時間サイト-01 (RCT-Δt ハブ)

(bhl)
(ダークサイドバー)

評価: 0+x

RCT-Δtへようこそ

Welcome to RCT-Δt

Delta-T.png

正式な部門徽章。/Official department insignia.

研究・収容チームΔt (Research and Containment Team Δt) は、憂慮すべき勢いで数を増している逆因果的、時間的、反歴史的なアノマリーに対抗し修正すべく1998年に設立された、財団の超時間機関である。

Research and Containment Team Δt is a transtemporal Foundation agency which was founded in 1998 to combat and correct a rising number of retrocausal, temporal, and counter historical anomalies which were appearing with alarming and increasing regularity.

様々なSCPオブジェクトの回収・収容経緯について歴史上正確な情報にアクセスできるようにするため、監督司令部はこれに応じてセキュリティクリアランスグループ“Δ”を策定し、財団のクリアランスシステム全体に遡及的に組み込んだ。また、RCT-Δtの過去・将来のメンバーには、数多くの財団の時代・運営期間において継続的に情報を請求できるようにし、それにより時を超えた財団の協力体制が推進されることを期待して、不動のアクセス証明が認められた。

In order to access historically accurate information on the recovery and containment history of various SCP objects, security clearance group “Δ” was created by Overwatch in response, and retroactively added to all Foundation clearance systems. In addition, past and future members of RCT-Δt were granted static access credentials in hopes that their continued ability to request that information across many Foundation epochs and managerial periods would further encourage trans-temporal Foundation cooperation.

不幸なことに、この包括的な権限と情報アクセスは、RCT-Δt、ひいては時間異常部門が事実上通常の財団の指揮系統から外れてしまうという喜ばしくない副作用を齎した。そして他様々な時間的脅威の状況によっては、エージェントは自身らが真っ当な財団工作員として認識されていないことを知ることになり、それが故に、機関とその各種部門について知るクリアランスを有する人々にさえ、起源、理念、そしてそのような組織が存在する必要性に疑問を抱かれる始末である。基底財団宇宙に存在するいくつかの固定的・準固定的な因果シーケンス、“因果線”の発見は、この関係の複雑化に拍車をかけた。

Unfortunately, this blanket permission and informational access has had the unpleasant side-effect of putting RCT-Δt, and by extension, the Temporal Anomalies Department, substantially outside of the normal Foundation command structure. And depending on the status of various other temporal threats, agents have still found themselves unrecognized as legitimate Foundation operatives, leading even those with clearance to know about the agency and its various departments to question the origin, purpose, and need for such an organization to exist. The discovery of several coherent and self-consistent causal sequences, or “strings” present within the baseline Foundation universe has further complicated this relationship.

現時点では、RCT-Δtの時間隔離プロトコル下で収蔵されている記録が失われた歴史の純正な記録であるのか、それとも財団工作員への潜伏に成功した異常組織による完全な捏造であるのかは定かでない。残念ながら、時間は答えを教えてくれないだろうし、できないのだ。だが、RCT-Δtがいくつかの既知の時間アノマリーの収容を可能にしたことに異論を挟む余地は無い。機関により開発された技術は正常性保全に欠かせないことが証明されている──例としては (これに限らないが) 恒常時間溝の開発や、その後のSCP-2000の発見、収容、メンテナンスなどが挙げられる。

It is unclear at this time whether the records contained under RCT-Δt’s temporal isolation protocols are genuine records of lost histories, or complete fabrications of an anomalous organization which has successfully infiltrated Foundation operations. Unfortunately, time will not, and cannot tell. It is, however, indisputable that RCT-Δt has made containment of several known temporal anomalies possible. The technology developed by this agency has proven indispensable to the preservation of normalcy, including, but not limited to, the development of the Constant Temporal Sink, and the subsequent discovery, containment, and maintenance of SCP-2000.

機関の存在を巡る論争と、それが齎しうる甚大な情報流出の可能性にもかかわらず、RCT-Δtプロジェクトを終了する予定は今のところ存在しない。

Despite the controversy surrounding the agency’s existence, and the potential inclement information breaches it appears capable of causing, there are as yet no plans to terminate the RCT-Δt project.

Δtに関する詳細は以下を参照のこと。

Additional Δt information is available below.


  • 時間情報コミュニティ (TIC): 因果的脅威を伝搬前に特定するため、他の時間関係GOIと協力している財団工作員の集団。
  • Temporal Intelligence Community (TIC): A group of Foundation assets in collaboration with other temporally active GOI’s for the purpose of identifying causal threats prior to their propagation.
  • 戦術作戦司令部 (TOC): ΔtのMTF部門で、上記のような脅威を収容、無力化、ないしは妨害するために軍事戦術を実施する。部隊は可能な限りで当時一般的だった兵器・防具を利用する。
  • Tactical Operations Command (TOC): MTF division of Δt, applies military tactics to contain, neutralize, or prevent such threats. Unit makes use of period appropriate weaponry and armor wherever possible.
  • 歴史継続課: スパイ戦術を用いたフィールドエージェントの工作により、歴史の既知反復 (KI) 全体で重要な歴史的事象が滞りなく起きるようにする。SCP-2000の起動ならびに1970年代中盤から加速している因果糸の急増にはよく悩まされている。
  • Historical Continuity Division: Field Agent operation using espionage tactics to ensure that key historical events remain consistent across Known Iterations (KI’s) of history. Often frustrated by activations of SCP-2000 and by the proliferation of causal strings which has accelerated since the mid 1970’s.
  • 応用科学課: RCT-Δtの実験/研究部署。時間移動方法・収容ストラテジーの開発・改良を担う。現在タキオン色力学に関する既知の全情報を保持。現在、そして未来の因果分離プロトコル、メソッド、資料を開発。全ての因果分離された文書・資料の保存を担っている。
  • Applied Sciences Division: Experimentation/Research division of RCT-Δt. Develops and refines temporal transit methods and containment strategies. Currently retains all known information on tachyon chromodynamics. Developed current and future causal isolation protocols, methods, and materials. Charged with holding all causally isolated documentation and materials.
  • 時間異常部門: RCT-Δtの表向きの“統括”組織。部門は基底因果糸でのみ活動し、そこに所在する時間アノマリーを収容する。実のところこれはRCT-Δtの最小の断片に過ぎないが、チームの他部署による時間工作のゲートキーパーとして、他の財団専門家の勧誘やセキュリティクリアランスの調達というかたちで活躍している。監督者承認が必要ないしは推奨される場合、ここを通して要請を提出することになる。
  • Temporal Anomalies Department: The forward-facing “umbrella” organization of RCT-Δt. The Department operates solely within the baseline causal string to contain temporal anomalies present therein. In truth, this is the smallest fraction of RCT-Δt, but serves as gatekeeper to the rest of the team's temporal operations in regards to recruitment of other Foundation professionals and procuring security clearances. In cases where Overwatch approval is required or advised, this is the organization to submit the request for it.

https://scp-wiki.wikidot.com/welcome-to-delta-t
rev.27

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License