verne problem beta
rating: 0+x
blank.png

警告: 当ファイルは暫定的であり、情報は予告なく変更されます。


SCP-XXXX-JPに関する議論が現在進行中です 。SCP-XXXX-JPに関する情報は永久的に保管されます。


2/XXXX-JP LEVEL 2/XXXX-JP

CLASSIFIED

classified-lv2.png

Item #: SCP-XXXX-JP

Object Class: Keter


特別収容プロトコル.シャルル管理官 > 最終決定案

W.Corp1との協定の下、SCP-XXXX-JPの捜索と保護が進行中です。財団はSCP-XXXX-JPの確保を容易にするためW.CorpへA-01-99を提供してください。SCP-XXXX-JPを発見した財団職員は最寄りのサイトに連絡してください。

SCP-XXXX-JPは歴史的・医学的・政治的背景から、収容作戦は時として物理的手段のみならず法的措置を必要とします。このため、W.Corpもしくは財団の法務部門が収容作戦に参加可能なポストを常時確保してください。

特別収容プロトコル.サミュエル博士 > 第二改定前案

要注意団体や紛争地域を監視し、SCP-XXXX-JPを発見次第速やかに確保してください。確保時に使用する武器はスタンガン・麻酔銃・催涙弾等の非殺傷兵器に限定され、一般社会に被害が及ぶ場合や安全なオブジェクトの確保できる見込みが限りなく低い場合、各職員の判断により終了が実行されます。戦闘地域においてはこの限りではありません。

特別収容プロトコル.アンジェラ諜報員 > 第一改定前案

一般社会への暴露もしくはアメリカ支部の収容を阻止する目的でSCP-XXXX-JPは保管用の個体を除き発見次第破壊されます。交戦する場合、SWAT部隊かそれ以上の装備が求められます。

説明

SCP-XXXX-JPは複数の異常性を持つヒト(Homo sapiens)の総称です。概形は人間の女性ですが、染色体の異常、頭部にネコ(Felis catus)の特徴を有する感覚器官、尾骨が発達しネコ(Felis catus)のものと一致する尻尾等、高度な身体能力等が挙げられます。これらの異常性は女性に限定され子世代に遺伝し、異常性は10歳から18歳までにすべての個体に発現しますが89%は先天性です。異常性の発現が女性に限定される原因は、「異常性発現の原因となる遺伝子がX型染色体に存在するため」と言うのが定説になっていますが、未だ決定的な説明は出来ません。

欧州支部円卓会議2命令により、SCP-XXXX-JPに関する情報は全て記録され、異常性基準マニュアル-ver.8(ACM-8)3の改訂に適用されるほか、財団と倫理委員会の運営方針に適用されます。ACM-8並びに運営方針に関する議論は、必要な限り無期限に延長可能です。


補遺.初期発見 > 遭遇

SCP-XXXX-JPは紛争地域内で活動中のW.Corp職員によって存在が報告されました。当時、W.Corpは紛争地域における要人警護に派遣されました。W.CorpとSCP-XXXX-JPの初期遭遇は███/██/█のヴェルヌ共和国首都に位置するT██ホテルにて開催された日米企業間貿易会議襲撃事案です。

以下はT██ホテルの監視カメラ映像の抜粋です。

T██ホテル襲撃後に実施されたW社調査委員会により回収された映像記録と現場検証から異常存在の関与が判明し、W社は財団へ支援を要請しました。以下は、事案調査委員会が推定する異常存在の概要です。

Report ███/██/█ - Anomaly


Lytton_Commission_at_railway.jpg

現場検証中の事案調査員

場所: ヴェルヌ共和国首都トリンスク

リスククラス: Critical

攪乱クラス: Dark

危険度: Anapolis4


存在概要:

  • 外見は人間で、フード等で顔は確認できない
  • バズーカ砲や重機関銃を抱えたまま50km/h以上で移動
  • 6m以上の跳躍
  • 高速で移動する複数の物体を識別
  • 高度な暗視能力

同時期に活動中であった財団諜報員アンジェラ・ヴィヴァインによる調査から、███/██/█以前に国連軍でも同様の実体による被害が報告されていることが判明しました。これを受け財団は、アンジェラ諜報員に引き続き情報収集と暫定的収容プロトコルの確立を命令しました。

以下はアンジェラ諜報員が提出した抜粋報告書です。

補遺.共同声明 > 作戦開始

不朽の決意作戦

計画概要抜粋


512px-Airstrikes_in_Syria_140923-F-UL677-654.jpg

不朽の決意作戦に参加するF-15


計画概要: 不朽の決意作戦(英語:Operation Enduring Resolve、略称:OER)2018年12月30日の貿易会社襲撃事件の報復及びオブジェクトの破壊・収容を目的として、同事件の首謀者と断定された国際テロ組織アル・シャバブが隠匿している疑いがあるとされたAnapolis級オブジェクトに対して、SCP財団とW.Corpの両組織により、2019年1月7日に開始され、2019年7月28日に終結した一連の軍事作戦の総称である。

OERは欧州支部によって「対異常生物テロ戦争」(War on Anomalous Biological)の一環と位置づけられ、国際テロの脅威を防ぐための防衛戦として始められた。当初の名称は「Operation Infinite Justice」(限りなき正義作戦。「無限の正義」「究極の裁き」とも訳す)であったが、"Infinite"はイスラム教ではアッラーフを意味することがあり、イスラム法学者から「イスラーム系過激派と戦闘に当たるにおいて、この名称は不適切だ」と批判を受けた。そのため、作戦名を改めたものである。

現在、カオス・インサージェンシーが活動中の東南アジア地域をはじめとし(OER-A)、アフリカの角(OER-HOA、アフリカの角における不朽の自由作戦)地域を含む世界6箇所で作戦が展開されている。

目的: 13年間の要注意団体との戦闘を経て、W.CorpとSCP財団欧州支部は大規模な軍事作戦から財団主導の訓練と支援を中心とする小さな役割に移行した。新任務の多くが財団主導の確固たる支援任務に基づく一方で、財団とは別個にW.Corpの部隊が対異常テロWar on Anomalous Terror部隊防護Force Protection後方支援Logistic Support、に参加することになっていた。

2019年1月5日、財団とヴェルヌ共和国軍の確固たる支援任務の財団軍事司令官であるDouglas MacArthurの声明により財団の目的が定義された。

「財団は、アル・シャバブに対する対テロ任務と共和国を支援する確固たる支援任務という、明確な任務を実行する。この任務における取り組みは同時にかつ互いに補完するものである。我々がアル・シャバブに攻撃し続ける一方で、国民を守り、平和を勝ち取り、地域全体の安定に寄与するために統合された軍事システムを構築する。」

01/07を皮切りに本格的な軍事参入を開始しました。手始めにWS 空母の入港と首都に対する無誘導ロケット弾攻撃の対策が実施されました。WS 空母は
ヘリコプター"ドモワゼル"の定員は最大4人であり、荷物を1,000 kgまで吊り下げることが可能でした。SCP-2848-JPの攻撃範囲がどの程度なのか正確に分からないこと、他の山の頂上にSCP-2848-JPが無いとは限らないこと、往復の必要性、そして最大航続距離的な問題から、人員及び装備の積み下ろしはクーンブ氷河上のベースキャンプ (以下、適宜BCと略記) から2.1 km離れた地点で行われました。

また、空気の薄い高所での運動に慣れるため、BC設置後に高度順応期間が設けられました。隊は2班に分かれ、それぞれBCから僅かに北方にある クンブツェ山 (6,636 m) の登頂をしました。この山からはSCP-2848-JPは発見されませんでした。

次表はこの期間の抜粋です。

日付 出来事
01/07 ヘリコプター2機でのべ4回の物資輸送。人員11名でBC予定地まで物資の一部を運び、大型テントを2張り立てる。
03/29 先日に引き続き物資を運ぶ。ポーター9名が到着し、数往復で物資運搬が終わる。低酸素状態での睡眠が困難だと訴える者が多く出たので、睡眠剤が処方された。
03/30 以降3日に渡り、30 cm積もる程度の雪が降る。装備の点検などBCでの各種作業を行う。不調の続く隊員1名が肋膜炎と診断されたが、数日後には治った。
04/02 カシンとブラウワーをそれぞれ隊長として2班に分かれ、高度順応を目的とした登山を開始する。
04/03 カシン班がクンブツェ山に登頂する。
04/04 ブラウワー班がクンブツェ山に登頂する。登山中、班員1名が倦怠感と立ちくらみの症状を訴えたため、もう1名が付き添って途中でBCに戻った。
04/05 天候が悪化したため、BCのテント内で酸素補給機の最終訓練をする。全員が問題なく使用できることを確認。
04/07 天候が安定。アイスフォールを攻略するための先発隊が編成され、BCを出発する。

ヴァンチカル港上陸作戦:

イッター城跡の戦い:

人質救出作戦:

首都攻防:

補遺.作戦終了 > 事後処理


補遺.合同会議 > 生物学的観点

PARAGON SAFOS Primary Points of Contact:

Dir. Sophia Light - Director, Western Regional Command

Dir. Kain Pathos Crow - Director, Foundation Technology

Dir. Shannon Lancaster - Project Director, PARAGON

Dir. Coryn Malthus - Director, Department of Antediluvian Research

Dr. Osmon Iles - Lead Researcher, SCP-6000

Cmdr. Alexandro Freitas - PARAGON South American Forward Operating Site Chief

Cmdr. Cecilia Aestrei - Hēt-1 Commander

補遺.合同会議 > 歴史的観点

PARAGON SAFOS Primary Points of Contact:

Dir. Sophia Light - Director, Western Regional Command

Dir. Kain Pathos Crow - Director, Foundation Technology

Dir. Shannon Lancaster - Project Director, PARAGON

Dir. Coryn Malthus - Director, Department of Antediluvian Research

Dr. Osmon Iles - Lead Researcher, SCP-6000

Cmdr. Alexandro Freitas - PARAGON South American Forward Operating Site Chief

Cmdr. Cecilia Aestrei - Hēt-1 Commander

補遺.合同会議 > 政治的観点

PARAGON SAFOS Primary Points of Contact:

Dir. Sophia Light - Director, Western Regional Command

Dir. Kain Pathos Crow - Director, Foundation Technology

Dir. Shannon Lancaster - Project Director, PARAGON

Dir. Coryn Malthus - Director, Department of Antediluvian Research

Dr. Osmon Iles - Lead Researcher, SCP-6000

Cmdr. Alexandro Freitas - PARAGON South American Forward Operating Site Chief

Cmdr. Cecilia Aestrei - Hēt-1 Commander


補遺.最終決定 > SCP財団

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License