蒐集院ハブ
rating: 0+x
blank.png

蒐集院概略

七哲連名による蒐集院解体宣言


蒐集院ハ昭和二十年九月三十日ヲ以テ財団カベルリンニ於イテ発シタル宣言ノ掲フル諸条項ヲ追認シ、此レヲ支持スル為ニ保有スル全テノ資産及人員ヲ解散シタル後財団ニ合流スル
蒐集院顧問官会議タル七哲ハ全員連署テ蒐集院ニ属スアラユル者ニ対シ、財団ヘノ敵対行為ヲ止メ彼等ノ指示ニ従ウヨウ命ス

(昭和二十年 九月十一日)

O5-11による蒐集院の合流に関する声明


本日より、日本国地域内での活動は蒐集院構成員との連携を前提に行われる。蒐集院の管理下にあったオブジェクトの収容引き継ぎや、日本国内で活動する各要注意団体への対処に彼らの助力は不可欠だ。今月中に蒐集院は解体され、構成員は財団職員として順次雇用される予定である。我々が日本における収容体制を速やかに確立するために、諸君が彼らとの過去を水に流し親愛なる同僚として受け入れることを期待する。

(西暦1945年 9月11日)


古来より、この国には神秘が偏在している。
、そして
それらに連なる存在、あるいはそのどれにも当て嵌まらない常ならぬ存在。
あらゆる術を駆使して、そういったものどもを封じ蒐集していた機関。
それが"蒐集院"。

かつては、国の歴史の影でその使命を全うし続けていた。
現在、その役目は"財団"が担っている。


壱、概論
shushuin_Shinmon.png

蒐集院神紋: 蒐集院の神紋。特定の神を奉じることのない蒐集院では、普遍的かつ効果的なモチーフを組み合わせた神紋が時代ごとに作成されました。

財団は世界中で活動し、あらゆる異常存在を一般社会から隠匿しています。しかし、財団は遥か古代より存在していたわけではありません。財団誕生以前にその役目を担っていた組織は当然ながら存在します。そして、日本における最大の正常性維持機関が蒐集院でした。

彼等の"蒐集"は財団で言う"確保・収容・保護"と殆ど変わらないプロセスであると言って差支えません。その手段は、財団が発展した科学技術によるものであるのに対し、古典的かつ非科学的な奇跡術によるものが大部分を占めました。そのため、一定以上の地位を持つ構成員はその殆どが妖術師・呪術師・陰陽師・道士・修験者・神官・巫女等と呼称されるタイプ・ブルーであったとされています。また、得てして鎮護封印の対象にタイプ・ブルーやタイプ・グリーン、タイプ・レッド、タイプ・イエローは含まれませんでした。

財団との最大の違いは、"蒐集"こそが彼らの目的である点です。蒐集院がヴェールを維持し、自身を公から隠していたのは民間ないし政府による蒐集活動の妨害を未然に防ぐためであるとの見解が強く、また、蒐集院は"保護"や民間の守護に固執しませんでした。総じて、蒐集院の目的は勢力圏内の超常的平穏にあり、正常性が維持されずとも一定の秩序が保たれていれば問題ないと判断する傾向がありました  後述する成立経緯により、蒐集院は中央政権から距離を取ろうとしたため、その行動はしばしば他の組織との衝突を許容し、異常物品回収のために正常性を敢えて放棄する結果をも招きました。
蒐集院の正常性維持は、勢力圏内における異常物品の管理を蒐集院が独占することと表裏一体の価値観でした。そのため、近代における大日本帝国政府からの度重なる干渉に伴う蒐集物の供出は直ちに蒐集院の存在意義を破壊し、大規模な人員及び資産の流出に繋がりました。しかしながら、結果的に長期間にわたって日本列島の正常性維持に蒐集院が貢献してきた事実は変わらず評価されています。

終戦後間もなく、蒐集院は財団との合併に合意し、財団の日本列島における活動基盤として活躍しました。その蒐集物は大部分が財団に引き渡され、特別収容プロトコルも新たに定められました。蒐集院時代の鎮護封印方法のうち、有用と判断された一部のものは現在も継承されています。


弐、略史

参、組織

肆、関係

伍、文献

陸、執筆ガイド

漆、フォーマット指南

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License