ポリエステルの服を綺麗にする方法
評価: 0+x

⚠️ content warning

……だが結局のところ、菫色のアルコーンの性別やその欠如に関する疑問は無意味である。

菫色のアルコーンは、現在我々が理解しているように、知性を持たず、動物ではなく、ましてや生きてもいない。そこに単語、名称、属性といったものを割り当てることは、その性質の根本的な誤解であると同時に、かの疑問の無用さの客観的な証拠でもある。そういったものはしょせん人間の理解の外挿であるからして、多元宇宙から外れた獣に適用できるわけがないのだ。いかなる社会にも、菫色のアルコーンの存在しない生物学を解き明かすことはできない。何よりもまず、それは我々が現実を理解するための構成要素から逸脱した枠のなかで生まれてきたのである。

菫色のアルコーンが我々の世界に実在するにあたっては、必ず外挿されなくてはならない。それはときに、共工の威を借りた弱き存在、驩兜である。それはときに、妖精族の残忍な征服者、悪精の女皇である。そして大勢の同胞たちが言うように、それはダエーバイトを邪悪な目的に導いた存在、ソロネスティの淑女である。

多くの者は、菫色のアルコーンが性的保守のダエーバイトから崇拝されていたことが判明しているために、それが女性だったに違いないと言うことだろう。そうでなければ、ジェンダーレスを蔑視する社会がどうして菫色のアルコーンに畏敬を払えたというのか?

こうした思考の問題点は、そもそもダエーバイトが菫色のアルコーンを崇拝していなかったことにある。彼らはその外挿を崇拝していたのだ。

菫色の女王は、ダエーバイトがそう呼ぶように、擬人化された力の集中のあらわれである。それは名前であり、境界線の弱まる場所であり、権利を勝ち取った者たちに責任を追求する者であり、この世のものならざる玄武岩で造られた偶像であった。そして何よりも、菫色の女王はプロパガンダであり、帝国そのものが調整を加え作り上げた存在であった。

つまるところ、菫色の女王は、国がそう宣言したがゆえに、一人の女性に過ぎなかった。


TERF、そして彼らが底に落ちないように必死に無視することを迫られている、恐ろしいファシズムの裂け目についての話。


投稿未定

タグ: トラッシュファイア ハブ daevite 注目記事 en
親ページ: トラッシュファイア

http://scp-wiki.wikidot.com/how-to-clean-a-polyester-dress

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License