第三法則_参考資料

用語集

このカノンで頻繁に使われるいくつかの専門用語の定義が載っています。

Definitions of some of the most commonly used terminology in this canon.


登場人物一覧

このカノンに何度も登場する主要な人物が載っています。
Major characters who appear multiple times throughout the canon.

名前 説明 登場記事
アダム・ロー Adam Rowe 生きているクライアントと死んでいるクライアントから独自の仕事を引き受ける若い中位の超能力者です。目立たずに生きようとしますが、大抵失敗します。Young psychic medium taking on independent work for clients both living and dead. Tries and usually fails to live under the radar. Under Control, Comedown Machine Hub
エージェント・グリーン Agent Green 財団の超芸術の専門家であり、現実歪曲者の抹殺を専門に扱っていたGOCの元工作員です。ほとんど常に喫煙しています。A Foundation anart specialist and former GOC operative specializing in killing reality benders. Smokes pretty much constantly. Unusual Investigations
アリオット・チャオAlliott Chao スリーポートランドの住人の黒の女王です。彼女が大規模な超常犯罪を実行していないとき、彼女はほぼローラーダービーのリンクにいます。The (a?) resident Black Queen of Three Portlands. When she's not committing grand scale paracrime, she's most often found on the roller derby rink. Vital Signs, Portlands Derby Teams, The Dedekind Infinite Demographic, Suspect Ratio
アリ・パーコウィツAri Perkowitz 美術犯罪のコンサルタントおよびexploitの研究者としてUIUによって雇われた、ペーパークラフトを専門とする下位の現実歪曲者です。A minor reality bender specialising in papercrafts, hired by the UIU as an artcrime consultant and exploit researcher. The Dedekind Infinite Demographic, Suspect Ratio
バーディーン プロメテウス研究所で開発され、後に財団の解析部門に獲得された実験用人工知能です。An experimental artificial intelligence developed at Prometheus Labs and later acquired by the Foundation's Department of Analytics. アンブローズの吟遊詩人, SCP-2897
ケイシー・マリクCasey Malik スリーポートランドに住んでいる前は秘書だった気の弱い人間です。現在、彼は殺人事件の濡れ衣を着せられ、捕まっています。Nebbish former secretary living in Three Portlands. Currently framed for a murder that he did, in fact, commit. Comedown Machine Hub
ユースタス・ローEustace Rowe 世を捨てた高齢のネクロマンサーです。プロメテウス研究所の元研究者であり、現在のスリーポートランド居住者であり、そして品行の悪い父親です。Elderly and reclusive necromancer. Former Prometheus Labs researcher, current Three Portlands resident and bad father. Under Control, Comedown Machine Hub
ジョセフ プラハのゴーレムJosef, the Golem of Prague 16世紀に古代のカバラを用いて造られたナチス党員達を殴り殺したゴーレムです。第7次オカルト戦争中にオブスクラ軍団によって誤って再活性化され、彼らを即座に、そして大いに狼狽させました。 An ancient Kabbalistic golem created in the 16th century who punches Nazis to death. Accidentally reactivated by the Obskuracorps during the 7th Occult War, much to their immediate and extremely fatal dismay. Obskuracorps Memos, Archival Document -- HSA-008-Advent, A Man of Clay and Men Formerly Men
ケネス・スペンサーKenneth Spencer スリーポートランドに割り当てられたUIUの特殊エージェントであり、時にはJTFデルタ-3(「有機的フェアトレード」)の指揮官でもあります。財団への不信感を遠慮なく口にするベテランのFBIエージェントです。ロビン・ゾーンと連携しました。A UIU special agent assigned to Three Portlands, and sometimes commander of JTF Delta-3 ("Organic Free Trade"). A veteran FBI agent with a vocal distrust of the Foundation. Partnered with Robin Thorne. Unusual Investigations
コンラート・"コルト"・ウェイスKonrad "Kord" Weiss オブスクラ軍団の考古学部門および研究部門の長官です。テューレ協会の元メンバーです。彼の生涯の中でドイツで最も強力な妖術師の一人でした。Director of Obskuracorps' archeological and research arm. Former member of the Thule Society. One of the most powerful thaumaturges in Germany during his lifetime. Preliminary Report, Obskuracorps Memos
ランデン・エッカートLanden Eckhart フィールドワークよりも多くGoI間の交渉と外交に関わる物腰が柔らかいUIUのエージェントです。A soft-spoken UIU agent involved in inter-GoI negotiation and diplomacy moreso than fieldwork. The Dedekind Infinite Demographic, Suspect Ratio
ロビン・ゾーンRobin Thorne スリーポートランドに割り当てられたUIUの特殊エージェント。先天的に使える中位の奇跡論を扱える能力を有しながらも幅広いトレーニングを受けています。ケネス・スペンサーと連携しました。A UIU special agent assigned to Three Portlands. A natural thaumaturge of moderate ability but extensive training. Partnered with Kenneth Spencer. Unusual Investigations, Suspect Ratio
サマンサ・ロメインblue|Samantha Romain## 疑わしい倫理的なレッドゾーン・セキュリティの疑わしい倫理的な代理人です。通常、彼女は目が見えず、声も聞こえないボディガードと共にいます。Dubiously ethical representative of dubiously ethical Redzone Security. Usually seen with her blind, mute bodyguard. Under Control, Comedown Machine Hub
シエラ・ダスティンSierra Dustin 正常性に対する反対運動に携わる過激派アナートテロリストです。違法で不可能な芸術が寄贈された秘密の美術館を整備しています。Radical anart terrorist engaged in a campaign against normalcy. Maintains a secret museum dedicated to illegal and impossible art. Unusual Investigations
サイモン・ピエトリカウSimon Pietrykau 財団の解析部門の長官です。キューバミサイル危機の後、ロシア連邦軍参謀本部情報総局"P"部局から寝返り、すぐに財団で昇格し、解析部門の設立を先導しました。Director of the Foundation's Department of Analytics. Defected from GRU Division "P" after the Cuban Missile Crisis, and quickly rose up the ranks of the Foundation to spearhead the formation of the Department of Analytics. SCP-2664, Guns Pointed at the Head of God
一味の男The Inside Man 急成長中の犯罪シンジゲートシカゴ・スペクターの片割れ。グループの頭脳として、そして世界で最も強力なサイオニクスの一人として、彼はスペクターの活動を計画し組織しています。One half of the burgeoning criminal syndicate the Chicago Spectre. As the brains of the group and one of the most powerful psionics in the world, he plans and organizes the Spectre's operations. Hypervelocity, Terminal Velocity
ルーキーThe Rookie 急成長中の犯罪シンジゲートシカゴ・スペクターの片割れ。彼女はそのグループの主力として、スペクターの活動を遂行するために悪魔ドラッグのような不気味な身体強化に頼っています。One half of the burgeoning criminal syndicate the Chicago Spectre. As the brawns of the group, she relies on eldritch performance enhancements such as demonarcotics to carry out the Spectre's operations. Zeitgeist, Hypervelocity, Terminal Velocity
戦士The Warrior 古代の強力なサイボーグは、物理的な神の一部として昇格しました。授く主の狂信者であり、気に入られていた弟子です。Ancient, powerful cyborg elevated as one part of a physical god. Prime zealot and favourite pupil of the Lord of Endowments. SCP-2970, サムサラ, The Dedekind Infinite Demographic
ヴェラ・K・ガルシアVera K. Garcia タコべルに潜在的に関連した謎に満ちた陰謀を調査している風変わりであるが熟練したエージェントです。Eccentric but skilled agent working for a shadowy conspiracy potentially related to Taco Bell. Comedown Machine Hub

パラテック一覧

このカノンに登場する重要なパラテックかパラテックを開発する計画が載っているリストです。
A list of significant pieces of paratech, or efforts to develop paratech, that appear in this canon.

  • エーテル振動検出器 — 一般的には未知の"道"を見つけるために使用される、バックグラウンドレベルのアスペクト放射の変化を検出できる装置です。
  • Aetheric Oscillation Detector — Also known as a Randall Detector, after its inventor, Dr. John Carver Randall. A device which can detect changes in background aspect radiation, commonly used for locating unopened Ways.
  • 自動エクソシズムシステム 機能するには奇跡論の存在が必要ですが、エクソシズムや似たような魔術的作業を自動で行う機械です。1985年から1995年にかけてプロメテウス研究所が販売した顧客には、境界線イニシアチブ、世界オカルト連合、および財団が含まれていました。
  • Automated Exorcism System — A machine for automatically performing exorcisms and other similar occult workings, although the presence of a thaumaturge is required for it to function. Sold by Prometheus Labs from 1985 to 1995, customers included the Horizon Initiative, the Global Occult Coalition, and the Foundation.
  • 総天然オートマトン — サムサラ計画の間に開発された技術を使用してクローン化されたヒト接合体を遺伝子操作することによって作成された有機ロボットです。構造改革の影響を受けなかった数少ないプロメテウス研究所製品の1つであり、1990年に生産が開始され現在も続いています。
  • All-Natural Automatons — Organic robots created through genetic engineering of cloned human zygotes, using technologies developed during Project Samsara. One of the few Prometheus Labs products that were untouched by the restructuring, production began in 1990 and continues to this day.
  • アルゴ社の自動車 — アルゴオートモーティブの主要製品ラインは、1年後の未来から移動してきた車で構成されます。1998年から2008年まで販売されました。
  • Argo Marque Automobiles — The primary product line of Argo Automotives, consisting of temporally displaced cars from a year in the future. Sold from 1998 to 2008
  • 概念的無固晶 — "概念を持たないという概念"のような、逆説的な概念上性質を有するガラスに似た物質です。接触する有機物は急激な概念上の変化と概念的喪失を経験します。
  • Conceptually Null Clearsolid — Glass-like material that possess paradoxical concepts, such as the concept of having no concepts. Organic material that comes in contact with it experiences the rapid modification and loss of concepts.
  • エバーハート共鳴器 — 第7次オカルト戦争中にICSUTのジョン・エバーハートによって開発された、電気からEVEを生成するのに使用される機械です。変換は行使者による多くの手順を必要とし、そして非常に非効率的であり、しかしながら大量のEVEを生成するための他の方法よりははるかに頼りになります。
  • Everhart Resonator — A machine used to produce EVE from electricity, developed by John Everhart at ICSUT during the Seventh Occult War. The conversion requires a thaumaturge to start the process, and is extremely inefficient, but it is far more reliable than any other method for generating large quantities of EVE.
  • ISV ダリウス — 星間研究船としての使用を意図した巨大な宇宙船です。完成する前に、建設は1997年末にプロメテウス研究所によって中止されました。未完成の船体は現在小惑星(532)ヘルキュリナ周辺の低軌道にあります。
  • ISV Daedalus — A massive spaceship, intended for use as an interstellar research vessel. Construction was abandoned by Prometheus Labs in late 1997 before it could be completed. The unfinished hull is currently in a low-orbit around asteroid (532) Herculina.
  • ゴーストライト™ — タイタン家電エレクトロ二クスによって製造されたあるブランドの電球で、幽霊の特性である霊的発光を利用して光を生成します。2006年に霊体が使用された製品の品質問題が原因でリコールされました。製造は財団の監督の下で後日再開されました。
  • Ghostlight™ — A line of lightbulbs manufactured by Titan Consumer Appliances and Electronics, which utilize the ectoluminescent properties of ghosts to produce light. Recalled in 2006 due to quality problems in the supply of ectomorphs used. Manufacturing resumed at a later date under Foundation supervision.
  • ミーマチック爆弾 — 事前に定義されたトリガー(特定の日付、時間の遅れ、知覚的なパターン、または単にランダムなものなど)によって起動される、休止中の認識災害を伝えるミームです。効果はさまざまであり、死因となったり、精神異常や自発的で局所的な現実改変を引き起こしたりする可能性があります。
  • Memetic Bomb — A meme carrying a dormant cognitohazard, activated by a predefined trigger (which may be a specific date, a time delay, a perceptual pattern, or even simply random.) Effects are various, and can include death, insanity, and spontaneous localized reality alterations.
  • NOTUS — 1968年に作られたプロメテウス・パラエコノミクスのスーパーコンピュータは、会社の経済学者が関心のある株式の正確な株式市場での予測を作成します。後に2005年に財団に入手されました。
  • NOTUS — A Prometheus Paraeconomics supercomputer built in 1968 to produce accurate stock market forecasts for selected stocks of interest to the company's economists. Later acquired by the Foundation in 2005.
  • ユニコーンの角の粉 — マーシャル・カーター&ダークによって販売されている、逆転的作用を持つ避妊薬かつ業務用殺虫剤です。
  • Powdered Unicorn Horn — A retrocausal contraceptive and industrial pesticide sold by Marshall, Carter and Dark.
  • オート-マグス計画 — 1970年代初頭のプロメテウス研究所での長期的な研究開発計画は、奇跡論的作用を引き起こす完全に機械的な触媒の作成に焦点を当てていました。1976年に中止され、開発された技術は後に自動エクソシズムシステムを作成するために使用されました。
  • Project Auto-Magus — A long-term research and development program at Prometheus Labs in the early 1970s, focused on creating a fully mechanical thaumaturge. Canceled in 1976, the technologies developed were later used to create the Automated Exorcism System.
  • バーディーン計画 — 人工知能の開発を目的とした、プロメテウス・アドバンスド・ロジックデバイスのニューラルネットワーク研究者チームによって着手されたプロジェクトです。その成功にもかかわらず、プロメテウスコンピューティングが財団に買収された後、プロジェクトは中止されました。
  • Project Bardeen — A project undertaken by a team of neural network researchers at Prometheus Advanced Logic Devices, with the goal of developing an artificial intelligence. Despite its success, the project was shutdown after Prometheus Computing was purchased by the Foundation.
  • サムサラ計画 — もともとは再生力のある幹細胞治療を開発するための計画でしたが、それは1990年代半ばに全身の再生と頭脳の転送に関する研究に移行しました。プロメテウス研究所によるコングロマリットが崩壊する前に、早期にいくつかの成功を収め、その後財団によって復活しました。
  • Project Samsara — Originally a program for developing regenerative stem cell treatments, it transitioned into studying full-body regeneration and brain uploading in the mid 1990s. Met with some early success prior to the breakup of the Prometheus conglomerate, and was later revived by the Foundation.
  • PSAT セタンタ — 1972年に打ち上げられたプロメテウス航空宇宙研究部門のギアス交換伝達衛星は、その後10年後に廃止されるまでの間、ギアスの束縛に関わる契約の法的根拠としての役割を果たしました。
  • PSAT Setanta — A Prometheus Astrotechnologies Geas Switchboard Communicator satellite launched in 1972, which served as a legal witness for the contracts involved in geas bindings until its decommissioning ten years afterwards.
  • シギリマシーン — 補助なしで標準通り行うよりも高い一貫性と正確さで、奇跡論的作用を補助する様々な魔法のためのシンボルとシギルを生成することができます。自動エクソシズムシステムで使用される技術から派生しました。
  • Sigil Machine — A machine that can generate various occult symbols and sigils to aid in thaumaturgical workings, with a uniformity and precision greater than that normally attained by unaided thaumaturges. Derived from the technology used in the Automated Exorcism System.
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License