セラピス以後影響を受けたアイテムの書類-JP
影響を受けたアイテム セラピス以前の概要 セラピス以後の概要 再収容されたか?
SCP-002-JP イネ科植物に感染する未知の細菌を媒介するジャポニカ種の稲。接近する存在を高速で回避し、回避軌道にある物体を破壊する。
SCP-004-JP 数式だけでなく複数の自然言語、プログラム言語によって入力が可能な多機能電卓。入力された内容に論理的矛盾、未解決問題が含まれていても常に正確な回答が算出される。
SCP-005-JP 会話による意思疎通が可能な、4羽の鳥類を模した金属彫刻。"帝国の行く先を救済する"という目的を達成するために、自身らが彫刻から解放される必要があると主張する。
SCP-006-JP ノック音とともに周囲の死体を蘇生させる木製のドア。蘇生した死体及び周囲の人間は、このドアの表面に群がり押さえ付けようとする。
SCP-007-JP ███████という洋館の内部構造を想起した際、その想像に登場する男性。想起した対象へ正確なアドバイスを与える。
SCP-011-JP 人間が触れることで外見上男性に見える人型実体に変化するゴム製の人形。変化した実体は自身らがスーパーボールであることを主張し、複数体で腕や足を絡めあわせた球体を構成し跳ね回ろうとする。この球の構成には11体以上の当該実体もしくは人間が必要である。
SCP-012-JP 金属を食べることで活動及び成長する金魚型のロボット。オブジェクト同士の共食いは著しい狂暴化を引き起こす。
SCP-013-JP 3人以上の血縁関係のある人物の映ったホームビデオのみに記録される、高齢の男性を模したマスクを被った人型実体。記録された映像を最後まで再生すると撮影者と家族は当該実体を親戚であるか、親しい仲の人物であると認識する。
SCP-014-JP 紙に書かれて要求されたあらゆる食物を生成することが可能な箱。生成された食物を摂食した人間はそれ以外の種類の食物を嘔吐する体質になる。
SCP-016-JP 装着された人体の各所にさまざまな種類・形状で自己複製を行う金属製のボディピアス。
SCP-017-JP 「ナー」「ナン」または「ナム」と呼称される異常なじゃんけんの手。賞品獲得を目的としたゲームで参加者全員が用いた場合、賞品がエッジワース・カイパーベルト域内へ移動する。
SCP-019-JP 現実改変能力者によって首から下が人間のものに置換されたが、現在は異常性を持たない普通のボノボ。
SCP-020-JP 両腕が鳥類の翼状になっているなど鳥類に類似した肉体構造を持つにも関わらず、飛翔することができない少女。
SCP-022-JP 頭部が書籍で構成された女性型ヒューマノイド。身振りを伴う発話を認識されることにより異常な影響を及ぼす。
SCP-023-JP 日本国内の鉄道駅に出没する未知の鉄道路線。この路線への乗車は複数の超常現象との遭遇を招く。
SCP-024-JP 液晶画面及びキーボード付きのコインロッカー。入力する利用人数と利用時間、部屋の種類に応じたロッカー内部のカラオケルームを利用することが可能だが、反映の度合いは投入金額に左右される。
SCP-025-JP "みるきぃのそだてかた"と表紙に記載された学習用ノート。閲覧者が育成した動植物は、閲覧したページ内容に沿う形で閲覧者の持つ能力と閲覧者への服従心を獲得する。
SCP-026-JP 体内の物質を排出する際にその物質が調理済み食物、飲料に変化する女性。調理の度合い、食物の性質は健康状態に影響される。
SCP-027-JP マジック用ギロチン。人間の頭部の切断に用いられた場合、頭部が瞬時に消失・再生することで、一見切断されていないように見える。
SCP-029-JP 日本国内の鉄道線路上に不特定の形状の肉塊が出現する現象。肉塊は光に向かって移動し、300ルクス以上の光に曝露することで消滅する。
SCP-030-JP 石油および石油加工品を食事とするカイコガ。高い繁殖能力を持つ。
SCP-032-JP 紫水晶に酷似した構成と外見を持つ鉱物。摂食することにより酒類に対して酩酊感を感じなくなり、酒類と葡萄以外の食物に忌避感を感じるようになるが、それ以外の水分に対して酩酊感を感じるようになる。摂食後暫く経つと接触者の体は末端から徐々にワインに変換される。
SCP-033-JP 「博士のスパイなりきりセット!スパイ七つ道具!」とロゴがある子供向け玩具。「ボールペンピストル」「万能鍵ハリガネ」「腕時計型無線機」「超小型発信器」「変装眼鏡」「秘密暗号手帳」「スパイなりきり大百科」の7種類があり、それぞれ種類に即した異常性を持つ。
SCP-035-JP 「フラワープ」とレタリングされているフラフープ。使用している間、使用者の上半身はランダムな異常空間へと転移する。
SCP-070-JP ████県████市内の集合住宅██████号室に存在するメンテナンスハッチ。内部は犬専門の大型ペットショップ跡地に酷似した異空間へと繋がっており、そこに5分以上滞在すると、犬に類似していると推測される不明な生物に襲われる。
SCP-095-JP 国内にて選挙が行われた際に出現する「佐藤斎藤」(サトウサイトウ/さとうさいとう)と記載された投票用紙。SCP-XXX-JPの数が他の候補者への投票より多かった場合、「佐藤斎藤」が当選し、住民に対し異常な規則を設けるようになる。
SCP-120-JP  クモガイの貝殻。SCP-120-JPを一定以上の価値(推定10億円以上)があると認めた人物に長時間観察されなかった場合、内部から全高8m程の巨大な蟹に類似した生物(SCP-120-JP-1)が出現し、周囲に存在する希少価値の高いものを破壊する。
[[[]]]
[[[]]]
[[[]]]
[[[]]]
[[[]]]
[[[]]]
[[[]]]
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License