切った岩ではなかったのかもしれないというのは信じがたいことですが… かつてはそうだったのです。何百万年もの間ね。

Let's talk about a bit more recent history. Man has known of the moon as long as we've known of each other. It's been the centerpiece of countless fables, symbols, and religions. It has captured and mystified us longer than we can measure.

さて、もう少し近年の歴史について話しましょう。人類は他人のことを知るようになったのと同じころから月のことを知ってきました。月は数えきれないほどの寓話、シンボル、そして宗教の中心的存在として描かれてきました。それは測ることもできないほどの昔から私たちを魅了し、幻惑してきたのです。

[Collins clicks to the next slide, a grainy, distorted image of the moon (pictured).]

[コリンズはクリックしてスライドを次に進める。次のスライドは画質の粗い、歪んだ月の画像(図を参照)である。]

Luna3
Fig 1.3: スライド6。

This is the first image of the far side of the moon, as photographed by the Soviet probe Luna 3. The first to see this were the Russians in '59, who later mapped it in '60. By all accounts, they were the first humans in history to have seen the entirety of our moon. They should have been. But they weren't.

これはソ連の探査機ルナ3号が撮影した、最初の月の裏側の写真です。これを最初に見たのは'59年のロシア人で、後の'60年にはこれを元に地図が作成されました。誰に聞いても、彼らは歴史上初めて我らが月の全貌を目にした人間だと答えることでしょう。そのはずですから。しかし、実際はそうではないのです。

I saw it first almost five years before the Soviets, in the twilight hours of the early night—that time when the space on the horizon where the sun used to occupy is still firey yellow, before the blues and blacks of night swallow up the sky. It's then when the moon is most prominent, right as it peeks up above the tree line. On this particular night it… felt so close. Like I could just reach up and touch it. No stars out tonight. Just you.

ソ連のおよそ5年前、私が最初にそれを目にしたのです。日暮れの黄昏れ時のことでした — 地平線の上、太陽がいたところの空がまだ燃えるように黄色く染まった、夜の青色と黒色が空を飲み込むより前の時間です。その後、月が最も明るく輝く時間帯になると、空は月が木々のてっぺんから現れてくるにつれ明るくなっていきます。その夜、月は… とても近くにあるように感じられました。まさに私の手が届き、触れるかと思うほどに。今夜は空に星もありません。あなただけが昇っているのです。

But you were wrong. You weren't the same you'd always been. Your face was blemished, scarred. I didn't recognize the craters. I thought I was dreaming, but it all felt so real. You were bigger, too, and not just because of the atmospheric distortion. You were closer. I knew that you were here for a reason. You were here for me. You were trying to show me something—but I couldn't see it. You were still too far.

しかしあなたは何かがおかしかった。いつものあなたとは様子が違っていました。あなたの顔は傷だらけで、汚れていました。クレーターも見えませんでした。自分が夢を見ているのかとも思いましたが、その場のすべてはとても現実味を帯びているように感じられました。それにあなたは、いつもより大きかった。その理由は大気による歪みだけではありませんでした。あなたは近くに来ていた。私はあなたが理由があってここにいるのを知っていました。あなたはのためにここにいた。あなたは私に何かを見せようとしていた — しかし私にはそれが見えなかった。なおあなたは遠すぎたのです。

[Audience is noticeably uncomfortable. Murmurs rise as several people in the foreground begin stirring.]

[聴衆は著しく不快感を覚えている様子である。前景に移る数人の人物が動き始める中、ささやき声が起こる。]

I had to get closer. I was on the verge of something more spectacular than any other scientific breakthrough in the last hundred years—the moon had called me, and I had to answer. Why it chose me I… I don't know. It didn't matter. For the first time, my guardian, my protector, had revealed its true self to me. But it was a fleeting moment, and it was gone in an instant. I had to see it again. I couldn't let this die with me—I needed to document it. To record it for generations to come. I needed a spectacle. I needed an audience.

私はもっと近くまで行く必要がありました。私は今にも、過去100年の科学的大発見のどれよりも華々しいものを目にしようとしていたのです — 月が私を呼んでいる、だから私はそれに応えなければならない。なぜ私を選んだのか… それは分かりません。そんなことは重要ではありません。初めて、私の守護者、守り神がその真の姿を私にさらけ出してくれたのですから。しかしそれは刹那の出来事であり、瞬く間に過ぎ去ってしまいました。私はそれをもう一度目にする必要があったのです。私はこのことを自分とともに死なせるわけにはいきませんでした — 私はそれを記録しておく必要がありました。来るべき次世代のために、これを残しておくのです。私には壮観な光景が必要でした。それに、それを見る観客も。

[Silence on recording. Collins check's his watch. He murmurs something, then clicks to the next slide. It displays an image of the moon surrounded by a number of equations mapping its orbit with the Earth.]

[静寂が記録される。コリンズが腕時計を確認する。彼は何かを呟き、クリックしてスライドを次に進める。スライドは、月が地球を周回する軌道を計算する多数の方程式に囲まれた月の画像を表示している。]

Tonight is a supermoon. It is currently seven in the evening—sunset will occur in a few moments. It won't be long now.

今夜はスーパームーンです。現在の時刻は午後七時 — あと数分ほどで日没です。もう間もなくでしょう。

[Collins turns to look at something off-screen. The camera maneuvers to the left to display the auditorium's floor-to-ceiling windows. A large, pale object dominates the horizon outside. The camera focuses, revealing it to be an immense, vaguely spherical presence similar in appearance to the moon but distorted in both size and shape. A low pulsing vibration rattles the camera and causes noticeable discomfort in the audience.]

[コリンズが体の向きを変え、画面外の何かを見やる。カメラが左に移動し、講堂の床から天井まで広がる窓を映す。外の地平線から大きな青白い物体が昇っている。カメラがフォーカスし、この物体が外見上月に類似するものの、大きさ、形状の両面で歪んだ、巨大なおおむね球形の存在であることが明らかになる。脈打つような低い振動がカメラを揺らし、聴衆の間で顕著な不安が起こる。]

All those times I called to you… you were listening. I should never have doubted you. I'm sorry. I think I'm ready now. Everyone, please don't be alarmed. I will go first, to show you it is safe. All I ask is that you watch. For posterity.

今まで私があなたを呼んだとき… すべてあなたは聞いていてくれた。あなたのことを疑ってはいけなかった。申し訳ありません。今、私は準備ができたように思います。みなさん、怖がらないでください。私が最初に行って、安全だということをお見せします。みなさんにお願いしたいことはただ一つ、それを見ていることです。後世のために。

supermoon2
Fig 1.4: ビデオ映像から回収された静止画。

[Collins steps down from the stage and cautiously approaches the doors leading out of the building. A low murmur from the audience erupts. Several produce cellular phones to record the proceeding event. The object on the horizon has grown in size, and the pulsing has increased in tempo and intensity.]

[コリンズが演壇を降り、建物の外に繋がる扉に注意深く近づく。聴衆が低いささやき声を発する。複数名が携帯電話を取り出し、進行中の事象の記録を開始する。地平線上の物体は膨張しており、振動はテンポと激しさを増している。]

[He exits the building, stepping several meters into the open courtyard outside. He is now enveloped in pale light. He is visibly shaking and speaking upward, but his words are unintelligible. The presence is directly above him. The building's power cuts and the room is bathed in pale light.]

[彼は建物を出て、外の開けた中庭に数メートル踏み込む。彼は今や青白い光に包まれている。彼は明らかに震えており、上方に向かって発声しているが、発言の内容は理解できないものである。該当の存在は彼の直上にある。建物の電力供給が遮断され、部屋が青白い光を浴びる。]

[Collins' body begins being pulled upwards by an invisible force. He is elongated and his torso stretches towards the presence above. He opens his mouth to scream, releasing a semi-liquified, red-tinged slurry of blood and internal organs. The substance demonstrates non-Newtonian properties, initially falling to the ground as solid before gradually softening and levitating alongside Collins' upper torso.]

[コリンズの身体が不可視の力によって上方へ引っ張られ始める。彼は引き延ばされ、胴体は上方の存在に向かって伸びる。彼は口を開いて叫び、半液状化して赤みを帯びたスラリー状になった血液と内臓を放出する。この物質は非ニュートン流体的性質を示し、最初は固体状態で地面に向かって落下するものの徐々に軟化し、コリンズの上半身とともに浮揚し始める。]

[The audience erupts in screams as the ambient pulsing increases to a deafening volume. Collins's body can be seen becoming gelatinous—pustules of skin, bone, and hair drip off his body, hang in the air, then fall upwards. After nearly three minutes, Collins' upper body disappears beyond the view of the camera. His lower body continues the stretch without breaking for an additional ten minutes until it too disappears from view.]

[辺り一面に鳴り響く振動がつんざくほどの音量まで増大するにつれ、聴衆の間で絶叫が起こる。コリンズの身体はゼラチン質に変化している様子が視認できる — 皮膚の膿疱、骨、毛髪が彼の体から滴り落ち、空中に留まり、そして上方へと浮揚していく。およそ3分後、コリンズの上半身はカメラの視界の外へ消えてゆく。彼の下半身はさらに10分間、同様に視界から消えるまで破断することなく伸長し続ける。]

[Chaos within the auditorium renders much of the remaining footage useless, but at several points, members of the audience could be seen attempting to barricade the auditorium doors shut with their bodies and other movable furniture. After several minutes, the camera is knocked from its tripod and trampled. The remaining few hours of film have been destroyed.]

[講堂内の混乱が原因で残りの映像の大部分は役に立たないものとなっているが、いくつかの箇所で聴衆らが自身の身体と他の移動可能な家具を用いて講堂の扉を封鎖しようとしている様子が確認できる。数分後、カメラは三脚から叩き落され、踏みつけられる。残りの数時間分の記録は破壊されている。]


Closing: All 54 people present for Daniel Collins' lecture, including Collins himself, have been declared missing. When janitorial staff accessed the building the morning after SCP-7470, they found it empty and in disrepair.

結: ダニエル・コリンズの講義に出席した人物のうち、コリンズ自身を含む54名全員の失踪が宣言されました。SCP-7470の翌朝に建物に進入した用務員は、内部が無人であり荒廃していることに気付きました。

出典: SCP-7470
著者: Its a Bad IdeaIts a Bad Idea
作成日(EN): 2022/10/16
SCP-7470 - M is for Moonlight
SCP-7470 - Mは月光MoonlightのM
Tags: extraterrestrial gravity moon neutralized scp
タグ: en 地球外 重力 月 neutralized scp
備考: Rev.7(2022/10/17)まで反映。

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License