トラッシュファイア
rating: 0+x


トラッシュファイア

The Trashfire


ストーリー

(大雑把な時系列順)


財団が最善を尽くそうとする話。


概観


トラッシュファイアはある一文に要約できる: ”世界はクソであり、誰もがそれを修繕しようと奔走している”。

実存を蝕む脅威は世界の終焉でも、支配を拒絶した被造物を滅亡させようと企む堕天使でも、失敗した実験の周りから着実に解れていく空間によるものでもない。それらを一連の真実の中核点に結びつける壮大な物語は無いし、その図式を組み上げる呪縛も無い。実存の過ちは愚かな者が造り上げたわけでもない。

それらは単に「そこにあり」、君らがそうする可能性が高いのと同様にそれらもまた憤慨している。

It's a problem endemic to the multiverse, to the mounds of flesh Ion witnessed, to the beautiful machine supposedly commandeered by Mekhane, to the folds of reality the Ortothans hold dear. Whatever cosmic computer controls the cosmology has been fitted with numerous redundant and obsolete components, stretching the ontological CPU to its absolute limit even before one factors the dust, broken cabling, and otherwise. It is filled with bugs, in more than one sense.それは多元宇宙、イオンの視た肉の山、Mekhaneが奪取しただろう魅惑の機械、オルトサンの慈しむ現実襞に固有の問題だ。

Of course, that doesn't mean humanity takes all this lying down.


世界観


地獄1へようこそ!

このカノンの執筆に興味がお有りの場合:

  1. まず少し読んでみてください。全部ではなく、だいたいどんなものか理解できる程度で結構です。
  2. 余白を埋めたいとお思いであれば、残りのタブもよく確認してください。
  3. 遠慮なくUraniumEmpireUraniumEmpireに話しかけてください。
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License