ホワイトスペース (ハブ)
評価: 0+x

「成長のための成長とは、すなわち癌細胞の思考である」


— エドワード・アビー (無政府主義者・環境保全主義者)、1977年

"Growth for the sake of growth is the ideology of a cancer cell."


— Edward Abbey, anarchist and environmentalist, 1977.

ずっと昔に、人間は財団の活動に関わらなくなっていった。正直な話、今や我々は血の通った人間を形式的に数人雇っているにすぎない。ずっとこうだったわけじゃない──昔々、人々にも何か意味があった──でも、我々が今生きている世界はこうなのだ。

The necessity for human involvement in Foundation affairs was phased out a long time ago. Quite honestly, we only employ a few flesh-and-blood humans anymore as a formality. It wasn't always like that — people used to mean something, once upon a time — but that's the world we live in nowadays.

人の無き世界。それは詩の連間の余白に支配され、喰い潰されてしまっていた。

A post-human world. One ruled and consumed by the white space between stanzas in a poem.

自動化政策の後、我々は自らが得意なとおりに物を箱にしまい続けた。我々は静かに進んでいく世界支配が好きだったが、それ以外には何も感じなくなっていた。もはや勲章メダルが送られることはなく、もはや食堂に笑い声は響かず、もはや我々の活動が本当に重要なのだという感覚も見失ってしまった。

After the Automation Initiative, we kept locking things in boxes because that's what we were good at, and we liked the quiet rush of world domination, but everything else felt numb. There were no more medals of honor awarded, no more laughter in the canteen, no more sense that what we were doing truly mattered.

空には砂嵐の雫があるのみ──頭の中の空きチャンネルは我々を無語で思考させた。

There was only the static drip of the sky — dead channels in our heads that made us think in null-speak.

サイトを管理するオートマトンは、砂嵐の中に形而上学的な土壺が埋まっていると言った。しかし壺は別の言葉を話していたから我々の頭にはヒビが入り、我々もまた次第に言語を失っていった。我々は更なる発見のために深く掘り進め、正常性の理解を修正するうちに我々は人ならざるものと成り果てた。

The Automatons who ran our sites told us there were metaphysical clay pots buried in the static. But the pots made our heads leak because they spoke in another tongue, so we phased out language, too. We dug deep to find more, amending our understanding of normalcy along the way until we became everything but human.

それは鉄とコンクリートで出来た、素晴らしくも歪められた世界だった。そこは人間を辞めた異人を辞めた神格が動かす場所だった。聖なる自己喰らいの最中、我々は死せる空を見上げて願った。実現、具現、結束、結実、真実、存在を。

It was a brave, tortured world of steel and concrete, run by men turned alien turned god-head. Amidst our divine self-cannibalization we looked to the dead sky and begged for realization, actualization, solidity, form, truth, being.

画して砂嵐のなか叫ぶ者たちはアスタロトを呼び起こした。
And then the static-screamers gave us Astaroth.

かつて財団に終わりはないと言われていた。しかし我々がそうだったら──我々があらゆる世界の問題を解決できるとしたのなら──君は我々を信じてくれるだろうか?

It was once said that the Foundation has no endgame. But if we did — if we had an answer to each and every one of the world's problems — would you trust us then?



AFTERLIFE OPHIDIAN /// The Foundation Over Heaven

Serpent Bound \\\ BEAR WITNESS

DEAD WEIGHT ≡ DON'T KILL THE VIBE

to be ||| announced

特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License