蛇と図書館

蛇と図書館

Pair Of DucksPair Of Ducks 18 Apr 2010, 17:34

さてと!

Dr. Mannと私はこの小規模なサイドプロジェクトの準備にしばらくの間取り組んでいましたが、ついに"放浪者の図書館"を立ち上げる用意ができました。

放浪者の図書館は、財団の把握している要注意団体の一つ、蛇の手のコレクションに基づき、従って財団の世界観に基づきます。財団や大多数の要注意団体とは違い、蛇の手はSCPを収集することを専門とせず、物語を収集します。構成員には少なくない数の科学者たちに加え、哲学者、新時代のレトロアルケミスト、熱心な読書家、そして"魔法使い"が存在します。

これは妹サイトについて二つのことを意味します! 一般記事のフォーマットが少々異なります; 作品は語り、歴史、寓話、説明的文章の傾向が見られるでしょう。さらにさらに、絵もこれらと同等に扱われます。蛇の手はどのような形態であれ知識を熱心に受け入れ、わくわくするような魔法の探求、未知のエンティティ、馬鹿げたあれこれを好みます。つまり蛇の手は、財団では許容されないような神秘的戯言が大好きなのです。そもそもの話、SCP-914が存在する世界で科学が頂点に立つなんてことがあるでしょうか?

まぁ、とにかく色々見てみることです! コメントやvoteをしてあげてください。既に投稿されている数少ない記事についての意見が非常に楽しみです。是非自分だけの本や選書を思い描いてみてね〜

おっと、あと一つだけ: 参加用のパスワードは"apple"です。ブライトの財団入試試験を通過した君なら十分だと思いますけどね。もっと詳しいことが知りたければ、Dr. Mannと私はいつでもチャットにいるところを見つけられるでしょう!

編集: あなたがたった今このポストを見つけて申請したいと思ったなら、申請フォームを利用するか、Mannやthedeadlymooseや他の図書館モデレーター/管理者に連絡してください。パスワードが変更されましたので。

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License